「ナチュラル」がテーマ!理想の『ナチュラルブーケ』を手に入れるコツ

ナチュラルな会場やウエディングドレスに合わせて、次はいよいよブーケ選び!ですがブーケの形やお花選びと言っても、いろんな種類があったり何が合うのか迷ってしまいますよね…。ナチュラルウエディングに合うブーケに仕上げるには、ブーケの形を決めて、花材を選んでいくのがコツです!結婚式会場やドレスの雰囲気とも相談をしながら、理想のナチュラルブーケをgetしましょう!

この記事のINDEX

STEP(1)ブーケの形を選ぼう

たくさんのブーケの種類があると、どんなブーケを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。数ある中で、ナチュラルブーケにぴったりな形をご紹介します。ブーケの種類によっては素敵な意味合いもありますよ!

クラッチブーケ

クラッチブーケ

クラッチブーケとは、お花を無造作に束ねて、茎の部分をあえて残したブーケのこと。野に咲く花を束ねたような自然な雰囲気に仕上がります。カジュアルに片手で持つことができるので、ガーデンウエディングやナチュラルウエディングにぴったりなブーケです。

シャワーブーケ

シャワーブーケ

シャワーブーケとは、まるでシャワーや噴水のように降り注ぐように、華やかに広がる形のブーケのことです。上から下に滝のように流れるキャスケードブーケと似ていますが、違いとしてはシャワーブーケの方が横幅が広く、また下に向かって広がるように流れています。シャワーのように幸せが溢れるようにと、素敵な願いも込められているんです。

かごブーケ

かごブーケ

かごブーケは別名『バスケットブーケ』とも言われます。編みかごなどのバスケットに、生花や造花をたっぷり詰め込めばかわいらしいブーケに仕上がります。まるでお花畑にいる少女の様なナチュラルな雰囲気にしてくれます。

リースブーケ

リースブーケ

リースブーケとは、その名の通りリースの形をした丸いブーケのことです。見た目もナチュラルでオシャレなデザイン。「永遠」の意味を持つ丸い形をしたリースは幸せ溢れるウエディングブーケとしてぴったりです。

STEP(2)ナチュラルな花を選ぼう

ブーケの種類が決まったら、次はどのお花を入れたいか、どのお花をメインとして入れたいかを決めましょう!ナチュラルブーケに良く使われる花材の種類とその素敵な花言葉をご紹介します。

かすみ草

かすみ草

かすみ草はふんわりと優しい雰囲気を演出してくれます。清楚で愛らしいかすみ草は、花束の名脇役でお花とお花の調和を取ってくれます。最近ではかすみ草だけを束ねて作ったナチュラルブーケが人気なんです!

【花言葉】
 
■「無垢の愛」
かすみ草の純白で可憐な白いお花には無垢の愛という花言葉があります。
 
■「清らかな心」
小さくて可憐なかすみ草は不思議と心を綺麗にしてくれる効果があります。
 
■「幸福」
白くかすんだようなかすみ草の花は、幸福な未来を夢見る2人を祝福することからこの花言葉が生まれました。

マーガレット

マーガレット

純白の花びらと黄色の花芯が愛らしいマーガレットは清楚な少女が浮かびます。マーガレットと言えば恋占いの花で有名です。白いマーガレットのお花は純粋な愛を表すので結婚式のブーケにぴったりです。

【花言葉】
 
■「恋を占う」
1番耳馴染みのある花言葉ではないでしょうか?想いが伝えられない少女の相手への気持ちを伺う際の最初の贈りものとされてきました。
 
■「信頼」
多くの時間を共に過ごしてきた2人の中では「信頼」という言葉がぴったりではないでしょうか。

アジサイ

アジサイ

紫、ピンク、青、白…と、たくさんの色を持つアジサイ(紫陽花)は梅雨の時期に美しく咲く花。基本的に6月に咲くお花なのでジューンブライドにぴったりです。他の花を引き立たせるための脇役として使われることが多く、最近ではグリーンや白いアジサイなどを使ってあえてメインにしたブーケも。ナチュラルブーケを持ちたいという花嫁さんに人気があります。

【花言葉】
 
■青色のアジサイ
梅雨の頃の長い雨にも耐え忍ぶことから美しい姿をイメージさせる『辛抱強い愛情』です。
 
■ピンクのアジサイ
暖色の元気なイメージから『元気な女性』です。
 
■白色のアジサイ
白くて大きな紫陽花は、広くて優しい心を持っているイメージから『寛容』です。

スズラン

スズラン

スズラン(鈴蘭)は花姿が鈴のように見えることから由来されています。ヨーロッパでは5月のお花とされ、フランスでは花嫁にスズランを贈ると幸せになれるという言い伝えがあり、最近ではキャサリン妃もスズランをブーケにしていました。

【花言葉】
 
■「再び幸せが訪れる」
スズランが北国の人々にとって春の訪れの喜びの合図になっていることに由来します。
 
■「純粋」「純潔」
ヨーロッパでは古くから聖母マリアの花とされておりそこから「純粋」「純潔」と由来されました。

ハーブ系

ハーブ系

リラクゼーション効果のあるラベンダー、力強く地面を這うように生えるカモミール、ハーブティーやクリスマスリースで使われるローズマリー、乾燥地でも良く育つユーカリはハーブの中でも代表的な花です。アロマ効果もあるハーブの花はとてもナチュラルな雰囲気なので、結婚式に使えます。

【花言葉】
 
■ラベンダー
ラベンダーは、細長い繊細な感じの花でとても上品なお花です。ラベンダー畑は見る人を圧倒させることから「優美」です。
 
■カモミール
踏まれれば踏まれるほど丈夫育つとされていることから「逆境に耐える」「逆境で生まれる力」です。
 
■ローズマリー
古代ギリシャ時代から神秘的な花としてお祝いごとに用いられ、記憶力が良くなることから「変わらぬ愛」と言われています。
 
■ユーカリ
乾燥した過酷な環境の中でも良く育つユーカリの生命力を表現した「再生」「新生」です。

多肉植物

多肉植物

葉や茎、根に水を蓄える性質の多肉植物は、種類によって個性的な形や色合いをしていてインテリア、風水アイテムとしても近年人気を集めています。そんな多肉植物はプニプニをしていてかわいいということから最近ではブーケにも使われるようになりました。お花と一緒に使うことで相性も良く、ナチュラル感が普通のブーケよりも演出できます!

クラスペディア

クラスペディア

春の終わり頃から夏にかけて、地面に放射状に広がり細長い銀白色の葉の間から、次々と長く伸ばした花茎の先に、黄色い筒状の小花が集まりピンポン玉のような丸い花が咲くクラスペディアは、グリーン系のナチュラルブーケにプラスすることで、差し色になり明るい印象にしてくれます。

【花言葉】
 
■「心の扉をたたく」
ドラムスティックのように真っ直ぐな細い茎先に咲く丸く黄色い花の印象から由来しています。
 
■「永遠の幸福」
茎先に丸く咲く黄色いお花を乾燥させドライフラワーにすることで永遠に美しいお花をみれることから由来しています。

ライラック

ライラック

ライラックのお花は欧米で好まれ、ヨーロッパでは街路樹として盛んに植えられているほど愛されてます。涼しいところで育つため日本では北海道でしかみることができません。ライラックには紫色、白色のお花があり、通常花びらは4枚ですが稀に5枚もある花。また、そのお花を見つけて黙って飲み込むと、愛する人と永遠に過ごせるという言い伝えがあります。

【花言葉】
 
■紫色の花言葉
好きになり始めた段階を指す花言葉と言われていて「恋の芽生え」と言われています。
 
■白色の花言葉
白色は、他の色に染まっていない(汚れていない)という意味から「無邪気」と言われています。

ミモザ

ミモザ

切花、リース、鉢物などに人気の黄色い花。マメ科に分類され、フランスではミモザの最盛期に行われるミモザ祭りではミモザの花束を投げ合い春の訪れを祝う祭りあるそう。またイタリアでは3月8日は「ミモザの日」とされていて、男性が日頃の感謝の気持ちを込めて奥様や恋人にミモザのお花を贈る習慣があるロマンティックな花なんです。ミモザには黄色、オレンジ色があります。

【花言葉】
 
■黄色のミモザの花言葉
男性から女性に愛の告白をするときミモザのお花を使ったことから「秘密の恋」と言われています。
 
■オレンジ色のミモザの花言葉
明るい色に中にも少し上品さを兼ね備え持っていることから「エレガンス」とも言われています。

パンジー

パンジー

パンジーは、黄色・青色・紫色や黄色・紫色・白色の三色で構成されていることが多く、別名で3色のスミレとも言われています。実はパンジーには素敵なお話もあり、愛の神であるエロスが春の野に降り立ち、真っ白なスミレのお花をみつけました。そのスミレに「人々に、真の愛の心を伝えておくれ。私たちの面影をお前たちに移してあげるから」とささやき、3回キスをしたら、みるみるうちにスミレのお花がパンジーとなったことから、パンジーは春の訪れと愛を知らせる役目となったのです。グリーンいっぱいのブーケの中に色とりどりのパンジーを入れれば、かわいさもプラスされるのでおすすめ!

【花言葉】
 
■紫のパンジー
恋人や相手に対する想いとして「誠実」「思慮深い」という意味があります。
 
■黄色のパンジー
感情を表す花言葉として「つつましい幸せ」です。
 
■白のパンジー
自分の性格を表し「温和」という意味があります。

デイジー

デイジー

太陽の光がさすと花を開いて金色の花芯を見せ、夜や曇りの日になると花をすぼめる『day’s eye(デイズアイ)』を持つことから名付けられたデイジー。小さくてかわいらしいことから雛菊(ヒナギク)とも言われているデイジーは、グリーンや小花と合わせてブーケにするとGOOD!

【花言葉】
 
■「希望」
デイジーの花は光が当たると開くという性質から由来しています。
 
■「美人」
花に日が当たって「希望」がみえる、美人はラテン語の「bellus(美しい)」に由来しています。

アスチルベ

アスチルベ

アスチルベは5月から8月に咲く夏のお花。ボリュームのある花穂と、切れ込みのある美しい葉が魅力であり、かすみ草に続いてナチュラルブーケにぴったりな花なんです。1つ1つのお花は小さいですが、そのお花たちがびっしりと集まっているので、ブーケの中に入れるとナチュラルに華やかさをプラスしてくれます。

【花言葉】
 
■「燃える愛」
小花が咲きそろうと、良く目立つ槍の穂先のような赤い花穂が由来です。
 
■「恋の訪れ」
泡のような小さな花がたくさん集まった美しい花穂に、年頃を迎えた少女を重ねたことが由来です。

まとめ

たくさんあるブーケの形やお花の種類がある中で、ナチュラな雰囲気の「ブーケの形」、ナチュラルな雰囲気の「お花」を知っておくことで、理想のナチュラルブーケを手に入れることができます。ドレスと会場との相性を見て、ブーケの形を選び、お花を選びましょう。お花を選ぶときには花言葉も意識してみるのもいいですね。思い出に残る素敵なナチュラルブーケを選んでください!

関連する式場

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル アクア・マリーナのウェディング

コオリナ・チャペル アクア・マリーナ

コオリナの美しい海と自然を望む360度ガラス張りの光あふれるチャペル

ハワイ オアフ島 ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

愛の聖地に誕生した2つのスタイル ハワイの歴史と自然が彩るウェディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません