自分に似合う白を見つける!純白、きなり、アイボリー…ウェディングドレスの色選び

結婚式に着るウェディングドレスといえば白ですが、「白」と一口にいっても純白、オフホワイト、きなり色、アイボリーなどその種類はさまざまあり、肌タイプによって似合う色が変わってきます。自分に似合う色を見付ける方法と色ごとにおススメのコーディネート、ウェディングシーンをご紹介します。

この記事のINDEX

色々あるウェディングドレスの「白」の種類

ウェディングドレスの白

Maria-Sbytova – stock.adobe.com

結婚式で着るウェディングドレスといえば、純白のドレスを思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。もちろん「白」であることは基本ですが、その「白」にも純白、オフホワイト、きなり色、アイボリーなどさまざまな種類があるのです。

サロンで試着をした時、お気に入りのデザインなのにしっくりこない、パッとしない…なんて経験をしたことのある花嫁もいるのでは。実はそれ、「白」の色選びが自分の肌タイプと合っていなかったことが原因かもしれません。ドレス選びに出かける際、まずは自分に似合う「白」を知ることから始めましょう。

ウェディングドレスの白色にはどのようなタイプがあるのか、代表的な3つの色について解説します。

純白、ピュアホワイト

ウェディングドレス

Даниил Шумский – stock.adobe.com

純白はピュアホワイトとも呼ばれ、まじりっけのない、真っ白な色のこと。青味を帯びるほど白いウェディングドレスはまぶしいほど美しく、青い空の下では目が覚めるようなコントラストを魅せ、冬の真っ白な雪の中では神秘的な存在感を放ちます。

純白のウェディングドレスが似合うのは、透きとおるように白い肌をもつ女性。白いドレスと白い肌に黒またはダークブラウンの瞳、艶のある黒髪のコントラストが、花嫁の凛とした美しさを際立たせます。

オフホワイト

オフホワイトのウェディングドレス

peach100 – stock.adobe.com

オフホワイトは一般的に、わずかに灰色や黄色を帯びた白色を指します。アイボリーやきなり色と混同されやすい色ですが、アイボリーやきなり色よりも黄色が薄く白に近い色とされています。

オフホワイトのウェディングドレスは黄味のある日本人の肌に馴染みやすく、実際に日本でレンタル・販売されているウェディングドレスの多くはオフホワイトのドレスといわれています。

アイボリー、きなり色

アイボリー、きなり色のウェディングドレス

iStoc / LightFieldStudios

オフホワイトよりも黄色味が強いアイボリーやきなり色は、健康的な印象を与える温かみのある色。きなり色はそもそも生地の繊維そのものの色を指し、ナチュラルカラーの代表的な色ともいえます。

アイボリーやきなり色のウェディングドレスもオフホワイトのドレスと同じく黄味がかった肌と茶色い瞳、明るい茶系の髪色によく似合うため、日本人の肌に美しく馴染みます。

自分に似合う「白」の見分け方

色々と種類のある白の中から自分に似合う色を知れば、結婚式で自分をより美しく魅せてくるウェディングドレスも探しやすくなりそうですね。

肌の色

iStoc / tatchai

似合う色は肌や瞳、髪の色などから判断するパーソナルカラーによって導き出すことが多いですが、中でも最も注目すべきは肌の色。人の肌は一般的に、青味やピンクがかった白い肌の「ブルーベース」と、黄味がかった明るい肌の「イエローベース」のふたつに分けられます。まずは簡易的な方法で自分の肌タイプを診断してみましょう。

腕の血管で色判断

薄い皮膚の下に見える血管の色味から判断する方法。自然光の下で手首付近の血管の色を見てみましょう。血管が青色に見えるなら「ブルーベース」、血管が緑色に見えるなら「イエローベース」と判断します。

シルバーとゴールド、似合うのはどちら?

シルバーとゴールドのアクセサリーを肌に合わせる判断方法。シルバーアクセサリーを合わせると肌が明るく見えるなら「ブルーベース」、ゴールドアクセサリーの方が明るく見えるなら「イエローベース」になります。

自分ではよくわからない…という場合はパートナーや友人と比べてみると自分のタイプを判断しやすくなります。ドレス選びの際にサロンのスタッフに相談してみると、色味だけでなく似合うウェディングドレスのラインやデザインなども併せて提案してくれるでしょう。

肌タイプ別、似合うドレスの色はコレ!

自分に肌タイプにはどの色のウェディングドレスが似合うのでしょうか。それぞれの白をさらに美しく魅せるコーディネートや新郎のタキシードカラー、映える結婚式会場についてもご紹介します。

ブルーベースの花嫁は、純白ドレスで洗練さを演出

純白のウェディングドレス

stockphotokae – stock.adobe.com

ブルーベースの花嫁に似合う色のドレスは、純白のホワイトドレス。青味を感じるほど真っ白なウェディングドレスは清楚で上品な印象をより一層深めてくれます。凛とした美しさも感じられ、デザインによってはクールでかっこいい印象にも。

真っ白または濃い色をプラスした着こなしが新鮮!

@watabe_wedding_firenze / Instagram

ウェディングドレスの王道的なホワイトドレスに、同じく純白のベールを合わせれば花嫁感がさらにアップ。シルバーベースに真っ白なパールや輝くラインストーンで飾ったティアラやネックレス&イヤリングも美しく映えます。

真っ白なラウンドブーケや白とグリーンのシンプルなクラッチブーケを合わせれば洗練された雰囲気に。真っ赤なバラや紫のアネモネなど濃い色で仕立てた派手色ブーケも美しいコントラストを生み出し、肌やドレスをより白く美しく魅せてくれます。

グレー系タキシードで叶える正統派カップルコーデ

@watabe_wedding_firenze / Instagram

純白のウェディングドレスには光沢のあるブラックタキシードも似合いますが、白と黒のコントラストが強くなりがち。グレー系のタキシードなら柔らかさもあり、光沢のあるタイプを選べばラグジュアリー感も演出できます。純白ドレスとも好相性で正統派でスタイリッシュなカップルコーディネートが仕上がります。

非日常的な白の演出を楽しんで

@watabe_wedding_paris / Instagram

まぶしいほど白い純白のウェディングドレスはホテルなどの広い会場でも存在感を放ちます。洗練されたドレスの雰囲気は厳かな大聖堂や重厚感のあるチャペルにも美しく映え、シルクサテンなど重みのある素材で仕立てられたドレスやトレーンを引くウェディングドレスなら気品ある美しさをさらにプラスしてくれます。

結婚式後の披露宴などのパーティ会場も、ブーケと同じく白を基調にコーディネートすると洗練された印象に。純白のテーブルクロスやチェアクロス、シルバー系の花材や装飾小物、銀食器などで合わせられた会場の幻想的な雰囲気は、非日常的でゲストも喜んでくれそうですね。

イエローベースの花嫁は、優しい色味でナチュラルに

アイボリー、きなり色のウェディングドレス

iStoc / Silk-stocking

イエローベースの花嫁に似合う色味のドレスは、オフホワイやきなり色、アイボリーのウェディングドレス。ドレス単体で見ると黄色味や灰色味が強く感じることもありますが、試着してみると肌を明るく健康的に魅せてくれます。優しく柔らかな印象もプラスしてくれるので、ナチュラルな雰囲気の結婚式にもピッタリ!

淡い色、カラフル、アンティーク…色コーデが楽しい!

@watabe_wedding_paris / Instagram

柔らかく優しい印象からナチュラルで健康的なスタイル、大人っぽい着こなしまで、幅広いウェディングシーンに似合うオフホワイトやきなり色、アイボリーのウェディングドレス。ドレスと同色系のベールや黄味がかったパールのアクセサリーを合わせれば柔らかな雰囲気を纏った正統派の花嫁スタイルに。ゴールドベースにラインストーンで飾ったティアラ、ネックレス&イヤリングを合わせればゴージャス感をプラスできます。

きなり色やアイボリーのウェディングドレスのなかにはアンティークレースで仕立てたものもあり、アンティーク調アクセサリーでコーディネートした独特な世界観はとてもオシャレ!ダウンスタイルの髪型が似合うのも、カジュアルなウェディングシーンや自然体の着こなしが似合う黄味がかった色味のウェディングドレスならではです。

@watabe_wedding_paris / Instagram

淡いペールトーンからカラフルなビタミンカラー、シックな色味まで、マッチする色がたくさんあるのも魅力のひとつ。色コーデを楽しめるブーケは、淡いペールトーンでまとめると柔らかく優しい印象をさらに引き立て、ビタミンカラーのブーケなら健康的で元気な印象に。スモーキーカラーのブーケならドライフラワーを合わせてアンティーク感と大人感をプラス。結婚式で演出したい雰囲気に合わせて選びましょう。

新郎も色選び、着こなしを楽しんで

@watabe_wedding_firenze / Instagram

温かみのあるアイボリーやきなり色のウェディングドレスに暖色系のタキシードを合わせると、洗練されたカップルコーデに。同色のアイボリー系やシャンパンゴールドカラーのタキシードならスタイリッシュに、ブラウンやワインレッドなど濃い色味を選ぶとウェディングドレスとのコントラストが引き立ち、新郎の存在感を演出できるうえに花嫁も美しく引き立ちます。

カジュアルな結婚式ならブルー系のタキシードにチェックシャツや蝶ネクタイなどでカジュアルダウンした着こなしも、アイボリーやきなり色のウェディングドレスと好相性。ドレスのデザインとバランスを考えながら二人らしいカップルコーデを楽しみましょう。

会場はナチュラル感、カジュアル感がポイントに

アイボリーやきなり色のウェディングドレスはナチュラルで優しい印象を与えるため、ガーデンウェディングや人気急上昇中のラスティックウェディングにピッタリ!カジュアルダウンOKの結婚式なら、ミニ丈やスニーカーコーデも違和感なく着こなせます。屋内での結婚式なら会場を草花で飾ったり、花材や装飾小物を木材やアンティーク調で揃えたラスティック感のある演出、テーブルクロスやチェアクロスの色味をアイボリーやきなり色、ペールカラーでコーディネートするのもおススメです。

ホテルなどの広い結婚式会場やバージンロードの長いチャペルで着るなら、ウェディングドレスのデザインやビーディングなどの装飾、ロングトレーンなどポイントのあるスタイルで存在感を演出するとよいでしょう。

まとめ

自分の肌色タイプに合う「白」のウェディングドレスを見つけよう

ラインやデザインだけでなく、「白」の色にもさまざまなタイプのあるウェディングドレス。まじりっけのない純白のドレスはブルーベースの肌を持つ花嫁に映え、ほんのり黄味がかったオフホワイトやさらに黄味を深めたきなり色やアイボリーのドレスはイエローベースの肌を持つ花嫁を美しく魅せてくれます。ウェディングドレス選びの際は、まずは自分の肌タイプに似合う「白」を知ることから始めたいですね。

「白」の色によって似合う着こなしや好相性のタキシードカラー、ブーケタイプを参考にしながら、結婚式で自分が一番美しく映えるウェディングドレススタイルを見つけましょう。

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません