結婚式で使う花の種類《パンジー》の特徴・花言葉とは?

春を代表する花・パンジーは、春に結婚式を挙げる花嫁のブーケや会場装花にピッタリな花です。カラーバリエーションの豊富さ、豪華でかわいらしい見た目が大人気。今回はウエディングシーンにも大活躍のパンジーについて詳しく解説していきます。

この記事のINDEX

パンジーってどんな花?

パンジー

パンジーはスミレ科の中の種類です。スミレの花が混ざり合って生まれました。カラフルな色合いを見せるパンジーは、結婚式でも人気でブーケや花束、会場装花など幅広い活躍を見せてくれます。また、花言葉も結婚式にピッタリなものが多いのも選ばれている理由の1つ。
豪華さとかわいらしさを兼ね備えたパンジーは、ウェディングシーンにも大活躍!特に春の季節にピッタリな花です。

パンジーの花言葉

花言葉

【パンジー全般の花言葉】
・もの思い
・私を想ってください
・思慮
・思想
・平穏
・楽しい思い
・心の平和
・純愛

白のパンジー

【白のパンジーの花言葉】
・心の平安
・温和
・純粋

黄色のパンジー

【黄色のパンジーの花言葉】
・ささやか
・つつましい幸せ
・故郷の喜び

紫のパンジー

【紫のパンジーの花言葉】
・誠実
・忠実
・思慮深い

アプリコットのパンジー

【アプリコットのパンジーの花言葉】
・明朗快活
・天真爛漫

パンジーの基本情報

基本情報

パンジーは、原種となる花から品種改良されて作られた花です。多彩な色を持っていることで、花関係の趣味やウェディング関係のブーケや花束などでも幅広い人気を集めています。

乾燥が苦手な植物ですが、湿度が高すぎるのも枯れてしまいます。他の花などと比べると丈夫な方ですが、放置しすぎるのは厳禁です。

パンジーの基本情報

科・属:スミレ科
別名:サンシキスミレ、ジンメンソウ、ユウチョウカ、コチョウスミレ、サンシキスミレ
原産地:ヨーロッパ
時期:10月~5月
大きさ:背丈10~25cm、横幅20~35cm
色:赤、ピンク、黄、オレンジ、青、紫、黒、白、複色

パンジーの原種

【ビオラ・トリコロール】
イギリスが産地とされています。3種類の色が重なり合って咲いていることから、日本ではサンシキスミレと呼ばれています。
 
【ビオラ・ルテア】
イギリスが産地とされています。自然繁殖したものを増殖生産されています。
 
【ビオラ・アルタイヤ】
ロシアが産地とされています。花びらに特徴を持っている、キレイな青色の見た目。
 
【ビオラ・カルカラータ】
スイスが産地とされています。花が大きく、茎が短いのが特徴。

パンジーの育て方

基本的に丈夫なため育てやすい花になります。日の当たりが良く、水の保ちがすげれた場所を選んで育てましょう。乾燥には弱いので注意してください。

【病害虫】
深刻な被害は少ないですが、ナメクジが花を食べてしまうので、駆除しましょう。また、まれにスミレの害虫のツマグロヒョウモンがつくことがあります。
 
【管理方法】
継続的な花摘み作業を行い、肥料が好きな花なので肥料はこまめにあげましょう。

春の結婚式は、パンジーのブーケで決まり!

パンジーのブーケ

パンジーは春の代表的な花です。春に結婚式を挙げるなら、パンジーを取り入れた季節感のあるブーケや会場装花を楽しみませんか?
また、パンジーと似たビオラと組み合わせて春らしいコーディネートに仕上げるのもオススメです。
ブーケは、コンパクトなサイズ感でナチュラルな雰囲気のクラッチブーケが合います。花の相性として、同じ春に咲く花やグリーンをチョイスするといいでしょう。

まとめ

パンジーのブーケ

好きな色や花言葉を持つパンジーを取り入れて、パンジーならではのかわいさと季節感あるブーケやメインテーブル・ゲストテーブルなどの会場装花をぜひ楽しんでみてください!

関連する式場

ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

奇跡の場所で喜びの結晶が、あたらしく輝く。

ハワイ オアフ島 ラニレア チャペル

ラニレア チャペル

「喜びの空」を意味する地上107mから絶景を望むチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません