カジュアルウェディングに招待された時のゲストの服装・画像例

流行りの“カジュアルウェディング”に招待された時、「カジュアルな服装で出席すべき?」「一般的な結婚式に出席する際の服装と同じはダメ?」など、どんな服装で出席したら良いのか迷う人は多いでしょう。“カジュアル”とはいえ、新郎新婦がタキシード&ウェディングドレスなのに、ジーンズなどラフな格好で出席してはいけません。カジュアルウェディングにふさわしいゲスト衣裳について解説していきます。

この記事のINDEX

カジュアルウェディングに出席する際の服装の考え方

結婚パーティ

bilderstoeckchen – stock.adobe.com

カジュアルウェディングに出席する際の、基本的なゲスト衣裳の考え方についてご紹介します。

「平服で」などの指定がなければフォーマルで出席するのが基本

カジュアルウェディングであっても、新郎新婦の衣裳はドレス&タキシードであることが多いです。そのため、特に服装指定がなければ、フォーマルな衣裳で出席するのが基本です。
 
ホテルのような格式ある場所での結婚式なら正礼装(昼:アフタヌーンドレスやモーニング、夜:イブニングドレスや燕尾服など)、レストランやゲストハウスなら準礼装(昼:セミアフタヌーンドレス、夜:カクテルドレス、男性ならブラックスーツやディレクターズスーツなど)を基準に選ぶと安心です。

基本的な結婚式(披露宴)に参加する時の女性ゲストの服装マナー

フォーマル、セミフォーマル問わず、結婚式に出席する女性ゲストが守っておくと安心な服装マナーは次のとおりです。

  • 派手な色やデザインは避け、新婦よりも目立たないよう気をつける
  • 新婦や両家の母親より格を下げた服装を選ぶ
  • 新婦と被らないよう全身白は避ける。明るいベージュは色つきの小物をアクセントに
  • 袖あり、スカート丈はひざ下、胸元があきすぎないなど、露出の少ないデザインを選ぶ
  • ファーやアニマル柄などは避ける
  • ストッキングを着用し、つま先が隠れるヒールありのパンプスを選ぶ
  • 昼の結婚式なら、キラキラしすぎるアクセサリーは控える

基本的な結婚式(披露宴)に参加する時の男性ゲストの服装マナー

新郎新婦の父親でもないのに、モーニングを着用するのは気が引けるという人もいるでしょう。男性ゲストは、次のポイントをおさえたセミフォーマルを選ぶと安心です。

  • 新郎と被らないよう、白いスーツは着用しない
  • 新郎や両家の父親より格を下げた服装を選ぶ
  • 黒いネクタイは避け、シルバーやパステルカラーなどを選ぶ
  • ブラックスーツに明るいグレーのベストをあわせるなど、全身真っ黒は避ける
  • 柄物のスーツやネクタイなど、派手すぎるコーディネートはNG
  • スーツとはいえビジネススーツは避ける
  • アニマル柄は避ける
  • くるぶし丈のスニーカーソックスや素足は避ける
  • 靴はストレートチップかプレーントゥの紐靴を選ぶ

平服指定のあるカジュアルウェディングに出席する際の服装マナー

結婚パーティ

naka – stock.adobe.com

カジュアルウェディングでは、「なお当日は 平服でお越しいただければ幸いでございます」などとドレスコードを指定される場合があります。この場合の平服とはどのような服装なのでしょうか。

「平服」の考え方

結婚式でいう「平服」とは、フォーマルの中でもカジュアルよりな略礼装(インフォーマル)のこと。平服といっても、Tシャツやジーンズ、スニーカーのような普段着はマナー違反となりますので注意しましょう。
 
女性ならキレイ目のワンピースやセットアップ、振袖など、男性ならスーツやジャケットにスラックスなどが望ましいです。

カジュアルウェディング(平服)に参加する時の女性ゲストの服装マナー

カジュアルウェディングで平服指定があった場合、女性ゲストはワンピースやスーツを選ぶのが基本です。スーツなら、スカートでもパンツでもOKです。最近では、オールインワンを着用して結婚式に出席する人も見受けられます。
 
ただし、「基本的な結婚式(披露宴)に参加する時の女性ゲストの服装マナー」でご紹介したポイントはおさえつつ服装を選ぶようにしてください。

カジュアルウェディング(平服)に参加する時の男性ゲストの服装マナー

平服指定のカジュアルウェディングでは、男性はブラックやネイビーのようなダークカラーのスーツに白シャツもしくはパステルカラーのシャツをあわせてもOK。シルバーやパステルカラーのネクタイやポケットチーフをあわせれば華やかさが出てパーティらしさが出るでしょう。
 
ただし、この場合も「基本的な結婚式(披露宴)に参加する時の男性ゲストの服装マナー」でご紹介したポイントはおさえるようにしてください。

カジュアルウェディングでドレスコードを指定されたら?

シャンパン

Wedding photography – stock.adobe.com

カジュアルウェディングでは、平服だけでなく「黄色いものを身につけて」「サングラスで」「スニーカーで」「デニムのアイテムを身につけて」など、さまざまなドレスコードを指定される場合があります。
 
この場合、ドレスコードは必ず守らなければならないわけではありません。しかし、新郎新婦に考えがあって指定しているものですので、できる限りドレスコードを守りましょう。
 
会場の雰囲気に統一感が生まれ、絆が深まるアットホームな結婚式になるでしょう。

カジュアルウェディングの服装例を画像で紹介

ブライズメイド

keshikifechi – stock.adobe.com

カジュアルウェディングにふさわしいゲスト衣裳について解説しましたが、イメージしづらい人もいるはず。よりわかりやすいよう、具体的な画像をご紹介します。

男性の服装イメージ

@s_naostagram / Instagram

ネイビーのジャケットにグレーのスラックスなら、さわやかさが出ます。ビジネスでも通用しそうなファッションですが、明るいネクタイやポケットチーフをあわせれば結婚式にぴったりです。

@take._.ivy / Instagram

無地が基本とはいえ、ポイント使いなら柄物もOK。蝶ネクタイやくるぶし丈パンツで適度なカジュアルさを出しましょう。ただし、スーツに白い靴下はマナー違反と受け取られる場合もあるため注意してください。

女性の服装イメージ

@fashionletter_by_bflat / Instagram

落ち着いた色合いで、上質素材で作られたものなら、オールインワンでもOK。結婚式らしい華やかさと適度なカジュアルさのあるコーディネートになりますよ。

@kaene_official / Instagram

ブラックワンピースでも、レースなどの素材が用いられていればパーティ感が出ます。ヘアスタイルやアクセサリーなどをコーディネートすれば、適度な華やかさを出せるでしょう。

まとめ

カジュアルウェディングにふさわしいドレスコードでお祝いしよう!

アットホームな雰囲気で、ゲストも新郎新婦も楽しめるカジュアルウェディング。“カジュアル”とはいえ、さまざまなゲストが出席する結婚式ですから、基本的な服装マナーを守りましょう。
 
特に指定がなければ通常の結婚式と同じ服装にし、「平服で」といわれた場合も略礼装(インフォーマル)を選んでください。ただし、新郎新婦が「スニーカーで」「Tシャツで」などの指定をした場合はそれに従ってOKです。
 
服装イメージがつかないという人は、ここでご紹介した画像を参考にしてください。

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

宮城県の結婚式場 けやき坂 彩桜邸 シーズンズテラス

けやき坂 彩桜邸 シーズンズテラス

四季のパノラマビューが彩る 贅沢なおもてなしウエディング

宇都宮の結婚式場ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

青空に祝福される 至福のリゾートウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません