二次会ご祝儀の正しいマナー!ご祝儀相場や渡し方は?

結婚式の二次会に出席することになったけれど、会費やご祝儀の渡し方がわからなくて悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。新郎新婦に負担をかけないためにも、二次会に出席する前に、ご祝儀のマナーを覚えておきたいところです。そこで今回は、ご祝儀の渡し方や会費の相場、また、会費以外のお祝い金やプレゼントについて詳しく解説していきます。

この記事のINDEX

結婚式二次会ご祝儀の基本

ご祝儀袋

通常、結婚式の二次会は会費制で行なわれますが、この「会費」には「お祝い金」の意味も含まれているため、二次会参加の際に別途ご祝儀を準備する必要はありません。なお、二次会の会費は男性が7,300円、女性はから6,400円が相場です。
 
結婚式に続いて二次会に出席する場合は、披露宴で渡したご祝儀とは別に、二次会の会費を払います。結婚式に参加せず二次会から合流したときは、二次会の会費だけを払いましょう。式に出席しなかったからといって、会費とは別のご祝儀を包む必要はありません。
 
「二次会の会費とは別にお祝いを渡したい」という気持ちになるかもしれませんが、定められた会費の支払いと二次会への参加だけでも新郎新婦に対する祝福の意は十分に伝わります。会費とは別にご祝儀を渡せば、新郎新婦側にお返しを考える必要が生じたり、申し訳ないという気持ちにさせてしまったりと、不要な気遣いをさせてしまう結果になりかねません。
 
そもそも二次会が会費制を採用している理由は、新郎新婦の「気軽に参加してほしい」という想いによるものです。会費以上の金額を渡すのは、むしろマナー違反といえるでしょう。場合によっては、受付でご祝儀の受け取りを拒否されてしまいます。

二次会でご祝儀を包む場合

ご祝儀袋

会費以外のご祝儀を絶対に渡してはいけないということではありません。どうしても会費とは別にお祝いを渡したいときには、下記のような方法で渡してください。

お祝いを包む

当日の会費とは別に、お祝い金を包みます。お祝い金は当日に受付で渡すのではなく、事前に渡しておいた方がスマートです。ただし、あまりにも高額なお祝い金は新郎新婦に気を使わせてしまうので注意が必要です。お祝い金の金額は5000円から1万円を目安にしてください。

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ

プレゼントを渡す

金額を問わず、お祝いの現金渡しは新郎新婦が気を使うという場合にはプレゼントを渡しましょう。プレゼントも二次会の当日に渡すのではなく、事前に届くようにしてください。できれば二次会の1週間前には届くように手配したいところです。
 
なお、プレゼントには、新郎新婦が新居ですぐ使える下記のようなアイテムがおすすめです。

  • コーヒーメーカー
  • 空気清浄機
  • ホーロー鍋や圧力鍋 など

事前にプレゼントを送れなかった場合は、新郎新婦への贈り物である旨を伝えて受付に渡します。プレゼントを二次会の当日に渡す場合は、新郎新婦の荷物になってしまう食器や食料品を選ぶのは避けましょう。当日に渡すなら商品券などの選択が無難です。

二次会ご祝儀の渡し方

ご祝儀袋

二次会の会費は、財布から直接取り出して受付に渡しても問題ありません。ご祝儀袋などに会費を包むと金額確認のために封を開ける必要があるため、受付に余計な手間をとらせてしまいます。ご祝儀袋に会費を入れれば見栄えはしますが、受付にしてみれば、きちんと会費が支払われたかどうかの確認ができればいいのです。
 
どうしても財布から直接渡すことに抵抗があるという方は、封をしていない封筒に会費を入れて受付で取り出すとスマートです。

知っておきたい会費のマナー

二次会の会費を払ううえで、知っておきたいマナーを2つ紹介します。

マナー1 お釣りのないように用意する

会費の支払い

iStoc / junce

二次会の会費は、お釣りがないように準備しておきましょう。お釣りの受け渡しに余計な時間がかかると、受付に行列ができてしまいます。また、お釣りのお札が足りなくなれば、受付そのものが滞ります。スムーズな受付のためにも、ぜひ守りたいマナーです。

マナー2 新札を使う必要はない

二次会の会費は結婚式のご祝儀とは違って、新郎新婦の手に渡ることはありません。そのまま経費として二次会の会場に支払われます。また、新札は張り付きやすいので、受付の人が会費を数えにくいというデメリットもあります。

まとめ

マナーを覚えて二次会の受け付けをスムーズに

二次会の会費はお祝い金の意味も含まれているため、会費とは別にご祝儀を用意する必要はありません。しかし、どうしても渡したい場合には、別途お祝い金を包んだり、プレゼントを渡したりして、気持ちを伝えるのもひとつの方法です。なお、二次会の会費を渡すときには、お財布から直接渡しても問題はありません。今回の記事で解説した二次会のご祝儀や会費のマナーを覚えておけば、実際の受付でスマートな会費の支払いができるでしょう。

関連する式場

フェリーチェガーデン日比谷

フェリーチェガーデン日比谷

【緑×洋館×貸切】築100年以上の東京都指定有形文化財で外国映画のような本物のガーデンウエディングを。日比谷駅から徒歩1分、東京駅からはタクシーで3分の好アクセス。都会の真ん中にある自然のオアシス「日比谷公園」内に佇むガーデン&テント付一軒家をまるごと貸切!おしゃれなアットホームウエディングを叶えよう!

リストランテ カノビアーノ

リストランテ カノビアーノ

うれしいも、美味しいも。もっとおふたりらしく

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません