結婚式当日のスケジュールと管理すべき大切なお金について

結婚式準備も最終段階になり、いよいよ結婚式当日まであとわずか。このあたりで、そろそろ結婚式当日のスケジュールについても知っておくと当日も安心です。結婚式当日の新郎新婦はどのようなスケジュールで動くのでしょう。今回は、気になる結婚式当日の流れと、とても重要なお金の管理についてお話していきましょう。

この記事のINDEX

    結婚式当日のスケジュールの流れ

    結婚式当日のスケジュール

    結婚式の当日スケジュールについては、どの結婚式場においてもほぼ同じ流れで進行していきます。ここで、当日の新郎新婦のスケジュールについて大まかな流れを説明しておきましょう。

    新郎新婦が結婚式場に来館するのは挙式の約3時間前

    多くの場合、新郎新婦の入り時間は挙式開始の3時間前くらいに設定されています。午前中にスタートする挙式だと、かなり早い時間に起床する必要があります。その場合は、早朝の時間帯の式場までのアクセスについて事前にきちんと確認しておきましょう。結婚式場が遠方にある場合には、前日からホテルに宿泊するケースもあります。

    式場到着から終了までの流れ

    結婚式当日のスケジュール

    例として、10時挙式11時披露宴の場合の当日スケジュールを紹介します。新郎新婦が結婚式場に到着してから、その式場を後にするまでの流れは下記のとおりとなります。あくまでも一例となるため、正確なスケジュールに関しては、担当プランナーの案内に従いましょう。

    7:00 式場到着
    7:30 新郎新婦のお支度スタート
    9:00 新郎新婦のお支度完了・親族来館
    9:20 親族紹介(挙式後におこなわれるケースもある)
    9:30 挙式参列ゲスト来館
    9:45 ゲストのチャペル入り
    10:00 挙式スタート
    10:20 挙式終了
    10:30 アフターセレモニー(フラワーシャワー・写真撮影など)
    10:40 新郎新婦控室へ戻り披露宴前のお直し
    11:00 披露宴スタート
    13:00 披露宴お開き・ゲストのお見送りスタート
    13:30 新郎新婦控室へ戻りお着替え(ゲストの人数によってはお見送りに長く時間がかかる場合もある)
    14:30 新郎新婦退館

    以上が全体の流れになります。何となく全体のイメージができたのではないでしょうか。この流れを基本のスケジュールをして頭に入れておきましょう。

    披露宴後にお支払いがある場合の注意点

    結婚式当日のお金の管理

    披露宴がお開きになった後の流れは、当日に結婚式費用の清算がある場合とない場合で大きく異なります。このときにお支払いするのは「ご祝儀による当日支払い」を選択した場合のみです。この選択肢がある場合には「当日ご祝儀で支払えるならその方が良い」と安易に選びがちですが、これにはデメリットもあるため慎重に決めましょう。

    というのも、当日支払いを選ぶと、披露宴お開き直後にご祝儀袋をすべて開封しお金を数えると言う大仕事をおこなうことになります。時間的にも精神的にもその負担は予想以上に大きく、せっかくの夢見心地から一気に現実へと戻ってしまいます。この部分がご祝儀支払いのデメリットです。

    とは言え、ご祝儀で支払う場合には事前に費用を全額工面する必要がないため、これをメリットとして感じる方も多いのではないでしょうか。当日支払いを選ぶ場合には、少しでも負担を減らすために両親や兄弟姉妹などに手伝ってもらうのがおすすめです。

    当日管理すべきお車代やご祝儀について

    結婚式当日に気を付けるべきこととして、「お金の管理」が挙げられます。結婚式当日はご祝儀やお車代、その他お礼としてお渡しするお金など、お金の受け渡しの機会が何度もあります。大切なお金の管理に関しては、誰がどのように管理するかを事前にきちんと決めておく必要があります。

    当日お車代はいつ・どうやって渡す?

    結婚式当日

    遠方のゲストにはお車代として交通費や宿泊費の一部を新郎新婦から該当ゲストにお渡しすることがあります。これを新郎新婦から直接ゲストへ渡そうとしても、当日の新郎新婦はとても忙しいため現実的に無理があります。

    一般的によく選ばれるのは、「受付を担当しているゲストから該当ゲストへお渡しする」方法です。あらかじめ受付担当に新郎新婦から「どのゲストにお車代を渡すか」を伝えておき、当日該当ゲストが受付に来た際に渡すという方法で、早い段階で漏れなく渡すことができるおすすめの手段です。

    当日ご祝儀を管理するのは誰?

    ご祝儀は受付を担当するゲストが預かるものですが、集まったご祝儀を誰が管理するのかも事前に決めておかなければなりません。一般的には両家の家族の中から「ご祝儀を管理してもらう人」を選抜するケースが多いです。ご祝儀は両家で分けて管理するのか、ひとまとめにして管理するのかもあわせて決めておきましょう。

    当日は受付を任されたゲストが困惑することのないように、ご祝儀を誰の元に届けるのかを明確に伝えておくことがとても大切です。集まったご祝儀は大きな金額ですので、紛失などのトラブルはあってはならないことです。「受付が済んだら全員分を新郎の兄の元に届けてください」など、きちんと段取りを決めておきましょう。

    まとめ

    結婚式当日のスケジュールをしっかり頭に入れて、お金の管理は信頼できる家族に頼もう

    結婚式の準備を入念にしていても、案外イメージが湧きにくいのが当日のスケジュールです。当日はどのような流れで結婚式が進んでいくのか、結婚式の終了後のスケジュールまでを把握することはとても大切です。その後に二次会の予定を立てているケースもきっと多いでしょう。無理のないスケジュールで、時間に余裕をもって進めていけるといいですね!
    結婚式当日は、お金の管理にも十分気を付けておきたいところ。ここでお話ししたお支払いやゲストへのお車代、そして大切なご祝儀の管理はしっかりとおこないましょう。

    関連する式場

    関連する式場はありません

    この記事のライター

    結婚式準備.com編集部

    結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

    関連する記事

    関連する記事はありません

    Browsing History閲覧履歴

    閲覧履歴はありません