ハネムーンの歴史とは?普通の旅行との目的の違いやハネムーンの意味や由来を知ろう

多くの人が当たり前に使っている「ハネムーン」の言葉ですが、ハネムーンの意味や由来についてはあまり知られていません。今回はハネムーンの歴史やハネムーンという言葉の由来、また普通の旅行との違いについて解説します。

この記事のINDEX

ハネムーンの歴史

ハネムーン

nacroba – stock.adobe.com

ハネムーンという言葉は、元々別の意味で使われていました。Honeymoon=honey(蜜)+moon(月)は読んで字のごとく「蜜月」などと訳すことができますが、これは結婚してからの1ヵ月を意味します。古代ゲルマン民族は結婚後30日間ハチミツから作られたお酒「蜜蜂酒」を飲む習慣がありました。この蜜蜂酒は仕込みにちょうど1ヵ月(moon)を要します。そのことから、結婚後の1ヵ月をハネムーンと呼ぶようになったのです。このお酒は滋養強壮に良いと言われており、子作りに良いとされていました。これがハネムーンという言葉の起源といわれています。

※諸説あります。

ハネムーンが新婚旅行を意味するようになった由来

ハネムーン

iStoc / leonovo

そもそもハネムーン=新婚旅行というのは厳密に言えば少し異なります。先ほどお伝えしたハネムーンの歴史を踏まえると、ハネムーン自体は「結婚してからの1ヵ月間」を意味し、新婚旅行はその1ヵ月の間におこなわれるイベントのことです。
ですが、次第にこの2つの意味が混ざり、いつのまにか日本では「ハネムーンは新婚旅行のこと」と一般的に認識されるようになりました。

日本で初めにハネムーンをおこなった坂本龍馬

日本で初めにハネムーンに行ったといわれるのが、かの有名な坂本龍馬と言われています。最愛の妻おりょうと霧島旅行に行った話はよく知られています。これにより現代でも、多くの新婚カップルが坂本龍馬夫妻ゆかりの地である霧島に多く訪れています。

※諸説あります。

高度経済成長期あたりからハネムーンが一般化した日本

日本で新婚旅行が一般的になってきたのは高度経済成長期あたりと言われています。特に昭和30年代後半から50年代初めにかけては新婚旅行ブーム。特に宮崎が人気のハネムーン先に選ばれていました。飛行機に乗って宮崎に行くことがハネムーンの定番のようになっていたのです。まさに今で言う「ハワイへのハネムーン」ですね。このころの新婚旅行はもちろん国内旅行が一般的でした。

普通の旅行とハネムーンの違いとは?

ハネムーン

buritora – stock.adobe.com

それではハネムーンで行く旅行と普通の旅行の違いとは一体何なのでしょうか。ハネムーンは結婚したカップルが結婚祝いを兼ねて行く旅行のことで、つまりは普通の旅行と何が違うというわけではありません。
ただし、一般的にはハネムーンだからという理由で、普通ならなかなか手の届かない憧れの高級ホテルに滞在したり、なかなか行くことができない海外を渡航先に選んだりするため、特別感が別物です。

ハネムーンのパックプラン

iStoc / TongSur

また、「ハネムーン」を旅行代理店で申込む際にはハネムーン専用のパッケージを案内されることが多いです。このようなハネムーン専用プランを選べば、ハネムーンにぴったりなサービスが受けられます。例えばホテルのお部屋にシャンパンがセットされていたり、ホテルのベッドに花びらが飾られていたり、このようなロマンチックなサービスがあるのはハネムーンプランならではです。

しかし、普通の旅行でこれらの特別感のある演出をご自身で手配しておこなうことも可能です。このように、ハネムーン自体は通常の旅行と内容において明確な違いがあるわけではありません。ただ、「ハネムーン」として旅行することにより、普通の旅行よりも特別感を感じることができます。

日本のハネムーンの平均期間と人気の渡航先

最後に日本のハネムーン事情を紹介しましょう。一般的にどのくらいの期間でハネムーンに行くのか、そしてどのような行先を選んでいるカップルが多いのかを知り、自身のハネムーン計画の参考にしてみてください。

期間は海外だと1週間が平均的

ハネムーンに海外に行くカップルはとても多いですが、この場合は1週間ほどの期間が一般的です。それ以上休みが取れないというのが大きな理由となっています。また、国内旅行を選ぶカップルももちろん少なくはありません。この場合は海外ハネムーンよりも短めの4、5日間程度が多いです。

ハネムーンはハワイが人気!国内ハネムーンは沖縄がよく選ばれる

ハネムーン

Monet – stock.adobe.com

ハネムーンでは、常夏のリゾートハワイが圧倒的に人気です。それに続いて人気が高いのはヨーロッパ。普段休暇がなかなか取れないからこそ、ハネムーンには思いきって普段行けない場所を選んでいるカップルが多いのでしょう。ヨーロッパはイタリアやフランスが人気ですが、日数に余裕があれば数ヵ国を周遊する行程を組むケースも多いです。

国内ハネムーンで人気なのは沖縄です。やはりハネムーン=リゾートのイメージは多くのカップルが持っているもの。海外は無理でも国内で綺麗な海を眺めたい!というカップルにはまさに沖縄がぴったりです。

まとめ

ハネムーンがなぜ新婚旅行を意味するようになったのか、今回はその歴史や由来を解説しました。日本だけでなく世界中で使われているハネムーンの語源は興味深いものでしたね。これからハネムーンを経験される皆さん、ぜひ行先にはこだわってみてください。一生に一度のハネムーン、大切なパートナーと最高の思い出を作りましょう。

関連する式場

インドネシア バリ ウル シャンティ

ウル シャンティ

癒しのモダン・バリニーズウェディングで海を臨み、大自然と調和するセレモニーを

ベトナム ダナン ナマンリトリート ウェディング

ナマンリトリート ウェディング

過ごす・感じる・至福の時。 心も体も満たされる至福のリゾートウェディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません