ハワイで挙式したい!ウェディングドレスは日本レンタル?それとも現地レンタル?

憧れのハワイ挙式!しかし「ウェディングドレスはレンタルか持ち込み、どちらにしよう?」と悩んでいる人もいるでしょう。日本でレンタルしてハワイに持ち込むのも、現地レンタルも、それぞれメリットとデメリットがあります。この記事では、日本、ハワイそれぞれのレンタル方法とメリット・デメリットを解説するので、自分にはどちらが向いているか参考にしてみてくださいね。

この記事のINDEX

ハワイで挙式する場合のウェディングドレスレンタル方法

ハワイで挙式する場合、ウェディングドレスのレンタル方法は「日本でレンタルしてハワイに持ち込む方法」と「現地でレンタルする方法」の2種類あります。それぞれ代表的なレンタル方法を見ていきましょう。

日本でレンタルして持ち込むには

日本でウェディングドレスをレンタルしてハワイに持ち込むときは、まずはドレスショップに「海外への持ち出しがOKかどうか」を確認しましょう。OKなら、日本のドレスショップでウェディングドレスを選び、予約します。ハワイ出発日までにドレスを受取り、自分自身でハワイまで運ぶのが一般的です。ドレスショップによっては、日本であらかじめ選んだものと同じタイプのものを、ハワイで受け取れるサービスを行っているところもあります。

現地レンタルをするには

まずは、ハワイのドレスショップに来店予約をしましょう。ハワイに到着してからドレスショップを探すのは大変なので、あらかじめ日本で予約をしておくのがおすすめです。日本語の通じるドレスショップなら、言葉の心配も軽減されます。次に、現地のドレスショップで好きなウェディングドレスを選び、予約をします。ドレス使用後は、ドレスショップに自分達で返却するのが一般的です。ドレスショップによっては、ホテルで受取りをしてくれることもあります。

日本でレンタルして持ち込む場合のメリット・デメリット

ウェディングドレス

「できれば日本で選びたい!」という人の為に、日本でレンタルする時のメリットとデメリットをご紹介します。

日本でレンタルした場合のメリット

日本で選ぶなら、仕事帰りや休日などに何度もドレスショップに足を運んで、納得できるまで十分に試着してからドレスを決めることができます。カップルで何度もドレスを見に行くことも、友人や母親と一緒に選びに行ってアドバイスを貰うことも簡単です。また、日本人スタッフと日本語で打ち合わせができるのは、細かいニュアンスを伝える上でも大きなメリットでしょう。例えば「体型をカバーするドレスが見たい」「かわいらしい雰囲気の新作ドレスが出たら知らせて欲しい」といった、英語で伝えるのはちょっと難しい要望でも、言葉の心配をせずに伝えることができるのは国内レンタルの強みです。

日本でレンタルした場合のデメリット

自分でウェディングドレスをハワイに持ち込まなくてはならないので、荷物が増えてしまいます。ウェディングドレスや靴、小物一式が入る丈夫なキャリーケースを用意して、輸送途中の破損や盗難、ロストバゲージにも気を遣わなくてはならないのはデメリットです。ドレスの汚れや紛失した時のことを考えて保険をかける場合、別途費用もかかります。また、式場によってはドレスの持ち込み料がかかるところもあります。「持ち込み料が想像以上に高かった!」と青ざめない為にも、あらかじめ式場に持ち込み料を確認しておきましょう。

現地レンタルのメリット・デメリット

花嫁

ハワイに着いてから、リゾート感溢れるウェディングドレスをその日の気分でレンタルするのも憧れますよね。ここでは、現地レンタルのメリット・デメリットを徹底解説します。

現地レンタルのメリット

現地レンタルなら、ウェディングドレスも小物も全てハワイに揃っています。日本からは何も持って行かなくて良いので、身軽に現地入りできます。また、式場やハワイの雰囲気に合ったドレスを選ぶことができるのもメリットです。現地レンタルにすれば「日本ではこのデザインが素敵だと思ったけど、ハワイの雰囲気には合わない…」というようなミスマッチがおきることも少ないでしょう。ハワイのデザインだけでなく、日本人好みのトレンドデザインもしっかりと押さえているドレスショップを選べば、好みに合うドレスに出合える可能性もアップします。

現地レンタルのデメリット

現地入りしてから挙式まで十分な時間がある人は良いですが、一般的にはタイトなスケジュールな人が多いでしょう。限られた時間の中で、気に入るドレスを見つける作業は思ったよりも大変です。ほかにも、気に入ったドレスや、人気が高いトレンドのデザインのドレスが既に借りられている場合があるのもデメリットです。

自分に合った方法でウェディングドレスを選ぼう

国内レンタル、現地レンタルには、それぞれメリット・デメリットがあります。日本でレンタルすれば、言葉の心配も無く、じっくり選ぶことができます。ただ、ハワイに持って行くのが大変で、式場によっては持ち込み料がかかることも。現地レンタルなら、ハワイの雰囲気に合ったドレスを選ぶことができ、何よりも身軽です。しかし、選ぶ時間が少なかったりサイズが無い場合もあります。国内レンタル、現地レンタルのそれぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自分に合う方法を選ぶのがおすすめです。

ウェディングドレスウェディングドレス、高品質な結婚式ドレスなら W by Watabe Wedding

関連する式場

ハワイ・オアフ島のコオリナ アクア・マリーナで挙式

コオリナ アクア・マリーナ

ハワイ王族ゆかりの優雅なリゾートエリアで想いを叶える2つのウェディングスタイル

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

奇跡の場所で喜びの結晶が、あたらしく輝く。

ハワイ オアフ島 ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

愛の聖地に誕生した2つのスタイル ハワイの歴史と自然が彩るウェディング

ハワイ オアフ島 ジ・アカラ チャペル

ジ・アカラ チャペル

憧れのハワイリゾートで叶える 白亜に輝く一軒家チャペルでのウェディング

ハワイ オアフ島 ラニレア チャペル

ラニレア チャペル

「喜びの空」を意味する地上107mから絶景を望むチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事