世界の結婚式!スウェーデンの結婚式「ブロロップ」ってどんなもの?第4話驚きの伝統作法

スウェーデンの結婚式「ブロロップ」ってどんなもの?をテーマに、スウェーデン在住で人気イラストレーターのやまだあいこさんにブロロップについて漫画を描いていただきました。第4話は、ブロロップのタイムスケジュールとスウェーデンウェディングでおこなわれる伝統作法も含まれるプログラムについて。日本の結婚式とはまったく違う、海外でおこなわれる結婚式の様子をのぞいてみましょう!

この記事のINDEX

人気イラストレーター やまだあいこさん

やまだあいこさん(@aiko_doodle / Instagram)は現在5.4万人越えのフォロワー数を持つ人気イラストレーターでありインスタグラマー。スウェーデン人のパートナーとともに移住し、北欧ライフを満喫しながら、日本との文化の違いや恋愛エピソードを漫画にして配信されています。
やまだあいこさんの書籍『幸せの国スウェーデンから』は絶賛販売中!

日本とは全く違う!スウェーデンのウェディングスタイルと伝統作法とは

スウェーデンの結婚式「ブロロップ」のタイムスケジュール

スウェーデンの結婚式「ブロロップ」の伝統

スウェーデンの結婚式「ブロロップ」

スウェーデンの結婚式「ブロロップ」でブーケトスはおこなうの?

@aiko_doodle / Instagram

スウェーデンの結婚式(ブロロップ)のタイムスケジュールとプログラム

スウェーデンの結婚式

21時からはじまるダンスパーティに合わせて開始時間(挙式のスタート)は日本より少し遅めの15時から。そのあと全員でディナーを楽しみ、ダンスパーティに突入します。

夜遅くまで続くダンスパーティ

スウェーデンの結婚式

結婚式でダンスを踊るという演出は日本では想像つきませんが、スウェーデンの結婚パーティーではほぼ必ず入るプログラムです。夜中までノンストップで踊るため、本当に賑やかなパーティになります。遠くから招待したゲストは帰宅時間も遅くなるため、宿泊施設の用意も考えておかなければいけませんね。

スウェーデンの新郎新婦はパートナー以外の人とキスしてOK?!

スウェーデンならではの伝統作法?ともいう新郎新婦へのキス!
新郎新婦どちらかがトイレに席を立つと、新郎には女性ゲストが、新婦には男性ゲストが頬にキスします。

日常的に挨拶のキスをするのは南ヨーロッパに多い風習ですが、スウェーデンでは本当に仲の良い友人や家族以外に挨拶でキスをする風習はありません。
しかし、パートナー以外の異性と(頬とはいえ)キスをすることに抵抗がないのも事実です。
なぜ、あえて『結婚式』でキスの作法を取り入れるの??とも思いますが、「それはそれ、これはこれ…」と分けて考え、その場を楽しめるのがスウェーデンの人の面白いところ。
間違っても日本では取り入れないよう気をつけてください!

ブーケトスはしない!スウェーデンの結婚式

ブーケトス

普通に買うブーケよりお値段が高い結婚式用のブーケ。それは、スウェーデンも変わらないようです。
ブーケトスは次に受け取った人が結婚できるといわれる楽しい演出ですが、お金にシビアなスウェーデン花嫁はゲストにあげるために、自分のブーケを投げる!なんてことはしないようです。自分でしっかり持ち帰って式後にもブーケの花の美しさを楽しみます。

結婚は運じゃない!一生のパートナーになる相手は自分で見つけて

スウェーデンの女性

スウェーデンは恋愛に対してアグレッシブな女性が多い!
女性でも自分の意見をしっかりもっているので、ブーケをもらったら次に結婚という、運命任せの人生を歩もうとは考えていません。結婚もサンボも、一生一緒にいる相手も自分で決めて選ぶもの。人のことに干渉しない分、自分のことは自分でしっかり考えて責任を持ちます。

【お知らせ】Aikoさんの最新書籍はこちら

やまだあいこさんの本

作者Aikoさんの最新書籍『幸せの国スウェーデンから くまさんと私のおもしろ北欧デイリーライフ』。
スウェーデン人のくまさんとの事実婚をきっかけにスウェーデンに移住したAikoさんのゆったりまったり、驚きの北欧ライフ。異国で生活しながら見えてきた日本とスウェーデンの意外な共通点とは?!

購入はこちらから

関連する式場

関連する式場はありません

この記事のライター

aiko_doodle

スウェーデン人のパートナーに連れられ移住。 Japanese illustrator/ living in Sweden スウェーデンのウェディングの様子を漫画でご紹介します!

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません