パラオの人気スポット4選とフォトツアーの費用と段取り

ミクロネシアの南国、パラオ。青く輝く海が美しく、ウエディングフォトツアーで人気の国のひとつです。一方、「パラオって一体どんなところ?」と思っている方もいるのではないでしょうか。この記事では、パラオでのフォトツアーの人気スポットや予算などについて解説します。

この記事のINDEX

フォトツアーとは

フォトツアーとは、簡単に説明すると、撮影を目的とした旅行のツアーです。ウエディングにおけるフォトツアーは、前撮りやフォトウエディング、ハネムーンの記念などに使われます。
フォトツアーの行き先は、国内や海外のリゾート地が一般的です。ビーチやチャペル、歴史的建造物などで撮影を行います。非日常的な風景の中で、思い出に残る写真が残せる点がフォトツアーの魅力です。

パラオでおこなうフォトツアーのメリット

パラオの人気スポットでフォトツアー

パラオの魅力は、透明度の高い青い海と豊かな自然にあります。世界遺産に登録されているエリアもあり、パラオの絶景は世界的に有名。パラオでのフォトツアーでは、美しい景観の中で、他では撮れないような鮮やかな写真を撮ることができます。
パラオは、太平洋のミクロネシア地域にある多数の島々から成り立つ島国です。日本からの移動時間は、直行便で4時間半ほど。パラオには、年間約3万人の日本人が訪れており(2017年時点)、観光地としての人気が高まっています。
フォトツアーで訪れる人は、ハワイやバリ等に比べてまだまだ少ないため、周りのカップルと被らない特別な一枚を撮ることができます。

パラオのフォトツアーの費用

@watabewedding_palau / Instagram

パラオ現地フォトツアーの費用例

海岸や海辺の道で撮影をするプランは、12万円~24円ほど。プランの中には、以下のサービスが含まれています。

・現地レンタルドレス/上限US$800
(基本小物レンタル付)*サイズ:5~17号
・現地レンタルタキシード/上限US$200
(基本小物レンタル付)*サイズ:S~ABL
・新婦様ヘアセット&メイク
・撮影料
・撮影データ:納品約50枚
(撮影した画像約50枚を収録したデータディスク付き)
・造花ブーケ&ブートニア
・通訳兼介添
・ホテル~撮影場所までの往復送迎(車種指定なし)
・ミネラルウォーター

ドレスは現地でレンタルできるので、少ない荷物で渡航することができます。通訳兼介添のスタッフが同行するため、言葉が分からなくても安心です。

※上記プランは、一例となり内容が異なる場合がございます。詳細はEASY パラオフォトプランへ。

フォトツアーを選ぶときのポイント

ツアーを選ぶ時は、予算や滞在可能日、どのような写真を撮りたいかを元にプランを比較検討します。特に、プランによって撮影のロケーションが異なるため、事前にきちんと確認しておきましょう。
また、ドレスは自前かレンタルかも注意したいポイント。自前または日本でのレンタルの場合は、ドレスを自分たちで現地に持ち込む必要があります。ドレスレンタル付きのプランでも、自分たちで用意したドレスを着たい場合は、相談すれば対応してくれることもあります。

パラオのフォトツアー人気スポットをおさえたプラン

ノースビーチ

@watabewedding_palau / Instagram

パラオの中心部から車で1時間ほどの場所にあるノースビーチ。海の透明度が高いため、干潮時に無風であれば、海面が鏡のようになり、幻想的な写真を撮ることができます。

スケジュール例

10:20 ホテルお迎え、お打合せ・お衣裳選び(サロン)
11:00 お仕度開始(サロン)
13:00 サロン出発
~移動中~
※ドライブ中に景色の良い場所1箇所(道路、高台など)で撮影を行いながらノースビーチへ移動
14:30 ノースビーチ撮影
16:00 撮影終了
17:00 宿泊ホテル着

ドルフィンズパシフィック&エメラルドラグーン

@watabewedding_palau / Instagram

ジャンプ、握手、キスなどのパフォーマンスをするイルカたちと一緒に写真を撮ることができるプランです。その後、エメラルドラグーンと呼ばれる緑豊かな場所で撮影を行います。

スケジュール例

13:00 ホテルお迎え
お打合せ・お衣裳選び(サロン)
13:30 お仕度開始(サロン)
15:30 サロン出発
15:45 ハーバー到着、ボート乗り換え
16:00 ドルフィンズ・パシフィック撮影
※イルカたちが5~6種類パフォーマンスを行い、一緒に撮影を行います。その後、エメラルドラグーンと呼ばれる緑豊かな場所で撮影を行います。
17:00 撮影終了
17:15 ハーバー到着、車で移動
17:30 宿泊ホテル着

ロックアイランド&ミルキーウェイ

@watabewedding_palau / Instagram

世界遺産のロックアイランドで写真撮影ができるプランです。ミルキーウェイは、ロックアイランド内にある乳白色をした海。水着や私服でのカジュアルフォトも撮影可能です。

スケジュール例

6:20 ホテルお迎え
お打合せ・お衣裳選び(サロン)
7:00 お仕度開始(サロン)
9:00 ボート出発
9:45 ロックアイランド
※その日の海況・潮位に応じて撮影場所へ。年間を通じて30%ほどの確立で現れるロングビーチにも海況・潮位に応じて立ち寄ります。
11:45 無人島ランチ
13:00 ミルキーウェイ
※私服や水着に着替えて、ミルキーウェイでの泥パックをお楽しみいただけます。
14:00 シュノーケリング
※魚やサンゴが美しいポイントへご案内いたします。
15:00 コロールへ出発
16:00 ハーバーに到着
16:15 宿泊ホテル着

※上記スケジュールや費用は、一例となり時期により異なる場合がございます。詳細はEASY パラオフォトプランへ。

現地で完結!衣裳・撮影・メイク付 パラオフォトプラン現地で完結!衣裳・撮影・メイク付 パラオフォトプラン

まとめ

他のフォトツアーではなかなか出来ない体験ができる、パラオでのフォトツアー。シュノーケリングなどのアクティビティが含まれたプランを選べば、旅行気分も楽味わえます。フォトジェニックな景色に囲まれての撮影は、一生の記念になりそうです。プランには、通訳サポートや撮影場所までの送迎も含まれているため、安心してツアーを楽しむことができます。大切な人との思い出作りに、パラオでのフォトツアーを検討してみてくださいね。

関連する式場

グアムのセント・プロバス・ホーリー・チャペル

セント・プロバス・ホーリー・チャペル

グアムで唯一!重厚な木目調の本格チャペル。 高台からの絶景が彩る挙式は美しく感動的。

グアムの挙式会場ブルーアステール

ブルーアステール

ブルー&ホワイトに染まる聖域にふたりの幸福な未来を描く至高の一日

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事