かりゆし以外にもある!沖縄での結婚式にふさわしい男性・女性ゲストの服装や靴

国内リゾートウェディングの場所として人気の高い沖縄。ゲストとして沖縄での結婚式に招待される人もいるでしょう。その際、男性、女性ともに「服装は沖縄の正装にあたる《かりゆし》じゃなきゃダメ?」「一般的な服装マナーと同じで考えるの?」などと悩むこともあるはず。リゾート感を盛り上げる、沖縄の結婚式にふさわしい服装や靴をご紹介します。

この記事のINDEX

沖縄での結婚式に出席する際の服装選びのポイント

@watabewedding_okinawa / Instagram

「暑い沖縄の夏を快適に」「沖縄らしい衣裳を」などの想いから生まれたかりゆしウェア。沖縄では正装として広く着用されているアイテムです。
 
「かりゆし」とは、「めでたいこと」「縁起のよいこと」を意味する沖縄の方言。その意味からも、「沖縄結婚式の服装=かりゆし」と思っている人も多いでしょう。
 
しかし、沖縄結婚式に出席する際の衣裳はかりゆしだけではありません。かりゆし以外の衣裳を選ぶときのポイントをご紹介します。

一般的な結婚式よりカジュアルな服装OKなことが多い

ワタベウェディングSHIPSコラボゲストアロハ

沖縄の結婚式でも、一般的な結婚式と同じような服装で出席しても大丈夫。しかし、「暑い中の正装は大変」「せっかくならリゾート感のある服装で出席してほしい」と思っている新郎新婦も多いです。
 
そのため、開襟シャツや短パン、サマードレス、サンダルなど、カジュアルな服装で結婚式に出席する人も少なくありません。
 
結婚式でゲストが白い衣裳を着るのはマナー違反ですが、リゾートならOKという場合も。新郎新婦の意向に沿った服装を選ぶようにしましょう。

指定がある場合はドレスコードに準じた服装を選ぶ

リゾートウェディングでは、「平服で」「短パンで」「海に関するアイテムを身につけて」「ブルーをテーマカラーに」など、新郎新婦からドレスコードを指定されることも。その場合は、ドレスコードに従って服装を選ぶようにしましょう。
 
結婚式場によってはサンダルや短パンがNGの可能性もあります。新郎新婦の指定であれば特に問題ないと思いますが、そうでない場合は注意してください。

沖縄の冬は意外と寒い!季節にあわせた服装を選ぶ

沖縄だからといって、年中暖かいわけではありません。季節にマッチした服装を選ぶようにしましょう。
 
春:陽射しがあると暖かく、日によっては日中汗ばむことも。しかし、朝晩は冷え込むこともあるため羽織れるものを一枚持っておくとよいでしょう。
 
夏:沖縄の夏は日差しが強いため、紫外線対策はしっかり行いましょう。熱中症の危険もあるため、モーニングや留袖などの着用は控え、リゾートウェアで結婚式に出席する人も多いです。
 
秋:秋もしばらく夏のような日が続きます。晩秋になると、春と同様に朝晩は冷え込むため、気温に合わせて調整できるよう羽織を用意しましょう。
 
冬:本州に比べると冬でも気温はあたたかいです。しかし、風が強かったり日陰に入ったりすると実際の気温よりも体感温度が低くなる可能性も。防寒帽風対策として上着は用意しましょう。

沖縄結婚式に出席する男性ゲストにおすすめの服装

@watabewedding_okinawa / Instagram

沖縄での結婚式に出席したゲストの、リゾートスタイルをいくつかご紹介しましょう。

ネクタイもジャケットもなし、襟付きのシャツにチノパンなどのカジュアルスタイルがリゾート感を惹きたてます。色や素材はバラバラでも、アイテムが同じなら全体の統一感も出るため、「カジュアルすぎて浮いてしまった」という心配もありません。

@renaoya_photography / Instagram

「カジュアルすぎるのはちょっと…」という場合は、薄手のジャケットを羽織ってみて。リネン素材にしたり、柔らかな色合いを選んだりすれば、長袖のジャケットスタイルでも爽やかな印象になります。

@watabewedding_hawaii / Instagram

ハワイの民族衣裳であるアロハシャツを着用すれば、沖縄にいながらハワイウェディングのような雰囲気に。アロハシャツの色柄をそろえるのもオシャレですね。

@crosstokyo / Instagram

新郎新婦のOKがあれば、ハーフパンツや白い服装もOK。同じ白を着用していても、選ぶアイテムで新郎とのコントラストが生まれます。

沖縄結婚式に出席する女性ゲストにおすすめの服装

@watabewedding_okinawa / Instagram

新郎新婦のためにも「沖縄結婚式」の雰囲気を惹きたてる服装を選びたい人もいるはず。リゾートウェディングにぴったりな女性ゲストの服装も見てみましょう。

@raffinoocean / Instagram

青い空、エメラルドグリーンの海など、豊かな自然にビビッドな色合いの服装が映えます。「少し派手かな」というくらいがリゾートにはぴったりかも。

@sunagawawa85 / Instagram

「結婚式に柄物はNG」という人もいますが、南国柄のサマードレスはリゾートウェディングにぴったり。ゲスト数が少なく寂しい印象になりがちな結婚式に花を添えてくれます。

沖縄のようなリゾートなら、少し露出があってもOK。陽射しが強いので紫外線対策は忘れないでください。

@watabewedding_hawaii / Instagram

爽やかなブルーのドレスで服装をそろえたブライズメイドもステキ。記念に残る特別な一日を過ごせそう。

沖縄結婚式に招待されたゲストの靴はどうする?

ビーサン

contrastwerkstatt – stock.adobe.com

結婚式に出席する際、女性ならヒールのあるパンプス、男性なら紐靴がマナーとされています。しかし、ビーチ挙式や砂浜での写真撮影が考えられる沖縄の結婚式では、サンダルを着用する人も見受けられます。

@watabewedding_hawaii / Instagram

新郎新婦とゲストの足元をお揃いのスニーカーでカジュアルにまとめるケースも。服装の指定がある場合はそれに従いましょう。

ビーチ挙式なら、新郎新婦の足元がベアフットサンダルや裸足の場合もあります。ゲストも同様に考えていいのかは、新郎新婦に確認しましょう。

@dianashoespress / Instagram

特に指定がない場合は華やかなビジューのついたサンダルなどが無難です。ビーチで記念撮影をすることもあり、汚れる可能性もあります。傷ついたりしたら困るような高価な靴は避けておくのがよいでしょう。

まとめ

男性も女性も沖縄結婚式を盛り上げる服装と靴で出席しよう!

リゾート感たっぷりで非日常を味わえる沖縄。沖縄結婚式に出席する際は、かりゆしウェアを選べばほぼ間違いありません。しかし、人とは違った衣裳で新郎新婦をお祝いしたいと考えるなら、新郎新婦にドレスコードを確認しつつ、ノーネクタイやサマードレス、ビビッドな色合いなどを選んでみてはいかがでしょうか。
 
服装も靴も、一般的な結婚式よりカジュアルになる傾向があるリゾートウェディングならではの服装や靴で、結婚式を盛り上げましょう。

関連する式場

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

沖縄本島のアクアルーチェ・チャペル

アクアルーチェ・チャペル

澄んだ海に眠る真珠のように上質な輝きを放つチャペル

沖縄 宮古島 アラマンダ チャペル

アラマンダ チャペル

ガーデンの花々と海が彩るプレミアムな楽園 華麗なステンドグラスの独立型チャペルで誓いを

沖縄 石垣島 クルデスール・チャペル

クルデスール・チャペル

砂浜から海へと続く景色をイメージした琉球ガラスのバージンロードが美しく輝くチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません