ハウスウェディングとは。結婚式会場にゲストハウス等一軒家を選ぶメリット、デメリット。費用相場、自由度の高い演出の魅力、ホテルとの比較など人気理由を解説

一軒家でおこなう結婚式「ハウスウェディング」。一軒家洋館スタイルのゲストハウスや戸建てレストランなどを貸し切っておこなう結婚式のことです。我が家にゲストを招くようなプライベート感や、おしゃれな空間で非日常感が楽しめる大きな魅力やメリットの一方で、費用が高いのではという懸念点や、少人数結婚式には向いていないのではという点をデメリットとして心配する声も。ハウスウェディングの意味、費用面、演出で可能なこと、メリットやデメリット、ゲストハウスや一軒家レストランなど一棟貸し可能な会場でのウェディングスタイルについて詳しく解説します。

この記事のINDEX

ハウスウェディングとは。結婚式会場でも自由度の高いウェディングスタイルの特徴

ハウスウェディングとは。結婚式会場でも自由度の高いウェディングスタイルの特

Mironifamily – stock.adobe.com

ハウスウェディングとは「ゲストハウスウェディング」とも呼ばれ、一軒の邸宅を使って行う結婚式のこと。一日一組限定、または結婚式時間内は会場すべてを貸切にしているところが多く、ホテルや専門家以上でよくある「新郎新婦がバッティング」ということはまずありません。

ハウスウェディングとは

ハウスウェディングとは、結婚式の会場により変わるウェディングスタイルのひとつを表す言葉で、ゲストハウスや一軒家レストランなどを貸切に、または時間貸しで行うプライベート感に満ち溢れた結婚式のこと。
最大のメリットは、エントランス、チャペル、バカケット、ラウンジ、ガーデン、テラス…建物全体を自由に使うことができるため、多種多様な自由な演出が可能なことです。
現在では、一軒家貸切のウェディングを「ハウスウェディング」結婚式専門に造られた欧米スタイルの洋館で行うウェディングを「ゲストハウスウェディング」と区別する場合もあります。

ハウスウェディングに選ばれる会場の種類は?

一軒家を会場にしておこなう「ハウスウェディング」では、主に結婚式専門に造られたゲストハウスと、本来は料理を楽しむ施設てある一軒家レストランが会場として多く選ばれるケースがあります。
また近年では、撮影のためのロケーションとしてインテリアや内装にこだわって造られた一軒家のハウススタジオや、古民家や古い施設をリノベーションして造られた施設などを結婚式のために貸切にしておこなうケースも増加しています。

ゲストハウス

ゲストハウスとは、本来の意味は訪問者をもてなすための宴会場などを備えた施設のことで、より格式高い人を迎え入れる施設は迎賓館と呼ばれることもあります。日本では一軒家邸宅型の結婚式専門会場を「ゲストハウス」と言います。
日本のゲストハウスはヨーロッパ風やカリフォルニア風、リゾート風など、欧米の洋館の雰囲気をコンセプトとして設計され、インテリアな内装を統一された会場が多いのが特徴です。結婚式をはじめ、ゲストをおもてなしする専門家以上として造られているため、ホテルウェディングや一般の結婚式会場同様に、ゲストに対して十分なおもてなしができるよう充実した設備や演出設備も整っているのが特徴です。

一軒家レストラン

本来は結婚式施設ではない、戸建てやビルなど施設のワンフロアをすべて占めるのレストランを一軒貸切にして、ハウスウェディングが行われるケースが増加しています。
そのため、近年では結婚式が行われることを見込んで、最初から挙式会場を備え造られたレストランや、ウェディングプロデュース会社や神社などの挙式会場と提携しているレストランも多くあります。有名シェフが手がけるレストランや名の知れたレストランでは、ホテルウェディングと同等の格式の高さを誇るレストランもあります。ですが、基本的には料理を楽しむための施設であるため、ゲストハウスに比べ、カジュアルでアットホームな結婚式会場とみなされています。

ハウススタジオや古民家、洋館など

近年では、本来は結婚式会場ではない雰囲気のある施設やロケーションの美しい建物を一軒一軒家丸ごと貸切り、自由な発想でハウスウェディングをおこなうケースも増加しています。撮影のためにスタイリッシュなインテリアを揃えた一軒家ウススタジオや、古くからある文化財級の洋館、リノベーションした古民家など…本来結婚式をおこなうためではない施設をウェディング用にデコレーションし、ふたりの個性やアイデアを発揮した結婚式が可能です。

「結婚式を一軒家貸し切りで」ハウスウェディングはどれぐらい選ばれている?

結婚式の会場として一軒家貸切のゲストハウスは花嫁の憧れで人気、とよく言われていますが、実際のところ、ハウスウェディングはどの程度選ばれているのでしょうか。
ひとつの目安として、2020年度に発表されたゼクシィの調査では、結婚式をおこなうために作られた専門的な施設である結婚式場、ホテルに次いで、ゲストハウスは3番目に結婚式のパーティ会場として選ばれています。
ただ、この数字には地域性も大きく左右しています。特に人口過密地帯で、広い敷地を確保することが困難な東京都では、ハウスウェディングを選ぶ割合は8.9%にとどまっています。
一方で招待ゲスト数が多く結婚式を盛大におこなう風習が強い茨城、栃木、群馬の北関東では、18.3%とホテル以上に選ばれています。大都市以外の地方都市では、結婚式会場として人気かつ定番のウェディングスタイルになっているのです。

【結婚式で選ばれている会場の種類別割合】

全国平均 東京都
一般の結婚式場 49.6% 40.7 %
ホテル 22.0% 30.9%
ゲストハウス 13.2% 8.9%
レストラン 5.1% 7.3%
ホテル、式場、会館内のレストラン 4.7% 4.1%
神社や教会 1.3% 1.6%
料亭 0.8% 1.1%

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ

ハウスウェディング4つのメリット。ゲストハウスなど一軒家の結婚式会場が人気の理由

ハウスウェディングが結婚式の人気スタイルになった理由は、大きく4つあります。
非日常あふれるおしゃれな空間を結婚式の時間は貸切ることができるプライベート感と、その空間も時間もふたりの考えで自由に使うことができる自由度の高さが、まるで欧米の結婚式のようなスタイリッシュな結婚式を叶えてくれるのです。

【1】貸切によるプライベート感

ゲストハウスの最大のメリットは挙式とパーティの時間帯、施設のすべて、またはフロアすべてを「貸切」にできること。現在では1日1組限定の会場も増加し、よりプライベート感たっぷりに自由な結婚式が楽しめると人気を集めています。
ホテルウェディングや専門家以上のように、1日に何組もの披露宴が行われ他のカップルを見かけるといったことはありません。ゲストにゆったりおもてなしでき、子どもや年配のゲストもアットホームに楽しめます。

【2】型にはまらず自由度の高い演出が可能

会場貸切によるメリットは、結婚式そのものの演出や時間の使い方も自由度が高いという点です。時間やルールに縛られることなく、時間の使い方やプログラムの組み方、装飾のテイストや装飾箇所まで、自分たちのこだわりを活かした自由度の高いオリジナルウェディングが、ひと目を気にせず実現できます。

【3】ふたりに合ったテーマの会場がみつかる

ハウスウェディングの魅力は、定番のウェディングスタイルと異なり、建物のコンセプトや内装なども建物それぞれで変わるため、ふたりにぴったりあったテーマの会場が探せる点です。少し前までは、一軒家貸切できる会場は欧米スタイルのゲストハウスというイメージが強かったてのですが、現在では一軒家レストランや古民家リノベーションした建物、ハウススタジオまで、さまざまな範囲まで会場選択が可能です。ゲスト数、予算、やりたいことに合わせた、理想の結婚式を叶えられるチャンスが広がっています。

【4】フォトジェニック、アットホーム…トレンド要素が満載

一軒家を丸ごと貸切できる、自分の好きなテイストの建物を選べるという点から、非日常感当たれるおしゃれさや魅力あふれるロケーションを追及できるのも大きなメリットです。
ガーデン、プール、らせん階段、ラウンジなど、一軒家ならではのフォトジェニックな空間で、ゲストとの距離感も近く、撮影や歓談が楽しめるのです。

ハウスウェディングの費用相場。ゲストハウスなど一軒家の結婚式プラン料金や費用内訳

ハウスウェディングの費用相場。ゲストハウスなど一軒家の結婚式プラン料金や費用内訳

Paylessimages – stock.adobe.com

ハウスウェディングの費用相場は、一般的には他の会場に比べ高くなると言われています。
般的な結婚式の費用相場の目安は『費用総画300万円/ゲスト数60名』と言われていますが、これはあくまで目安であり、ホテルやゲストハウスで挙げる結婚式は、一般の結婚式専門家以上に比べ、費用が高くなると言われています。

ハウスウェディングの費用相場は高い?平均相場を他の種類の会場と比較

実際に、結婚式会場をゲストハウスに選んだ人の費用相場は他の会場と比較してみましょう。以下の数値例は首都圏4県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の主な結婚式会場の種類別、結婚式費用総額(挙式+披露パーティ)の平均値をまとめたものです。
これを見ると、招待ゲスト数一客あたりの単価が、ホテルに次いで高くなっています。また、費用のボリュームゾーンを見ると、平均総額以上である400万円~500万円ほどに集中していることが分かります。

【結婚式会場の種類別・平均費用総額/平均ゲスト数/ゲスト1人当たりの平均金額】

会場の種類 結婚式平均総額/ゲスト数 ゲスト1人当たりの平均金額
ゲストハウス 381.0万円/61.9人 6.15万円
レストラン 294.2万円/52.8人 5.57万円
ホテル 404.8万円/62.7人 6.45万円
一般の結婚式場 419.1万円/68.6人 6.11万円
首都圏平均 382.6万円/ 62.8人 6.09万円

【結婚式総額のボリュームゾーンの割合】

会場の種類 300万円~400万円 400万円~500万円
ゲストハウス 22.3% 31.9%
レストラン 24.5% 18.9%
ホテル 22.2% 22.7%
一般の結婚式場 20.5% 32.1%
首都圏平均 21.2% 25.7%

※参考数値は首都圏4県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)の平均値

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ

ハウスウェディングの費用が変動する要因

ハウスウェディングの費用は、いくつかのポイントによって変動しますが、他の種類の会場や、ウェディングスタイルと比較して料金が高くなる要因として、次の4つの要素が関わっています。

一軒家貸切のため施設使用料金

ハウスウェディングは一軒家を丸ごと貸切るケースが多いため、そのぶん費用が必要になります。ゲスト数が少なくても、施設を貸切にする料金はさほど変わらないからです。現在では少人数向けにラウンジルームやのみの貸切などのプランを用意している会場も増えていますが、総じて費用が高い傾向です。

招待するゲストの人数

一軒家貸切が魅力のハウスウェディングでは、施設を存分に堪能するため、最適なゲスト数が他の会場に比べ多めであるほうが楽しめるのでは、と考えられています。実際2020年の調査では、ゲストハウスの平均ゲスト数のボリュームゾーンは80名~90名。ゲスト数が多くなる分、費用も総じて高くなる傾向です。

演出内容、装飾内容、プラン

ハウスウェディングの魅力のひとつである自由度の高さは、演出費用や装飾費用の相場を上げる要因にもなっています。さまざまな施設を使うために施設ごとの装花装飾が必要になったり、シーンが変わるごとにドラマティックな演出を入れたり…会場の雰囲気に見合った装飾や衣装など、総合的なコーディネートの必要性が高いのです。

挙式の日取り(季節、曜日、開始時間帯)

挙式の日取りも結婚式のプラン料金が変動する大きな理由となっています。
ハウスウェディングは屋外施設のガーデンやプールなどでおこなうセレモニーも大きな魅力のひとつであり、結婚式に向いているとされる気候の良い春・秋に人気が集中するため、結婚式プラン料金ももとから高く設定されている傾向です。また、大人数開催向きという施設の特性上、平日など費用が安くなる日取りの開催が難しく、シーズンプランなどのコストカットの余地があまりありません。
そのため現在では、比較的料金が安くなる、夏のムーディナトワイライトタイムから開始するナイトウェディングの人気も高まっています。

【結婚式プラン料金の季節、曜日、開始時間帯での変動例】
・土日祝日は平日に挙式をおこなうより割増料金になる
・結婚式の人気シーズン春・秋は高めの料金設定、オフシーズンの夏・秋は割引や特典がつくことが多い
・午前中や昼開始の挙式に人気が集中するため、夕方や夜開始の挙式披露宴は割引や料金設定が低くなっていることが多い

結婚式費用の自己負担額や、親からの援助の割合も費用相場を決める大きな要因になってきます。ふたりの自己負担額や両家親からの援助について詳しくはこちらをご覧ください。

結婚式の費用負担の割合とは。両家の親と新郎新婦の負担額平均

ゲストハウス、ホテル、結婚式専門会場の違いは?会場の違いによる魅力を比較

ゲストハウス、ホテル、結婚式場の違いは?会場の違いによる魅力を比較

Yevhenii Kukulka – stock.adobe.com

貸切可能な一軒家であるゲストハウスと、ホテルや結婚式専門会場との違いはどのような部分でしょうか。会場ごとに魅力や懸念される点の比較をまとめました。

【ゲストハウス、ホテル、結婚式専門会場の違いと比較】

ゲストへのおもてなし 結婚式の内容、演出、費用
ゲストハウス <招待ゲスト数>
収容できるゲスト数は中規模~大規模まで。少人数結婚式にはあまり向かない。
<アクセス・立地>
一軒家という特徴上都市部から離れた郊外や車かバスのみという交通アクセスが悪い場合も多い。遠方ゲストの宿泊手配も他の施設に別途必要。
<おもてなしやサービス>
おもてなしの質には会場差が大きい場合もある。格式高い場所からカジュアルな会場もあるためゲストの顔ぶれで注意が必要。
<設備>
会場によって設備面ではかなりばらつきがある。
<料理>
料理を楽しむ演出を取り入れる自由度が高いが、本来は料理を楽しむ会場ではないため、1客ありたの料理単価は相場より高くなる傾向にある。
<演出や装飾>
貸切可能な会場が多く、プライベート感を満喫しながら自由度の高い演出や装飾が楽しめる
<プログラムや流れ>
貸切対応が多いため、プログラムの流れや時間の使い方は比較的自由に決められる
<天候>
会場の大きな魅力のひとつ、ガーデンやプールサイドなど屋外演出が魅力的。ただ雨天の場合中止または室内に切り替えになるため、魅力が半減する可能性がある。
<費用>
ゲスト数や演出装飾費用の節約が難しく総じて高めになる傾向がある。
ホテル <招待ゲスト数>
収容できるゲスト数は幅広く対応可能。少人数向けの会場の用意もありプランも充実。
<アクセス・立地>
都市部の中心や公共交通機関の駅の近くなど好立地が多い。遠方ゲストの宿泊手配も同会場で可能。
<おもてなしやサービス>
接客サービスのプロによる質の高いサービスが期待できる。
<設備>
幅広い立場や年齢のゲストに居心地よく過ごしてもらえる設備が揃っている。
<料理>
料理に力を入れているホテルが多く、ホテル名やシェフの名前でゲストの料理への期待値を上げることができる。費用に応じたクオリティの料理を楽しめる。
<演出や装飾>
ホテルの最新の設備を使った華やかな演出やホテルらしい上品な装飾か楽しめるが、ルールが厳しいため持ち込みなどの自由度は低い。
<プログラムや流れ>
1日に何組も結婚式を行うこともあり、プログラムや挙式、パーティの時間はある程度決められたプログラムで進行することが多く、自由度は少ない。
<天候>
ガーデンやプールなど屋外を利用した演出が組まれることもあるが、多くの場合は室内でのセレモニーが中心となるためそこまで左右されない。
<費用>
格式が高いホテルほど高くなるが、費用にみあった格式のホテルや、ゲスト数に応じたバンケットを持つホテルが探しやすい環境。
一般の結婚式専門会場 <招待ゲスト数>
収容できるゲスト数は大人数対応が得意な会場が多く、少人数開催にはあまり向いていない。
<アクセス・立地>
都市部や駅の近くの好立地から郊外まで幅広い立地。立地が悪い場合は送迎バスのサービスなどの用意も多い。遠方ゲストの宿泊は提携施設があることも多い。
<おもてなしやサービス>
結婚式専門サービスのプロが多く揃っているため質の高いサービスが期待できる。
<設備>
結婚式に招待された人をおもてなしするための設備が揃っている。
<料理>
料理コストは他の会場と同等程度で平均値。
<演出や装飾>
定番と言われる結婚式の演出のための設備はほぼ揃っていることが多い。近年では新郎新婦のニーズに合わせ、プライベート感を感じられるようワンフロア貸切や自由度の高い演出可能な専門式場も増加。
<プログラムや流れ>
基本的には定番の流れに沿ったプログラムが用意されているが、近年では
<天候>
基本的には室内でのセレモニーや演出が多いため、天候にはほとんど左右されない
<費用>
格式が高い結婚式場ほど高くなるが、会場数も非常に多いため、費用にみあった格式の結婚式場が探しやすい環境。

ハウスウェディングではどんな結婚式が可能?演出内容や自由なプログラムのアイデア

ハウスウェディングではどんな結婚式が可能?演出内容や自由なプログラムのアイデア

seryoga29 – stock.adobe.com

他の会場にはない、スタイリッシュな施設を丸ごと貸切だからこそ時間も空間も自由自在に利用して、ドラマティックでおしゃれな装飾や演出を楽しめるのがハウスウェディングの大きな魅力。特にゲストハウスは新郎・新婦の演出についての希望を反映してもらいやすい環境の会場なのです。ハウス内の施設や設備を利用してウェディングプランに入れたいアイデアや演出があるなら、担当のウェディングプランナーにぜひ相談、提案してみましょう。

自由度の高い演出とプログラム

挙式会場併設の会場が多いため、人前式や神前式など挙式スタイルは神前式以外であれば自分たちの好きなものを選べます。特に人前式であれば、チャペルだけでなくガーデンやプールサイド、エントランスやガゼボなど、施設内の好きな場所でセレモニーが行えるのです。
料理提供のスタイルも、ガーデンパーティースタイルやブッフェスタイルなど自由にアレンジ可能。プログラムも先に料理を楽しんでから夕方のトワイライトタイムから挙式を開始したり、ケーキカットをデザートタイムに合わせ最後にしたり…と型にはまらない自由な演出やプログラムが計画できます。

ガーデン、中庭、テラスでの開放的なパーティ

ゲストハウスや一軒家レストランを結婚式会場に選ぶ際、ほとんどのカップルか注目しているのが付帯施設であるガーデンや中庭テラスです。季節の風を感じ緑溢れる空間では、挙式、デザートビュッフェ、バルーンリリース、フォト撮影、サプライズ入場など、室内では難しい空間を活かしたさまざまな演出を企画し、楽しめるのです。

プールではキャンドルや花火などムーディな演出

欧米邸宅タイプのゲストハウスやレストランには、リゾートホテルのようなプールが付いている会場もあります。プールサイドではもちろんガーデン同様の演出が楽しめるほか、水辺ならではの花火やキャンドルによるライティング、花やランタンを浮かべた装飾など、南国リゾートのような装飾演出によるおもてなしも可能です。

サプライズ入場やプロジェクションマッピング

一軒家貸切だから可能な、空間を利用したさまざまな場所からのサプライズ入場はハウスウェディングの醍醐味のひとつ。大階段やガーデンから、リムジンカーに乗って会場外からなど、思わぬところからの新郎新婦の登場でゲストは大いに盛り上がること間違いなし。また、建物の壁面を利用したテーマパークのようなプロジェクションマッピングなど、最新映像演出に力を入れているゲストハウスも多いのも特色です。

デザートビュッフェやアフィリエイトタイム

空間を自由に使えるハウスウェディングならではの演出がデザートビュッフェ。披露宴の食事をバンケットの着席で楽しんだ後、隣接するガーデンやテラス、ラウンジに場所を移して、立食ビュッフェスタイルでスィーツを楽しみながらゲストと自由に歓談できます。また、披露宴前の待ち時間に軽食や飲物をガーデンで楽しんでもらうというおもてなしも可能です。

バルーンリリースや花火

広い庭や敷地をもつゲストハウススならではの演出が、大空にカラフルな演出ができるバルーンリリースや花火です。空間を最大限に利用した演出はダイナミックでロマンティック。ゲストにとっても忘れられない結婚式になるでしょう。

一軒家の施設全体の装飾

エントランス、チャペル、披露宴会場など、一軒家レストランやゲストハウス全体をふたりのテーマカラーや花でデコレーションしたり、エントランスにふたりのゆかりの品物や思い出の品を飾ったり、会場全体を統一したテーマで飾りつけ、ふたりの個性を出すことができます。

ハウスウェディングで人気の会場装花や会場装飾。広いゲストハウスの装花費用は?

ハウスウェディングではゲストが最初に目にするエントランス、挙式会場、披露宴会場まで幅広い範囲の装飾を行うことが可能です。特にエントランスではホテルや専門式場にはない貸切感を演出できるため、さまざまな工夫を凝らすカップルも多いようです。

エントランスから披露宴会場まで統一感をもたせた装花装飾

一軒家貸切の空間を装飾する際は、できるだけ全体に統一感のある装花や装飾をおこなうのがポイントです。いろいろな装飾を楽しみたい場合は、エントランス部分と披露宴会場の装飾のテーマを別に設け、テーマに合った飾りつけを行って変化を演出することもできます。
統一テーマや部屋ごとのテーマでの装花装飾での表現は、プロであるウェディングプランナーや装花担当のフローリストとできるだけ密に打合せすることをおすすめします。

トイレやロビー、踊り場などにも心遣いを

トイレや階段の踊り場なとぜ、ゲストの往来が多い隙間箇所にも装飾を施せるのはゲストハウスウェディングならではで、ホテルウェディングなど他の会場では難しい演出です。ふとした瞬間に見える場所にゲストに感謝のメッセージを添えたり、ふたりが選んだアメニティを準備しておいたりと、ちょっとした心遣いを演出しましよう。

装花装飾の費用には注意を

一般的な結婚式で、会場装花の費用相場は18万~20万円ほどですが、ハウスウェディング、特にゲストハウスを会場に選ぶ場合は、その倍以上にも費用が跳ね上がるケースがあります。装飾する範囲が広いことや、ふたりの自由なアイデアがいくらでも反映しやすい環境のため、ハウスウェディングは他の挙式・披露宴よりも高くなる傾向にあります。また、もともと見栄えがいい空間であることから、こだわり度も高くなってしまうでしょう。
契約前にできるだけ希望を上限まで詰め込んだ費用見積りを出してもらい、事前に検討することが費用を抑える一番の方法です。

ハウスウェディングでの新郎新婦の衣装選びやゲストの服装のドレスコードは?

ゲストハウスや一軒家レストランでおこなうハウスウェディングの衣裳選びや服装選びで大切なことは、新郎新婦、ゲスト側ともに「建物の雰囲気や想定されるシチュエーションとの相性や統一感」です。特にフォト映えする空間が多いため、建物の雰囲気とマッチしたドレスやスーツを選んで、美しい思い出を残しましょう。

新郎新婦の衣裳は会場となる邸宅や一軒家の雰囲気とシチュエーションにあわせる

新郎新婦のドレスやタキシードは、会場となる建物の雰囲気に合わせることが大切。例えば新婦のドレスであれば、会場やシチュエーションにあう、次のようなドレス選びが考えられます。

【ハウスウェディング会場タイプ別でおすすめドレスや和装】
・ナチュラルな洋館…軽やかで愛らしいドレスがオススメ。アットホームなナチュラル感を出したい時はエンパイヤラインも
・モダン・スタイリッシュな洋館…ビジューのついた大人ドレスやボリュームのある豪華なドレス
・クラシカルで重厚な洋館…スレンダーラインのドレスや定番のAライン、クラシカルにあわせた和装もOK
・古民家レストラン…和装やナチュラルなウェディングドレスがおすすめ
・ガーデンやプールサイドで歓談…トレーンが長すぎない動きやすいドレス

ゲストの服装は会場の格式に合わせる。新郎新婦からドレスコード指定配慮も

ゲストの服装は男性女性ともに、ゲスト参加向けのフォーマルドレスやスーツが一般的です。ですが、会場によってはアットホームなレストランや、カジュアルな雰囲気で、かっちりめのフォーマルでは浮いてしまうケースも。ゲストハウスもさまざまなテイストの建物がありますので、できれば、どのような会場の雰囲気か、内装やインテリアの雰囲気を調べたうえで、ドレスやスーツを決めるのがおすすめです。
また、新郎新婦側もゲストにどのような服装がいいかをメールや招待状で知らせる配慮も大切になります。アットホームな雰囲気の一軒家レストランや、広いガーデン中心の演出を考えているならドレスコード指定に「平服で」「スマートカジュアルでお越しください」と一言添えるなどあるといいでしょう。

結婚式をゲストハウスに申し込みする前に。ハウスウェディングのデメリットと注意点

結婚式をゲストハウスに申し込みする前に。ハウスウェディングのデメリットと注意点

gudrun – stock.adobe.com

ウェディングには数多くのメリットや魅力がありますが、それとともにデメリットや申し込み時に注意すべき点もあります。

立地とアクセス

ハウスウェディングの会場はガーデンを有する一戸建て邸宅という性質上、都市部やターミナルから離れた郊外にあるケースも多くなっています。そのため、ゲストのアクセスや宿泊を新郎新婦が気遣い手配する必要も出てきます。最寄り駅からのシャトルバス用意や駐車場の用意、年配や目上のゲストにはタクシー手配、遠方ゲストには宿泊施設の用意など、気遣いと配慮を検討しましょう。

格式や認知度

ハウスウェディングは近年急速に認知されたスタイルの結婚式で、年配のゲストの中にはまだ馴染みがない、という人も多いようです。また、会場によって格式やカジュアル度に大きな差があり、ホテルのような格調高い会場から、アットホームな会場までさまざまです。
また、立食ビュッフェ形式が結婚式にはカジュアルすぎると見られる恐れも。ゲストの顔ぶれに合わせ、対応やサービスを変えたり、会場そのものの選択を見極める必要もあります。

季節と雨天など天候による代案

ハウスウェディンで最も魅力的な演出が、ガーデンテラスやプールサイドなど屋外での演出。しかし、天候が悪ければもちろん屋外演出は室内に変更になります。また、真夏や真冬は屋外演出は薄着のゲストに負担をかけるため、天候と気候の両方が良くなければ実行できないという制限があります。
時期をしっかり選んでの申し込みも大切ですが、雨の場合にも十分楽しめるよう、雨が楽しみになるるような屋内代案を担当ウェディングプランナーとよく話し合って準備しておくことをおすすめします。

施設や設備の確認

ハウスウェディングはガーデンや建物の雰囲気に注目して探しがち。ただ、結婚式には大切なゲストをおもてなしする側面もあります。会場によっては施設不備でサービスやおもてなしが行き届かない場合もあるため、ゲストの顔ぶれにあったサービスが可能か、施設面もしっかりとチェックしましょう。

【ハウスウェディングの会場下見の際のチェックポイント】
・ゲスト人数と顔ぶれに見合っている会場か
・親族専用、ゲスト専用の控え室や着替え室はあるか
・お手洗いの数や場所はゲストに見合っているか
・お年寄りや体の不自由な人も過ごしやすいバリアフリーが整っているか
・子供連れのための授乳室や休憩できる場所はあるか…など。

費用の見積り

ホテルの格などもあるため一概には言えませんが、ハウスウェディングの予算はホテルと同じかそれより上に見積もっておいた方が安心な場合も。費用を抑えたいのであれば、立地・条件・人数・演出などを見直して、上手な会場選びをする必要があります。

まとめ

ハウスウェディングのメリット、デメリットが自分たちの結婚式の希望に合うか判断しよう

ハウスウェディングには他の会場にないさまざまな魅力があります。
特に一軒家を貸切にできるプライベート感や、自由度の高い演出やプログラムが楽しめる環境は、他の会場と比較しても大きな魅力と言えるでしょう。反して、装飾や演出の費用面が高くなることや、おもてなしがゲストの顔ぶれにあっていない、人数によっては広い敷地をもてあますといった懸念点も。
自分たちの結婚式がハウスウェディングのメリットと一致するかどうか、招待するゲストの顔ぶれがゲストハウスに向いているかどうか、をしっかり見極めるための参考にしてくださいね。

関連する式場

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

群馬県前橋市の結婚式場 ザ・リーヴス プレミアムテラス

ザ・リーヴス プレミアムテラス

空と光に祝福されるウエディング

茨城県つくば市の結婚式場 ディアステージつくばフォレストテラス

ディアステージつくばフォレストテラス

空と水と緑きらめく邸宅で 心ときめくリゾートウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません