結婚式男性ゲストの鞄マナーとは?バッグの選び方とお勧めブランド

結婚式に招待された男性のみなさま、結婚式に持って行く鞄にもマナーがあるってことをご存知ですか?
式場には持ち歩きやすい小さめの鞄以外の持ち込みはマナー違反となっています。バッグを持参して出席したい男性ゲストさんは「クラッチバッグ」がオススメ!
今回は、結婚式の男性ゲスト向けの鞄のマナーと選び方、おすすめのクラッチバッグブランドをご紹介します。

この記事のINDEX

男性はカバンを持たないのが一般的

結婚式の男性ゲスト

鞄を持参する方もいますが、男性ゲストの場合は女性ゲストよりも持ち物が少ないため、わざわざ鞄をもっていく必要はありません。
ご祝儀袋・招待状・財布・ハンカチなどの最低限の必要なものであれば、スーツのポケットに入れることができます。そのため結婚式にお呼ばれされた男性は、鞄を持たないのが一般的となっています。

結婚式にNGの鞄のタイプとは

結婚式にNGの鞄のタイプ

結婚式にNGの鞄のタイプとして、カジュアルすぎるものは控えましょう。スポーツタイプのバッグ、キャラクターものバッグ、柄物の多いバッグはマナー違反です。また、男性が仕事で使うようなビジネスバッグやブランドのロゴが目立った高級バッグなども、結婚式にあまりふさわしくはありません。
遠方から来られる男性ゲストの場合は、キャリーバッグやボストンバッグで来ても問題ありません。その際、結婚式場に着いたら受付前に、荷物や鞄をクロークに預けましょう。

持参するなら『クラッチバッグ』がお勧め

クラッチバッグ

基本的に、挙式・披露宴会場には小さなバッグしか持ち込むことができないのがマナーとしてあります。そんな時に、男性ゲストが持ち込む鞄としては『クラッチバッグ』がオススメです。
クラッチバッグとは、もち手がなく、直接手でもつ鞄のことです。ご祝儀袋や財布などのアイテムならしまうことができるので、式場に持っていくのに便利です。また、クラッチバッグを持つことでスーツ姿がよりオシャレな雰囲気になるので、結婚式などのフォーマルな場にオススメの鞄です。

クラッチバッグの選び方

クラッチバッグの選び方

バッグの色

バッグの色は基本的には黒色がベスト。男性ゲストの場合は、黒いスーツに黒い靴というのが、結婚式では基本的であり、マナーでもあります。そのため、鞄も黒に統一するといいでしょう。

バッグの素材

主に革製の素材がベスト。ビニールや綿で出来た素材のものはカジュアルすぎるため、控えましょう。また、ファーのついた鞄などもマナー違反です。

普段使いも出来る人気バッグブランド5選

UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)

ハイグレードなライフスタイルを追求し、ファッションから小物まで販売するセレクトショップブランド「UNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)」。
ロンドン生まれのブランドTROUBADOUR(トルバドール)のクラッチバッグは、上質な革素材と職人の匠の技が織りなす洗練さと高級感ある鞄になっています。

PRADA(プラダ)

PRADA(プラダ)は「日常を贅沢に飾る」というポリシーをもつブランドで、日々のシーンで、贅沢に過ごせるファッションアイテムを提案しています。
その中でも、サフィアーノのクラッチバッグは、プラダのロゴが鞄の右下にポイントとしてあり、黒で統一されたその色はプラダらしい高級感を出しています。

COACH(コーチ)

シャネルやヴィトンなどと並ぶ名ハイブランドCOACH(コーチ)。高級ブランドながら、高い耐久性と求めやすい価格帯が人気のあるブランドです。
コーチのクラッチバッグは、二層になっていて、セカンドバッグのような印象。コンパクトながら、収納も多くできるため、結婚式にも重宝します。

Calvin Klein(カルバンクライン)

カルバンクラインは、世界を代表するブランドとしても知られていて、シンプルで綺麗なフォルムのものが多く、実用性も兼ね備えた特徴をもちます。
その中でもポートフォリオのクラッチバッグは、高級感もありながら、機能性にも優れている鞄です。

BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)

高級感がありながら、控えめで主張をしすぎないデザインをもつボッテガは、古くから伝わる職人の思いが込められたブランドです。
ボッテガのクラッチバッグは、ブランドの特徴であるレザーの編み込みデザインを施したオリジナリティあふれる鞄になっています。デザインだけでなく、機能的にも優れています。

持ち物は最小限にしよう

ご祝儀

ご祝儀

ご祝儀袋は、絶対に忘れてはいけないもの。結婚式は二人の結婚生活をスタートさせる意味もあるため、必ず新札を用意し、印刷された人物が右側に来るように、お札の面が表向きになるように入れるのがマナー。袱紗に包まなくても問題はありませんが、包んでおくと好印象です。

財布

結婚式では、お財布を出す機会はあまり無いですが、二次会や交通費などのお金は必要になってきます。そのため、最低限必要のお金とクレジットカードやキャッシュカードを入れておきましょう。普段長財布を使用している方は、この時はコンパクトな財布を用意すると良いでしょう。

携帯・スマホ

スマホや携帯電話は必需品ですよね。写真を撮ったり、友人との連絡手段、連絡先の交換などに必要になってくるので、忘れることのないようにしましょう。使いすぎて充電が切れてしまう可能性があるので、携帯式の充電器を持っておくとよいでしょう!

ハンカチ

お手洗いに行く時、スピーチに感動したり、料理をこぼしてしまったりと、ふとした時にあったら便利なので、男性ゲストさんもハンカチやティッシュも忘れずに。普段もたない方でも、結婚式には持参しましょう。

まとめ

男性は女性と比べて荷物があまりないので、手ぶらでこられる方も多いです。もし、バッグを持っていく際は、結婚式などのフォーマルな場に合う鞄・クラッチバッグを使いましょう。クラッチバッグを選ぶ際にも、スーツに合わせやすい黒色を選ぶと良いでしょう。
結婚式はクラッチバッグを持って、男性ゲストもオシャレに決めましょう!

関連する式場

グアムのルース・デ・アモール チャペル

ルース・デ・アモール チャペル

恋人岬を望むオン・ザ・ビーチの邸宅でいつまでも記憶に残る最高の一日を

グアムのセント・プロバス・ホーリー・チャペル

セント・プロバス・ホーリー・チャペル

グアムで唯一!重厚な木目調の本格チャペル。 高台からの絶景が彩る挙式は美しく感動的。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません