結婚の挨拶をするときの男性のネクタイの柄はどこまでOK?服装ルール

彼女へのプロポーズが成功したら、次のステップは相手のご両親への結婚挨拶です。結婚の挨拶をするときは、きちんとした服装がマストです。この記事では、男性が結婚挨拶をするときの服装について徹底解説します。気になるネクタイの柄やスーツやシャツの選び方、相手のご両親から「普段着で来て」と言われた場合の正解対応にも迫ります。

この記事のINDEX

相手のご両親に結婚の挨拶をするときの男性の服装のオキテ

清潔感のあるカップル

Yusei – stock.adobe.com

人間は外見よりも中身が大切ですが、結婚の挨拶をする場合は外見にも気を遣いましょう。相手のご両親は、男性の服装を見て判断します。カッチリした服装でビシッときめましょう。

清潔感のある服装がマスト

相手のご両親は、娘の結婚相手にふさわしいか判断する材料のひとつとして男性の服装を見ています。そのため着古したヨレヨレの服や汚れた服といった清潔感のない服装だと印象ダウンにつながることもあります。高級品やブランド品ではなくても大丈夫なので、とにかく清潔感がある服装がマストです。

男性はスーツにネクタイがおすすめ

「ジャケットはどうしたらいい?」「ポロシャツじゃカジュアル過ぎるかな?」などあれこれ思い悩むよりも、無難にスーツにネクタイを着ていくと良いでしょう。男性の服装で一番カッチリ見えるのはやはりスーツです。迷ったときはスーツにネクタイを締めて行くと間違いありません。スーツと同様に、靴もカッチリとした革靴を選びましょう。

男性はどんなスーツ、ネクタイを選べばいいの?

男性

metamorworks – stock.adobe.com

一言でスーツやネクタイといってもさまざまな種類があります。ここでは、どのようなスーツ、ネクタイを選べば良いか徹底解説します。

普段のビジネススーツでもOK

普段のビジネススーツでも、クリーニングに出して清潔感のあるものならOKです。折り目がピシッとしていれば、それだけできちんと感が出ます。もし普段スーツを着ない職業で、スーツを持っていなかったり「大学の入学式に買ったきり」という人は、これを機会にスーツを購入しても良いでしょう。デパートやスーツ専門店で「結婚の挨拶をするときのスーツが欲しい」と言えば、ちょうど良いものを見立ててくれるでしょう。

スーツを選ぶときは、スーツの色にも注目してください。スーツは色によって、相手に与える印象が変わってきます。例えば、カッチリ見せたいときはブラック、優しい感じに見せたいときはグレーを選ぶと良いでしょう。爽やかさをアピールしたいときは、ネイビーがおすすめです。「トレンドの細身タイプにしたい」とタイト過ぎるものを選んだり「将来体型が変わっても対応できるように」と大きめのものを選んだりするのではなく、実際に試着して体型に合ったものを選びましょう。

ネクタイやシャツは爽やかなものがおすすめ

ネクタイやシャツは、スーツの色とのバランスを考えながら、爽やかなものを選ぶと完璧です。最近は、シャツの種類も多く、おしゃれなものもたくさんあります。しかし、結婚挨拶の場ではシンプルなものを選びましょう。例えばブラックスーツに合わせるなら淡いブルーのシャツにして爽やかさを演出したり、グレーやネイビーのスーツにはホワイトのシャツを合わせて清潔感をアピールできます。ネクタイはストライプや小紋柄といった、定番のものがおすすめです。色はネイビーやブルーをチョイスすれば、爽やさがアップします。

服装に関するよくある疑問

ネクタイ

anne – stock.adobe.com

ここでは、服装を選ぶときに男性が感じる、よくある疑問について解説していきます。「ネクタイにトレンド感は必要かどうか」「平服で来てと言われたら普段着でいいのか」といった疑問を解消していきましょう。

ネクタイはトレンドを取り入れても良い?

「トレンドを取り入れたおしゃれな男性」の演出は、結婚の挨拶の場ではあまり重視されません。それよりもきちんとした服装が好まれます。おしゃれなペイズリー柄や差し色になるビビッドカラーのネクタイといった個性が強いものは、結婚挨拶の場では避けましょう。特に派手な柄のものや、ブランドロゴが目立つものは避けた方が無難です。相手のご両親に「○○さんはブランド志向なのかしら?」など余計な心配をかけてしまいます。もし手持ちのネクタイが派手なものしかない場合は、新しくベーシックなものを購入するのもおすすめです。

「平服で来て」と言われたら

@g_stage.gallipoli / Instagram

もし相手のご両親から「平服で来てちょうだい」と言われた場合も、スーツで行くことをおすすめします。平服とは普段着のことですが、平服を真に受けて思い切りカジュアルな格好で行き、場違いな思いをして挨拶に集中できなくなるよりは、スーツで行ってしまった方が安心です。「平服で、と言われましたが、改まった場なのでスーツで着ました」と言えば、相手のご両親も納得します。もし、相手のご両親の方から何度も「本当に普段着で来て。私達も普段着で行くから」などと言われた場合は、ジャケットにパンツといったきれい目の服装で出向いても構いません。もし平服で行くなら、短い丈のパンツやポロシャツなど、あまりにも普段着過ぎるものや、清潔感のない髪型、手入れされていないヒゲなどはNGです。

清潔感のある服装で、結婚の挨拶を成功させよう

内面も大切ですが、結婚の挨拶の場面では見た目の清潔感も大変重要です。基本はスーツとネクタイを着用して、相手のご両親に会いましょう。スーツはクリーニングに出してお手入れすることを心がけてください。ネクタイは派手なものや奇抜なもの、ブランドロゴが目立つものは避け、ベーシックなものを選びましょう。「平服で来て」と言われた場合もスーツで行くか、ジャケットとパンツといったきちんと感を重視した服装をして、結婚の挨拶を成功させましょう。

関連する式場

ホテル雅叙園東京の結婚式

ホテル雅叙園東京

自然美と芸術美が織り成す場所で、【幸せをよぶ、日本の彩り】を感じる結婚式を。日本初の総合結婚式場・ホテル雅叙園東京は創業90周年を迎えた。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません