男性も結婚式の服装で着物はOK?男子のお呼ばれ和服マナーと着物の選び方

結婚式にゲストとして参列する服装では、男性も着物を楽しむことができます。和服での参列は女性のイメージが強いものの、もともと日本の礼服は和服。マナー違反になることはありません。結婚式の男性の服装はスーツ以外にも、日本の古式ゆかしい着物を着用し、新鮮なスタイルを楽しんでみるのはいかがでしょうか。結婚式のお呼ばれで男性が着ていく服装の選択肢も、大きく広がるでしょう。

この記事のINDEX

結婚式のお呼ばれで男性ゲストが着る着物とは?

結婚式のお呼ばれで男性ゲストが着る着物

彰律 森口 – stock.adobe.com

結婚式で男性が着る着物とは

紋付袴には「格」があります。
結婚式で男性が着る着物は「第一礼装」である黒紋付き袴、「略礼装」である色紋付き、「外出着」である羽織袴や袴なしのスタイルです。

「第一礼装」黒紋付き袴

男性の和装で「第一礼装」は「五つ紋の黒紋付羽織袴」になります。
羽織には黒羽二重の染め抜きの五つ紋が付き、黒の長着の上に羽織って、仙台平の袴をつけたスタイルです。
紋は背中・両袖の後ろ・両胸元の5ヵ所につき、背中はご先祖、両腕は父親と母親、両袖には兄弟、親戚縁者の意味があると言われ、とても縁起の良いものとされています。
こちらは新郎、新郎の父や親族のみが着用する着物なので、ゲストとして参列する場合は避けましょう。

「略礼装」色紋付き

略礼装として「色紋付」があります。
「色紋付」は黒以外の長着と羽織、袴を履いたスタイルのことです。五つ紋付袴に比べると格は下がります。着物では紋の数が下がるほど格も下がります。そのため、略礼装は羽織に紋が一つ以上ついていれば、長着に紋がなくても大丈夫とされています。
紋の数は三つ紋や一つ紋などがあり、三つ紋は背中と両袖の後ろ、一つ紋は背中についています。
一般的にフォーマルな席の結婚式の挙式、披露宴に参列する際は、この略礼装を選ぶといいでしょう。

外出着

無地紬の長着と羽織などは、どんなに紬が高価なものでもフォーマルな結婚式ではカジュアル過ぎる向きがあります。適している結婚式としては、レストランウェディングやガーデンウェディングのようなカジュアルウェディング、家族婚や少人数ウェディングなど気兼ねない人たちで集まる結婚式のような場に向いています。

結婚式のお呼ばれで男性が着物を着る際のマナー

結婚式のお呼ばれで男性が着物を着る際のマナー

fotolia_ew – stock.adobe.com

結婚式の雰囲気や新郎新婦に配慮する

現在の結婚式は欧米スタイルの結婚式も多くあり、会場や結婚式のコンセプトによっては、和装がそぐわない場もあることが考えられます。また、新郎新婦の衣裳とかぶってとしまう、新郎新婦が意図したイメージと着物が合わない…といったこともあるでしょう。
和服での参列を考えている場合は、まず着用する着物のイメージを固めた上で、「こういった着物を着ていこうと考えているが、大丈夫か」ということを、事前に新郎新婦に確認しておくとスマートです。また、結婚式の会場がどのような雰囲気で、どの程度のドレスコードを想定しているか、など、できるだけ当日の雰囲気の情報を収集しましょう。

必ず羽織りを着用する

和服での羽織は、フォーマルファッションでの「ジャケット」にあたり、和服での冠婚葬祭シーンでは必ず羽織ります。
また、ジャケット同様、結婚式では夏でも着用が必要なので、その期間は夏用の薄い生地の羽織りを選びましょう。
夏は長着、羽織、袴ともに絽や羅、紗などの素材のものを選びましょう。

@otokokimono_kato / Instagram

袴を履いたほうがよりフォーマルになる

長着一枚より、袴を穿いたほうがきちんとした印象になります。フォーマルな披露宴であれば、羽織を着て長着に袴をつけたほうが無難です。
ただ式の雰囲気や、新郎新婦との関係性、参列ゲストの年齢層によっては、長着と羽織りだけで問題なく、そういった装いの着物で参列する男性も増加しています。
ただ、年配の方や目上の方が多い結婚式への参加や、お世話なった方の結婚式への参加は、袴を着用したほうがいいでしょう。

色は控え目で無地のものを選ぶ

新郎や親族より目立たぬように、紺・グレー・茶色などの黒以外の色で無地に染め上げた「色紋付」がおすすめです。明るい色や派手な柄は避け、なるべく無地や控え目な柄の、渋い着物と羽織を選びましょう。
また襦袢の衿と足袋は白のシンプルなものが控え目で理想ですが、式の雰囲気によっては色足袋や色衿の着用も問題ありません。半衿や帯、羽織紐などの色を、着物に合わせてコーディネートしてみてもいいでしょう。色合わせが難しければ、詳しい人に相談をしましょう。

二次会やカジュアルな結婚式であればトレンドの着こなしもOK

カジュアルなパーティーなどでは、個性的な柄粋の着物を選んだり、半衿や帯、羽織紐などの色を、着物に合わせてコーディネイトしてみたり、思い切って着崩すして楽しんでみるのもおすすめです。パーティの雰囲気に合わせられるよう、会場のカジュアル度がどれぐらいかを新郎新婦にしかっかり確認しておきましょう。

結婚式に着用する着物選びは専門的な知識を持つ人に相談を

今は普段着や晴れ着として、着物を日常的に着る人は少なくなっているため、馴染みや知識がない方が多いでしょう。結婚式に着ていく着物選びは、着物の知識のある人に相談しながら選ぶことがおすすめです。
また、手ごろなレンタル着物が増え、インターネット通販で試着なしで借りることが可能になってきています。しかしできれば来店し、専門知識のあるスタッフに相談しながらきちんと試着をして選んだほうが、間違いのない納得のいく着物が選べるでしょう。

まとめ

結婚式のお呼ばれで男性も粋な着物を思い切り楽しもう

結婚式で男性ゲストが着物を着ることで、結婚式の「ハレの場」である雰囲気を演出できたり、スーツ以外のファッションのバリエーションがあり、ゲスト全体がおしゃれに見える効果も期待できます。着物に詳しくない方も、今は手ごろな和装レンタルが増えているため、挑戦もしやすくなっています。
ぜひ着物での結婚式参列を検討してみてはいかがでしょうか。

関連する式場

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

新旧の美しさが彩る 鎌倉での和モダンウエディング

ホテル雅叙園東京の結婚式

ホテル雅叙園東京

自然美と芸術美が織り成す場所で、【幸せをよぶ、日本の彩り】を感じる結婚式を。日本初の総合結婚式場・ホテル雅叙園東京は創業90周年を迎えた。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません