フォトウェディングや結婚式の撮影小物として使える持ち込みアイテム

結婚式では何よりも写真にこだわりたいと考える人がたくさんいます。中には結婚式を挙げずフォトウェディングだけを選ぶカップルもいるほど、写真撮影に重きをおくカップルが増えています。今回は、結婚式やフォトウェディングの撮影で使えるおすすめの小物を紹介します。持ち込みアイテムとしてぜひ検討してみてください。

この記事のINDEX

結婚式やフォトウェディングの撮影で小物を使うメリット

フォトウェディングや結婚式の撮影小物

keshikifechi – stock.adobe.com

結婚式当日の撮影やフォトウェディングの撮影では、必ずしも小物を持ち込み撮影時に使用する必要があるわけではありません。ですが、実際には多くの方が撮影小物を持ち込んでいます。撮影小物を持ち込むメリットは、「写真のバリエーションが豊かになる」「より自分たちらしい写真が撮影できる」点にあります。
結婚式やフォトウェディングの撮影は、人生においても一度きりです。より素敵な写真を残すためにも、こだわりの持ち込みアイテムを使用してみましょう。

写真撮影にぜひ使用したいおすすめアイテム3選

さっそくおすすめの撮影小物を紹介しましょう。ここでは、フォトウェディングでも結婚式の撮影でも両方で使用可能な持ち込みアイテムを3つ紹介します。

ドレスとタキシードは足元で遊んでみよう!キュートなカラフルスニーカー

フォトウェディングや結婚式の撮影小物

Alive-FILM – stock.adobe.com

結婚式場での撮影やフォトウェディングのスタジオ撮影などでは、どうしても「型にはまった」写真ばかりになりがち。そこでおすすめしたいのが、「あえて外しアイテムを使ってみる」という方法。例えば、ウェディングドレスとタキシードというフォーマルな服装に、あえてスニーカーを合わせるスタイルは、近年人気を集め注目されています。

特に屋外での撮影によく使われる方法ですが、足元の撮影がメインとなるため、背景を上手く選べば屋内撮影でも素敵な仕上がりになります。

スニーカーを使ったウェディングフォトで人気なのは、カラフルなコンバースを合わせるというアイデア。ピンクやブルーやイエローなど、お好みのカラーのスニーカーを選べば、写真がとてもポップな印象になります。

「JUST MARRIED」のガーランドで可愛らしくオシャレに演出!

フォトウェディングや結婚式の撮影小物

Tricky-Shark – stock.adobe.com

ガーランドという言葉自体は知らない人もいるかもしれませんが、ガーランドは旗や飾りのついたひも状の装飾品のことです。もともとは花や植物を使って作成されていたものですが、今では花や植物以外の物の方が増えています。結婚式に限らず誕生日やさまざまなパーティにも使用される定番の装飾アイテムです。

@watabewedding_photo / Instagram

結婚式ではJUST MARRIEDと書かれたガーランドが良く使われています。ガーランドは結婚式の際に手作りして持ち込むカップルがとても多く、撮影に欠かせない必須アイテムのひとつと言っても過言ではありません。
デザインには特に決まりはなく、色味や素材や大きさなどを好みに合わせて決められる点も、人気アイテムとしてガーランドがこれほどまでに使用されている理由でしょう。
屋外での撮影や、式場内やスタジオ内などの屋内での撮影、どのような場面にもマッチするおすすめの撮影小物です。

サンセットの時間帯におすすめ!屋外撮影で取り入れたいシルエット撮影用の小物

フォトウェディングで多くのカップルがやってみたい!と言うのが「サンセットフォト」です。結婚式と言えば午前中や真昼のイメージが強いものの、サンセットの時間帯にはこの時間帯にしか撮影することができない特別な写真が撮影できるというメリットがあります。
その代表的なものとして挙げられるのがシルエット撮影。太陽の向きに対して逆光になるスポットで撮影する写真は、おふたりの表情は見えないもののとても幻想的でオシャレな写真に仕上がります。

このように、シルエット撮影では小物を使用することで、さらにメッセージ性のある写真を撮影することができます。持ち込みアイテムを厳選し、サンセット時の撮影に何を使うかを考えてみましょう。
このとき、色にこだわる必要はありません。シルエット撮影ではほとんど色が分からない仕上がりになります。色ではなく、その形自体にインパクトがあるものを選びましょう。

フォトウェディングや結婚式に撮影小物を持ち込む際の注意点

フォトウェディングや結婚式の撮影小物

iStoc / Ckyonntra

撮影に使用したい小物を持ち込む際には、下記の3つの点に注意する必要があります。最後にこれらの注意点について紹介しておきます。

撮影小物の持ち込みはアイテム数が限られている場合がある

撮影時間が限られていることが多い結婚式当日には、あまりにも多くの撮影アイテムを持ち込むことがNGとされているケースもあります。前撮りではなく、結婚式当日の撮影においては特に注意が必要です。式場に相談し、持ち込みアイテムはどのくらいまでにしておけばいいのかを確認しておきましょう。

式場やフォトスタジオが準備している撮影アイテムを事前に確認する

結婚式場やフォトウェディング専門のスタジオには、撮影小物がもともと用意されていることが多いです。どのようなアイテムが使用可能なのかを事前に確認しておき、その上で何を持ち込みアイテムとして準備するかを決めるといいです。

手作りアイテムは欲張りすぎず無理ない範囲にとどめる

撮影に使いたい小物がたくさんあり過ぎて、ついつい絞り込めずすべて手作りして持ち込もうとしたとき、その量が多すぎて準備が大変になるケースは珍しくありません。結婚式準備や、その他の新婚生活準備に支障をきたさないよう、手作りアイテムは欲張りすぎずに無理のない範囲にとどめておきましょう。

まとめ

小物を使って印象的なウェディングフォトを撮影しよう!

フォトウェディングや結婚式の撮影には、小物を使用することで撮影できる写真の範囲がぐんと広がります。ここで紹介したアイテムを参考に、おふたりの好みに合った撮影アイテムの持ち込みを検討してみてくださいね。一生に一度のウェディングフォトをさらにおふたりらしく、素敵なものにしましょう!

関連する式場

ホテル雅叙園東京の結婚式

ホテル雅叙園東京

自然美と芸術美が織り成す場所で、【幸せをよぶ、日本の彩り】を感じる結婚式を。日本初の総合結婚式場・ホテル雅叙園東京は創業90周年を迎えた。

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

新旧の美しさが彩る 鎌倉での和モダンウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません