気遣いがカギ!結婚式二次会の幹事や司会を友人に頼むときのポイント

結婚式の二次会の幹事や司会を、仲の良い友人に頼もうと考えている人もいるでしょう。もし幹事や司会を友人にお願いするなら、友人に二次会にかかわる仕事のすべてを丸投げするのは厳禁。さらに友人に対して配慮し、感謝の気持ちを伝えることが必要です。この記事では、幹事や司会を友人に頼むメリットと、友人に幹事や司会をお願いするときのポイントを紹介します。

この記事のINDEX

幹事や司会を友人に頼むメリット

友達

Rawpixel.com – stock.adobe.com

幹事や司会を友人に頼むのは、新郎新婦にとってメリットがあります。

プロに頼むよりも費用を抑えることができる

二次会代行の業者がありますが、プロに頼むと当然費用が発生します。たとえば「基本料金○万円+参加人数×2500円」「参加人数×3000円+オプション料金」といった形で費用が設定されており、内訳(プロデュース費用やその他二次会に必要なアイテムが含まれる)は会社によって異なります。
 
しかし、友人なら代行費用は発生しません。もちろん謝礼や必要経費の支払いは必要ですが、一般的に業者に頼むよりは費用を抑えられるでしょう。
 
幹事や司会をお願いした友人には5000円~1万円程度の現金か商品券で謝礼を渡します。金額の大小は、お願いした仕事の難易度によります。たとえば会場の予約だけといったかんたんな内容なら5000円程度でも大丈夫ですが、幹事だけでなく司会まで引き受けてくれたような場合は1万円の方がいいでしょう。
 
ほかにも、二次会の会費を無料にしたり、謝礼のほかにプレゼントを渡したりすれば感謝の気持ちがより伝わります。

二次会が盛り上がる

新郎新婦のことをよく知った友人、場の盛り上げ方を知っている友人なら二次会がより楽しいものになります。
 
新郎新婦のなれそめや、ほほえましいエピソード、学生時代の想い出などを進行中に織り交ぜることもできるので、アットホームな雰囲気になるでしょう。

友人に幹事を頼むときのポイント

女友達

alfa27 – stock.adobe.com

友人に幹事をお願いするときは、きちんとコミュニケーションをとることが重要です。

最初に新郎新婦の希望を伝えておく

最初から「二次会の内容は全部○○くんにまかせるから!何でも大丈夫だから」とまかせてしまうと、幹事を頼まれた友人は「何でもいいって言われても、困る」と感じてしまいます。会場の雰囲気や、かける音楽、ゲームの内容や演出など、希望があればできる限り希望を伝えましょう。
 
ただ、あまりに希望が細かすぎても幹事が大変になってしまいます。「会場は○○駅から近いカフェ」「音楽は洋楽」「ゲームはビンゴ」「演出は音楽が趣味の新郎新婦の生演奏」など、かんたんに希望を出しましょう。

小まめに連絡をとる

結婚式前の新郎新婦はさまざまな準備に加え、普段の仕事や家事で忙しいものです。しかし、いくら忙しいからといって、幹事をしてくれる友人との連絡をないがしろにしてはいけません。
 
できれば実際に会って打ち合わせができるのが理想ですが、新郎新婦も友人も忙しくてなかなか会えないなら、メールやチャット、電話で小まめに連絡をとりましょう。

できることは新郎新婦でおこなう

会場の予約から会場の装飾まで、何から何まですべてを幹事に丸投げしてしまうと幹事が大変です。たとえば、会場は新郎新婦で予約する、アイテムは新郎新婦が用意する、などできることは自分たちでおこないましょう。

友人に司会を頼むときのポイント

マイク

Felix Vogel – stock.adobe.com

司会は人前でしゃべらなくてはならないので、友人の性格によって向き不向きがあります。ここでは、友人に司会を頼むときのポイントを紹介します。

新郎新婦のことをよく知る友人に依頼する

新郎新婦のことをよく知る友人なら、おふたりのエピソードをはさんだり、場を盛り上げるなどしてくれます。できれば、新郎新婦の共通の友人がおすすめです。
 
もし共通の友人がいない場合は、新郎の友人から1名、新婦の友人から1名お願いし、計2名で司会をおこなうのもいいでしょう。2名なら、交代で食事をとったり、トイレに行ったりすることもできます。

人前でしゃべるのが得意な友人に依頼する

営業職や教師など、人前でしゃべるのが得意な友人がいれば、その人に司会を打診してみましょう。
 
人前でも緊張しないでしゃべることができる人なら、司会がスムーズです。あがり症の人だと、司会がストレスになってしまい、司会をお願いした友人に二次会を楽しんでもらえなくなります。

文面や進行表は新郎新婦で用意する

司会の文面や進行表は新郎新婦で用意して、あらかじめ台本として渡しておくといいでしょう。文面はあくまでも参考として渡し「アレンジして大丈夫だから」と伝えれば、司会者もリラックスできます。

まとめ

友人に幹事や司会をお願いするときは配慮をしよう

結婚式の二次会は、友人にお願いすればプロに頼むよりも費用を抑えることができます。友人には、謝礼やプレゼントで感謝の気持ちを伝えましょう。幹事をお願いするときは、すべてを丸投げするのではなく、自分たちでできることは自分たちでおこないます。司会は、人前でしゃべるのが得意な友人にお願いするのがおすすめです。
 
進行表や台本を用意して、友人に負担をかけないようにしましょう。友人への配慮を忘れずに、楽しい二次会にしてください。

関連する式場

ルミアモーレ

ルミアモーレ

【好アクセスな海辺のチャペル】どんなときでも開放的なセレモニーが叶う、ベイサイドのウエディングステージ。竹芝駅徒歩2分、浜松町駅徒歩7分の好アクセスでありながら都心にいることを思わずわすれてしまうほど、ゆったりとした時の流れに包まれた空間。2019年4月にリニューアルしたパーティ会場も必見!

リストランテ カノビアーノ

リストランテ カノビアーノ

うれしいも、美味しいも。もっとおふたりらしく

ブリーズレイ・プライベートテラスの結婚式

ブリーズレイ・プライベートテラス

空間を思いのままに彩る 完全貸切ウエディング

フェリーチェガーデン日比谷

フェリーチェガーデン日比谷

【緑×洋館×貸切】築100年以上の東京都指定有形文化財で外国映画のような本物のガーデンウエディングを。日比谷駅から徒歩1分、東京駅からはタクシーで3分の好アクセス。都会の真ん中にある自然のオアシス「日比谷公園」内に佇むガーデン&テント付一軒家をまるごと貸切!おしゃれなアットホームウエディングを叶えよう!

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません