ハワイウェディングで人気のドレス!おすすめのスタイルとブランド紹介

海外でのリゾートウェディングを挙げる場合、約6割の人が選ぶハワイ。常夏の青い海をバックに、白いウェディングドレスの写真を撮影する「リゾジェニック婚」の人気が高まっています。フォトジェニックな結婚写真が撮影できるハワイウェディングでは、どのようなウェディングドレスが人気なのでしょうか。今回は、ハワイウェディングに人気のドレススタイルと、おすすめのウェディングドレスブランドをご紹介します。お好みのウェディングドレスをチェックしてみてくださいね。

この記事のINDEX

ハワイウェディングにおすすめのドレススタイル

@watabewedding_hawaii / Instagram

ハワイウェディングで人気のドレススタイルですが、どのような場所で挙式するのかによっても違いがあります。ハワイウェディングでよく見られるウェディングスタイル、チャペルウェディング、ガーデンウェディング、ビーチでのフォトウェディングでおすすめのスタイルを見ていきましょう。

チャペルウェディングならクラシカルなAラインやプリンセスライン

@watabewedding_hawaii / Instagram

チャペルは、天井が高く、ヴァージンロードが長いため、ドレーンが長く豪華なウェディングドレスが似合います。そのためチャペルウェディングでは、クラシカルで上品、肌の露出が少なく豪華なドレスが多く選ばれています。

@watabewedding_hawaii / Instagram

これらの条件に合うAラインやプリンセスラインのウェディングドレスは、多くの新婦が選ぶ人気のドレススタイルです。チャペルの荘厳な雰囲気にぴったり合う、豪華なドレスを選びましょう。

ガーデンウェディングにはスレンダーなシルエットが似合う

@watabewedding_hawaii / Instagram

ガーデンウェディングの場合は、動きやすくて身体のラインがきれいに出るスレンダーなシルエットのスタイルが人気です。

@watabewedding_hawaii / Instagram

ドレーン長いと結婚パーティで邪魔になることも多いため、シンプルなスタイルのエンパイアラインを選ぶ先輩新婦が多くみられます。

ビーチでは動きやすいミニ丈や丈の短いプリンセスラインがおすすめ

@watabewedding_hawaii / Instagram

ビーチは、足元がすっきりとして動きやすいウェディングドレスがおすすめです。足元の波にドレスを濡らす心配が少ないミニ丈や、シフォンなどをたっぷり使ったエアリーで足元が少し見えるプリンセスラインなどが人気を集めています。

@watabewedding_hawaii / Instagram

かわいらしさと身軽さを兼ね備えたスタイルが、リゾートの解放感とぴったりマッチし、素敵なウェディングフォトが撮れます。

ハワイウェディングで着たい人気ブランドのドレス

ここからは、ワタベウェディングおすすめの人気ブランドから、ハワイウェディングにおすすめのドレスをご紹介します。

Resoll Nature

ウェディングドレス

Resoll Nature / W by Watabe Wedding

海外の開放的な雰囲気を活かしたデザインラインナップが魅力のResoll Nature。ハワイウェディングはもちろん、海外のどのようなシチュエーションにも対応できる、さまざまなタイプのウェディングドレスを用意しています。Resoll Natureなら、チャペルウェディングでもガーデンウェディングでも、新婦の理想的な花嫁姿を表現してくれます。

Resoll Royal

ウェディングドレス

Resoll Royal / W by Watabe Wedding

Resoll Royalは、クラシカルで上品な印象のデザイン。チャペルウェディングに合わせたい優雅なウェディングドレスのラインナップが豊富なブランドです。

Resoll Colore

ウェディングドレス

Resoll Colore / W by Watabe Wedding

海外のロケーションに映える絶妙なカラーと華やかでドラマチックなデザインのカラードレスシリーズ。遊び心のあるデザインで花嫁の印象をチェンジさせるドレス。

alohina

ウェディングドレス

alohina / W by Watabe Wedding

吉川ひなのさんプロデュースのリゾートウェディング向けブランド「alohina(アロヒナ)」。外見はもちろん内面からも花嫁の魅力を最大限引き出すドレスを目指して製作されたドレスです。繊細なビージングのレースやドット刺繍など、女性が憧れる要素がたっぷり詰まったウェディングドレスです。

alohina moe

ウェディングドレス

alohina moe / W by Watabe Wedding

スタイリッシュとガーリーを兼ね備えた『alohina moe』は吉川ひなのさんプロデュースされたウェディングドレスコレクション。ハワイ語で“夢”を意味する「moe(モエ)」にちなんで、もっと多くの花嫁にalohinaを着てほしいというひなのさんの夢にちなんで誕生したドレスブランドです 。

ELLE MARIAGE

フランスらしい洗練されたデザインのELLE MARIAGEは、世界45の国と地域に刊行されているフランスの女性ファッション誌「ELLE」からプロデュースされたブランドです。洗練されたイメージで個性的なデザインが印象的。大人の女性に似合うドレスがたくさんそろっています。

Barbie™

ウェディングドレス

Barbie™ / W by Watabe Wedding

世界中で愛されているファッション ドール Barbie™(バービー)の女の子の新しい夢と憧れを叶えるウェディングドレス。Barbie™ のコンセプトの1つでもある ”You Can Be Anything” から、”なりたい自分になる”という想いをドレスのコンセプトに込めています。

ウェディングドレスを選ぶポイント

ウェディングドレス

最後に、ウェディングドレスを選ぶポイントについて解説します。検討期間や平均予算を参考にしつつ、これだと思えるウェディングドレスを見つけてくださいね。

ウェディングドレスの検討期間は平均2.4ヵ月間!早めの行動を

ウェディングドレスの検討期間は、平均2.4ヵ月です。多くの場合、ドレスはレンタルを選ぶ人が多いのですが、検討時間にあまり時間をかけていると、いいドレスからどんどん借りる人が決まっていきます。気になるドレスが見つかったら、早めにレンタル・購入などの行動を起こすようにしましょう。

ドレスの平均予算は27.9万円

ウェディングドレスを選ぶ上で、気になるポイントのひとつが必要な費用です。ウェディングドレスにかける予算の平均は27.9万円。30万円あれば、自分のイメージに近いドレスが借りられると考えておくとよいでしょう。
 
価格が安くなると、その分選択肢が少なくなる場合もあるので、予算と相談してより良いドレスを探しましょう。

データ出展:リクルート ブライダル総研調べ

国内で試着ができると安心

ハワイウェディングでは、現地でドレスをレンタル手配する人もいます。しかし、現地に行くまで試着ができないと、きちんと身体にフィットするのかなど、ついつい気になってしまいます。できれば、国内で試着ができるかどうか確認してからレンタルの手続きをしましょう。

ハワイウェディングで人気のドレススタイルは、シチュエーションによってさまざま。ワタベウェディングなら、ウェディングドレスの選択肢が豊富で、国内で試着もできるので納得してドレス選びができます。安心してハワイでリゾ婚を楽しみたい方は、ハワイでの挙式も多数の実績があるワタベウェディングがおすすめです。

リゾートウェディングのドレスなら|海外挙式・リゾ婚のパイオニア【ワタベウェディング】|W by WATABE WEDDING

まとめ

ハワイウェディングで人気のドレススタイルは、クラシカルなAラインやプリンセスライン、スレンダーラインなどです。挙式をおこなうチャペルや、場所、シチュエーションによってどんなドレスを着るか選ぶとよいでしょう。チャペル挙式でもフォトウェディングでも、事前に確認することが難しいハワイウェディング。信頼できるプランナーやドレスコーディネーターと相談して、お気に入りの1着を見つけられるとよいですね。

関連する式場

ハワイ・オアフ島のコオリナ アクア・マリーナで挙式

コオリナ アクア・マリーナ

ハワイ王族ゆかりの優雅なリゾートエリアで想いを叶える2つのウェディングスタイル

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

奇跡の場所で喜びの結晶が、あたらしく輝く。

ハワイ オアフ島 ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

愛の聖地に誕生した2つのスタイル ハワイの歴史と自然が彩るウェディング

ハワイ オアフ島 ラニレア チャペル

ラニレア チャペル

「喜びの空」を意味する地上107mから絶景を望むチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません