夏の結婚式や二次会のメンズ服装マナーとは?スーツ・ジャケットなどアイテム別に解説

夏の結婚式では気温が高くなるため、服装に迷う人もいるでしょう。特に男性はスーツ着用がルールとなっていますので、暑さ対策をしながらフォーマルな装いをすることがポイントです。夏の結婚式にはどんな服装マナーがあるのでしょう。スーツやジャケットを選ぶときに、おすすめしたい選び方のポイントやすっきり着こなすスーツコーディネート例をご紹介しますので、着こなしの参考にしてみてください。

この記事のINDEX

夏の結婚式におすすめの男性の服装(スーツ編)

男性

Viorel Sima – stock.adobe.com

フォーマルな装いの基本は変わりませんが、夏の結婚式に参列するなら、夏らしさをプラスしたいものです。夏の結婚式におすすめな着こなしのポイントをまとめましたので、参考にしてみてください。

フォーマルの基本をおさえる

結婚式での男性ゲストの服装は、一年を通してブラックスーツが基本です。格式の高い結婚式はもちろんのこと、カジュアルな結婚式でも着用できるなどオールマイティーに着用できるので、迷った場合はブラックスーツを選べば間違いはありません。
 
少しカジュアルな結婚式であれば、ネイビーやグレーなどのスーツを選ぶのもいいでしょう。

シャツは白や淡い色を選ぶ

シャツもブラックスーツ同様、格式の高い式の場合は白色のシャツが基本です。華やかさをプラスしたいのであれば、同系色での織り柄を選ぶのがおすすめ。カジュアルな結婚式の場合は、青や淡い色のシャツを選べば爽やかな印象に仕上げることができます。
 
また、ボタンダウンや半袖のシャツはカジュアルすぎてしまうので、フォーマルな服装にはNG。二次会にも参加する人は、シャツを着替えるなどすると印象が変わりますので、もう一枚持参してするのもおすすめです。

暑さ対策にベストを着用

実は結婚式のようなフォーマルな場所では、ジャケットを脱ぐことはよくないとされています。古くはシャツが下着として考えられていたことが由来しています。
 
ですが、真夏の結婚式は気温が高いため、ジャケットをずっと着用しているのは辛いことです。そんな時に便利なのがベストで、着用していればジャケット代わりになるのでジャケットを脱いでも失礼に当たりません。

夏の結婚式におすすめの男性の服装(小物編)

蝶ネクタイ

Nikolay Netsvetaev – stock.adobe.com

フォーマルな装いは、小物を少し工夫すると印象が変わります。夏の結婚式では、爽やかな着こなしが好まれます。小物コーディネートのポイントを見ていきましょう。

ネクタイや蝶ネクタイでコーディネートを楽しむ

結婚式ではブラックスーツが基本とお伝えしましたが、ネクタイも黒にしてしまうと喪服が連想されてしまうため、日本では白色が基本とされています。
 
ただし、白ではおじさんぽいと感じるのであれば、シルバーやゴールドなどの色のネクタイがおすすめです。カジュアルな結婚式の場合は、自由度が高くなるため、ワインレッドや蝶ネクタイなどで華やかさをプラスするといいでしょう。

ポケットチーフで季節感を出す

意外と見落としがちなのがポケットチーフですが、おしゃれの幅が広がるアイテムでもあります。基本の白色の他にも、光沢感のあるものやシルバーなどの色味のものが増えています。
 
夏の結婚式ではオーガンジーやリネン素材がおすすめで、素材がもつやわらかさがコーディネート全体を爽やかな印象に仕上げてくれます。

靴下、靴にもマナーを意識

フォーマルな装いの場では、靴下や靴も意識する必要があります。靴下は素肌が見えるのがNGなため、ミドルかロング丈のものを選ぶようにしましょう。また、黒色が基本となり、白色はカジュアルすぎるため避けるのがベスト。
 
靴はストレートチップか、プレーントゥの革靴を選ぶとスマートな印象に仕上がります。

夏の結婚式におすすめの男性の服装(二次会編)

タキシード

bondvit – stock.adobe.com

結婚式よりもカジュアルな二次会は、服装の自由度も高くなるため、服装の難易度がより高くなります。着こなしのポイントをおさえて、二次会の場にふさわしいスマートなコーディネートを目指しましょう。

カジュアルな雰囲気のスーツでOK

二次会は結婚式よりもカジュアルな雰囲気になりますが、ビビットすぎるスーツの色ではカジュアル過ぎてしまいます。スーツの色はブライトネイビーやライトブルーなど、中間色を選ぶのがおすすめ。
 
また、柄物のスーツは難関度が上がりますが、ストライプ柄だと、こなれた雰囲気に仕上げられるので、ワンランク上の着こなしをしたい人にぴったりです。

柄物や暗い色のシャツでお洒落度アップ

結婚式では白シャツが基本となるため、二次会ではあえて柄物や暗い色のシャツでコーディネートするのもおすすめ。合わせるシャツによって、コーディネートの印象が変わるので腕の見せどころです。シャツを暗くするのであれば、カフスやタイバーなどのアイテムを使って華やかさをプラスするといいでしょう。

夏の結婚式におすすめのコーディネート

それでは実際に、夏の結婚式でのおすすめの装いを集めてみましたので、コーディネートする際の参考にしてみてください。

基本のスーツスタイル

ネイビーのスーツとシャツを合わせた基本のコーディネート。カジュアルな結婚式の場合には、このようにネクタイで色味を出すなど、少しカジュアル感をプラスすると合わせやすいでしょう。

爽やかな色のスーツスタイル

鮮やかなブルーのスーツに、小紋柄のネイビーのネクタイを合わせたコーディネート。結婚式ではダーク系のスーツの人が多いため、少し明るめにすると夏らしい雰囲気を出せます。

チェック柄スーツスタイル

@collaborationstyle / Instagram

ブルーのチェックが印象的なスーツは、二次会のカジュアルなシーンにぴったりなコーディネート。ネクタイやポケットチーフに落ち着いた色を合わせると、大人のこなれた着こなしを演出できます。

まとめ

フォーマルの基本を守りながら、季節やシーンに合う装いを楽しもう!

フォーマルの基本は変わりませんが、その場に合った服装を心がけたいものです。結婚式の自由度が高くなってきているため、服装選びのハードルが高くなっていますが、基本をおさえてコーディネートすれば、失礼になることはありません。
 
今回参考にしたコーディネートを参考に、夏の結婚式での服装選びをより良いものにしてくださいね。

関連する式場

ホテル雅叙園東京の結婚式

ホテル雅叙園東京

自然美と芸術美が織り成す場所で、【幸せをよぶ、日本の彩り】を感じる結婚式を。日本初の総合結婚式場・ホテル雅叙園東京は創業90周年を迎えた。

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

エヴァウイン小山プレミアムスィーツの結婚式

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

1日1組限定 緑美しい邸宅でのオーダーメイドウエディング

アクアデヴュー佐賀スィートテラスの結婚式

アクアデヴュー佐賀スィートテラス

心地よい水音に包まれた 洗練のアクアウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません