結婚の挨拶、男性は夏にどのような服装が適切?夏のスーツ、スーツ以外、カジュアル指定された際の服装マナー

男性が彼女の親に挨拶に行く際の基本の服装マナーはスーツですが、夏場の暑い季節にはクールビズでも良いか迷っている方も多いでしょう。答えは「夏用のスーツが良い」ですが、最近ではスーツ以外にもジャケットを着用したきれい目、かっちり目に見えるジャケパンスタイルを服装で選ぶ男性も増加中です。また彼女の親が気を使い「カジュアルで」「スーツ以外で」と指定される場合も。結婚挨拶の夏の男性の服装をまとめました。

この記事のINDEX

夏に彼女の親に結婚の挨拶に行く際の男性の服装は?

夏に彼女の親に結婚の挨拶に行く際の男性の服装

sachi_yn – stock.adobe.com

彼女の親に結婚の挨拶に行く場合、男性の基本の服装はスーツ、またはジャケットを着用したジャケパンスタイルが基本とされています。
しかし、夏場の暑い時期にスーツやジャケパンスタイルは暑苦しく見えるのでは?と迷っている男性も多いでしょう。しかし結婚の挨拶の場では、夏でもスーツスタイルか、ジャケットを着用したコーディネートが基本になります。

通常の結婚の挨拶の男性の服装やコーディネートについて詳しくはこちらをご覧ください。

結婚の挨拶に行く前にチェック!男性の服装と靴、バッグ、髪型などの身だしなみ。スーツ以外の服装やカジュアル指定時の服装は?

夏でも結婚の挨拶に行くには「夏用スーツ」の着用がおすすめ

夏でも結婚の挨拶の服装ではスーツが、そして「夏用スーツ」であることが望ましいでしょう。夏用スーツがどのようなものかは、別の章で詳しく説明します。

夏のスーツ以外の男性の服装はきれい目のジャケパンスタイルもOK

スーツを普段着用しない男性の場合、夏素材のジャケットときれい目のスラックスを組み合わせた「ジャケパンスタイル」もおすすめです。

【ザ・ミーツ マリーナテラス】結婚式のプラン内容、料理、費用、ブライダルフェアについて徹底解説!【ザ・ミーツ マリーナテラス】結婚式のプラン内容、料理、費用、ブライダルフェアについて徹底解説!

夏の結婚の挨拶に伺う際の男性の服装で守るべきマナー

夏だから、といって、世の中の認識や服装マナーは変わりません。結婚の挨拶で服装を選ぶ基準として「結婚相手の親から信頼感の得られる服装」「けじめのある服装」の前提があります。そういった意味で、絶対に避けるべきマナーがあります。

夏でもデニム、スポーツ系、ワーク系、アウトドア系の服装は避ける

夏の男性のトレンドの主流となるデニムスタイル、スポーツ系、ワーク系、アウトドア系のファッションはどんなにおしゃれでもカジュアルな服装であり、正式な訪問の服装では避けるべき服装です。同様に、丈が短いくるぶしが出る長さのパンツも避け、パンツはフルレングスを選びましょう。

夏でも素足は厳禁。くるぶしが出ない長さの靴下着用は必須

夏には素足を選びたくなりますが、人の家に訪問する際は素足はマナー的に厳禁です。また、男性の場合くるぶしが見えてしまうのは避けるべきマナーのため、座ったときもくるぶしが見えない靴下を着用しましょう。

夏でもサンダルの着用は避ける

素足同様、夏でもサンダルの着用は避けましょう。また素足で履くようなローファーやデッキシューズなどファッション性の高い靴の着用は避けるべきです。あくまでフォーマル、ビジネスシーンでの着用OKな靴を目安に選びましょう。

夏でもネクタイとジャケットは着用する

結婚の挨拶で男性の服装の主流となるスーツスタイル、ジャケパンスタイル共に、夏でもネクタイとジャケットの着用は必須です。ただし、暑い時は家から着用していくと汗だくになってしまうため、訪問直前にネクタイとジャケットを着用して身だしなみを整えるような工夫をしましょう。

クールビズスタイルは通常は避ける

近年認知度が高くなり、多くのビジネスマンが活用している「クールビズスタイル」ですが、あくまでビジネスシーンでの、略式の服装であり、けじめの挨拶の場の挨拶としてはふさわしくありません。相手の親からカジュアル指定などがない場合には、避けるべき服装です。

夏の結婚挨拶のスーツの着用マナー。夏場は「夏用スーツ」を着用する

夏の結婚挨拶のスーツの着用マナー。夏用スーツとは

one – stock.adobe.com

一般的にスーツは季節によって、春夏用(夏物)、秋冬用(冬物)、オールシーズン用の3種類に分かれています。夏用スーツの着用は5月~9月程度までの着用が目安になります。
夏用のスーツとは素材が通気性に優れたサマーウールやリネン(麻)などが使用されています。リネンは非常に涼しい素材ですがしわになりやすくカジュアルにみえることもあるため、できればサマーウールを選びましょう。
また、通常スーツは総裏といって裏地が袖や背中の全体についたものが基本ですが、夏用スーツは通気性が良く、見た目にも涼しげな背抜き仕様が一般的です。
スーツの色は、夏用スーツは薄いグレーやネイビーなど爽やかな色が多いのが特徴です。そちらの色を選んでも問題はありませんが、できるだけ落ちついた雰囲気に見せたい場合には、色の濃いダークスーツを選んだほうが良いでしょう。

@orihica_official / Instagram

夏の結婚挨拶のスーツ以外の服装、ジャケパンスタイルのマナー

ジャケットとパンツをセットではなく別々のもので組み合わせる「ジャケパンスタイル」が浸透し、結婚の挨拶でも着用する男性が急増しています。しかしジャケパンスタイルがOKとはいっても、あくまでビジネスシーンで通用するような「きれい目」「かっちり目」であることが大前提です。
ジャケット、パンツの素材選びや組み合わせは、落ち着いたものであることを基準に選びましょう。また、ジャケパンスタイルの場では一般的な着こなしであるノーネクタイや素足にローファーといったスタイルも、真夏であっても避け、靴下着用とネクタイは必ず締めていきましょう。

@orihica_official / Instagram

夏の結婚挨拶で彼女の親から「カジュアルで」「スーツ以外の服装で」と言われたら

相手の親から「夏で暑いのでスーツ以外で」「外ではなく実家なので、堅苦しくせずカジュアルな服装で」と言われても、その言葉をうのみにして「Tシャツ1枚、デニムパンツ、スニーカー」のような服装を着用するのはおすすめできません。彼女の親は、自分の子どもと結婚する相手がどのような服装で来るのかを注意して見ている場合か゛ほとんどです。
男性のオフィシャルな場での最低限のマナー「スマートカジュアル」のドレスコードで、ジャケット(テーラードジャケット)の着用は必須です。
相手の親が強くカジュアルな服装を臨んでいたとしても、シャツやきれい目ポロシャツ等襟付きのトップスに、チノパンなどコットンパンツのスタイルが望ましいでしょう。

@orihica_official / Instagram

夏の結婚挨拶を男性が実家で受ける場合の服装は?

結婚の挨拶のために、男性側の実家に女性が訪問する場合の服装について迷う人も多いでしょう。
既に実家を出て1人暮らしをしている男性であれば、スーツやジャケパンスタイルで行くのが望ましいでしょう。彼女もワンピースなどきちんときれい目の服装で来るため、並んだ時に遜色のない服装が望ましいです。
実家で暮らしていて彼女を出迎える側の場合、自宅でスーツを着る必要はありません。ただし、街に買い物に行くよそ行きのカジュアルを意識したきれい目の服装が望ましいです。
デニムやTシャツは避け、きれい目のチノパンと襟のついたシャツやポロシャツなどのスタイリングがおすすめです。

@orihica_official / Instagram

まとめ

結婚挨拶の夏の男性の服装はスーツ以外でもジャケットは必須

結婚の挨拶は、彼女の親に安心してもらうための服装を選ぶ必要があるため「男性として一生に一度のけじめの場」である気持ちを服装で表すことが必要です。夏場の暑い時期にスーツやジャケットを着用し、ネクタイを締めるのは大変ですが、親からの信頼を得て、子どもを任せても安心だと思ってもらえるようにきちんと感もあるコーディネートを心がけましょう。

【ザ・ミーツ マリーナテラス】結婚式のプラン内容、料理、費用、ブライダルフェアについて徹底解説!【ザ・ミーツ マリーナテラス】結婚式のプラン内容、料理、費用、ブライダルフェアについて徹底解説!

関連する式場

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

沖縄本島のアクアルーチェ・チャペル

アクアルーチェ・チャペル

澄んだ海に眠る真珠のように上質な輝きを放つチャペル

沖縄 宮古島 アラマンダ チャペル

アラマンダ チャペル

ガーデンの花々と海が彩るプレミアムな楽園 華麗なステンドグラスの独立型チャペルで誓いを

沖縄 石垣島 クルデスール・チャペル

クルデスール・チャペル

砂浜から海へと続く景色をイメージした琉球ガラスのバージンロードが美しく輝くチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません