ガーデンウェディングとは。会場探しやプランの立て方、依頼先別の費用相場、パーティの流れや演出内容、服装について詳しく解説

ガーデンウェディングとは、緑豊かな風景の美しいガーデンや高原など『屋外でおこなうウェディング』のこと。もともと欧米で大人気のウェディングスタイルでした。屋外という自由度の高い会場では、グリーンに囲まれた日差しがあふれる開放的な空間で、さまざまなアイデアを凝らしたウェディングプランを楽しむことができるのです。日本の新郎新婦も、近年ではガーデンウェディングを取り入れるようになってきました。ガーデンウェディングを計画するために、会場として人気の場所や地域、準備の手助けをしてくれる依頼先や気になる費用、新郎新婦やゲストの服装についてまとめました。

この記事のINDEX

ガーデンウェディングとは。ガーデンウェディングのトレンドスタイル

ガーデンウェディング

IVASHstudio – stock.adobe.com

ガーデンウェディングとは、簡単にいえば『屋外でおこなうウェディング』のこと。特に欧米で人気のウェディングスタイルでしたが、美しく工夫を凝らした装飾がインスタグラムなどSNSを通じて日本にも上陸したのです。
欧米では日本でいうところの披露宴『レセプションパーティ』の会場選びが自由な文化のため、グリーンと日差しがあふれる開放的な空間で、さまざまなアイデアを凝らしたウェディングプランを楽しんでいます。「屋外の開放的なロケーションをより深く楽しみたい」という思いから、さまざまなスタイルのガーデンウェディングのスタイルが生まれているのです。

日本で一般的なガーデンウェディング

日本で馴染みのあるガーデンウェディングは、ホテル、ゲストハウス、レストランなどに付帯する人工的なガーデンを利用してのガーデンウェディング。最初からガーデン挙式やセレモニーなどが計画しやすいよう、プールやガセボ(東屋)などが設置されているものが多くなっています。結婚式のプログラムのすべてをガーデンでおこなうこともあります。が、多くの場合は挙式や披露パーティのどちらかをガーデンで執り行う演出を組み込んだものであることが多い傾向です。披露パーティではバンケットルームでとり行い、デザートビュッフェは再入場などで利用されるのみのケースが多いでしょう。

ビーチウェディング

ガーデンウェディング

settawat – stock.adobe.com

海沿いのリゾート地やホテル付帯のプライベートビーチに祭壇やパーティ会場を設営しておこなうウェディングです。
沖縄やハワイなど著名なリゾート地では、プロデュース会社によってビーチウェディングがすぐにできるよう、挙式施設やガーデンパーティ用のガーデン施設が整えられ、結婚式に必要なアイテムがすべて揃ったプランが用意されていることもあり、ある意味もっともメジャーなガーデンウェディングとも言えます。

ラスティックウェディング

ラスティック(Rustic)とは英語で「田舎風な」「素朴な」という意味です。そしてラスティックウェディングとは、その名の通りシンプルで自然の素材を生かしたような飾り気のない、温もり溢れる結婚式のこと。
会場はガーデンより本格的な自然にあふれた草原や湖畔、牧場などの素朴でより開放的な場所を選びます。また装飾や装花も自然を活かし、ウェディングアイテムの素材や材料も自然のものを利用しぬくもりにあふれた手作り感のあるウェディングスタイルです。
欧米では最も人気の高いガーデンウェディングスタイルであり、現在は日本でもこのスタイルを取り入れたガーデンウェディングが増えつつあります。

アウトドアウェディング

ガーデンウェディング

ihorshmatenko – stock.adobe.com

キャンプ場やロッジ、山荘などを会場に、キャンプ要素をウェディングの中に取り入れ楽しむスタイルです。近年のアウトドアブームによって、よりおしゃれに洗練されたキャンプスタイルは、結婚式との親和性も高く、本格的なアウトドア要素を取り入れた素朴なパーティから、アーバンな要素を取り入れたグランピングスタイルの結婚式までさまざま。
ゲストと新郎新婦がオーブンダッチで料理をしたり、フェスのように音楽とダンスを楽しんだり、夜はライトアップとキャンプファイヤーで幻想的なセレモニーをおこなったり…自然と仲間との触れあいを楽しめるウェディングスタイルです。

アウトドアウェディングについて、詳しくはこちら

アウトドアウェディングとは?海外では大人気のウェディングスタイルの魅力、演出内容や費用相場、気になる服装など詳しく解説

エロープメントウェディング

日本ではまだ馴染みの無い言葉ですが、「Elopement」とは英語で駆け落ちを意味します。エロープメントウェディングとは、家族や友人を呼んでの盛大な挙式はせず、カップルのみ、もしくは少数の友人だけを呼んで大自然の野外で結婚を誓い合う、小規模ながらもこだわりのウェディングスタイルのことです。
特にフォト撮影に力を入れており、大自然など一生忘れえぬ屋外ロケーションを背景に、自分たちの選んだ最高のフォトグラファーに依頼し、挙式セレモニーと撮影、そしてふたりきりや少人数でのパーティを楽しみます。
ウェディングの時間をゲスト対応やおもてなしに煩わされることなく、大切なひととの時間だけで凝縮し、忘れられない思い出を作るという、贅沢かつ究極のシンプルなウェディングスタイルです。

ガーデンウェディングの内容や演出は?魅力とメリット

ガーデンウェディング

linortis – stock.adobe.com

「結婚式をゲストと一緒に自由に楽しむ」文化が、日本の新郎新婦をも魅了し、近年ではガーデンウェディングスタイルを自分たちの結婚式に取り入れるようになってきました。
ガーデンウェディングにはどのような魅力やメリットがあるのでしょうか。

ゲストとの距離が近くアットホームな雰囲気でのおもてなしが可能

ガーデンウェディングでは、ゲストとの距離感を感じる一段高い高砂はありません。ゲストと同じ目線で距離感近く、ともに触れあえるのも大きな魅力です。自然と新郎新婦を中心に歓談の和が広がり、和やかでリラックスしたムードで結婚式の時間を過ごすことができるでしょう。
特別なイベントをプログラムに詰め込まなくても、緑豊かなガーデンの環境だげで十分な演出になります。シンプルなセレモニーやパーティの時間が、ゲストにとって深い思い出の時間に。「おもてなししなきゃ」という気負いを忘れ、リラックスした時間を楽しみましょう。

ガーデンウェディングはコロナ禍でも注目される結婚式のかたち

ガーデンウェディング

sutichak – stock.adobe.com

ガーデンウェディングの会場は開放的で広さのある屋外を会場として選びます。コロナ禍で、大勢の人が集まることが問題となる結婚式の「密閉・密接・密集」とは真逆の場所です。自然にソーシャルディスタンスの取れるパーティーを計画することが可能であるため、魅力的な結婚式を実現できるスタイルとして注目を集めているのです。
解放感溢れる非日常なロケーションでおこなう結婚式は、日常とは違った特別感のある1日になります。ゲストにとってもほっと息のつける、魅力的な時間となるでしょう。

開放的なロケーションでオリジナリティのある演出や装飾を楽しめる

ガーデンウェディング

alexgukalov – stock.adobe.com

ガーデンウエディングの最も大きな魅力は、屋内の結婚式では実現できない、開放感あるロケーションで、豊かなグリーンに映える美しく自由な装飾を楽しめること。広い空間をめいっぱい自由に使い、まるで海外の結婚式のようにフォトジェニックで魅力的な装飾が楽しめます。
また、自然光のもとでの撮影は被写体をもっとも美しく見せる撮影ができるのも大きなポイント。思い思いの装飾を背景にフォトジェニックな撮影をゲストと楽しみ、最高の思い出をつくることができます。

自由なアイデアでプログラムや魅力的な空間と時間の使い方が可能

ガーデンウェディングには、室内のように防火導線など空間レイアウトの厳しいきまりはありません。空間も時間の使い方もとても自由であることが大きな特徴です。
空間はふたりの好きなポイントを自由なアイデアで装飾することが可能です。またガーデンウエディングで人気のイベントや演出例として、ガーデンに祭壇をこしらえての人前挙式・バルーンリリース・バブルシャワー・デザートビュッフェなど、ゲストも参加してアットホームに楽しめるアイデアだらけ。挙式とパーティの時間を自由に使って、さまざまな思い出を作りましょう。

ガーデンウェディングで人気の場所や地域は?会場選びのポイント

ガーデンウェディング

Lana – stock.adobe.com

ガーデンウェディングは屋外でゲストとともに過ごす要素を取り入れるスタイルのため、「屋外で快適に過ごせる場所」が会場として選ばれます。

ガーデンウェディングをおこなうのに適した会場

ガーデンウェディングを行うことができる会場は実にさまざま。新郎新婦が希望する場所やゲスト数、ゲストの顔ぶれ、パーティのフォーマル度にあわせて、会場を探します。

ガーデンウェディングを行うのに適した会場や施設

・ガーデン設備のあるホテル、ゲストハウス、専門式場、レストラン
・公園、美術館、博物館などガーデンを備えた公共施設
・高原や海辺など美しい景色を楽しむリゾート地にある施設

ガーデンウェディングをおこなうのに人気の地域

東京や大阪、名古屋など都市部では、人工的なガーデン施設が整っているような結婚式会場は充実しています。しかし、より開放的な屋外や自然を楽しめる広大なスポットは限られていたり、どうしても都市部の生活感から抜けられず非日常な空間を楽しめない、という考え方も。
そのため、ガーデンウェディングを楽しむために、会場を郊外やリゾート地など遠方にするケースも多いようです。

ガーデンウェディングの会場として人気の地域

・東京や横浜などでガーデンウェディングを計画する場合
…千葉、鎌倉、山梨、奥多摩など
・大阪など関西地域でガーデンウェディングを計画する場合
…岐阜、京都、兵庫など
・人気のリゾート地でガーデンウェディングを計画する場合
…軽井沢、沖縄、北海道など

ガーデンウェディングに適している時期。雨天の場合の対応は?

ガーデンウェディング

Wedding-photography – stock.adobe.com

ガーデンウェディングは屋内とは違い、快適に過ごすには天候や気候に大きく左右されます。計画するには雨天日が少なく、アウトドアでも快適に過ごせるシーズンを地域に合わせて調べる必要があります。
例えば北海道や東北地域と太平洋側の南部の地域では屋外で過ごすのに適した時期は大きく異なりますし、山間部と平野部でも変わります。
遠方でも盆地や高原など雨天が少ない地域に会場を考える人も多いのです。

ガーデンウェディングに適した時期

日本全体で雨が少なく気候がよいとされる4月下旬~6月上旬、9月下旬~11月初旬までが、一般的にガーデンウェディングに適している時期と言えそうです。
ただし、近年では温暖化による気候や気温の変動が大きく、台風到来シーズンにも変化が見られます。会場となる地域に詳しい専門知識をもつ人や、担当となるウェディングプランナーの意見を確認してから開催時期を計画することをおすすめします。

ガーデンウェディングの雨天対策や代案例

どんなに晴れ日を予測し、完璧なガーデンウェディングを準備しても、天候だけは本当に読めない部分が大きいです。そのため、当日雨天だった場合のことも予測して、雨天用のプランや対応策を講じておくのが一般的です。
雨天対策としてすぐ近隣に別途会食の楽しめる屋内会場を押さえておくことが多いのですが、会場に選んだ場所次第では小雨程度なら決行したり、雨を活かしたパーティにする、延期するなど代案アイデアがあります。
アウトドアのウェディングプロデュースに詳しいプランナーに相談しつつ、雨天対策も整えましょう。

夏の涼しい夕方~夜におこなう『ナイトウェディング』も増加中

一般的にガーデンウェディングは、真夏の暑い時期は避けておこなわれることが多いのですが、日が落ちて涼しくなる夕方のトワイライトタイムから夜にかけ、ガーデンをライトアップしてムーディに装飾しておこなう結婚式も近年は増加しています。
特に、ナイトウェディングは昼とはがらっと違う大人の雰囲気が楽しめる、お酒や料理を楽しむ歓談中心の演出で十分、日中より費用が安い…など、昼の結婚式とは違うさまざまなメリットもあるのです。

ナイトウェディングについて、詳しくはこちら

ナイトウェディングとは?ドレス、演出、夜の結婚式ならではの楽しみ方

ガーデンウェディングの費用相場は申し込み先や依頼先により異なる

ガーデンウェディング

sonyachny – stock.adobe.com

ガーデンウェディングでは、プランのオリジナリティや自由度が高いぶん、一般の結婚式と違ってどんな会場でおこなうか、どこに依頼するかで、戸惑ってしまうことも多いようです。また、ガーデンの広さで収容人数も異なります。
憧れのガーデンウェディングを計画するために、依頼先別にプランや費用相場やメリット、デメリットを知っておきましょう。

ゲストハウス、ホテル、レストランなど結婚式会場に依頼する費用相場

ガーデンウェディングの人気が急上昇するいま、敷地内にガーデンを備えた結婚式会場は増加しており、ガーデンウェディングプランをもつホテルやゲストハウスなど結婚式会場も多くあります。
ホテルやレストランなど、結婚式会場が提示するガーデンウェディングのプラン料金は、基本的には一般的な結婚式プランの費用相場とさほど変わりません。料金体系によっては、若干割高になる可能性があります。
費用が上がる要因として、ガーデンの使用料金がプラン内に含まれておらずオプション料金であること、ガーデンとバンケットとふたつの場所を使用するため装花装飾料金が割増しでかかること、歓談タイムにデザートビュッフェなどガーデンの演出を計画した場合オプション料金として加算されるなどの理由が考えられるからです。
また、少人数の結婚式でガーデンウェディングを計画したい場合、いくつかある宴会場からゲスト数に合わせて選ぶなどの融通は利かず、ガーデン使用料金は一定額で変わらないため、より割高に感じてしまうこともあります。

オリジナルウェディングを手がけるプロデュース会社に依頼する費用相場

自由な発想からのガーデンウェディングの会場選びから、結婚式のプランニング、演出まで、すべてをふたりの希望のままにオーダーメイドでプロデュースしてくれる結婚式のプロデュース会社やサロンが注目を集めています。
ただし、プロデュース会社が手がけるガーデンウェディングは、オリジナルウェディングとしてふたりにあったテーマを決定し、テーマからコンセプトを考え、それにしたがってさまざまなアイテムや演出を決定していくという流れのため、打ち合せや準備量にそれなりの時間や労力を要します。
ふたりのために、ゲスト数に見合ったガーデンウェディングの会場を探し出し、演出を叶えるアイテムを探し出し集め、オリジナル要素を盛り込んだウェディングプランをゼロから作成するのです。プロデュース会社への依頼で必要な結婚式準備費用を調べると、既存プランを利用した際の一般的な結婚式費用と比較して、1~2割増、またはそれ以上に割高になる傾向です。

フリーランスのウェディングプランナーに依頼する費用相場

ガーデンウェディングを計画する場合、会場にもプロデュース会社にも属していないフリーランスのウエディングプランナーに依頼する、という方法もあります。欧米の結婚式準備では主流の方法です。
フリープランナーにガーデンウェディングの準備を依頼するもうひとつの大きなメリットは、組織所属と違い、営業ノルマといった観点からの会場選びや演出やオプションを追加で勧めるといった制約がないため、「本当に必要なものだけ」を取り入れたガーデンウェディングの計画が可能な点です。
ガーデンウェディングを準備するための費用相場は、一般的な結婚式の費用相場より高くなることが多い中で、比較すると安く、身の丈にあった料金で準備が可能であることがフリープランナーに依頼する大きなメリットといえるでしょう。
ただ、フリープランナーは得意な部分や積んでき経験によって個々の能力の差が激しいため、プランナー選びには時間をかけて情報収集する必要があることや、本格的なオリジナルプランをこだわって作るには打合せや準備期間がそれなりに必要です。

ガーデンウェディングでトレンドの衣裳やドレス、ゲストの服装は?

最大の魅力は、ゲストと距離感近く、アットホームに過ごせる空間であること。そのため、新郎新婦は動き回ることも多く、ゲストの人々に囲まれ触れあう場面も多いでしょう。

ドレスやスーツは動きやすいシンプルなデザインが主流

ガーデンウェディング

sonyachny – stock.adobe.com

花嫁の衣裳は、屋外で自然豊かなロケーションに合わせたナチュラルテイストのドレスや、動きやすいスレンダーラインやトレーンが長すぎないドレスが好まれます。よりゲストと気を距離を近くしたいと、白やきなりのワンピースを選ぶことも。
また、新郎の衣裳もタキシードやスーツ以外に、カジュアルスーツやジャケパンスタイルといったきれい目ラフで遊び心のあるスタイルも人気です。

和装でのガーデンウェイングも計画可能

白無垢や色打掛などの和装や和のテイストを取り入れたガーデンウェディングも、もちろん計画可能です。和のテイストにあった庭園をもつ会場を探したり、自然に囲まれたロケーションで和のテイストを取り入れた装飾や演出をおこなったり、庭付きの古民家でガーデンウェディングを計画するアイデアも。
どのようなアイデアがあるか、SNSなどで情報収集をしたり、気になるフリープランナーに問い合わせ、無料カウンセリングを利用して、どのような演出アイデアがあるかを聞いてみるのもおすすめです。

髪型やメイクは屋外であることを考慮して乱れないよう注意を

ガーデンアウエディングは基本的には屋外であり、プランによっては介添えも依頼しないとつかないケースもあります。そのため、花嫁のヘアメイクは野外でも乱れづらい、崩れにくいヘアメイクにするよう配慮が大切です。
特にビーチなど海沿いや春先など季節によっては、風が強い場合も多いのです。風で乱れてもいいようまとめ髪にしたり、逆に乱れても問題のないナチュラルテイストのおろし髪にするなど、髪型には工夫が必要な場合も。
また、夏の暑い時期には汗で崩れづらい化粧品を選ぶ、日焼け止めをしっかりと塗るなど、暑さと日焼け対策も万全に。

ガーデンウェディングでのゲストの服装。ドレスコードを指定する配慮を

ガーデンウェディングは、一般的な人たちにはまだ馴染みがない結婚式でもあるため、どのような服装で来てほしいのか、ゲストの心労や負担にならぬよう、主催者である新郎新婦側からドレスコードや服装のテイストを伝える配慮が必要です。
ガーデンウェディングのゲストの服装やドレスコード指定例としては、「平服」というインフォーマルスタイルのドレスコード指定が一般的です。
また、ゲストの大半が持っていそうなデニムコーデを指定したり、スニーカー着用をお願いしたり…というアイデアも多いのです。
また、海外では一般的な、新郎新婦と付き添いの親しいゲストがお揃いの服装をするグルームズマン(アッシャー)やブライズメイドを取り入れるケースも。
ゲストにどのような服装で来てほしいかをお願いする際の伝え方で迷ってしまう場合には、担当のウェディングプランナーによく相談しましょう。

まとめ

自分の理想とするガーデンウェディングのスタイルを知り準備、計画するために

ガーデンウェディングは、美しい自然や緑、開放的なロケーションでおこなう結婚式ですが、カップルの考え方やアイデアでスタイルもさまざま。特別な演出やプログラムを計画しなくても、美しいグリーンの中でおこなうセレモニーやパーティは魅力に溢れたウェディングになるはず。ふたりの理想を叶えるのであれば、どこに依頼するか、どんなロケーションを会場として選ぶかなど、計画と準備がとても重要になってきます。ふたりの想いを叶え後悔のない結婚式準備をおこなうために、参考にしてくださいね。

関連する式場

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

沖縄本島のアクアルーチェ・チャペル

アクアルーチェ・チャペル

澄んだ海に眠る真珠のように上質な輝きを放つチャペル

沖縄 宮古島 アラマンダ チャペル

アラマンダ チャペル

ガーデンの花々と海が彩るプレミアムな楽園 華麗なステンドグラスの独立型チャペルで誓いを

クルデスール・ウェディング

クルデスール・ウェディング

石垣島の壮大な自然を舞台にしたウェディングストーリー~5つの祝福~ 豊かな自然と文化が根付いた島に誕生したラグジュアリーリゾートのステイ 上質で本物のヒトトキを感じる挙式

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません