「私たち婚約しました!」いつ、どんなタイミングで周囲に発表する?

婚約したら、少しでも早く身近な人に報告して、喜びを分かち合いたいと考えている人もいるでしょう。結婚することになったら、いつ、どんなタイミングで周囲の人に伝えれば良いのでしょうか。また、「婚約した」と言えるのはいつからなのでしょうか。この記事では家族や友人、職場の人に婚約報告をしたいカップルに向け、適切なタイミングや伝えるときの注意点を解説します。

この記事のINDEX

「婚約した」と言えるのはいつ?

プロポーズ

vchalup – stock.adobe.com

「いつからが婚約期間なの?」と疑問に思う人もいるでしょう。プロポーズをされたとき?口約束をしたとき?ここでは、「婚約とはいつを指すのか」を解説します。

プロポーズした・されたときから

婚約していると言えるのは、「結納が終わってから」「両家の顔合わせが終わってから」など人によって解釈はさまざまですが、一般的にはプロポーズした・されたときから婚約期間に入ると考えて良いでしょう。
 
プロポーズがあり、相手が了承した時点で、結婚の合意があったと見なせます。ここでは、結納や両家の顔合わせ、婚約指輪の有無などの儀式的なものは考慮されません。

プロポーズがない場合はどうなる?

もしプロポーズがなかったとしても、お互い「結婚しようね」「結婚を見据えて一緒に暮らそう」などの約束があり、結婚の意思が固まっているなら婚約していると言えます。
 
ほかにも、妊娠や転勤をきっかけに将来を真剣に考え、時期が来たら入籍しようとお互いに考え同意している場合でも婚約していると考えてよいでしょう。
 
しかし、男性女性のどちらかが一方的に盛り上がり、相手の同意が無いのに「私は彼と絶対結婚するの!」など思い込んでいる場合は婚約とは言えないでしょう。

「婚約した」と伝えるべき相手と報告のタイミング

老夫婦

maroke – stock.adobe.com

大好きな相手からプロポーズされ、了承して婚約期間に入ったら、家族や友人、職場の人に少しでも早く報告し、喜びを伝えたいと思うものです。しかし、報告する相手によってタイミングは異なるので注意が必要です。

両親・親族

お互いの両親には最初に伝えましょう。もし会える距離に住んでいるなら直接会って話すと両親も喜びます。遠方なら、もちろん電話でも大丈夫です。
 
祖父母や仲の良い従兄弟など、直接伝えたい親族がいれば両親に報告したあと、すぐに報告して構いません。

友人

仲の良い友人や、結婚式に招待したいと考えている友人には婚約したら披露宴の招待状を発送する前に報告しておくと良いでしょう。
 
ただ、結婚式に招待しない予定の、学生時代のサークルの先輩や、グループで遊ぶくらいの軽い関係の友人は、報告のためにわざわざ呼び出すのは気が引けるかもしれません。その場合は、時期関係なく、会うついでの報告や結婚報告ハガキで大丈夫です。
 
なかなか会えない友人には電話やLINEで報告するのも良いでしょう。最近はグループに一斉に通知するために、SNSで報告する人もいます。

職場の人

結婚式の3ヵ月前までを目安に報告しましょう。最初に「仲の良い同僚に伝えたい!」と思うかもしれませんが、まずは直属の上司に報告するのがマナーです。次に部長や課長などその上の上司に報告します。最後に同僚に伝えます。

「婚約した」と伝えるときの注意点

OL

taka – stock.adobe.com

婚約は大変喜ばしいことです。しかし、周囲の人への伝え方を間違うと「嬉しいのは分かるけど…」と、あまり快く思われない場合もあります。ここでは報告のときに注意したいことを解説します。

両親・親族

親しい親族には自分で報告するとしても、縁が遠い親族にはどう報告したら良いか迷う場面も出てきます。そこで、両親に報告したときに、親族への報告も両親にお願いしておくと良いでしょう。
 
そのときに、結納や顔合わせの有無など軽く意向を伝えると同時に、両親の意向も確認しましょう。

友人

友人に伝えるときは、相手の状況を考えて報告しましょう。久しぶりに電話をして「ねぇねぇ○子!私結婚するの!」など浮かれた様子で一方的にまくしたてるのはおすすめできません。もしかしたら友人は、闘病中や失恋したばかりなど、配慮が必要な時期かもしれません。最初に相手の状況を聞いてから切り出しましょう。

職場の人

結婚をすると苗字が変わったり、状況によっては退職や時短勤務を申し出る必要がある人もいるでしょう。急に「私、明日結婚するので退職します」など報告されても、職場の人は困ってしまいます。
 
婚約がきまったら「この度婚約しました。○月くらいに結婚する予定で、その後婚約者の地元に引っ越すので退職予定です」など分かる範囲の報告を行うと引き継ぎ等がスムーズです。
 
ただ、あくまでも職場なので「みんな聞いて!婚約しました!」など友人に報告するような浮かれたノリで伝えるのではなく、事務的に控えめな態度で伝える方が印象は良いでしょう。できれば業務時間外が望ましいです。

まとめ

2人の結婚の意思が固まったら、適切なタイミングで報告を

結婚の意思が固まったら、両親にはすぐに報告しましょう。きっと両親も喜んでくれるはずです。そのときに、結納や顔合わせの有無などの打ち合わせを軽く行っておくとスムーズです。
 
友人には、結婚式の招待状を発送する前までには報告しましょう。報告するときは相手の状況を見て報告します。職場の人や友人には結婚式の3ヶ月前までを目安に報告し、退職予定がある場合は引き継ぎの打ち合わせなども行いましょう。
 
相手の気持ちを考え、適切なタイミングで報告することがポイントです。

関連する式場

KOTOWA 奈良公園プレミアムビューの結婚式・和婚

KOTOWA 奈良公園 Premium View

古都の風景を舞台に奏でる 美しく洗練されたウエディング

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

新旧の美しさが彩る 鎌倉での和モダンウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

ブランレヴュー宇都宮アクアテラス

ブランレヴュー宇都宮アクアテラス

水と緑のくつろぎに満ちた ナチュラルウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません