夏の結婚式に着物で参列したい!お呼ばれ着物の選び方と暑さ対策

友人の結婚式に着物で参列したいと思っても、夏は暑さが気になります。夏の結婚式に着物で出席したいときはどうすればいいのでしょうか。今回は夏にぴったりなお呼ばれ着物の選び方と暑さ対策についてご紹介します。ひと工夫すれば夏でも快適に過ごせるので、ぜひ着物をばっちり着こなして新郎新婦の新しい門出をお祝いしてください。

この記事のINDEX

夏の結婚式で着物を着たいときはどうする?

夏の着物

buritora – stock.adobe.com

友人の結婚式に参列するとき、一般的に着用される着物は訪問着です。訪問着は正装のひとつで、フォーマルな場を含め様々なシーンで着られます。訪問着の生地には「絽(ろ)」「単衣(ひとえ)」「袷(あわせ)」があり、季節によって使い分けるのがおすすめです。

7月と8月は絽(ろ)

7月と8月は、透け感のある「絽(ろ)」が最適です。絽は隙間を作りながらたて糸とよこ糸を織っているため通気性があり、涼しい見た目で盛夏用として活用されます。涼感のある柄が多いのも魅力的です。
 
絽は訪問着や留袖などのフォーマルな着物のほかに、帯や小物にも使われています。夏用小物と合わせてコーディネイトするとおしゃれです。

6月と9月は単衣(ひとえ)

6月と9月は裏地のない「単衣(ひとえ)」がおすすめです。見た目は訪問着によく使用される「袷(あわせ)」と変わりませんが、生地が柔らかくて薄いのが特徴です。エアコンが効いていれば7月や8月に着てもいいでしょう。
 
夏や秋は袷よりも快適に着こなせるため、季節の変わり目に着る着物にぴったりです。

袷(あわせ)を着てもよい

「袷(あわせ)」は暑い季節以外に着用し、10月から翌年5月におすすめです。着られる期間が長く、留袖や振袖にもよく使用されているため、すでに袷の訪問着を持っている人もいるかもしれません。
 
袷の着物は夏の結婚式で着用することもできます。礼装用の着物は季節を問わず着用でき、夏に着てもマナー違反にはなりません。
 
袷は生地を2枚縫い合わせて作られており、裏地があります。盛夏に着ると暑く感じられるため、エアコンの効いた場所で着るか暑さ対策をしっかりしてから着ましょう。

結婚式にぴったりな着物の色と柄の選び方

結婚式にぴったりな着物

HAL – stock.adobe.com

結婚式で着物を着るときは色と柄選びが大切です。どんな色や柄がふさわしいのか、マナーについてご紹介します。

色の選び方

結婚式で着る着物の色は、基本的に自分に似合う色を選びます。鏡の前で試着し、顔色が明るく見える色がおすすめです。できるだけ涼しい見た目にしたいなら、明るいブルーやグリーンを選ぶといいでしょう。
 
結婚式でゲストが白いドレスを着るのは、花嫁とかぶるのでタブーとされていますが、白い訪問着は白無垢とはかぶらないため、あまり問題がないとされています。ただし真っ白なコーディネイトにならないよう、帯や小物を違う色にするなど配慮しましょう。
 
黒は留袖を着ている親族と間違えられる可能性があるため、避けたほうが無難です。

柄の選び方

着物の柄は花嫁よりも目立つ柄を避け、シンプルな柄を選びます。結婚式の主役は新婦なので、豪華絢爛な柄は控えるのがマナーです。柄は扇や鶴、吉祥文様などのおめでたい柄や季節の花がいいでしょう。扇や鶴、吉祥文様は縁起物とされており、結婚式という慶事にぴったりです。
 
また、模様や色の数が少ないシンプルな着物を選ぶと、モダンな装いになり帯ともコーディネイトしやすいです。

夏の結婚式で着物を着るときの暑さ対策

夏の結婚式で着る着物

Y.S Graphics – stock.adobe.com

夏の結婚式で着物を着るときに注意したいのが暑さです。快適に過ごせるよう暑さ対策をしましょう。

夏用の肌襦袢や長襦袢を着る

夏の結婚式では夏用の肌襦袢や長襦袢を着用すると涼しく感じられます。肌襦袢とは着物用の肌着のことで、キャミソールのような役割を果たします。
 
長襦袢は肌襦袢の上に着用するもので、着物を着るときは肌襦袢や長襦袢の両方を身に着けます。どちらもさらさらとした生地の夏用があるため、夏の結婚式では夏用の肌襦袢や長襦袢を用意するといいでしょう。

エアコンの効いた会場で着付け

着付け中に汗をかくと着物の中に熱が残ってしまい、長時間不快感が続きます。着付けは意外と時間と体力が必要なので、着付け中に汗をかかないようエアコンの効いた部屋で行いましょう。
 
結婚式場に移動する間に汗をかくこともあるため、できれば会場で着付けをするのが最適です。着付けを誰かに依頼するときは、ゲスト向けに会場で着付けサービスを行っているかどうか聞いてみましょう。自分で着付けできる人は会場に着替えられる場所があるか、事前に確認しておくといいですよ。

扇子や日傘を持参

結婚式では屋外で写真撮影をする場面もあります。炎天下で立っているとたくさん汗をかいてしまうため、扇子や日傘などの小物を持参して暑さをしのぎましょう。着物だと扇子や日傘などの小物も素敵なコーディネイトの一部になります。着物に似合う柄や色の扇子と日傘を用意してください。

まとめ

夏の結婚式では着物を涼しく着こなそう

夏の結婚式に参列するときは、絽や単衣の着物が快適です。どちらもフォーマルな場で着用でき、おめでたい場所にぴったりな色や柄の訪問着がたくさんあります。
 
絽は涼しい見た目で盛夏にふさわしく、単衣は袷と似たような見た目でありながら生地が薄いため袷より涼しいです。
 
なお、袷の着物を着てもマナー違反ではないので、すでに袷の着物を持っている人は袷を着てもいいでしょう。ぜひ暑さ対策をしながら上品に着こなしてください。

関連する式場

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

新旧の美しさが彩る 鎌倉での和モダンウエディング

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

エヴァウイン小山プレミアムスィーツの結婚式

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

1日1組限定 緑美しい邸宅でのオーダーメイドウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません