結婚報告を親にできない…結婚を報告したい時の上手な切り出し方や伝え方

両親に結婚の承諾を得る機会となる結婚報告。結婚への意思をどう伝えようか、迷っている人もいるのではないでしょうか。何かしらの不安があり結婚報告を親にできないかもしれないと悩んでいる方に、上手な切り出し方や反対された時の対処法、結婚報告のマナーや振る舞いなどをレクチャーします。

この記事のINDEX

親にできるだけ自然に結婚報告する方法とは

両親

polkadot – stock.adobe.com

結婚報告は、結婚を決めるために大切なものなので、できればスムーズに進めたいと思うもの。できる限り、親から反対されるのは避けたいですよね。ここでは、親への結婚報告を自然に行うためのポイントをお伝えします。

兄や姉がいる人は先に話してみる

兄や姉がいる人は、両親よりも先に結婚相手を紹介するのも一つの方法です。同世代なので、両親よりもハードルが低く理解を得やすいメリットがあります。
 
結婚報告の場に同席してもらえるのであれば、フォローや味方を得ることができます。両親も兄弟や姉妹が賛成しているのであれば、印象良く感じやすいでしょう。

先に電話やメールでほのめかす

全く結婚相手のことを話していない場合、いきなり結婚報告と伝えると身構えてしまうものです。
 
早い段階で「大切な話がある」「結婚したい相手がいる」など、事前にほのめかしていれば両親も心の準備をしやすいものです。先にある程度ほのめかしておくことで、スムーズに結婚報告の日時をセッティングできます。

相手の情報は先に伝えておく

相手の情報を伝えないまま、結婚報告の日を迎えてしまうと両親は不安に思うものです。結婚相手が当日緊張してしまったりすると、コミュニケーションが上手にとれないなどの可能性もあります。
 
名前や年齢、職業などの基本情報はあらかじめ伝えておくようにするのがポイントです。早い段階できちんと伝えておけば両親も安心するので、結婚報告もスムーズに終えることができるでしょう。

もし、親が結婚を喜んでくれない時は?

親子

polkadot – stock.adobe.com

結婚の挨拶を無事に済ませた後に、もしかしたら両親から反対される可能性もあります。結婚を反対された時の対処法をまとめましたので、チェックしてみてください。

親の意見を聞く

親から反対されてしまうと、つい感情的になってしまうものですが、それでは話が余計進まなくなってしまいます。気持ちを落ち着かせて、なぜ反対するのかを意見を聞くようにしましょう。
 
結婚は一生のことなので、両親も理由があって反対しているはずです。反対理由がわかれば、交際相手と一緒に対処していくこともできます。

時間をかけて相手を知ってもらう

ふたりの中で結婚を決めた後、それから両親に結婚の挨拶をしに行きますが、中には緊張してしまう人もいるでしょう。
 
当日うまく会話できずに、両親からの承諾がもらえないということもあり得ます。その時はダメだったとしても、結婚への決意があるのであれば、時間をかけて相手を知ってもらうことです。
 
ありのままの相手を知ってもらえれば、結婚の承諾をもらうことも十分できます。はじめに両親が承諾してくれなかった理由がわかれば、改善もできるので根気よく両親と会う機会を設けてみましょう。

結婚後の詳しい計画を伝える

結婚ともなると、両親は経済的な部分も気になるはずです。特に十分な貯金がない場合は結婚式や住まい、子供のことなど、ふたりが考えている将来の計画を伝える必要があります。これから結婚するふたりにはシビアかも知れませんが、これから家庭を築いていくのに大切な要素です。
 
正確に伝えられない部分もあるかもしれませんが、できるだけ具体的に伝えられれば両親も安心できるでしょう。

親の印象が良くなる!結婚報告のマナー

手土産

taa22 – stock.adobe.com

結婚挨拶に行くのに知っておきたいのがマナーです。正しい振る舞いをすることで、両親への印象を良くできます。身だしなみや手土産、振る舞いの仕方など詳しくご紹介します。

結婚報告は女性側の実家から

晴れてプロポーズが済んだら、両親に結婚したい相手がいることを伝えます。その上で、両親に相手を紹介する結婚報告の場をセッティングします。
 
結婚の報告をする際には、まずは女性側の実家から伺い、次に男性側の実家に伺うのが一般的です。両親の都合のいい日時に合わせて会いに行くようにしましょう。

身だしなみや服装を整える

ご両親からの印象をアップさせるのに、身だしなみや服装を整えることは大切です。男性はスーツを着用するのが基本。派手な色の服装は避け、落ち着いた印象の服装を選ぶようにしましょう。
 
女性は、短いスカート丈や肌を露出しすぎるものはNGです。流行を取り入れるというよりも、清潔感のある服装にするのがポイントです。

手土産を用意する

相手の実家に伺う際に手土産を用意するのは基本です。手土産の価格は、安すぎず高すぎない3000円前後が相場。日持ちする菓子折りやご両親が好きなものを持っていくといいでしょう。
 
他にも、地元の名物や縁起のいいものなどもおすすめです。いずれにしても、ふたりで相談しながら用意するようにしましょう。

まとめ

親に結婚報告をできないと悩む方はマナーを徹底して結婚報告を成功させよう!

結婚への第一歩となる結婚報告。不安に思うカップルもいるかもしれませんが、きちんとした手順をふめばスムーズに進めやすくなります。大人としての振る舞いやマナーを守ることは結婚への近道にもなりますので、ふたりで力を合わせて結婚報告を成功させてくださいね。

関連する式場

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

KOTOWA鎌倉 鶴ヶ岡会館

新旧の美しさが彩る 鎌倉での和モダンウエディング

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

アクアデヴュー佐賀スィートテラスの結婚式

アクアデヴュー佐賀スィートテラス

心地よい水音に包まれた 洗練のアクアウエディング

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

1日1組限定 緑美しい邸宅でのオーダーメイドウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません