手土産で喜ばれるおすすめの洋菓子やスイーツ。結婚の挨拶など絶対に外したくないシーンにテッパンの老舗名店や高級ブランドを紹介

結婚の挨拶など大切な訪問の際には、手土産を持参することがマナー。「絶対にハズしたくない!」人が、手土産選びの前にチェックしたい、おすすめの洋菓子や人気スイーツが買える老舗名店や高級ブランドをまとめました。手土産に贈るお菓子の由来やおすすめのポイントも併せてチェックし、贈りたいシーンや大切な人にぴったりの手土産を選びましょう。

この記事のINDEX

手土産の定番の洋菓子やスイーツ。選ぶ前に配慮すべきポイントはここ!

手土産の定番の洋菓子やスイーツ。選ぶ前に配慮すべきポイント

hiro cafe – stock.adobe.com

喜ばれる人気の手土産として筆頭に挙げられる洋菓子やスイーツ。あまりにも種類があり、シーズンに合わせた新作も次々と発表されるため、選ぶのに目移りしてしまうことも多いでしょう。手土産選びは贈る状況や贈る人の好みを考えて、喜んでもらえるものを選ぶのがポイントです。

相手の好みが分からない場合には日持ちする定番のものを

洋菓子やスイーツの手土産を選ぶ際には、できるだけ贈る相手の好みをリサーチして情報を集めておきましょう。甘いものが好きかどうかだけでなく、贈る人の年齢によっては健康状態や歯の強さなども考慮して選ぶ必要があります。
好みが分からない場合や情報があまり得られない場合には、「定番」と言われている日持ちして小分け包装になっている、嫌いな人が少ない焼き菓子などがおすすめです。日持ちして小分けになっているものであれば、万が一贈った相手の好みに合わない場合でも、他の家族や職場などにおすそ分けできるからです。

生もの、要冷蔵の手土産を選ぶ場合は持ち運び方法と渡し方に配慮

生もの、要冷蔵のものを手土産として選ぶ場合は、相手の好みの洋菓子やスイーツであることが確定している状態で選ぶことが望ましいです。生ものや要冷蔵の洋菓子やスイーツは、多くの場合は賞味期限が当日または翌日、長くて2日程度と短いため、相手がすぐに喜んで食べてくれるようなものである配慮が必要になります。そのため、面識がある相手であることが前提で、まったくの初対面の相手に持っていくのは、相手の好物という確定した情報がない限り、できれば避けた方がいいでしょう。
また、持ち運びの際にも、購入から1時間以内に渡せるようにする、保冷剤は多めに入れてもらう、保冷バッグを持参するなど、相手に最良の状態でお渡しができるよう工夫しましょう。

お取り寄せの場合は取り寄せ後の賞味期限と包装に注意

現在では通販やお取り寄せで、遠くはなれた地方の名店や有名店の洋菓子やスイーツが手に入ります。ですが、自宅用ではなく手土産用として購入する場合には、賞味期限に十分注意する必要があります。賞味期限が短いものだと到着が早すぎた場合に、渡す際には期限が既に間際であったり、持っていく前日に届くよう手配したものの、届いたら思っていたより賞味期限が短かったということもあります。通販や取り寄せの場合は、注文前に賞味期限について再三確認を。また、配送の際に包装の箱が潰れていたり、値札が貼ったままだったりということがないよう、届いたらすぐに包装全体の厳しいチェックを。

手土産の金額相場は予算内におさめたほうがよい

手土産を選ぶ際には、贈る状況や相手との関係性に応じた「相場の金額」というものがあります。初対面の一般的な手土産の相場は2000円~3000円程度、初対面でも大切な相手であれば5000円程度までです。既に何度も会っている相手だったり、親密な相手の場合にはその限りではありませんが、初対面の方や結婚挨拶の場に持参する手土産の場合には、3000円~5000円が相場と言われています。あまりに安すぎるものでは「軽んじられている」と相手に不快に思われてしまったり、高すぎても恐縮されてしまう恐れがあります。手土産の予算は、相場内に収めることがおすすめです。

【手土産におすすめの洋菓子(1)】焼き菓子

手土産で人気の焼き菓子のおすすめ有名店と高級ブランド

kikisora – stock.adobe.com

賞味期限が長く日持ちする焼き菓子は手土産の大定番。その分ご両親が食べたことがあるものも多いことが考えられるため、できるだけ特別感や高級感にこだわって選びましょう。
高級ブランドや老舗ブランドの焼き菓子は装丁にこだわったものやパッケージが素敵なデザインのものも多く、手土産にぴったりです。また、ホテルブランドや分かりやすい有名パティシエのものなら手土産の価値がすぐ伝わるというメリットもあります。
各地の百貨店のデパ地下などにも取り扱いのある商品や、通販やお取り寄せが可能な商品が多いため、仕事が忙しく平日になかなか買いにいく暇がない方にもおすすめです。

人気の焼き菓子とおすすめの名店

クッキーやパイがおすすめの有名店やブランド

マリベル、鎌倉レ・ザンジュ、オー ボン ヴュータン、銀座ウエスト、デメル、ロイズ、ケーニヒスクローネ

ラスクがおすすめの有名店やブランド

ガトーフェスタハラダ、東京ラスク、黒船、治一郎、金谷ホテルベーカリー、MIYABI(ミヤビ)

フィナンシェがおすすめの有名店やブランド

アンリ シャンパルティエ、キハチ、エシレ メゾン デュ ブール、バターバトラー

【手土産におすすめの洋菓子(2)】バームクーヘン

もともとはドイツのお菓子ですが、日本でもおめでたいお菓子として、結婚式の引き出物やお祝いごとに使われることが多いバームクーヘン。バームクーヘンの断面の模様が木の年輪のように見え、「繁栄」や「長寿」、「幸せ重ねる」など縁起の良い言葉を連想させるため、結婚式や出産など慶事の贈り物として人気です。切り分けの手間がかかるとはいえ、バームクーヘンだけはホールのまま買い求める方も多いようです。現在では配慮された小分け包装タイプも多く出ています。

バームクーヘンがおすすめの有名店やブランド

治一郎、クラブハリエ、ねんりん家、ユーハイム、ホレンディッシェ カカオシュトゥーベ、山樵、パティシエ エス コヤマ、KIHACHI(キハチ)

【手土産におすすめの洋菓子(3)】ゼリー、フルーツゼリー、プリン

生もの、要冷蔵の洋菓子では、冷蔵庫に入れておけば比較的日持ちするゼリーやプリン。夏などの季節にはのど越しがよく、冷えた手土産として人気が高い一品です。といっても賞味期限が5~7日以内のものがほとんどですので、購入のタイミングに気を付けましょう。特に年配の方が同居しているようであれば、のど越しよく柔らかく食べやすいといった配慮にもなります。賞味期限は差し上げる際に必ずお伝えしてください。

ゼリー、フルーツゼリー、プリンが人気のおすすめの名店

フルーツゼリー、ゼリーがおすすめの有名店やブランド

千疋屋、新宿高野、hanafru、テン・ファクトリー、ペシュレザン、レクレール・ドゥ・ジェニ、中村藤吉本店

プリンがおすすめの有名店やブランド

モロゾフ、治一郎、きのとや、ACHO Kagurazaka(アチョ・カグラザカ)、浅草シルクプリン、コロンバン、MARLOWE(マーロウ)

【手土産におすすめの洋菓子(4)】カヌレ

外はカリッと香ばしく、中はもちっと柔らかい食感で注目を集め、一躍人気の定番手土産となったカヌレ。カヌレの歴史は500年以上と古く、フランス・ボルドー地方のボルドー女子修道院で作られていた伝統菓子で、元々はワインを造る過程で発生する卵黄の有効活用のために生まれたものです。
コロンとした見た目の可愛らしさ、そして優しく柔らかな甘みと食感に魅了される人も多く、早々に売り切れてしまう人気店もあるなど、手土産としておすすめです。

カヌレががおすすめの有名店やブランド

シェ リュイ、noix de beurre(ノワ・ドゥ・ブール)、カヌレ堂、LA SOEUR(ラ スール)、ル パン ドゥ ジョエル・ロブション

【手土産におすすめの洋菓子(5)】マカロン

手土産で人気の洋菓子とスイーツ、マカロンがおすすめの有名店と高級ブランド

nana77777 – stock.adobe.com

もともとはイタリアお菓子ですが、フランスで劇的に発展したマカロン。固く泡立てたメレンゲに砂糖、アーモンドプードル(パウダー)等を加えて混ぜて焼き上げた柔らかな2枚の生地にクリームやジャム、ガナッシュをはさんだお菓子です。カラフルで美しい見た目と、フランス菓子らしい香りの豊かさが味わえるため、現在では慶事のお祝いや引菓子としても選ばれます。外側のサクッとした生地に季節の風味が練り込まれ、組み合わせる素材との相性をとことん追求したクリームやジャムによる、芸術的なフレーバーが楽しめる、高級感たっぷりの手土産です。

マカロンがおすすめの有名店やブランド

ラデュレ、ピエール・エルメ、パティスリー・サダハル・アオキ、ジャン=ポール・エヴァン、ダロワイヨ、ユーゴ アンド ビクトール、銀座和光

【手土産におすすめの洋菓子(6)】チョコレート、チョコレートケーキ

ショコラティエやブランドによって味や香りに特色や趣が深く味わえるチョコレート。海外、国内の人気チョコレートブランドやパティスリーが毎年ニュースになる話題性もあります。また、チョコレートを使ったケーキやクッキーなど種類も豊富で、飽きがこないという利点も。素材にこだわったものからカラフルなものなど、贈る相手の好みに合わせて選べるバリエーションも豊かです。甘味が少ないチョコレートは、お酒をたしなむ男性にも人気があります。

チョコレートがおすすめの有名店やブランド

ピエール マルコリーニ、ラ メゾン デュ ショコラ、ゴディバ、レオニダス、ヴィタメール、カカオサンパカ、赤坂トップス、フレデリック カッセル、ホレンディッシェ カカオシュトゥーベ

【手土産におすすめの洋菓子(7)】ミルフィーユチョコレート

何層ものパイ生地とクリームを重ね、チョコレートでコーティングしたお菓子です。ケーキのミルフィーユと異なり、一口で食べられ日持ちするため、手土産にぴったり。味はもちろん、パッケージのレトロな上品さやおしゃれさも心を躍らせる一品です。

ミルフィーユチョコレートがおすすめの有名店やブランド

ベルン、フランセ、フーシェ、フレデリック カッセル

まとめ

手土産の洋菓子やスイーツ選びは結婚の挨拶などのシーンや贈る人に合わせて選ぼう

結婚の挨拶などの「絶対に外せない」シーンなどに持っていく手土産に、高い確立で喜ばれそうな洋菓子や話題のスイーツですが、贈る相手がどのような人で、どのような関係性なのかをしっかり見極めることで、より贈った人の心に響く手土産になるでしょう。手土産として人気のお菓子やスイーツの情報もしっかり頭に入れて、手土産選びに役立ててくださいね。

関連する式場

ホテル雅叙園東京の結婚式

ホテル雅叙園東京

自然美と芸術美が織り成す場所で、【幸せをよぶ、日本の彩り】を感じる結婚式を。日本初の総合結婚式場・ホテル雅叙園東京は創業90周年を迎えた。

ヒルトン小田原リゾート&スパ

広大な敷地に佇むハイクラスホテルで叶える、海・空・自然のパノラマが広がるリゾートウエディング

リストランテ カノビアーノ

リストランテ カノビアーノ

うれしいも、美味しいも。もっとおふたりらしく

ルミアモーレ

【好アクセスな海辺のチャペル】どんなときでも開放的なセレモニーが叶う、ベイサイドのウエディングステージ。竹芝駅徒歩2分、浜松町駅徒歩7分の好アクセスでありながら都心にいることを思わずわすれてしまうほど、ゆったりとした時の流れに包まれた空間。

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません