グアムはリゾ婚がおすすめ!結婚式費用とメリットを徹底解説

リゾ婚の中でも、ハワイと並んで人気があるのがグアムでの結婚式です。ふたりがリゾ婚と考えていても、海外での結婚式は未知数で情報も少ないため、少なからず不安もあるでしょう。そこで今回の記事では、グアムでリゾ婚するメリットや挙式費用についてご紹介します。

この記事のINDEX

グアムでリゾ婚するメリットとは?

リゾートウェディング

satit – stock.adobe.com

グアムでの挙式をするのに、まず知っておきたいのが、グアムでおこなう挙式にどんなメリットがあるかです。グアムの魅力だけでなく、国内や他のリゾートとも比較した上でのメリットを確認しておきましょう。

国内挙式よりも安い

まず大きなメリットと言えるのが、国内での挙式費用よりもグアムでの挙式費用の方が安い点です。挙式の規模にもよりますが、国内で挙式をおこなった場合、平均で377万円程度かかると言われています。
 
一方でリゾ婚の場合、旅費などを含めた総額の平均金額がグアムで150万円、ハワイで299万円、アジアで159万円とグアムでの費用が安いため、グアムを選ぶ人が増えています。

日本からの距離が近い

グアムのリゾ婚

san724 – stock.adobe.com

参列するゲストの中に子供やご年配のゲストがいると、日本からの距離が気になるものです。リゾ婚で人気のハワイは7~9時間程度、飛行時間がかかるのに対し、グアムは3~4時間程度と約半分の時間で行くことができます。
 
また、グアムの時差は1時間あるのに対して、ハワイの時差は19時間もあるため、時差ボケや移動面においても、グアムの方が行きやすいメリットがあります。

日本語が通じやすい

海外で挙式するのに、言葉でのコミュニケーションに不安を感じている人は少なくありません。海外旅行とは違って、挙式は多くの費用やゲストも招くことから、スムーズな対応を望むのは当然のこと。グアムは年間を通して、多くの日本人が挙式や旅行で訪れている観光地です。
 
そのため、主要なホテルやレストランにおいては、日本語を話せるスタッフがいることも多く、快適に過ごしやすい点も魅力です。

家族旅行も兼ねられる

グアムは、老若男女問わず楽しめる観光スポットが多い場所です。海でのアクティビティやホテルでのディナーショー、ショッピングモールでの買い物など、滞在日数が少なくても楽しめる場所は多くあります。新郎新婦はもちろんのこと、家族や親族にとっても一生の思い出になるでしょう。

グアムでの結婚式にかかる費用は?

グアムのリゾ婚

segawa7 – stock.adobe.com

グアムでのリゾ婚を叶えるのに、1番のネックとなるのが費用面だという人は多いのではないでしょうか。挙式会場やゲスト人数、季節等でも総額は変わりますが、今回は平均的な金額を踏まえた上でお伝えします。それでは、グアムの結婚式にかかる費用の内訳を見ていきましょう。

新郎新婦の旅行費用

グアムでかかる旅行費用は、日本から近いこともあり、海外挙式の中でも比較的安い費用でおこなえるのが特徴です。
 
旅行費用は結婚式費用にかかる金額で、航空代金や宿泊費を含んで平均で48万円程度。そのほかにもお土産が5.3万円程度かかるなど、旅行費用の総額としては、50万円ほどかけている新郎新婦が多いようです。

挙式費用、現地パーティー代

テラス席

satit – stock.adobe.com

挙式費用はチャペルなどの施設使用料はもちろんのこと、そのほかにも挙式料や衣装、ヘアメイク、写真撮影や送迎など挙式にまつわるもの全ての総額です。
 
グアムでは8人前後のゲストを招いておこなうことが多く、挙式費用を平均で116万円、現地パーティー代には21万円程度かけていることが分かっています。

ゲストの旅行費用

グアムでの結婚式費用を大きく左右するのが、招待するゲストの人数です。グアムは日本からアクセスしやすいので、ゲストを招待しやすいのがメリットでもありますが、一方でゲストの費用をどこまで新郎新婦が負担するべきか悩むところではあります。
 
ゲストにかかる旅行費用は、51.9万円程度が平均の金額です。ゲストが旅行費用を全く負担していないケースが1番多く、全体の53.8%にものぼり、次いで一部の負担が38.5%、全て負担しているのが7.7%となっています。

グアムでのリゾ婚費用をおさえるポイント

スケジュール

DragonImages – stock.adobe.com

グアムでの結婚式の場合、国内挙式と同様で金額のかけどころによって総額費用が大きく異なります。できるだけ安い費用ですませるのであれば、費用をおさえるポイントも合わせてチェックしておきましょう。

ハイシーズンは避ける

国内旅行と同様で、カレンダーで休日にあたる日は旅行者が増えるため旅行費用が上がります。特に大型連休や年末年始など、休みの取りやすい時期は、価格が一気に跳ね上がりますので、できるだけ避けるのがベストです。
 
大型連休前後は比較的旅行者も少なく、全体的に料金も安くなるため、少しでも節約したいのであれば、この時期に結婚式を挙げるのがおすすめです。

個人手配できるものは自分で手配する

何かサービスを使おうとすると、その分仲介手数料が発生するのは当然のことです。近頃ではインターネットを介して、自分たちで手配をできる様になっています。
 
一方で、挙式などは準備が多岐にわたるため、個人で手配するのは不安でしょう。それであれば、挙式や現地パーティーはプロにまかせ、航空券や宿泊ホテルはインターネットを駆使して自分で手配するのもおすすめです。航空券やホテルのランクを下げるだけでも、旅行費用を十分におさえることができます。

持ち込みが可能なものは持ち込む

ドレスやブーケなど、日本から持ち込んだ方が安い場合もあります。特に帰国後に日本で結婚パーティーをしたいと考えているのであれば、ドレスを購入した方が安いこともあります。
 
ただし、手配会社によっては持ち込み料が高額なケースもありますので、持ち込み料を含めて検討した方がいいでしょう。

まとめ

グアム挙式の相場を知り、自分たちに合うリゾ婚をしよう!

グアムでのリゾ婚は、他の国よりも比較的しやすいのが魅力です。一方で、こだわりが多くなるほど高額になるので、お金のかけどころを最初に決めておくのがポイント。費用にメリハリをつけた上で、ゲストたちにも喜ばれるリゾ婚をおこなってください。

関連する式場

グアムのセント・プロバス・ホーリー・チャペル

セント・プロバス・ホーリー・チャペル

グアムで唯一!重厚な木目調の本格チャペル。 高台からの絶景が彩る挙式は美しく感動的。

グアムの挙式会場ブルーアステール

ブルーアステール

ブルー&ホワイトに染まる聖域にふたりの幸福な未来を描く至高の一日

グアムのルース・デ・アモール チャペル

ルース・デ・アモール チャペル

恋人岬を望むオン・ザ・ビーチの邸宅でいつまでも記憶に残る最高の一日を

インドネシア バリ ウル シャンティ

ウル シャンティ

癒しのモダン・バリニーズウェディングで海を臨み、大自然と調和するセレモニーを

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事