グアムフォトツアーの人気スポット4選!準備と段取りについて

青い海と空を背景に素敵なウェディングフォトを撮りたいなら、グアムフォトツアーに参加しませんか?一年中常夏の楽園なので非日常のなかで撮影を楽しむことができ、挙式後のハネムーン先でもう一度ウェディングドレスを着られます。今回はグアムフォトツアーの人気スポットと、準備や段取りの仕方についてご紹介します。

この記事のINDEX

グアムフォトツアーの特徴

新郎新婦

グアムでのフォトツアーとはいったいどんなツアーなのでしょうか。ツアーの特徴とグアムならではのメリットをご紹介します。

フォトツアーとは

フォトツアーとは、結婚式の前撮りを兼ねた撮影旅行のことです。一生の想い出となるハネムーンの地で、ウェディングドレスとタキシードを着て撮影を行います。行き先は海外や国内のリゾート地が人気で、ビーチや歴史的建造物を背景にした印象的なウェディングフォトが撮れます。

フォトツアーにはウェディングドレスやタキシード、小物類のレンタル、ヘアセット・メイク、撮影料、撮影データ、撮影場所までの送迎などが含まれているのが一般的です。渡航前に日本で申し込みを済ませれば、手ぶらでも行けるので撮影後は通常のハネムーンのようにカップルで旅行を楽しめます。

グアムフォトツアーのメリット

グアムはビーチや歴史的建造物、おしゃれな街並みが多く、さまざまな雰囲気のウェディングフォトを撮影できます。真っ青な海と空が美しいビーチ、厳かな雰囲気の教会、緑あふれる公園、おしゃれな街並みなど日本の結婚式場やスタジオではなかなか撮れない写真も数多く残せます。

日本からグアムまでの飛行時間は約3時間半で、約6時間半から7時間近くかかるハワイよりも気軽に行くことができます。リゾート地でのフォトツアーに興味のある方は、ぜひグアムを検討してみてください。

グアムのフォトツアー人気スポット4選

@watabeguam / Instagram

グアムでウェディングフォトを撮るなら、ロケーション抜群のスポットで撮影しましょう。今回はとくに人気の高いスポットを3つご紹介します。

(1)タモン・タムニング地区ビーチ

@watabeguam / Instagram

タモンエリア(ホテルロード)沿いにあり、ホテルからも徒歩圏内で行ける透明度の高い浅瀬のビーチ。青い海と空が美しく、波もおだやかなので、ビーチフォトの撮影に最適なスポットです。

(2)タモンタウン

@watabeguam / Instagram

グアム島西海岸のタモンタウンはレトロな雰囲気の市街です。ホテルやショッピングセンターが立ち並び、観光やショッピングが楽しめるため観光地として有名な場所です。ヤシの木やおしゃれな建築物を背景に、日本では撮れないフォトジェニックな写真を残すことができます。

(3)ハガニャエリア

@like_guam / Instagram

ハガニャエリアはビーチ、スペイン広場、ラッテストーン公園、聖母マリア大聖堂があるスポットです。緑豊かな公園や厳かな教会の近くで撮影でき、ビーチフォトとは一味違う写真になります。なかでもイチオシなのがスペイン広場です。スペイン統治時代の総督邸や武器庫などが残された場所で、ヨーロッパで撮影したかのような写真が撮れます。

(4)恋人岬

@watabeguam / Instagram

グアム島の北端にある恋人岬はタモン湾を一望できる定番観光スポットです。展望台からは雄大な海と空を見渡すことができ、心地よい風を受けながら撮影できます。恋人岬にはカップルで鳴らすと幸せになれるという「ラブコールベル」や、ハート型の南京錠にカップルの名前と願い事を書いて吊るすと永遠に結ばれるという「ハートロックウォール」があり、ウェディングフォト撮影にぴったりの場所です。

グアムフォトツアーの準備・段取り

@watabeguam / Instagram

グアムフォトツアーに参加したいときは、渡航前に日本でツアーに申込をしましょう。

フォトツアーの申込方法

フォトツアーは旅行会社やフォトスタジオ、ブライダルプロデュース会社などで申し込みできます。希望する場所で撮影できるか、サポート体制は整っているか、プランの内容は充実しているか、価格は予算内におさまるかなどをチェックしてどこで申し込むか決めましょう。
 
申込後は、渡航前にツアーのプランナーと打ち合わせを行います。

フォトツアーのドレス

フォトツアーで使用するドレスは、日本で試着をしてから持ち込む場合と現地で試着後に撮影する場合があります。申し込んだツアーによって異なるため、事前に確認が必要です。フォトツアーの多くはドレスのレンタル費用込みですが、こだわりがある方はドレスの持ち込みについて相談することもできます。持ち込み料がかかるケースがあるのであわせて確認してください。

渡航期間中の流れ

渡航期間中は、おおむね次のような流れで進行します。

1日目:現地到着
2日目:打ち合わせやドレスの試着
3日目:撮影日
4日目以降:プライベートな時間

撮影前に最終的な打ち合わせをして、撮影は半日ほどかかります。撮影が終わればあとはプライベートな時間なので、カップルで自由に過ごせます。

撮影スケジュール例

早朝パターン

8:15 ホテルお迎え
8:30 打ち合わせ&衣裳合わせ(グアム店)
9:30 お支度開始(グアム店)
10:45 メイクシーン、出発シーン撮影
11:15 出発
11:30 撮影開始
12:00 撮影終了
12:15 ホテル到着

朝ゆったりパターン

10:45 ホテルお迎え
11:00 打ち合わせ&衣裳合わせ(グアム店)
12:00 お支度開始(グアム店)
13:15 メイクシーン、出発シーン撮影
13:45 出発
14:00 撮影開始
14:30 撮影終了
14:45 ホテル到着

※上記スケジュールは、一例となり実際の時間を確約するものではございません。詳細はEASY グアムビーチフォトプランへ。

まとめ

グアムフォトツアーで一生の想い出を作ろう

グアムのフォトツアーでは、ビーチやおしゃれな街並み、歴史的建造物を背景に素敵なウェディングフォトが撮れます。恋人岬やタモンタウン、ハガニャエリアなどフォトジェニックな場所での撮影は、きっと一生の想い出になるはずです。ツアーには衣裳や小物レンタル、送迎、撮影料、ヘアメイク代が含まれており、手ぶらで撮影に臨めます。興味のある方は、ぜひグアムフォトツアーに参加してみてください。

関連する式場

グアムのセント・プロバス・ホーリー・チャペル

セント・プロバス・ホーリー・チャペル

グアムで唯一!重厚な木目調の本格チャペル。 高台からの絶景が彩る挙式は美しく感動的。

グアムの挙式会場ブルーアステール

ブルーアステール

ブルー&ホワイトに染まる聖域にふたりの幸福な未来を描く至高の一日

グアムのルース・デ・アモール チャペル

ルース・デ・アモール チャペル

恋人岬を望むオン・ザ・ビーチの邸宅でいつまでも記憶に残る最高の一日を

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません