海外のフォトツアーで選ぶべきオシャレ小物17選

リゾ婚や海外のハネムーンを予定しているなら、フォトツアーも一緒に申し込むのがおすすめです。海外のフォトツアーでは、カップルの想い出をオシャレに残すための小物も用意しておきましょう!今回は、備えておきたい小物を17種類ご紹介します。

この記事のINDEX

海外のフォトツアーを行うなら写真がオシャレになる小物も用意!

@watabewedding_okinawa / Instagram

リゾ婚やハネムーンに海外を選ぶカップルが増えている

リゾ婚は結婚式の費用や招待客の人数を抑えられるというメリットや、日本とは違う特別感を得られるという特徴があります。そのため、ハワイやグアムなど海外で結婚式を行うカップルが増えています。
 
また、結婚式を国内で挙げ、ハネムーン先は海外を選ぶカップルも多いです。リゾ婚や海外のハネムーンの需要によって、非日常感を想い出として残せる『海外フォトツアー』の人気も高まっています。

フォトツアーはふたりの想い出をキレイに残せるイベント

結婚式のフォトツアーは、結婚式という一生に一度のイベントを写真や映像に残せるサービスです。特に、海外のフォトツアーは、日本とは違う景色のなかで撮影できるため、非日常感やリラックス感、特別感を演出することができ、カップルの間で人気です。

フォトツアーにはオシャレな小物を用意して撮影に備えよう

ハワイやグアムなど、普段味わえない雰囲気を写真や映像に残すなら、オシャレで可愛い小物を用意するのがおすすめです。そこで今回は、海外のフォトツアーで用意しておきたい、写真に映える人気小物をご紹介します。

海外のフォトツアーを可愛くオシャレに演出する小物17選

@watabewedding_okinawa / Instagram

では、海外のフォトツアーでよく使われるオシャレで可愛い17種類の小物をご紹介します。

サングラス

南国の雰囲気に合うサングラスは、海外のフォトツアーにも持ち込みやすい小物です。

@watabewedding_hawaii / Instagram

青い海と白い砂浜に黒いサングラスで陽気な雰囲気のフォトが撮影できます。

@watabeguam / Instagram

ミラーレンズなら、南国の日差しに反射して、よりオシャレ感を演出できますよ。

@watabewedding_hawaii / Instagram

カラフルなフレームのサングラスなら、室内の白い壁にも映えますね。カップルだけではなく、親族みんなにかけてもらうとより楽しい写真になりますよ。

ガーランド

ガーランドとは、本来、植物の葉や花で作る花輪や花冠などの装飾品のことを指します。しかし、輪になっていない形のものも、一般的にガーランドと呼ばれています。最近のフォトツアーでは、旗をつなげるフラッグガーランドが人気です。

@watabewedding_hawaii / Instagram

「結婚しました」の意味を『JUST MARRIED』で英語表記にするとオシャレになります。

@watabewedding_hawaii / Instagram

ナチュラルカラーのクラフト紙でガーランドをつくっても可愛いです。

@watabeguam / Instagram

紐を長めにしてカーブを描くようにふたりでもち、カメラ前でポージングするのがポイントです。

フラワーペタル

フラワーペタルとは本物のように作られた造花の花びらです。

青い空に赤やピンクのフラワーペタルが映えて、素敵な写真を撮ることができます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

チャペル内のバージンロードにフラワーペタルを敷くと、オシャレな雰囲気が出ますね。

@watabewedding_hawaii / Instagram

フラワーペタルはベッドの上に散りばめても、キレイな写真を撮ることができます。

運命の赤い糸

赤い糸の小物を使うと、カップルが運命の赤い糸でつながっているような演出をすることができます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

赤い糸で作る『LOVE』の文字は定番の小物です。太目の赤い紐に細いワイヤーを芯のように通すと、思い通りの形に曲げられますから試してみてくださいね。

@watabewedding_hawaii / Instagram

赤い糸でハートのフレームを作って、ふたりがなかに入るようなフォトショットも素敵ですね。

@watabewedding_hawaii / Instagram

赤い糸を糸電話風にすると、個性的な写真が撮れます。

イニシャル

ふたりの頭文字の小物をさまざまな場所で活用すると、オシャレで可愛いウェディングフォトがつくれます。

@watabeguam / Instagram

木材に白い塗装を施すと、南国にぴったりのイニシャル小物が完成します。

@watabeguam / Instagram

イニシャルと一緒に、ビーチに合うヒトデの小物を添えると、一気に雰囲気がオシャレになります。

@amh.u_u.hawed_0111 / Instagram

イニシャルの小物と白いフォトフレームの合わせ技も素敵です。遠近法を利用するので、持っていくイニシャル小物は小さなサイズで大丈夫。荷物になりません。

@ydh_wedding / Instagram

イニシャルを直接手でもち、バックショットでポージングすると一味違う写真が撮れますね。

リング

ダイヤモンドのリングの小物も、フォトツアー におすすめのアイテムです。

@watabeguam / Instagram

大きめのリングを用意して、プロポーズの瞬間を演出しても素敵ですね。

@paradisephotohi / Instagram

ダイヤモンドが南国の日差しに反射してキレイです。晴れの日のフォトツアー は、ベストショットを撮れるチャンスが多くなります。

フォトプロップス

プロップスとは舞台や映画で使われる小道具のことを指します。フォトプロップスは写真撮影用の小道具です。

@watabewedding_hawaii / Instagram

『Groom=新郎』『Bride=新婦』という意味の英字プロップスが可愛いですね。

@s_0429_a_wd / Instagram

フォトプロップスは手でもてるように棒につけるのが定番です。

@watabewedding_hawaii / Instagram

結婚すると名乗る『MRS』と『MR』のプロップスで、結婚を表現することもできます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

モノトーンのプロップスは、海外のフォトツアーでもオシャレになるアイテムです。

ブーケ

結婚式で新婦様がもつブーケは、海外のフォトツアーでも役に立つアイテムです。

@watabeguam / Instagram

白い砂浜に鮮やかな緑のブーケは、写真で見ると映えますね。

ブーケと同じ花を新婦様のヘアアクセサリーとして使うと、統一感が出せます。

フォトフレーム

普段写真を保存するフォトフレームも、フォトツアーでの撮影が大幅にオシャレになるアイテムです。

@watabeguam / Instagram

白いフォトフレームに、貝殻など海のアイテムを貼りつけると一気に南国感が出ますね。

@riiko_wd_180705 / Instagram

タイルで装飾したフォトフレームも可愛いです。ブルー系で統一すると爽やかさが出せます。

フォトフレームを直接ふたりでもつのも良いですね。

英字オブジェ

英語表記のオブジェは海外ならではのアイテムです。ロケーションによって用意されている場合もあります。

@watabeguam / Instagram

GUAMのビッグオブジェ。グアムでフォトツアーをしたことが一目でわかりますね。

@watabewedding_hawaii / Instagram

ハワイダウンタウンはフォトツアー定番のエリアです。そのなかでも『ハワイアンシアター』は人気があります。

@watabeguam / Instagram

おふたりで用意していけば、どんな場所でも使えますよ。

@watabewedding_okinawa / Instagram

『&』のオブジェも海外のフォトツアーで定番アイテムです。カップルの間に『&』を入れるのがポイントです。

@watabeguam / Instagram

小さな『&』オブジェをカップルでもち、結婚したことを表現するのも良いですね。

バルーン

青い空にカラフルなバルーンは、可愛くオシャレなフォトショットが狙えます。

@watabeguam / Instagram

家族みんなでバルーンをもつと、楽しさが伝わります。

@watabeguam / Instagram

バルーンを束ねて新婦様がもつフォトショットもオシャレですね。バルーンは日本で用意して持っていくことができますが、膨らませるためのヘリウムガスは現地で調達する必要があります。

@watabewedding_hawaii / Instagram

バルーンのなかにフラワーペタルなどを入れると、個性が出せます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

ピンクや赤ではなくブルーのバルーンは大人の雰囲気が出ます。

@watabewedding_okinawa / Instagram

バルーンのなかにもうひとつバルーンを入れた『インサイダーバルーン』も素敵です。

@watabewedding_hawaii / Instagram

『LOVE』の文字でつくられたバルーンは、インパクトを与えられるアイテム。ガスを利用しないバルーンなら、準備も簡単ですね。

@watabewedding_hawaii / Instagram

夕暮れならバルーンのシルエットでベストショットが狙えます。

ボード・黒板

ボードや黒板は、カップルの気持ちを自由に表せるアイテムです。

@watabeguam / Instagram

『JUST MARRIED』をアクリル板に手書きすると、青い空に映えて素敵です。

@watabewedding_hawaii / Instagram

入籍した日やフォトツアー の日を黒板に書いて、想い出として残すこともできます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

カップルの名前を書いたボードを、ふたりでもつフォトショットも定番です。

@loco_wedding / Instagram

木目調の素材でつくったウェルカムボードは、海外のナチュラル感が出せます。

サーフボード

海のスポーツに使うサーフボードで、南国を表現することもできます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

サーフボードをカップルでもって、海へ出かける可愛らしいフォトショットです。

@watabeguam / Instagram

青い海と白い砂浜に映えるような、カラフルなサーフボードでオリジナル感を出しましょう。

@ayana__wedding / Instagram

ロケーションにあるサーフボードのオブジェも、ベストショットが狙えるアイテムです。

帽子

夏にかぶるような帽子を活用すると、カジュアルさを演出できます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

つばが広い帽子は新婦様をエレガントに見せるアイテムです。

つばの広さを利用して、想いを文字で表現するとオシャレ感が増します。

@watabewedding_okinawa / Instagram

白色や小麦色のカンカン帽で、南国の雰囲気を演出しましょう。

シューズ

リゾ婚では歩きやすいように、ヒールではなくシューズをはくことも定番です。シューズは爽やかなイメージの白色を用意しましょう。

@shirabe_recuerdo_hawaii / Instagram

白いスニーカーはカジュアル感が強いですが、ハワイやグアムなどのフォトツアーでオシャレなアイテムに変身します。

@yuuurieee.wd / Instagram

新婦様は歩くときに、トレーンを上げてシューズを見せるようにしましょう。

デニムジャケット

ハワイやグアムなどの海外のフォトツアーなら、結婚式の衣裳にデニムジャケットを合わせると、リラックス感を演出できます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

ウェディングドレスにデニムのジャケットの組合わせは、新婦様を可愛らしく見せますね。

@ladyydress / Instagram

デニムジャケットと白いスニーカーを合わせると、カジュアル感をより強調できます。

リングピロー

リングピローは結婚式の指輪交換までの間、指輪を保管しておくクッションのことを指します。海外のフォトツアーでは、ロケーションに合うリングピローがおすすめです。

@chococosu_wedding / Instagram

貝殻をガラスケースに詰め込むと、南国らしさが演出できます。

@guesthouse_horizonbleu / Instagram

ヒトデに引っ掛けるタイプのリングピロー。オリジナル感が強いですね。

フラワーペタルを敷き詰めた上にリングピローを置いて撮影すると、オシャレになりますね。

@chococosu_wedding / Instagram

大きな貝殻をリングピローとして使うのも可愛いです。

まとめ

さまざまな小物でふたりの想い出をオシャレに残そう

海外は、青い空・青い海・白い砂浜など、ロケーションの素材がシンプルだからこそ、小物を採用することで特別感のある写真や映像が残せます。また、小物を上手く配置して撮影にのぞむと、オシャレな写真を撮ることが可能です。リゾ婚やハネムーンでフォトツアーの予定を組んだら、ロケーションに合わせた自分好みの小物を準備しておきましょう。

関連する式場

ハワイ オアフ島 ラニレア チャペル

ラニレア チャペル

「喜びの空」を意味する地上107mから絶景を望むチャペル

ハワイ オアフ島 ジ・アカラ チャペル

ジ・アカラ チャペル

憧れのハワイリゾートで叶える 白亜に輝く一軒家チャペルでのウェディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません