ウエストのくびれが美しく見えるウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスを着るならキュッと引き締まった美しいくびれのある花嫁姿が理想!という方は多いと思います。ダイエットや筋トレで体を作るのも重要ですが、ウェディングドレスの選び方を工夫することで、くびれのある女性らしいボディラインを手に入れることが可能です。ウエストが美しい『美くびれ』に近づける5つのウェディングドレスの選び方をご紹介します。

この記事のINDEX

1. ローウエストのプリンセスライン

ウエストを細く見せるために、上半身にフィット感を出し、下半身にボリュームのあるプリンセスラインを選ぶのが基本となっていますが、ウエスト部分からスカートの膨らみを持たせるとかえって太って見えてしまうことも…。このとき、ジャストウエストを避けたほうがよいでしょう。
くびれを見せてからやや低めの位置でスカートが広がる「ローウエスト」のドレスを選ぶことで、しっかりとくびれを作ることができます。また、プリンセスラインと少し似た、鐘型のシルエットが特徴のベルラインドレスもおすすめです。

2. 艶やかな光沢のあるAラインドレス

サテンやシルクなどの光沢ある生地を使用した、シンプルなAラインのウェディングドレス。重厚感のある大聖堂やチャペルでの挙式や、照明が暗めのラグジュアリーな会場では陰影ができるため、そのシャドー効果でボディラインにメリハリを生み、くびれを細くスタイリッシュに見せてくれます。

ロイヤルやクラシカルな雰囲気にしたい花嫁さんは、艶やかな光沢のあるAラインドレスを選んで。

3. 斜めラインが印象的な直線デザインドレスでくびれを強調

生地に立体感が出るタッキングデザインのドレスは、斜めのラインの中にキュッと締まったウエストラインが際立ち、くびれが目立つ女性らしいボディラインを叶えます。
スカートの斜めのドレープが特徴的なデザインはスタイリッシュで華やかさがあり、ウエストを細く見せつつ優美な印象もプラスされるおしゃれなドレスです。

4. ペプラムデザインでスタイルアップ

ウエストを絞った位置からフリルやフレアーが広がる『ペプラム』のウェディングドレスも一押し。立体的なデザインが特徴のペプラムは、ウエストのくびれを強調し、スタイル良く見せてくれます。くびれだけでなく、足長効果やお尻をグラマラスに見せる効果も。
「Aライン」「プリンセスライン」「マーメイドライン」「エンパイアライン」などシルエットによって雰囲気が変わるので、なりたいイメージを決めてからウェディングドレスのシルエットを選ぶと◎

5. ベルト風デザインでウエストラインをマーク

ウエストをマークするデザインのドレスでウエストを強調。美くびれをつくるためには、やや太めのベルト風を選ぶとよりほっそりした印象に。
ビジューやリボンのサッシュベルトをウエストに巻くトレンドコーディネートもおすすめ。くびれる位置からフレアーに広がるドレスに太ベルトをつけるとメリハリが生まれ、上半身がコンパクトな印象になり、キュッとしまった美くびれを演出できます。

6. デコルテがVカットのAラインドレス

トップがVカットになっているデザインは胸元を美しくみせるだけではなく、Xラインでウエストを細く見せてくれる優秀ドレス。ショルダーからウエストにかけてのデザインはなるべくシンプルですっきりしたものを選ぶとより縦のラインが美しく見えるでしょう。

まとめ

ボディラインにメリハリを生むシルエットやデザインを選ぶことで、くびれのある女性らしいシルエットに。気になるパーツをうまくカバーする方法をおさえて、ドレスを選ぶ幅を広げましょう。
一生の記憶に残したい素敵な結婚式になるように、自分に合うウェディングドレスを選んでくださいね。

関連する式場

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

沖縄本島のアクアルーチェ・チャペル

アクアルーチェ・チャペル

澄んだ海に眠る真珠のように上質な輝きを放つチャペル

沖縄 宮古島 アラマンダ チャペル

アラマンダ チャペル

ガーデンの花々と海が彩るプレミアムな楽園 華麗なステンドグラスの独立型チャペルで誓いを

クルデスール・ウェディング

クルデスール・ウェディング

石垣島の壮大な自然を舞台にしたウェディングストーリー~5つの祝福~ 豊かな自然と文化が根付いた島に誕生したラグジュアリーリゾートのステイ 上質で本物のヒトトキを感じる挙式

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません