太い二の腕をうまく隠すウエディングドレスの選び方

「憧れのウエディングドレスを綺麗に着こなすために、むっちりした二の腕をどうにかカバーしたい…」そのような悩みを持つ方は多いはず。腕を出すことに抵抗があるからといってむやみに隠すのはなく、全体のバランスを見ながらうまく隠すことで、二の腕の太さをしっかりとカバーできます。二の腕が太いと感じさせない、4つのウエディングドレスのデザインをご紹介します。

この記事のINDEX

(1)細め・透け感のあるオフショルダー

@wedholly / Instagram

人気のオフショルダーのウエディングドレスは、腕が適度に隠れて細見え効果アリ!デコルテに目が行きやすく、二の腕への視線を外すことができます。
 
二の腕が気になる花嫁さんは「袖が細め」「チュールやレースなど透け感のある素材」がおすすめです。オフショルダーの部分が太いとかえって逆効果になるのでご注意を。

(2)手首が見えるレース袖

@wedholly / Instagram

流行中のレース袖のウエディングドレスもおすすめ。この場合、「手首の部分が見えるデザイン」を選ぶのがポイントで、1番細い手首が見える7分袖や5分袖を着ることで、全体がスッキリとして腕を細く見せることができます。
 
また、素材がレースだというのもポイントで、さりげなく透け感のあるレースから腕が見え隠れすることにより、二の腕の太さを感じさせず華奢な印象に。

(3)袖口が広い半袖タイプ

半袖タイプのウエディングドレスを選ぶのも手。このとき、肩と二の腕にピタッとくっつくタイトなスリーブや膨らみのあるパフスリーブですとより太さが強調されてしまうので、「袖口が広い」デザインを選んで。
 
袖口と腕に空間ができるので、腕がほっそりします。レースなど軽やかで透け感のある素材のスリーブを選んで、細見え効果をアップさせましょう。

(4)大きめコサージュ付きのビスチェ

@robe_de_mariee_setsuko_aoki / Instagram

二の腕を隠すのではなく、ビスチェタイプにして、あえて大胆に肩と腕を出してスッキリとした印象にさせる方法も。胸元に大きなコサージュがついたウエディングドレスがおすすめで、胸元へ視線を行かして、二の腕への視線を逸らすことができます。
 
脇からはみ出るお肉を大きなコサージュがさりげなく隠してくれるので、腕もほっそりと細く見えますよ。

まとめ

まとめ

二の腕の太さを感じさせないためには、むやみに隠してしまわないこと。腕を隠すなら半袖~7分袖までの手首が見えるものを、思いっきり出すなら胸元に大きめのモチーフがついたドレスを選びましょう。4つのデザインを参考に、運命の1着を見つけてください!

関連する式場

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

奇跡の場所で喜びの結晶が、あたらしく輝く。

ハワイ オアフ島 ラニレア チャペル

ラニレア チャペル

「喜びの空」を意味する地上107mから絶景を望むチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません