結婚式や二次会での男性の靴や靴下のマナーや選び方を確認!靴のデザインや素材、靴下の色は会場や雰囲気にあわせて選ぶ

結婚式の服装に合わせる靴や靴下について、男性ゲストの皆さんは既に用意ができているでしょうか。フォーマルな結婚式では、靴と靴下の足元マナーを押さえておけば、そこまで迷うことはありません。ですが、最近ではカジュアルな結婚式も増加しており、合わせる靴に迷ってしまうこともあるでしょう。まずは結婚式で知っておきたいメンズシューズと合わせる靴下のマナーについて基本を押さえた上で、カジュアルな結婚式にも応用していきましょう。

この記事のINDEX

フォーマルな結婚式に出席する男性の靴のマナーと選び方

フォーマルな結婚式に出席する男性の靴のマナーと選び方

dzono – stock.adobe.com

結婚式に適した靴の色

結婚式にゲストで参列する男性の一般的な服装は、ダーク系の色のスーツが一般的です。

男性がフォーマルな結婚式で着るスーツ
・礼服(冠婚葬祭用スーツ)
・ブラックスーツ
・ダークスーツ

これらのスーツに合わせる靴の色は、黒が基本です。黒は、結婚式というフォーマルな場に相応しい色であり、靴の中では格が高い色とされています。
現在ではカジュアルな結婚式も増えています。そういった場合は黒以外の靴でも大丈夫なこともありますが、一般的には黒い靴がフォーマルに適しているという認識です。着用するスーツもダーク系や黒であるため、黒の靴で足元まで統一感を出すのが望ましいでしょう。

結婚式に適した靴の素材

美しい光沢のある革靴か、エナメル素材が適した素材です。革靴といっても、裏革をなめして作ったスウェードは一般的にはカジュアルな素材であるため、フォーマルでの使用は避けましょう。

結婚式に適した靴の構造

一般的にフォーマルシーンで履く靴は、黒の紐付きの靴が良いとされます。
紐付きの靴は、靴紐を通す部分のデザインによって、内羽根と外羽根の2種類に分類され、フォーマルにふさわしいのは「内羽根」とされています。
最近はそこまで気にする人も少ないようですが、きちんとしたものを選びたい場合には覚えておきましょう。

内羽根

「内羽根」は、紐を通す「羽根」が、靴の甲の部分と一体化しているもの。
デザイン的にスマートでドレッシーに見えることから、フォーマル向きなデザインとされています。ドレスシューズやフォーマルシューズ、冠婚葬祭からビジネスでまで、広く愛用されるデザインです。

@fujiya_kinoshita / Instagram

外羽根

「外羽根」は、羽根が甲の上の外側に出ているもの。
起源が軍靴発祥のため作りが頑丈で、履き口が開きやすいため足入れがしやすいデザインです。
実用性やスポーティな印象から、ビジネスシーンやカジュアルな靴に使われることが多いデザインです。

@berwick_tokyo / Instagram

結婚式に適した靴のデザイン

結婚式に適した、スーツに合わせる革靴のデザインをフォーマル度が高い順に見ていきましょう。

ストレートチップ

つま先の部分に、横一文字のラインが入ったデザインの革靴です。一般的には内羽根仕様になっていおり、男性がスーツに合わせる靴としては、最もフォーマルなデザインになります。ストレートチップはフォーマル度が高く、きちんとした印象を演出できることから、結婚式のみならず、すべてのフォーマルシーン、そしてビジネスシーンで履くことができます。

@fibonaccitokyo / Instagram

プレーントゥ

プレーントゥとは爪先に切り替えの接ぎ目もステッチなど飾りが無い、シンプルなデザインのシューズです。
プレーントゥでの内羽根を作るには高度な技術が必要で、外羽根のプレーントゥのほうが多く見られます。ストレートチップに続いてフォーマル度の高いデザインのため、外羽根も結婚式でスーツに合わせて履くことができます。

@fibonaccitokyo / Instagram

パンチドキャップトゥ

ストレートチップのトゥの横一文字の部分に、穴飾り(パンチング)が施されたデザインをパンチドキャップトゥといいます。 
多少装飾性があるものの、原型は内羽根ストレートチップなので、結婚式ではスーツに合わせ履くことができます。

@suganotomoe / Instagram

結婚式では避けたい靴の色、デザイン、素材、柄

白い靴はNG

白い靴は、結婚式に合わせる靴としては避けるべき色。白は新郎新婦の色とされているため、主役と衣裳が被ってしまうのはマナー的に避けるべきと覚えておきましょう。

カジュアルな靴(ブーツやスニーカーなど)

ブーツ、スニーカー、安全靴など、アウトドアやスポーツなどデイリーやカジュアルで使用する靴は、フォーマルな場では着用は避けるべきとされています。

殺生を連想させる素材やアニマル柄の靴はNG

ワニ革や動物の毛皮など殺生をイメージさせるものは縁起が悪いので結婚式にふさわしくありません。
アニマル柄など明らかに動物をイメージさせるものはNGです。
また、秋冬シーズンに合うスエード素材も、子牛や子羊の皮を使った生地なので避けましょう。

デザイン性の高い靴はNG(カジュアルな結婚式や二次会ではOK)

ローファーやタッセルシューズ、メダリオンデザイン(つま先にたくさんの小さな穴を空けたデザイン)のように、トレンドの靴やデザイン性の高い靴は、カジュアルな印象を与えるのでフォーマルな結婚式では避けましょう。

二次会やカジュアルな結婚式に出席する男性の靴のマナーと選び方

二次会やカジュアルな結婚式に出席する男性の靴のマナー

maryviolet – stock.adobe.com

カジュアルな結婚式とは?

現在では、結婚式の様式もかなり多様になり、カジュアルな結婚式も増加しています。
代表的なカジュアルな結婚式として、次のような結婚式が挙げられます。

・レストランウェディングや会費制ウェディング
・ガーデンやビーチで行うウェディングやリゾートウェディング
・カジュアルドレスコード指定があるウェディング

一般的な結婚式と比較してドレスコードが緩やかで、セミフォーマルやインフォーマルより格をカジュアルにしたスマートカジュアル寄りのコーディネートでも問題はないケースが多くなってきました。

カジュアルな結婚式に適した靴の色

レストランウエディング、ガーデンウエディングなど、比較的ドレスコードがゆるやかな結婚式では、ネイビーやチャコールのスーツ、ライトトーンのカジュアルスーツ、ジャケパンスタイルなどの服装で出席する方も多いでしょう。
スーツやジャケパンに合わせ、靴の色は茶色や紺色にするなど、黒以外の色の靴も選んで履くことができます。
また結婚式二次会では、新郎新婦もゲストと距離感近くパーティを楽しむために、カジュアルな服装になる傾向が見られ、ドレスコードはかなり緩やかになります。二次会でも服装はスーツスタイルやジャケット着用が一般的ですが、靴の選択肢は新郎新婦が考えるドレスコードや場の雰囲気によっては明確なドレスコードがない場合は、靴は服装に合うものを選んで気まょう。

カジュアルな結婚式に適した靴のデザイン

ウィングチップ

穴飾りが施されたウィングチップはカジュアル度が高く、カジュアルウェディングや二次会などで、ジャケパンスタイルに合わせ、おしゃれに履くことができます。結婚式や披露宴では避けましょう。

ダブルモンクストラップ

モンクストラップとは、ストラップで甲を固定するタイプのシューズ。ダブルモンクストラップは、そのストラップが2本あるデザインの靴です。
元は修道院で使用された靴でフォーマル度が高く、最近ではビジネスシーンとなどでも着用されてます。紐靴以外では、最もフォーマル度が高い靴ため、友人・知人の結婚式であれば履いていっても問題はありません。

@haruta_official_ / Instagram

ローファーやタッセルシューズ

ローファーやタッセルシューズなど、飾りのついた靴やデイリーで着用される靴は、結婚式やフォーマルシーンにには不向きですが、二次会やドレスコードがゆるやかな結婚式であれば、着用もOKです。

@regalmens_official / Instagram

カジュアルな結婚式でも避けるべき靴のマナーは同じ

カジュアルな結婚式でも、避けるべき靴のマナーはほぼ変わりません。選べる選択肢が広がったとしても、あまりにもカジュアルすぎる靴は避けるべきです。また、白、アニマル柄などハレの場にふさわしくないとされる靴は、マナー的に避けましょう。

結婚や二次会での男性の靴下のマナー

結婚や二次会での男性の靴下のマナー

PRASERT – stock.adobe.com

フォーマルな結婚式で合わせる靴下

靴下の色

結婚式に履く靴下の色は基本的にスーツの色と合せます。結婚式や披露宴の場合、一般的に「黒の靴下」になります。
着ていくスーツの色がダークスーツやネイビーなど黒以外の場合は、スーツの色と同じもので濃い色のものなど控えめな色を選びましょう。

靴下の柄

結婚式に履く靴下は「無地」が基本です。無地に近いストライプ柄や、細かいリブ編みまでなら問題はありません。
柄の入った派手な靴下は避けましょう。ブランドのロゴなどワンポイントまでは問題ありません。
また、ストライプ柄の靴下は、新郎新婦の父親が着用するモーニングコート用の靴下のため、間違えて選ばないようにしましょう。

靴下の丈の長さ

靴下の丈の長さは、スーツに合わせるミドル丈(膝下3/4程度のもの)が定番です。丈が短く
足首やくるぶしが見えてしまうような靴下は避けましょう。

二次会やカジュアルな結婚式で合わせる靴下

二次会やカジュアルな結婚式では、靴下を選ぶ範囲も広がりますが、基本は無地がおすすめです。ジャケパンスタイルに合わせ、柄物の靴下などを丈短のパンツに合わせたい、というトレンド寄りの着こなしは、新郎新婦が考えるパーティの雰囲気に合うかどうかが判断ポイントとなります。

結婚式では避けるべき靴下の色や柄

避けるべき靴下の色

靴同様、一般ゲストが白い靴下を履くのは避けましょう。ブラックスーツやダークスーツに白い靴下を合わせると、コーディネート的にそぐわず、カジュアルな印象を与えます。
また、赤や青、ストライプやペイズリー柄といった派手な色柄の靴下を履くのもフォーマルな場ではNGです。

避けるべき靴下の丈の長さ

スニーカーソックスなど、足首の肌が露出するものも避けましょう。丈の短い靴下を履いて、座ったときや足を組んだときに素肌が見えてしまうことは、失礼な印象を与えるとされ、避けるべきマナーです。

靴下を履かずに素足はNG

素足に靴を履いて出席することは、フォーマルでは大変失礼です。必ず靴下を履いて出席しましょう。

まとめ

結婚式や二次会に履いていく靴は事前にしっかり手入れを

「おしゃれは足元から」とも言いますが、結婚式だけでなく、男性の服装やファッションコーディネートでは、靴や足元をとても重視します。今回学んだ知識を活用した上で、結婚式のために準備した靴は、必ず前日までに磨きをかけて、万全の体制で出席できるよう整えておきましょう。

関連する式場

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

新旧の美しさが彩る 鎌倉での和モダンウエディング

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

沖縄 石垣島 クルデスール・チャペル

クルデスール・チャペル

砂浜から海へと続く景色をイメージした琉球ガラスのバージンロードが美しく輝くチャペル

ハワイ・オアフ島のコオリナ アクア・マリーナで挙式

コオリナ アクア・マリーナ

ハワイ王族ゆかりの優雅なリゾートエリアで想いを叶える2つのウェディングスタイル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません