費用を支払えば代行してもらえる!国際結婚の手続きまとめ

日本人同士の結婚の場合、役所に婚姻届を提出すれば手続きは完了します。しかし、国際結婚の場合は、日本の役所に提出するだけでよい国もあれば、それぞれの国で手続きが必要な場合もあります。国際結婚の手続きは、費用を支払えば代行してもらうことも可能です。おふたりの結婚をしっかり認めてもらえるよう、国際結婚の手続きについてご紹介します。

この記事のINDEX

国際結婚をする際に必要な書類と手続きとは?

婚姻届

TK6 – stock.adobe.com

国籍の異なるおふたりが結婚する場合、どのような書類を用意して、どこでどのように手続きをすればよいのでしょうか。ここでは、日本と日本以外の国で国際結婚をする際の手続きについてご紹介します。

日本で外国籍の人と結婚する際に必要な書類

日本人が外国籍の人と結婚する場合で、日本の役所で手続きをする際に必要な書類は次のとおりです。

婚姻届

日本の役所やインターネット、雑誌の付録などで入手できます。不備がないよう必要事項を記入して提出しましょう。結婚するおふたりの署名だけでなく、成人した証人のサイン・押印も必要です。

戸籍謄(抄)本

日本人が本籍地以外の役所に婚姻届を提出する際に必要な書類です。本籍を管轄する役所でしか入手できないため、本籍が遠方の場合は早めに手続きをとりましょう。

婚姻要件具備証明書

外国籍の人が日本人と結婚する際に必要な書類。婚姻を成立させるために必要な要件が記載されています。発行しない国もありますが、母国の在日大使館や領事館などで入手できます。提出の際は原本と日本語訳が必要です。

国籍を証明する書類

パスポートなど、国籍を証明する公的な書類

役所によって必要書類が異なったり、婚姻要件具備証明書が発行されなかったりする可能性もあります。書類を準備する際は、婚姻届を提出しようとする役所の担当者へ結婚相手の出身国を伝え、必要書類を確認するようにしてください。

日本で外国籍の人と結婚する際の手続きの流れ

必要書類がそろったら、いよいよ手続き。手続きの流れは次のとおりです。

(1)役所へ行き、婚姻届と国際結婚に必要な書類を提出
(2)婚姻届が受理されたことを確認
(3)日本で結婚したことを証明する書類である、「婚姻届受理証明書」を発行してもらう
(4)「婚姻届受理証明書」と、結婚相手の出身国で結婚する際に必要な書類を用意し、在日大使館や領事館に提出する

婚姻届の内容や必要書類に不備がなく、平日の開庁時間内であればその場で婚姻届を受理してもらえます。
外国籍の相手の名字を名乗りたい場合は、婚姻届提出から半年以内に 「外国人との婚姻による氏の変更届 」を提出しましょう。半年を過ぎた場合は、家庭裁判所で手続きを行います。

国際結婚の手続きを日本と相手の国でしなければならない場合もある

国際結婚の手続きは、日本の役所に婚姻届と必要書類を提出するだけでよい場合もあれば、相手の国でも手続きが必要な場合もあります。

日本人とアメリカ人の結婚の場合は日本での手続きのみで結婚が認められますが、相手が韓国や台湾などの場合は、日本での手続きの後に政府に報告しなければなりません。また、もしも離婚歴のある人がドイツ人と再婚しようとする場合は、裁判所の証人が必要です。

国際結婚をする相手の国によって手続きが異なりますので、事前に大使館や領事館などに確認すると安心です。

国際結婚が成立するまでどれくらいかかる?

結婚指輪

Nataliiap – stock.adobe.com

国際結婚をしようと決めて実際に準備を始めた場合、どれくらいの期間で国際結婚が成立するかは相手が持っているビザによって異なります。

外国籍の結婚相手が日本にいて中長期ビザを持っていれば手続きはすぐできる

外国籍の結婚相手が「中長期ビザ」と「在留カード」を持っている場合、「婚姻要件具備証明書」は在日大使館で発行してもらえることがほとんどです。そのため、必要書類を整えるのにそれほど時間がかからず、婚姻届を提出すればすぐに結婚を成立させることが可能です。

相手が海外にいる・短期ビザしかない場合は3ヵ月かかることもある

外国籍の結婚相手が海外にいてビザがない、日本にいるが短期ビザしか持っていない場合、「婚姻要件具備証明書」の取得に時間がかかります。
 
相手が海外にいる場合は「婚姻要件具備証明書」の入手が難しく、代わりに「独身証明書」が必要になります。独身証明書には相手が独身であることしか記載されていないため、日本で婚姻届を提出された役所は法務局に婚姻届を受理してよいかどうかを確認しなければなりません。

また、保有しているのが短期ビザの場合は在留カードがありません。この場合も受理してよいかどうかの照会が必要になります。
 
書類の準備スタートから婚姻届受理まで3ヵ月かかる場合もあるため、希望の入籍日がある場合は注意してください。

国際結婚の手続きに困ったら!代行してくれる機関に相談

弁護士

Freedomz – stock.adobe.com

国際結婚の手続きが難しいと感じる場合は、行政書士事務所など、代行してくれる機関に相談してみましょう。
 
「婚姻要件具備証明書」など、外国から取り寄せた書類は日本語訳も一緒に提出しなければなりません。和訳代行などの簡単な内容から、配偶者ビザの取得サポート、結婚手続き全般のサポートなど、必要に応じて選べます。
 
内容によって数千円~十万円以上の費用が発生しますが、スムーズに結婚の手続きを進められますよ。

まとめ

国際結婚の手続きは代行してもらえる!スムーズに手続きできる方法を選んで

日本人が外国籍の人と結婚する際の手続きは、相手の国によって日本での手続きだけでよい場合と、相手の国でも手続きが必要な場合があります。また、相手の国によって婚姻届提出時に必要な書類が異なったり、状況によって婚姻成立に3ヵ月かかったりする可能性も。

国際結婚の手続きが難しいと感じるならば、行政書士事務所など、手続きを代行してくれる期間に任せてみてはいかがでしょうか。費用は発生しますが、スムーズに手続きを進めることができますよ。

関連する式場

グアムのセント・プロバス・ホーリー・チャペル

セント・プロバス・ホーリー・チャペル

グアムで唯一!重厚な木目調の本格チャペル。 高台からの絶景が彩る挙式は美しく感動的。

グアムの挙式会場ブルーアステール

ブルーアステール

ブルー&ホワイトに染まる聖域にふたりの幸福な未来を描く至高の一日

グアムのルース・デ・アモール チャペル

ルース・デ・アモール チャペル

恋人岬を望むオン・ザ・ビーチの邸宅でいつまでも記憶に残る最高の一日を

ハワイ オアフ島 ラニレア チャペル

ラニレア チャペル

「喜びの空」を意味する地上107mから絶景を望むチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません