結婚式のお披露目会とは?披露宴や1.5次会との違いやプログラム内容について

おふたりの結婚をゲストにお披露目する場には、挙式・披露宴、お披露目会、1.5次会、二次会、お食事会など、さまざまなものがあります。中でも“お披露目会”は、披露宴と二次会のいいとこどりができ、自由度の高いウェディングパーティができると注目を集めています。結婚式の“お披露目会”とはどんなものなのか、詳しく見ていきましょう。

この記事のINDEX

お披露目会ってどんなもの?

新郎新婦

Monet – stock.adobe.com

結婚のお披露目会とは、家族・親族・友人など、おふたりの結婚を大切なゲストに披露するためのパーティのこと。フォーマルな披露宴とは異なり、自由度が高くカジュアルな雰囲気で開催できると注目を集めています。
 
挙式とは別日で行われることも多く、海外リゾートウェディングをしたカップルの帰国後パーティとして選ばれるケースも少なくありません。

披露宴との違い

結婚を報告するためのパーティのひとつである披露宴。ホテルや結婚式場などで挙式と同日におこなわれることが多く、家族・親族はもちろん、友人・同僚・上司など、多くのゲストを招いた盛大な内容になる傾向があります。ご祝儀制でフォーマルに開催するのが一般的で、ゲストのドレスコードもフォーマルが基本。
 
結婚報告の方法としては一般的であるため、「結婚式をする=挙式・披露宴をする」と考えている親世代も少なくありません。

1.5次会との違い

お披露目会と1.5次会は、呼び方が違うだけでほぼ同じものだと考えてよいでしょう。友人中心のカジュアルな会費制1.5次会もあれば、家族・親族・友人を招待し、ご祝儀制でおこなう披露宴に近い1.5次会もあり、パーティの内容が幅広いのが特徴。挙式と同日に行うケースもあります。
 
とはいえ、披露宴と二次会の中間のようなパーティであるため1.5次会と呼ばれており、二次会ほど砕けすぎてはいません。

二次会との違い

二次会も結婚報告パーティのひとつ。お披露目会は友人だけでなく家族・親族など、新郎新婦と関係の近い人を招待するケースが多いですが、二次会は友人中心になるのが一般的。そのため、ゲームや余興などを盛り込んで、1.5次会やお披露目会よりもカジュアルな内容になる傾向があります。
 
お披露目会は挙式と別日で行われることが多いですが、二次会は挙式・披露宴の後に開催されるため、ビュッフェ形式で夜に開催されるのが一般的です。

食事会との違い

10人ほどの家族のみの結婚式や、10~30人ほどの家族・親族中心の結婚式では、お食事会が選ばれる傾向があります。
 
披露宴ではなく食事会をおこなう結婚式は、“お食事会ウェディング”ともよばれており、食事会と挙式を同日におこなう場合と、挙式なしで食事会のみおこなう場合があります。
 
挙式の有無にかかわらず、お食事会は食事をしながら会話を楽しむのが一般的ですが、お披露目会は比較的自由な内容で開催されているようです。

お披露目会が向いている人とは?

新郎新婦

One – stock.adobe.com

次の項目に当てはまるようであれば、お披露目会が向いているといえます。

  • 海外リゾートウェディングをした人
  • 少人数で結婚式をした人
  • 自由度の高いカジュアルなパーティをしたい人
  • 挙式なしで相手をお披露目したい人
  • アットホームなパーティをしたい人
  • できるだけ予算をおさえたい人
  • ゲストに負担をかけたくない人

詳しく見てみましょう。

海外リゾートウェディングをした人

お披露目会は、おふたりだけ、家族だけなど、少人数で海外リゾートウェディングをした人の帰国後パーティにもぴったり。親しい人を招待して、アットホームなお披露目会ができるでしょう。

少人数や家族のみで結婚式をした人

「ぎょうぎょうしい結婚式はしたくない」などの理由で家族だけの少人数結婚式をした人が、親族や友人にもお披露目をしたいと思った場合にもおすすめです。親族を招待するなら、二次会ほど砕けていないお披露目会がよいでしょう。

自由度の高いカジュアルなパーティをしたい人

自由度の高いお披露目会なら、一般的な結婚式の流れである、新郎新婦入場や来賓挨拶などはおこなわず、オリジナルプログラムで進行できます。やりたいことを取り入れつつ、無駄だと感じるものは排除して、おふたりらしいウェディングパーティがおこなえます。

挙式なしで相手をお披露目したい人

挙式とは別日で行われることの多いお披露目会ですから、挙式なしでお披露目会のみ開催しても問題ありません。挙式をせずにお相手を親族や友人に紹介する場ができるので、ひとつのけじめにもなり、結婚後の新生活もスムーズに進められるでしょう。

アットホームなパーティをしたい人

少人数でおこなうお披露目会なら、ゲストとの距離が近いアットホームなパーティになります。プログラムを家族の歓談中心にして、和やかな雰囲気にすることもできますし、新郎挨拶や花嫁の手紙などで締めるところはしっかり締めつつ、結婚式らしさを持ったあたたかな雰囲気にもできるでしょう。

できるだけ予算をおさえたい人

お披露目会なら、披露宴のようにお色直しや演出を取り入れなくてもOK。お披露目会の内容を食事と歓談を中心にし、レストランでおこなえば、結婚式場でおこなうより費用(式場利用料や挙式料)を節約できます。披露宴よりも予算をおさえてお披露目をすることも可能です。

ゲストに負担をかけたくない人

ご祝儀制ではなく会費制のお披露目会にすれば、ゲストの金銭的負担が軽くなります。挙式の時間を短縮できるため、ナイトウェディングのように仕事の後に出席できる時間帯からお披露目会をスタートすることもでき、1日休みをとってもらうこともないので気軽に参加してもらえます。

お披露目会をするメリット・デメリット

天秤

takasu – stock.adobe.com

お披露目会をするかどうかは、メリット・デメリットを考慮したうえで判断するのがおすすめです。お披露目会のメリット・デメリットを見てみましょう。

お披露目会の主なメリット

お披露目会には次のようなメリットがあります。

ゲストが気軽に参加できる

カジュアルな雰囲気でおこなわれることの多いお披露目会ですから、ゲストも気軽に参加しやすくアットホームに盛り上がれるでしょう。

会場を自由に選べる

お披露目会をする場所は、結婚式場である必要はありません。レストランやカフェなどお披露目会にあった好きな会場を選べます。大人数が入れるイベントスペースを選べば、ゲストを絞り込む必要もありません。

ご祝儀制や会費制が選べる

お披露目会は、ご祝儀制で開催するか、会費制で開催するかも自分たちで選べます。会費制でゲストの負担を軽くしたり、ご祝儀制で披露宴に近いお披露目会にしたり、内容を自由に決められます。

立食形式などカジュアルなパーティも選べる

会費制にすれば、立食ビュッフェや着席ビュッフェなども選べます。二次会のようなカジュアルなパーティも開催できます。

プログラムの内容を自由に決められる

披露宴の場合、親族や上司も招待するため、ある程度形式に沿った流れで進行しなければならないことも。しかし、お披露目会なら自分たちで自由にプログラムを決められるので、歓談の時間を長くとりゲストとの時間を長くすごすこともできます。

お披露目会の主なデメリット

お披露目会には次のようなデメリットもあります。

カジュアルすぎて両親や親族に理解されない可能性がある

結婚式というと披露宴のようにかっちりしたものをイメージする人も少なくありません。そのため、カジュアルなお披露目会を行う場合は注意が必要です。内容を事前に伝えて、家族同士の意向を確認しましょう。

年配ゲストへの配慮が必要

比較的新しいスタイルである自由なお披露目会は、年配ゲストにはなじみがなく戸惑ってしまう可能性も。事前にお披露目会について説明しておき、年配ゲストも楽しめるような配慮が必要です。

お披露目会に対応できる会場が限られる可能性も

招待ゲストが多い場合、希望エリアに大人数対応できるイベントスペースがない可能性もあります。そのため、お披露目会ができる会場やエリアが限られてゲストのアクセスが不便になってしまう場合も。また、会場にお披露目会担当者やウェディングプランナーがいない場合、ふたりが手配することが多くなり準備に時間がかかる可能性もあります。

自由度が高い分、費用が高くなる可能性がある

オリジナルの装飾や演出など、お披露目会の内容にこだわろうとすると、通常の結婚披露宴より費用が高くなってしまう可能性もあります。自由度が高い分、こだわりや選択肢が増えるのもお披露目会。ふたりが出せる予算を考えてプランニングすることが大切です。

お披露目会はご祝儀制と会費制どちらがよい?

ご祝儀袋

shironagasukujira – stock.adobe.com

お披露目会は、ご祝儀制と会費制が選べますが、どちらがいいかはおふたりの考え方次第です。どちらにするかを判断する際の参考として、ご祝儀制のお披露目会と会費制のお披露目会のポイントを解説します。

ご祝儀制でお披露目会をする際のポイント

年配ゲストが多い、披露宴のようなかっちりした雰囲気にしたい、けじめになるような場を設けたいと考えているならば、ご祝儀制のお披露目会が向いています。
 
ご祝儀制の場合、ゲスト一人ひとりに席を用意する着席スタイルにし、フルコースを振る舞いましょう。引出物も用意してください。

会費制でお披露目会をする際のポイント

カジュアルな雰囲気でお披露目会をしたい、ゲストの負担を軽くしたいと考えているならば、会費制のお披露目会がよいでしょう。
 
会費制なら立食形式でビュッフェを用意するスタイルでも大丈夫。ご祝儀よりも低い会費を設定すればゲストに気軽に参加してもらえます。引出物なしでもOKですので、新郎新婦の負担も減ります。

お披露目会の流れとプログラム例

披露宴

TK – stock.adobe.com

お披露目会をする際のプログラム例をご紹介します。カジュアルな流れと、披露宴に近いもの、どちらもご紹介しますので、比較しながらプログラムの内容をイメージしてみてください。

カジュアルなお披露目会の場合

カジュアルなお披露目会のプログラム例は次のとおりです。

カジュアルなお披露目会のプログラム例

新郎新婦入場

ウェディングドレス&タキシードなど、お披露目会の衣裳に身を包んだ新郎新婦が、お披露目会会場に入場します。

ウェルカムスピーチ

新郎のみ、もしくは新郎新婦のおふたりがウェルカムスピーチをおこないます。
 
ウェルカムスピーチの内容は、「お披露目会に出席してくれたことへの感謝・結婚報告・食事会の趣旨・締めの言葉」です。

【例文】
本日はご多用のなかお集まりいただきありがとうございます。私たちふたりは〇月〇日に入籍を済ませ、新生活を始めました。本日は、日頃からお世話になっている皆様にお披露目を兼ねて宴席を設けさせていただきました。
限られた時間の中、行き届かないこともあるかと存じますが、楽しい時間をお過ごしいただければ幸いです。

乾杯

挨拶が済んだら乾杯をし、食事を楽しみましょう。

歓談

ゲストと一緒に食事を楽しみながら、テーブルをまわってゲストに挨拶するなど、和やかに会話が弾むよう気配りをしましょう。

ゲーム

ドレスの色当てクイズやビンゴなどのゲームを取り入れると、全員で楽しめるカジュアルな会になるでしょう。

新郎(新婦)挨拶

食事の終盤に、新郎もしくは新郎新婦からゲストへ挨拶をします。これまでの感謝と、これからの決意を述べられると良いでしょう。

新郎新婦退場

新郎新婦がお披露目会の会場から退場します。

おひらき、お見送り

ゲストも会場を後にし、お披露目会はおひらきとなります。ロビーなどで新郎新婦はゲストをお見送りしましょう。

披露宴に近いお披露目会の場合

披露宴に近いお披露目会の流れは次のとおりです。

披露宴に近いお披露目会のプログラム例

新郎新婦入場

ウェディングドレスとタキシードなど、お披露目会の衣裳に身を包んだ新郎新婦が、お披露目会会場に入場します。

ウェルカムスピーチ

新郎のみ、もしくは新郎新婦のおふたりがウェルカムスピーチをおこないます。
ウェルカムスピーチの内容は、「お披露目会に出席してくれたことへの感謝・結婚報告・食事会の趣旨・締めの言葉」です。

ゲスト代表(来賓)挨拶

主賓や新郎の父など、ゲストの代表からの挨拶がある場合はここで時間を取ります。

乾杯

挨拶が済んだら乾杯をし、食事を楽しみましょう。

歓談

ゲストと一緒に食事を楽しみながら、テーブルをまわってゲストに挨拶するなど、和やかに会話が弾むよう気配りをしましょう。

ケーキ入刀

結婚式の定番である、ケーキ入刀&ファーストバイト。オリジナルのウェディングケーキを用意して、ファーストバイト・お手本バイト・ラストバイト・サンクスバイトなどもおこなってみましょう。ゲストと一緒に楽しめます。

余興やスピーチ、ゲームなど

ケーキ入刀から少し歓談を挟んで、余興タイムに入ります。ゲストに余興やスピーチをお願いしたり、新郎新婦主催のゲームをしたり、全員で楽しめる内容を考えましょう。

花嫁の手紙

花嫁から両親やゲスト、新郎に向けた手紙を読みあげます。お披露目会の終盤におこなわれる感動的な場面です。

記念品贈呈

花嫁からの手紙に続き、新郎新婦から両家両親へ花束などの記念品を贈りましょう。

新郎(新婦)挨拶

食事の終盤に、新郎もしくは新郎新婦からゲストへ挨拶をします。これまでの感謝と、これからの決意を述べられると良いでしょう。

両家代表謝辞

新郎の父親など、両家の代表から締めの挨拶をもらいます。

新郎新婦退場

新郎新婦がお披露目会の会場から退場します。

おひらき、お見送り

ゲストも会場を後にし、お披露目会はおひらきとなります。ロビーなどで新郎新婦はゲストをお見送りしましょう。
 
結婚式をしていない、別日に挙式を済ませているという場合は、披露宴の余興として人前式をおこなってみてはいかがでしょうか。アットホームであたたかな雰囲気の人前式になりますよ。

お披露目会におすすめの演出

風船

健太 上田 – stock.adobe.com

お披露目会にも何かしらの演出を取り入れるのがおすすめです。メリハリも出て、ゲストにもより楽しんでもらえるはずです。

カジュアルなお披露目会の場合

カジュアルに楽しみたいなら、ゲスト参加型の演出がおすすめです。

ゲスト参加型の演出

  • デザートビュッフェ
  • ダーズンローズ
  • ブーケ・ブートニアの儀式
  • ウェディングツリー
  • リボンワンズ
  • バルーンリリース
  • ドロップ&フライ
  • フォトラウンド
  • フォトブース
  • ゲーム
  • ケーキデコレーション
  • お菓子まき

披露宴に近いお披露目会の場合

披露宴に近いお披露目会なら、披露宴の定番演出を取り入れるのがおすすめです。

披露宴の定番演出

  • ブーケトス
  • ブーケプルズ
  • フラワーシャワー
  • リボンシャワーや折り鶴シャワーなど○○シャワー
  • バルーンリリース
  • ケーキ入刀
  • ファーストバイト
  • サンクスバイトやラストバイトなど○○バイト
  • キャンドルリレー
  • キャンドルサービス
  • プロフィールムービー
  • エンドロール

ゲストの顔ぶれをイメージしながら、たくさんの人に楽しんでもらえる演出を選びましょう!

気になる!お披露目会の準備ポイント

シューズ

Prostock-studio – stock.adobe.com

お披露目会を英語にすると、「wedding party(ウェディングパーティ)」となります。これに対し、「披露宴」は「wedding reception(ウェディングレセプション)」といわれることが多く、レセプション=フォーマルなイメージになりますね。
 
ウェディングパーティと聞くととたんにカジュアルなイメージになりますが、お披露目会はどのような点に気をつけて準備をすればよいのでしょうか。お披露目会を検討している新郎新婦からよく聞く疑問を見ていきましょう。

お披露目会はどこでする?司会者は?

お披露目会ができる会場には、結婚式場・ゲストハウス・レストラン・イベントスペース・カフェなどがあります。ゲスト数やお披露目会をどんな雰囲気にしたいかで選ぶと良いでしょう。お披露目会の会場の雰囲気やゲストの人数によって、プロに司会をお願いするか、友人・新郎新婦が司会をするかを検討するのがおすすめです。

お披露目会で新郎新婦は何を着る?

ウェディングドレス&タキシード、ワンピース&スーツなど、新郎新婦の衣裳はお披露目会の雰囲気によって選びましょう。新郎新婦の衣裳がワンピース&スーツの場合は、ゲストにも「平服で」と案内すると親切です。

お披露目会でも招待状は出す?文面は?

会場の場所や日時を記した書面があると親切です。招待状はあったほうが丁寧ですが、家族のみ・親族のみなど、ゲスト数が少ないカジュアルなお披露目会なら、招待状を用意しない場合もあります。
 
招待状を用意しない場合は、メールや電話、直接会うなどして声をかけましょう。フォーマルな雰囲気のお披露目会にしたい場合は、招待状や席次表などのペーパーアイテムは用意するほうがよいかもしれません。

参考までに、招待状の文面(例)も掲載しておきます。

拝啓
○○の候(時候の挨拶) 皆様におかれましてはご清祥のこととお慶び申し上げます
この度 私たちは〇年〇月〇日に入籍し 新生活をスタートさせました
つきましては
日頃からお世話になっている皆さまにご報告とご挨拶を兼ね
ささやかながら小宴を催したいと存じます
ご多用中 誠に恐縮ではございますが
せひご出席いただきたく ご案内申し上げます

招待状の文面には、句読点(、。)を使用しません。読みやすいよう改行やスペースで文章を区切ってください。

披露宴とお披露目会では新郎新婦の挨拶内容が違う?

披露宴もお披露目会も、新郎新婦の挨拶内容は基本的には変わりません。ただし、カジュアルな雰囲気のお披露目会なら、かしこまった挨拶でなくてもOKです。とはいえ、おふたりを祝福するためにゲストに集まってもらっているわけですから、感謝は忘れないようにしてください。

お披露目会に引出物は必要?

引出物を用意するかどうかは、お披露目会か披露宴かではなく、ご祝儀制か会費制かで考えます。お披露目会に限らず、ご祝儀制のパーティならば引出物は用意しましょう。会費制の場合は引出物ではなくプチギフトを用意すると喜ばれます。

まとめ

お披露目会なら披露宴と二次会のいいとこどりができる!

家族・親族・友人など、おふたりの結婚を大切なゲストに披露するためのパーティである“お披露目会”。おふたりのイメージやゲストの人数に合わせて、会場やプログラムを組むことができ、披露宴よりのフォーマルなパーティから、二次会寄りのカジュアルなパーティまで幅広スタイルでお披露目会できるのが特徴です。
 
挙式をおこなわない人や、海外リゾートウェディングのように別日で挙式をする人、準備の手間や費用をかけたくない人は、お披露目会を検討してみてください。
 
披露宴と二次会のいいとこどりをしつつ、アットホームでおふたりらしいお披露目をしましょう!

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

アクアデヴュー佐賀スィートテラスの結婚式

アクアデヴュー佐賀スィートテラス

心地よい水音に包まれた 洗練のアクアウエディング

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

エヴァウイン小山プレミアムスィーツ

1日1組限定 緑美しい邸宅でのオーダーメイドウエディング

宇都宮の結婚式場ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

ヒルズスィーツ宇都宮ブリーズテラス

青空に祝福される 至福のリゾートウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません