ウェディングドレスのNEWトレンド、パンツドレスの魅力と着こなしのコツ

今、海外の花嫁を中心に、パンツドレスのウェディングドレススタイルが人気です。ウェディングドレスといえば丈の長いスカートスタイルが主流ですが、なぜパンツドレスを選ぶ花嫁が増えているのでしょうか。人気の理由とパンツドレスの種類、着こなしなどからその魅力をご紹介します。

この記事のINDEX

花嫁をモードに飾る、パンツドレスの魅力

パンツドレス

Resoll Nature|W by WATABE WEDDING

ウェディングドレスは結婚式で最も注目度の高い必須アイテム。そのドレススタイルの中でも、今、海外の花嫁を中心にパンツスタイルのウェディングドレスが人気を集めています。

海外のハイブランドからも数多く発表されているパンツドレスは、花嫁をモードに飾り、スカートスタイルのウェディングドレスでは魅せられないスタイリッシュでクールな印象を与えてくれます。一方で、シフォンやシルクの生地使い、レースやビジューなどの素材使いによって華やかさも可愛らしさも演出可能。新郎とのバランスが難しそう、女性らしさをアピールできないのでは・・・と懸念する花嫁も安心です。

チャペルや会場に映えるのか心配する声も聞こえてきそうですが、オーバードレスやベールをプラスすればバージンロードに映えるバッグスタイルが叶います。ウェディングシューズなどの小物使いが楽しめるのも、パンツドレスならでは。

さらには足さばきが楽で動きやすいため、ゲストとの距離が近い会場でも立ち回りやすかったり、屋外の結婚式やウェディングフォトも裾を気にせず楽しめたりとメリットもたくさん挙げられるのです。

パンツドレスのウェディングドレススタイルはどのようなものがあるのか、スタイルの種類や着こなし方から、パンツドレスの魅力をご紹介します。

デザインも着こなしも多種多様!パンツドレスの種類

ウェディングドレスに比べパンツドレスは選べるデザインや着こなしのパターンが少なそうに思いがちですが、実は多種多様なデザインが発表されています。日常のパンツスタイルと違い、ウェディングシーンならではの着こなしができるのもパンツドレスの魅力のひとつ。ウェディングドレスと同じく素材使いやシルエットによって印象が変わるため、自分の体型や与えたい印象を考えながら選んでいきましょう。

スリムパンツで都会的な花嫁に

スリムなパンツドレスはファッション性が高く、クールでスタイリッシュな印象を与えます。街中にも違和感なく映えるため、都会的でモードなウェディングスナップも可能。くるぶし丈ですっきりと着こなし、こだわりのシューズで足元を飾りましょう。

@brownsbride / Instagram

シンプルになりがちなスリムなパンツドレスも、女性らしさをアピールするワンポイントや個性的なデザイン、印象的なバックスタイルで勝負。アシンメトリーなデザインならシンプルになりすぎず、ワンショルダーはデコルテを美しく魅せてくれます。

@jordancovington / Instagram

カシュクール×テーパードのオールインワンスタイルのパンツドレス。流行のファッション要素をパンツドレスに取り入れれば、都会的でファッショナブルな花嫁に。

ジャケット×パンツのハンサムスタイル

クールでハンサムな花嫁を目指すなら、ジャケット×パンツのウェディングドレススタイルがおすすめ。隣に立つスーツ姿の新郎に負けないくらい、カッコよく着飾って!

@luxebrideguide / Instagram

シンプルなジャケットにセンタープレス入りのパンツを合わせたハンサムスタイルでも、レースやビジューをあしらったインナーを合わせれば一気にレディライクに。ヘアスタイルもダウンスタイルなら優しい印象に、アップスタイルならよりクールにきめられそうですね。

@nekto_42 / Instagram

@nycbridalstylist / Instagram

@nekto_42 / Instagram

マニッシュな印象に寄りすぎるのが心配なら、女性らしいデザインを取り入れたスーツスタイルを選んでみて。スカートのように見えるドレープ感のあるボリューミーなパンツで女性らしさをプラス。ジャケットも落ち感のある柔らかな素材を選べば、より優しい印象に。

ワイドパンツは素材感を楽しんで

ワイドパンツも普段から着こなしている女性の多い流行のファッションアイテム。ボリュームがあり存在感がある分、素材感で印象が大きく変わります。結婚式の雰囲気やどんな花嫁に見せたいかを考えながら選びましょう。

@couturebridelv / Instagram

上質なレースを全身にバランス良くあしらえば、ウェディングドレスにも負けない華やかなパンツドレススタイルに。柔らかくエアリー感のある素材で仕立てられたワイドパンツが優しい印象を与えてくれます。

@weddinglust / Instagram

シルクやタフタなど張りのある素材で仕立てられたワイドパンツは、凛とした花嫁を演出。ワイドパンツは身長が高めの花嫁さん向けですが、7分丈など足首が見える丈のワイドパンツなら、身長が低めの花嫁さんでもスタイリッシュに着こなせます。

@nekto_42 / Instagram

タックやギャザーでボリュームをプラスしたワイドパンツもファッショナブルなアイテム。ウェディングドレスと同じように存在感を与えてくれます。トップスをミニマムにまとめればスタイルアップ効果も。

オーバースカートでドレス感をプラス

パンツとウェディングドレスの両方を楽しめる、パンツの上にスカートを合わせたドレススタイル。スカートが取り外し可能な2wayタイプなら、結婚式ではオーバースカートで華やかに、披露宴ではパンツスタイルでスマートに着こなすなど、全く違った雰囲気を演出することができます。

@lamarie.mjc / Instagram

パンツドレスにボリュームたっぷりのチュールスカートを合わせれば、甘辛mixのウェディングドレススタイルが完成!ハンサム花嫁の可愛らしい無邪気さを感じさせてくれます。

@inthedetaileventsuae / Instagram

シルクタフタやミカドシルクなど、張り感や重厚感のある素材で仕立てられたオーバースカートは気品高くクラシカルな印象に。トレーンの長いオーバースカートなら厳かな教会や大聖堂のバージンロードにもよく映えます。

@calvetcouturesarasota / Instagram

ビーチなどのリゾ婚ならショートパンツスタイルもマッチ!レースで仕立てたオーバードレスをプラスすることで、カジュアルすぎずウェディングドレス感もアップします。

パンツドレスを着こなすコツ

定番のウェディングアイテムもパンツドレスに合わせれば、その新鮮な印象からオシャレ感が格段にアップ!アイテム一つひとつが際立つからこそ、小物選びにもこだわり自分らしく着こなしましょう。

足元にも個性をのぞかせて

ウェディングドレスでは長いスカートに隠れてしまいがちなウェディングシューズも、パンツドレスなら存在感抜群!デザインやカラー、素材感などにこだわって、自分らしいコーディネートを叶えましょう。

@flossyphoto / Instagram

@lamarie.mjc / Instagram

シンプルな細身のパンツドレスはシューズでドレスアップを。レースやビジューをあしらった華やかなウェディングシューズはもちろん、リボンやバックルを飾ったシューズもコーディネートのワンポイントに。

@muddyweddingdress / Instagram

@mrtheodoreweddings / Instagram

白いウェディングスタイル×カラーシューズのコーディネートも、パンツドレスだから楽しめる着こなしの一つ。黄色や緑ならナチュラルな雰囲気を、赤や黒なら大人っぽく艶やかな印象をプラスしてくれます。結婚式のスタイルに合わせて選んでみて。

@lamarie.mjc / Instagram

@aucklandcelebrant_helendewsnap / Instagram

パンツスーツにローファーやオックスフォード・シューズなどメンズライクなシューズを合わせれば、一層ハンサムな花嫁に。ガーデンウェディングやラスティックウェディングなどカジュアルな結婚式なら、スニーカーを合わせて新郎とお揃いコーデも素敵!

ヘッドドレスで高める主役感

スマートなシルエットになりがちなパンツドレスはボリューム感が少なく、結婚式での花嫁としての存在感がちょっと心配。そんな時は合わせるヘッドドレスを工夫してみましょう。

@lajeunemariee_luxecollection / Instagram

@bessette_official / Instagram

花嫁の定番アイテムであるウェディングベール。ウェディングドレスと合わせると脇役になりがちですが、パンツドレスなら主役級の存在感を放ちます。マニッシュなパンツドレスでも繊細なレースをあしらったベールを合わせれば、優美な花嫁らしさが格段にアップ。バージンロードが長い会場ならロングベールで印象的なバックスタイルを演出して。

@clairelafaye / Instagram

シンプルなパンツドレスに女優帽を合わせれば、エレガントなガーデンウェディングスタイルに。ビーチウェディングなどサマースタイルが似合う結婚式なら、花嫁はつば広のストローハット、新郎はパナマ帽などでコーディネートすると遊び心もありオシャレ!

印象的なバックスタイル

美しいバックスタイルも花嫁として美しく映えるための大切なポイント。後ろ姿にデザイン性をプラスしたパンツドレスで、印象的な花嫁姿を演出しましょう。

@taylorandporter / Instagram

クールなパンツドレススタイルでもバックスタイルにレディアイコンを取り入れることで、正面のハンサムな表情と少女のように愛らしい後ろ姿のギャップが印象的に。

@misspattyvalle / Instagram

パンツドレスの中には肩のラインから床へとリボンを垂らしたデザインが多く見られます。これはウェディングドレスのトレーンのように、バージンロードに美しく映えるデザイン。パンツドレスのスマートなシルエットをより際立たせるためスタイルアップ効果も。

まとめ

印象自在なパンツドレスで自分らしいウェディングドレススタイルを

モードでハンサムなイメージがありながらも、素材使いや小物合わせによってエレガントさもキュートさも演出できるパンツドレス。オーバードレスやベールなどウェディングスタイルの定番アイテムをプラスするだけで花嫁としての存在感を引き出し、ウェディングドレスを超えるほどのインパクトを与えてくれます。

結婚式のスタイルに合わせてコーディネートを楽しめるうえに、自分のこだわり次第で与える印象を自在に変えられるから、人とは違うウェディングドレススタイルを叶えたい、自分らしく着こなしたい花嫁はぜひチェックしてみて!

関連する式場

ケアンズのアラマンダ グレートバリアリーフ チャペル

アラマンダ グレートバリアリーフ チャペル

世界遺産グレートバリアリーフを望むチャペル

沖縄 宮古島 アラマンダ チャペル

アラマンダ チャペル

ガーデンの花々と海が彩るプレミアムな楽園 華麗なステンドグラスの独立型チャペルで誓いを

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません