結婚報告をSNSでする際のテンプレート集と気をつけたい報告マナー

最近では結婚などの節目の報告の際に、SNSを利用する人も増えているようです。でも、実際のところ、SNSで結婚報告をしていいものか、迷う人もいるでしょう。今回の記事では、そんな方にむけて『SNSでの結婚報告のマナーや文例』などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

この記事のINDEX

SNSで結婚報告をしてもいい?

結婚報告をSNSでする

マナーには気をつけよう

SNSはカジュアルな場ですが、結婚報告などの際にはくれぐれもマナーには注意したいものです。一般的な結婚報告と同じで、報告をする順番やタイミングを十分に配慮するようにしてください。
 
自分では限られた人だけに報告しているつもりでも、予想をうわまわる拡散によって、想像していた以上に知られてしまったなんてことも。SNSでの結婚報告が増えているといっても、報告の仕方やふるまいによって、親しい友人がショックをうけてしまった、なんてことがないようにしましょう。

大切な人には直接会うのがベスト

これだけSNSが普及していても、結婚報告をするのに疑問視されるのは、直接会って結婚の報告をするのが日本古来のマナーだと考えられているからです。どうしても会えない場合でも、手紙やハガキで伝えるのが長年の慣習になっていたため、その考え方が根強く残っています。
 
相手に誠意をもって、時間や手間をかけることが美徳として考えられています。特に目上の人や関係性が強い人の場合は、直接会って報告するのがベストです。どうしても会えない場合は、他の報告の方法で大丈夫ですが、誠心誠意の気持ちをもち丁寧に伝えることを心がけてください。

いきなりの一斉配信はNG

SNSを使うメリットとして、大勢の人に手軽に伝えられる機能があることです。しかし、不特定多数に報告するタイムラインでの投稿で知ってしまうと、残念に思ってしまう友人も少なくないでしょう。もし、タイムラインで方向をしたい場合にも、十分にタイミングを見極め、全ての報告が済んだ際の段階でおこなうようにしましょう。

結婚報告におすすめの文例・テンプレート集

結婚報告をSNSでする

文例1

「○月○日に、入籍いたしました。まだまだ未熟ではありますが、一人の女性として妻として、一生懸命旦那さんを支えられるように頑張ります。温かい目で見守ってくださると嬉しいです。新居への引っ越しも無事に完了しましたので、近くにお立ち寄りの際には是非とも遊びにいらしてください。」

文例2

「個別にご連絡をするのが難しいため、この場をお借りして結婚報告をさせてください。私たちは○月○日に、入籍いたしました。これからのことはふたりで考え決めていきたいと思います。また改めてご連絡いたしますので、今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。」

文例3

「私事で恐縮ですが、このたび○月○日に○○さんと結婚致しました。これからは二人で力を合わせて、暖かくにぎやかな家庭を作っていきたいと思っております。皆様からは多くのご配慮を頂戴し、心より感謝致します。これからも変わらずお付き合いいただけるように、どうぞよろしくお願い致します。」

文例4

「このたび、私たちは○月○日に身内のみで結婚式を執りおこないました。今後は、どんなことがあっても二人仲良く、楽しく明るい家庭を作っていけるように努力する所存です。若輩者の私達ではありますが、末長くご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。

文例5

「ついに人妻になりました!これからは、家族となった二人を温かい目で見守ってくださると嬉しいです。人妻になってもこれまでと変わらず、飲み会や食事にも誘ってくださいね。」

SNSで結婚報告をする際のポイント

SNSで結婚報告をする

報告のタイミングは?

SNSでのタイムラインでの一斉報告は、入籍や挙式後にするのがベスト。SNSでの報告ををひとまとめにするのではなく、あくまでも個別での報告とわけて考えて、一つの手段として利用するのが望ましいです。一般的な結婚報告と同じで、まずは会社の上司や間柄の親しい人から報告しましょう。くれぐれも、SNSで不特定多数として報告するのはやめ、個別に報告してください。

相手側の気持ちを考えて

SNSでの投稿はひとりよがりになる恐れもあります。投稿には、その時の気持ちがダイレクトに反映されやすいので、文面を打ち終わってから一度冷静になって客観的な目で自分の文面を見直してください。写真も自然なものをセレクトした方が好感をもたれますよ。
 
投稿を見る人の中には、身内に不幸があった人や、最近、恋人と別れたばかりの人がいる場合も。そのような事情を知っていた場合は、公開範囲の設定をし、一時的に投稿が見えないなどの配慮をしてもいいかも知れません。

さりげなく行なって

結婚の報告でうれしくなっている気持ちはわかりますが、あまりに長すぎる文面や度重なる投稿はうっとおしいと思われてしまう可能性も。あくまでもシンプルな文面で、簡潔に書くのがポイントです。
 
また、一緒に写真を添える場合も、高級すぎるホテルや高額な指輪などの写真にするのは、自慢と受け取られやすいので注意しましょう。結婚報告への投稿の反応があまりなくても、SNSは公の場で多くの人が目にしていることを忘れないでください。

まとめ

SNSでの結婚報告は不特定多数に見られることを前提に考えて投稿しよう

SNSを使えば、一度に多くの人に効率的に結婚報告ができます。しかし、相手側はその他多数と同じにされたと、淋しく感じてしまう人も。特に上司などの目上の人や親しい友人と、関係性が深い人には、事前に個別で報告することが必要です。
 
SNSへの投稿は気軽にできますが、文面や添える写真にも、十分な注意をはらって投稿するようにしましょう。

関連する式場

グアムの挙式会場ブルーアステール

ブルーアステール

ブルー&ホワイトに染まる聖域にふたりの幸福な未来を描く至高の一日

フェリーチェガーデン日比谷

フェリーチェガーデン日比谷

【緑×洋館×貸切】築100年以上の東京都指定有形文化財で外国映画のような本物のガーデンウエディングを。日比谷駅から徒歩1分、東京駅からはタクシーで3分の好アクセス。都会の真ん中にある自然のオアシス「日比谷公園」内に佇むガーデン&テント付一軒家をまるごと貸切!おしゃれなアットホームウエディングを叶えよう!

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません