基本まるわかり!花嫁ブーケの種類・人気の色や花を解説!

花嫁にとって欠かせないブーケ。ドレス姿や和装姿をよりステキに引き立てるブーケを手にいれるために、ウェディングブーケの主な種類・人気の色・よく使われる花の種類をご紹介。また、ブーケの由来をはじめ、花嫁が持つウェディングブーケと普通のブーケ(花束)の違いなどの豆知識も詳しく解説していきます。

この記事のINDEX

花嫁が持つブーケとは

花嫁ブーケの種類

– stock.adobe.com

結婚式の間、花嫁をより輝かせる花嫁ブーケ。入場の時、手元に持つのでとても印象に残るウェディングアイテムです。
 
ブーケの始まり(由来)は諸説ありますが、昔ヨーロッパで男性が女性にプロポーズするときに野の花を摘んでそれを花束にして差し出したのがブーケの始まりと言われています。
 
そして、女性が「結婚してもよい」という返答をするときに、その花束の中の1輪の花を抜き取り男性の胸ポケットに差したことが、新郎が身につけるブートニアの始まりです。
 
そんなロマンティックな由来がある花嫁ブーケですが、どんなものを持とうかドレス同様悩む方は多いと思います。まずはブーケの種類を知って自分にぴったりなブーケを選びましょう。

ブーケの主な種類

ラウンドブーケ

花嫁ブーケの種類

mnimage – stock.adobe.com

ラウンドブーケとは半円形にお花を集めた丸い形のブーケのこと。
バラやガーベラをたっぷり使ってキュートにしたり、白で統一して洗練された大人っぽさを表現するなど、どんなイメージにも仕上がるため、基本的にどんなドレスラインにもマッチする王道のブーケデザインです。

キャスケードブーケ

花嫁ブーケの種類

peach100 – stock.adobe.com

キャスケードブーケとは英語で「滝」という意味を持つ下に向かって流れるようなラインのブーケのこと。
キャスケードの代表的な花『カサブランカ』をメインにしてグリーンで流れを作る華麗なデザインが定番。
優美な印象のマーメイドラインのドレスやAラインのようなエレガントなラインのドレスと相性抜群です。

クラッチブーケ

花嫁ブーケの種類

One – stock.adobe.com

クラッチブーケとは英語で「ぎゅっと掴む」という意味を持つ、あえて茎の部分を見せて握る自然なスタイルのブーケのこと。
カラーなど茎の太い花を数本束にしたスタイリッシュなデザインが定番でしたが、グリーンをメインにしたナチュラルなスデザイン、色とりどりの花を集めてロマンティックなデザイン、野の花などの小花を集めて明るく元気なイメージ…など様々な種類のクラッチブーケを選ぶ花嫁が増えてきて、今では大人気の定番ブーケとなっています。

リースブーケ

花嫁ブーケの種類

peach100 – stock.adobe.com

ナチュラルウェディングを希望する人に人気があるのがリースブーケ。わっかの形をした丸いデザインのブーケです。輪は終わりがないことから「永遠」を意味し、縁起が良いとも言われています。使用する花の種類によって印象が変わるリースブーケは他の人とは少し違うブーケを持ちたいおしゃれな花嫁に人気が高いです。

ボールブーケ

花嫁ブーケの種類

歌うカメラマン – stock.adobe.com

握って持つのではなく腕に掛けて持つタイプのブーケをハンキングブーケといいます。ボールブーケはその名の通り丸い円形のブーケで和装で持つブーケとして定番の種類です。ハンギングブーケはその他に、バスケットにお花を詰め込んだカゴブーケや鞄の形のバッグ型ブーケなど様々なデザインがあり、お色直しのブーケとして人気があります。

ブーケに人気の色・花の種類

花嫁ブーケの種類

Yulia – stock.adobe.com

ブーケに人気の色(カラー)

・ホワイト
・グリーン
・ピンク
・ブルー
・グリーン
・レッド
・イエロー
・オレンジ
・パステルカラー
・スモーキーカラー

花嫁ブーケの種類

de20 / PIXTA(ピクスタ)

挙式では白をメインにしたブーケ、又は白と緑を基調としたブーケが圧倒的人気です。また、全体的に白い花でまとめて差し色に好きな色を使うのも良いでしょう。
披露宴やお色直し用ブーケはドレスのデザインや色、会場装飾の雰囲気と合わせて選ぶと統一感が出ておしゃれな印象になります。

ブーケに人気の花

花嫁ブーケの種類

ksyusha_yanovich – stock.adobe.com

・バラ
・芍薬(ピオニー)
・ダリア
・ガーベラ
・カサブランカ(ユリ)
・かすみ草
・カラー
・トルコキキョウ
・胡蝶蘭
・ピンポンマム

人気の花、好きな花を使うのも良いけれど、花言葉が結婚に結びつくような花を使うのも素敵です。
「あなたを愛しています」のバラ、「永遠の愛」のチューリップなどを取り入れて、幸せ溢れるブーケに仕上げてみては?

花嫁ブーケの種類

peach100 – stock.adobe.com

また、季節ならではの花を使う花嫁さんも多いです。
明るく朗らかな雰囲気が漂う春先ならミモザ・桜・スズラン、ジューンブライドの6月なら紫陽花(アジサイ)、太陽の光がまぶしい夏の7月8月は向日葵(ひまわり)など、そのシーズンでしか使えない花の種類を選ぶと特別感があり、ゲストも季節を感じられるのでオススメです。

ブーケと花束の違い

花嫁ブーケの種類

anastasianess – stock.adobe.com

結婚式で使うブーケとお花屋さんなどで売られている通常のブーケ(花束)の違いとは

結婚式用のブーケは、短くて丸みのある形をした前後ろがない花束。
普通のブーケは、細長い形をした前後ろのある花束のこと。
 
そして一番の違いは『花の咲き具合』!通常の花束は買ったり貰ったりしたら花瓶に挿して飾るもの。
花瓶に挿してしばらくすると開花するように『つぼみの状態』や『咲き始めの状態』のものが含まれているので、少しでも長くキレイな状態で飾っておくことができるんです。
 
一方、ブライダル用のブーケは『結婚式当日に一番キレイに咲いている花』を使用しています。
花嫁のブーケは当日のみ使うので、咲き始めのものやつぼみは基本的には使いません。
 
また、通常のものはもらったらすぐに花瓶に挿しますが、結婚式では花嫁が式の間ずっと手に持っています。
半日程度その状態で使用すると、通常の花であればしおれてしまったり、花びらに傷がついてしまったりと時間の経過で状態が悪くなる可能性があります。
そのため、しおれたり傷んだりしないように、花1輪ずつ丁寧に処理をして、結婚式が終わるまでキレイな状態を保つようにしているんです。

式後もブーケを残しておくなら造花を選ぶことも

結婚式が終わったあとも思い出としてブーケを飾っておきたいという方も多いのでは?
 
その場合はアートフラワーという造花を使ったブーケなら枯れる心配はなく、長く保存がきいてお部屋に飾っておくことができます。
生花よりもリーズナブルなものもあり、事前に作っておけるので前撮りやフォトウェディングにもぴったりです。
ただ、ゲストとの距離が近いと造花であることがわかってしまうクオリティのものもあるので、気になる方は実物を見て検討してみてもよいかもしれません。

まとめ

花嫁ブーケの種類、定番はラウンドブーケ!クラッチブーケやリースブーケなど好みで選んでOK

結婚式の費用は内容によっても大きく差がありますが、大きな出費になることは間違いありません。
そのため、少しでも費用を抑えたいという理由でブーケや装花のランクを下げてしまうこともあるという方が多いのも事実です。
 
しかし、花は結婚式全体の印象を大きく左右する重要なアイテムであり、写真に残るものなので後で見たときに後悔しないようにすることが大切!
もちろん結婚式を挙げる主役の2人が満足することが一番ですが、お祝いに来てくれるゲストが喜んでくれることも2人の満足に繋がるもの。
 
できる範囲でこだわって、ステキなブライダルブーケを持って結婚式を楽しみましょう。

関連する式場

Ushers' Photo 福岡フォトスタジオ

Ushers’ Photo 福岡フォトスタジオ

福岡でフォトウェディングを撮るならUshers' Photo 福岡フォトスタジオ!フォトウェディング、結婚式の前撮り、 後撮り、ロケーションフォト、どんなシーンでもおふたりらしい特別な一枚を残せます。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません