バージンロードを歩く花嫁に知ってほしい!人生をあらわしている道の意味

花嫁が父親と腕を組んで進み、腕を解き、新婦を新郎に託す。新婦を新郎の元へ導く1本の道『バージンロード』。そんな美しく感動的な瞬間のバージンロードには、どんな意味があるのか知っていますか?実は花嫁の人生を示すものなんです。結婚式前にバージンロードの意味と由来をチェックして当日に備えましょう!

この記事のINDEX

4コマ漫画 バージンロード

バージンロードの意味や由来

バージンロードの意味や由来

バージンロードの意味や由来

バージンロードの意味や由来

@fujiwaraai_illustration / Instagram

バージンロードとは

バージンロード

ChrisVanLennepPhoto – stock.adobe.com

チャペルの入り口から祭壇に向かうまでの通路に敷かれた布のこと。カトリック教会は赤か緑の布が敷かれ、プロテスタントの教会では白い布を敷きますが、現代ではドレス姿を美しく映える青の布や、高級感ある大理石の床になっているところもあります。オリジナルなら、お花たっぷりのフラワーカーペット、手作りのアイルランナーがおすすめです。ちなみに「バージンロード」は日本ブライダル業界によってつくられた和製英語。外国では「ウェディングロード」あるいは「ウェディングアイル」と呼ばれています。

古くから伝わるバージンロードの話

欧米では古くに『悪いものが教会の床下に潜んでいて、幸せそうな花嫁を妬みさらってしまう』という言い伝えがありました。そこで、お清めや悪いものを祓うという意味がある『フラワーガール』や『ベールダウン』を行い、敷いた布の上を歩くことで花嫁を守ったと言われていたことが『バージンロード』の始まりと言われています。

入場

神様の前で新郎と出会うための道

新郎が登場し、いよいよ新婦入場。
新婦が進むその道は、新婦のこれまでの人生であり、『入場神様の前で新郎と出会うための道入場。新婦が父と腕を組み、“誕生“の意味をするチャペルの“扉“が開く。最初の一歩は新婦が生まれた日、次の一歩は初めて立った日、思い出を振り返りながらゆっくりと歩いていく。そして祭壇の前で新郎に託すという感動的な瞬間です。

退場

新しい人生を歩き出すための道

愛を誓ったふたりが今度は一緒に退場。その道は、新郎と新婦が“新しい人生を歩き出すための道“。夫婦として初めて歩く道「バージンロード」。みんなの祝福に包まれ、ふたりは真っ直ぐにゆっくりと歩き出します。

バージンロードでおこなう演出

ベールダウン

ベールダウン

tagoyogo – stock.adobe.com

バージンロードを歩く前にお世話になった方(おもに花嫁の母親)に花嫁のベールをそっとおろしてもらう演出です。チャペル挙式では定番の演出で、花嫁支度の最後の仕上げといえます。
ベールダウンはカメラマンのシャッターチャンスでもあるので、花嫁は姿勢よく、母親より下に腰をかがめるのがコツです。本番は感動のあまり気にしなくなってしまうと思うので事前に姿勢にしっかり注意しておきましょう。

フラワーシャワー

リボンシャワー

beeboys – stock.adobe.com

挙式を退場する時にゲストから祝福の言葉と同時に花びらを振りかけてもらいます。
最近では花以外に、リボンシャワーやバルーンシャワーなど違うアイテムでおこなうことも増えています。

挙式後のアフターセレモニーにおすすめの演出10選

まとめ

バージンロードの意味を知って挙式前と後の大切な時間を過ごそう

花嫁の父親がたくさんの愛情で育ててきた娘を神の前まで導き新郎を出会わせ、ふたりの第一歩を見送るという意味が込められている幸せの道。ぜひ結婚式前に、父親にもこの素敵な話を教え、今までの思い出を感謝を感じながら歩いてみてはいかがでしょうか?

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

宇都宮の結婚式場ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

青空に祝福される 至福のリゾートウエディング

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

1日1組限定 緑美しい邸宅でのオーダーメイドウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません