新郎新婦を先導する《リングボーイ・リングガール》とは?

欧米の風習が今では日本の結婚式の定番演出となった「リングボーイ・リングガール」。
大役を任せられた子どもが頑張る姿が微笑ましく、会場にいる皆を幸せな気持ちにしてくれる結婚式の演出です。リングボーイ・リングガールとはどんなものなのでしょう?誰に頼んだらいい?何歳がベスト?おすすめの衣装などを詳しく解説します。

この記事のINDEX

リングボーイ・リングガールとは

@natsumifoto / Instagram

挙式に結婚指輪を乗せたリングピローを運ぶ男の子のことを「リングボーイ(リングベアラー)」という。新婦が入場する直前に、花びらを蒔くフラワーガールと一緒に入場し、リングボーイが持つ結婚指輪が乗せたリングピローを、神父や牧師に渡しにいく大役。もしくはフラワーガールが入場する直前に、も祭壇に向かって入場する。男の子がいなかった場合は、女の子にリングピローを運んでもらう「リングガール」も人気。

リングボーイ・リングガールの由来とは

リングボーイ・リングガールは神聖なるバージンロードを花嫁を先導して歩き、リングを悪霊から守り清めてくれる由来がある指輪の運び屋さん。お花の香りで新婦を清めるフラワーガールと同じような意味合いを持っている。

リングボーイ・リングガールの魅力

ほのぼのと、幸せな気持ちにさせてくれる

@__0323_marie__ / Instagram

リングボーイ・リングガールが入場すると、神聖な雰囲気がガラッと変わりほのぼのとした気持ちにさせてくれる時間を演出してくれる。結婚式に小さな子どもが参列することを知っていたら、それを楽しみに来ている方もきっといるはず。多くのゲストに見守られてちょっぴりドキドキしながら歩く姿、嬉しくて笑顔で祭壇へと向かう姿がとても可愛らしく、会場がほっこりと幸せな雰囲気に包まれ、笑顔あふれるセレモニーになる。

子どもの成長を感じられる

特に新郎新婦のお子様が行う場合は、リングピローを祭壇へ運んでいく姿を見て、子どもの成長を感じることができて感動するシーンでもある。親族・友人のお子様の場合も、その親御さんにとって貴重な瞬間を見ることができるので嬉しいもの。

リングボーイ・リングガールは誰に依頼すればいい?

リングボーイ・リングガールは、新郎新婦のお子様・親族のお子様にお願いをするのが一般的。日本では友人のお子様に頼むケースも多く問題はありません。
新郎新婦にとっても、親御さんにとっても、貴重な経験で素敵な思い出になることでしょう。中にはリングボーイ・リングガールを知らない方もいるかも知れないので、お願いする時は丁寧に説明して依頼しましょう。

リングボーイ・リングガールは何歳がベスト?

4歳~10歳くらいの少年・少女が一般的。リングピローを持ってバージンロードを歩けるかどうかを基準に考えて依頼しましょう。又、依頼したいけれどまだ小さくて一人では上手く歩けないお子様の場合は、兄弟や仲良しのお子様と2~3人目安で一緒に手を繋いで歩いてもらったりしてもらうのもおすすめ。

親戚・友人に同い年ぐらいの子どもがいる場合

友人・親戚に同じくらいの年頃のお子様がいる場合は、なるべく親族側を優先させましょう。又、親族に子どもが多い場合、リングボーイ・リングガール以外の子には披露宴内で新郎新婦への花束・プレゼントを渡す演出を行うなどの配慮をすると良いでしょう。

リングボーイ・リングガールへのお礼

絵本・おもちゃ・お菓子の詰め合わせ・図書カードなど、子供が手に握って丁度良いサイズのものをプレゼントするのがおすすめ。誰かのお子様に依頼して贈り物に困ったら、事前に親に好みのものを聞いておくと良いでしょう。

相場:1000~3000円
渡し方:挙式の際にリングピローと交換して渡したり、披露宴会場の席にメッセージカードを添えたプレゼントを置いておくなどがあります。

自分の子どもが頼まれた時はどうする?

もし自分の子どもが抜擢された時の準備の仕方

準備1:リングボーイ・リングガールの衣装の確認。リングボーイ用・リングガール用の衣装を新しく購入する場合、当日新しい衣装を着てぎこちなくなってしまうことも考え、事前に何度か着せて慣れさせておくのがベスト。
準備2:自宅でリングピローを渡すリハーサル。リングピローを持ってバージンロードを歩くのが挙式の大役。子どもにとっていつもと違う雰囲気に緊張したり、嬉しくて舞い上がったりしてしまうもの。事前に自宅で挙式の練習をしておきましょう。挙式リハーサルに参加させてもらえるかも新郎新婦に確認しておくと安心です。
式当日:当日は「◯◯◯お姉ちゃん(花嫁)のために頑張ろうね!」と笑顔で声をけると、子どももはりきって大役を果たしてくれるはず。

リングボーイ・リングガールに持たせるリングピロー

高価な結婚指輪を紛失してしまうことがないように、ダミーの指輪を乗せたリングピローを持たせ、本物の結婚指輪はベストマン(仲人・アッシャー)がポケットから取り出して渡すのが主流。歩いているうちにリングピローから指輪が落ちないように軽く固定しておきましょう。
せっかくリングボーイ・リングガールをお願いするなら、子どもたちが手にすると最高に可愛いくなるリングピローを運んでもらいませんか?

大きめのバスケット

@circle_rinkustudio / Instagram

ぬいぐるみ

@mon163mon / Instagram

リース

@kane.d1 / Instagram

ロマンティックな馬車風リングピロー

@asami0512wedding / Instagram

リングボーイ・リングガールの衣装に関しての注意点

リングボーイ・リングボーイの衣装はその子どもの親が用意するのが一般的。気持ち良くお願いをする、気持ち良く引き受けるために、衣装の購入費用・貸衣裳代についお互いに相談し合い、それなりのお礼をするなどと気配りを忘れずに。

リングボーイのおしゃれファッションコーディネート

基本の衣装:タキシード、ベスト付きスーツ、半袖シャツ+蝶ネクタイ挙式で活躍するリングボーイ。おしゃれにオリジナルで楽しむファッションコーディネートをcheck!

リングガールのファッションコーディネート

基本の衣装:白のドレス(花嫁以外でリングガールなどの女の子のみ、白のドレスを着ることを許されたゲスト)挙式で活躍するリングガール。おしゃれにオリジナルで楽しむファッションコーディネートをcheck!

まとめ

緊張してしまってキョロキョロしてしまったり、ちょっぴり泣いてしまったり、子どもならではのちょっとしたハプニングが起きることも。
大役を果たそうとする頑張っている姿がとっても愛らしくて、会場にいるゲスト皆を笑顔にしてくれるもの。リングボーイ・リングガールがいればきっと、心温まる挙式になること間違いなしです。

関連する式場

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル アクア・マリーナのウェディング

コオリナ・チャペル アクア・マリーナ

コオリナの美しい海と自然を望む360度ガラス張りの光あふれるチャペル

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

奇跡の場所で喜びの結晶が、あたらしく輝く。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません