結婚指輪選びは素材もチェック!結婚指輪の人気素材と選び方とは?

結婚指輪の素材といえば、プラチナやゴールドという印象があります。しかし、結婚指輪の素材はイメージだけではなく、耐久性や装着感などもチェックして決めなければいけません。そこで今回は、結婚指輪に使う素材の選び方や各素材の特徴と、人気の高い金属素材などを紹介します。結婚指輪の素材選びで迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

この記事のINDEX

結婚指輪に使われている素材にも注意しよう

結婚指輪

結婚指輪は着用時間が長いため、着用感や耐久性を考慮した素材選びをしてください。金属アレルギーがある方は、とくに注意が必要です。結婚指輪の素材には主に金属が使用されていますが、金属には汗などに触れると溶け出すという性質があります。溶けた金属が体に反応すれば、かぶれやかゆみを引き起こす可能性があるのです。
 
また、プラチナの強度を安定させるためには、パラジウムを加えます。製造国によっては、ホワイトゴールドの結婚指輪にニッケルを加えることもあります。このような純度の低い素材は、金属アレルギーの症状が起こりやすいので要注意です。
 
なお、金属アレルギーが起こりにくい素材には、チタンやジルコニウムなどがあります。せっかく選んだ結婚指輪も、アレルギーが原因で着用できなくなってしまっては意味がありません。デザインや価格で選ぶ前に、使われている素材のチェックも欠かさないようにしましょう。

結婚指輪の素材の選び方

結婚指輪

ここでは、結婚指輪の素材を選ぶときのポイントを解説します。

宝石に合わせる

同じ素材でも、宝石との組み合わせ次第では、より個性を主張することができます。リーズナブルな素材にワンランク上の石を組み合わせるのもひとつの方法です。
 
たとえば、プラチナやゴールドはダイヤモンドと相性がいいので、予算に限りがある方やダイヤモンドのサイズにこだわりがある方にとっては、最適な素材といえるでしょう。なお、結婚指輪の石でもっとも人気が高いのはダイヤ、次いでサファイア、ルビーと続きます。

耐久性をチェック

結婚指輪は長く使うので、できるだけ変形しにくい素材を選びましょう。ただし、金属は純度が高いほど変形しにくいわけではありません。
 
たとえば、ゴールドは純度が高いほどやわらかいので、他の金属を混ぜて強度を上げています。逆に、チタンやピンクゴールドなどは硬度が高く変形しにくいという特性があります。

変色のしにくさも大切

結婚指輪は長く着用している間に、汗や化粧品が原因で変色する可能性があります。プラチナやチタン、ステンレスなどは耐蝕性が高いので、変色が気になる方はチェックしてみましょう。
 
逆に、ホワイトゴールドやピンクゴールドは変色しやすいので、使用している間に見た目が変わってしまうことがあります。

結婚指輪の人気の素材と特徴

結婚指輪

ここでは、結婚指輪に使われる素材のなかでも、とくに人気が高い金属を紹介します。

プラチナ

結婚指輪の素材調査(※ゼクシィ結婚トレンド調査2018)では、夫の81%、妻の79%がプラチナと回答しています。圧倒的な数値なので事実上ほぼ一択となっているようです。
 
プラチナは素材価値が高く白金族元素でもあるため、その純白な輝きが最大の特徴であり人気の理由といえるでしょう。結婚指輪の素材には定番を選びたいという方は、プラチナが最善の選択になるはずです。

ゴールド

ホワイトやピンクも含むゴールドは、結婚指輪素材調査で第2位となりました。ただし、夫が9.4%、妻が11.4%という回答結果なので、第1位のプラチナに大きく差をつけられています。
 
ゴールドは比較的やわらかい素材なので、刻印や装飾などにこだわりたいデザイン重視の方にはおすすめです。強度を高めるため純度を落とした18Kが主に使われますが、混ぜ合わせた金属の種類や割合によって色合いが変化するので選択肢の幅は広がるでしょう。

その他の素材

第3位には「プラチナとゴールドのコンビ」がランクイン。夫は5.3%、妻は6.5%です。なお、第4位は「その他」となっているため、結婚指輪の素材は「プラチナ、ゴールド、コンビの3種がほとんどを占める。なかでもプラチナは圧倒的な人気」ということになります。

まとめ

素材にこだわって長く愛用できる結婚指輪を!

希少性の高さや純白の輝きで圧倒的な人気を誇るプラチナ。ただし、単にイメージだけでプラチナを素材に選んでしまうと後悔することにもなりかねません。イメージやデザインも大切ですが、結婚指輪を末永く使うためにも、金属の特性を理解した素材選びをしていきましょう。
 
とくに金属アレルギーがある方は、より慎重に選ぶ必要があります。ライフスタイルや肌に合った素材選びができれば、納得して愛用できる結婚指輪に出会えるはずです。

関連する式場

関連する式場はありません

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

関連する記事はありません

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません