世界の結婚式!スウェーデンの結婚式「ブロロップ」ってどんなもの?第2話パーティスタイル

なかなか参加する機会も少ない海外の結婚式。おしゃれなイメージがありますが、実際はどのようなものなのでしょう?!人気イラストレーターのやまだあいこさんにスウェーデンの結婚式「ブロロップ」について漫画を描いていただくシリーズ第2話!ブロロップをおこなったお友達に詳細をうかがっていきます!

この記事のINDEX

人気イラストレーター やまだあいこさん

やまだあいこさん(@aiko_doodle / Instagram)は現在5.4万人越えのフォロワー数を持つ人気イラストレーターでありインスタグラマー。スウェーデン人のパートナーとともに移住し、北欧ライフを満喫しながら、日本との文化の違いや恋愛エピソードを漫画にして配信されています。
最近では書籍『幸せの国スウェーデンから』も出版された作家さんでもあります!
そんなやまだあいこさんにスウェーデンの結婚式「ブロロップ」について取材していただいています。今回は「ブロロップ」をおこなったお友達に聞き込み取材をしていただきました!

スウェーデンの結婚式、実際のところは…

ノーベル賞で有名なスウェーデン市庁舎で結婚式を挙げた日本人妻のAさんにお話を伺います。

ストックホルム市庁舎の挙式は無料。その後のウェディングパーティは自分達で手配します。

スウェーデンでおこなうウェディングパーティの会費は無料でゲストはプレゼントをもってきてくれます。

スウェーデンのウェディングドレスはネットで購入が多く値段も高くありません。

スウェーデンのウェディングドレスは数万円で購入できることも。他の方はどうでしょう?

@aiko_doodle / Instagram

ブロロップとは

スウェーデンの結婚式ブロロップ

スウェーデン語で結婚式(結婚セレモニー)のことを「ブロロップ」といいます。日本のように結婚式のためにつくられたゲストハウスやホテルなどっでおこなうのはまれで、市庁舎(市の役場や役所)やお城などの大きな会場、教会でおこなわれます。

世界の結婚式!スウェーデンの結婚式「ブロロップ」ってどんなもの?第1話

ストックホルム市庁舎の挙式は無料?!

スウェーデンの市庁舎

iStoc / Анна-Андреева

ノーベル賞授賞式が行われることで有名なスウェーデン ストックホルムの市庁舎。挙式はシンプルなスタイルのリーガルウェディング。Legal(リーガル)は、「法的な」という意味をもつ英語です。その国の法律に則って手続きを行い、婚姻証明書を取得するので日本人でも現地に婚姻の記録が残ります。
挙式の内容は、司祭に結婚を誓い合うだけのことがほとんどのため、普段着でおこなうカップルも。日本でおこなう挙式のイメージとはまた違うようです。

ウェディングパーティはご祝儀不要??

@weddingstudio.se / Instagram

ヨーロッパや欧米はパーティ文化が発達しているので、普段なにげない日にゲストを招いてホームパーティをおこなうことが一般的。会費が必要ないウェディングパーティがおこなわれることも多くあります。ご祝儀制でおこなう結婚式のスタイルは日本ならではの文化といっていいかも。
ヨーロッパや欧米らしい『堅苦しくな自由な雰囲気の中、アットホームにお祝いするパーティスタイル』を、セルフプロデュースするカップルも日本で増えてきているようです。

スウェーデンで着るウェディングドレス・パーティドレスとは?

スウェーデンの女性のワンピーススタイル

とてもシンプルで法的な意味合いを持つ挙式が多いスウェーデンでは、日本のように1着数十万円する豪華なウェディングドレスを選ぶ女性は少数派。
花嫁がシンプルなドレススタイルを選べば、招待されるゲストもそれに合った、少しおしゃれなカジュアルフォーマルスタイルを選んでいるようです。日本のような服装のマナーは特になく、ゲストも自由に着こなしを楽しみます。

日本人が海外でリーガルウェディングを挙げる場合

結婚する相手がその国で生まれ育った方ではなく、二人とも日本人の場合、自分達でヨーロッパ挙式(教会や市庁舎での結婚式)を手配するのはとても難しいかもしれません。法的な知識が豊富で語学力に自信がある方以外は、日本にあるプロデュース会社を通して手配することが無難です。国ごとにルールや決まりがあり、日本のスタイルを貫き通すのは難しい会場もあります。予約や申し込みをする前にお二人の希望を実現できるかしっかり確認をとりましょう。

【お知らせ】Aikoさんが書籍を出版しました

やまだあいこさんの本

作者Aikoさんが著書を出版しました。タイトルは『幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ』。スウェーデン人のくまさんとの事実婚をきっかけにスウェーデンに移住したAikoさんのゆったりまったり、驚きの北欧ライフ。異国で生活しながら見えてきた日本とスウェーデンの意外な共通点とは?!

購入はこちらから

関連する式場

関連する式場はありません

この記事のライター

aiko_doodle

スウェーデン人のパートナーに連れられ移住。 Japanese illustrator/ living in Sweden スウェーデンのウェディングの様子を漫画でご紹介します!

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません