ブーケの種類と特徴!挙式・披露宴・二次会で持ちたいブーケは?

花嫁姿に欠かせないのがドレス、ヘアメイク、そしてブーケ!ドレスやヘアメイクは自分に似合う、似合わないがなんとなくわかるけど、ブーケは何を基準に決めれば良いかわからない…と頭を悩ませる花嫁は多いようです。挙式・披露宴・二次会、それぞれのシーンで持つブーケは変わります。ウェディングブーケの種類と特徴を知って、ドレス姿をより一層引き立ててくれるブーケを選びましょう。

この記事のINDEX

ウェディングブーケとは

結婚式で花嫁をより一層華やかに演出してくれるもの、それが「ブーケ」です。ブーケも、花嫁の印象を左右する重要なアイテム!挙式や披露宴、どんなスタイルの結婚式をするかによって、手に持つブーケの種類を変える方も多くいます。当日の姿をイメージしながら自分らしいブーケ選びを行いましょう。

ブーケの種類と特徴

ラウンドブーケ

ラウンドブーケ

オーソドックスでもっとも一般的なスタイル。花嫁の定番人気がラウンドブーケです。花を球体にまとめた形で、かわいらしく無垢な印象を与えます。どんなドレスにも相性が良く、特にギャザーが多いふんわりスカートのデザインやベルライン、Aラインとの相性が抜群です。

クラッチブーケ

クラッチブーケ

茎を束ねてリボンでまとめたブーケのスタイル。ナチュラルウェディングなどの自然な雰囲気にしたい時に持ちたいブーケです。茎の部分を多く残せば持ちやすく、カジュアルな雰囲気にぴったり。選ぶ花の種類や茎のまとめ方、リボン選びでも印象が変わり、どんなアレンジも自由にできる最近人気の種類です。

オーバルブーケ

オーバルブーケ

ラウンドブーケよりも縦長でふんわり落ち着いた、大人のかわいらしさがあるブーケです。別名「ティアドロップ(涙のしずく)型」とも言われています。縦のラインを活かしたエンパイアラインやスレンダーなラインのドレスに合わせるとよりスタイルを良くみせてくれます。

キャスケードブーケ

キャスケードブーケ

キャスケードは、「小滝」という意味で、流れ落ちる滝のようなデザインのブーケのことです。流れるラインに合わせて花をあしらったデザインでエレガントな印象を与えます。プリンセスライン、トレーンが長いドレスに似合うブーケです。

リースブーケ

リースブーケ

リース(wreath)ブーケは輪になったブーケです。腕にかけて持つことができ、人とは違ったブーケを持ちたい!という花嫁に人気のデザインです。ブーケのカジュアルな雰囲気は、お色直しのカラードレスに持つブーケとして選んでいる方が多いようです。

アームブーケ

アームブーケ

茎が長めの花を束ねたものがアームブーケ。クラッチブーケよりも更に細めに束ねていて、花材や本数も少なくすることで、よりスタイリッシュでおしゃれな雰囲気に仕上がります。縦のラインが強調されたデザインなので、細身で落ち着いたデザインのスレンダードレスやマーメイドドレスに合わせるとよいでしょう。

かごブーケ

かごブーケ

かごに花を詰めたかごブーケは、より自然でガーリーな雰囲気を出したい時にぴったりのブーケです。かすみ草やミモザなど野に咲く花を詰めるとよりナチュラルさを表現できます。

リストブーケ

リストブーケ

手首に花を巻くブーケがリストブーケです。ブライズメイドがお揃いで巻くのが海外ウェディングの定番演出となっています。最近では、リースブーケと合わせてリストブーケを作ったり、他のブーケと合わせてコーディネートするミニブーケとして人気が出ています。

ボールブーケ

ボールブーケ

持ち手がついた球場の丸い形をしたブーケです。和装で持つブーケの定番の形になっています。

結婚式のシーンに合わせたブーケの種類

挙式

チャペルウェディングなら厳粛な雰囲気に似合う、シンプルで清楚なデザインのラウンドブーケ、オーバルブーケ、キャスケードブーケがおすすめです。

結婚披露宴

披露宴の場合は、どんなパーティスタイルかによって持つブーケの種類をかえるとよいでしょう。
親せきや上司をたくさん招待しているきちんとした披露宴をおこなうなら、色味を抑えたラウンドブーケ、オーバルブーケ、キャスケードブーケ、アームブーケがよいでしょう。
友人や同僚を中心としたパーティスタイルの結婚式であれば、どんな種類のブーケでも対応できます。近年花嫁に選ばれているのは、おしゃれでナチュラルさが売りのクラッチブーケです。
挙式と同じブーケにするならオールマイティなラウンドブーケがおすすめです。

二次会・帰国後パーティ

よりカジュアルな印象の二次会・帰国後パーティなら、ぜひおすすめしたいのがリースブーケやリストブーケのような個性的なデザイン。もちろん、定番のクラッチブーケを花の種類でパーティようにアレンジするのも人気です。

ガーデンウェディング

野外でおこなうガーデンウェディングなら、ぜひかごブーケを。野の花で摘んだようなナチュラルな花を集めて、ガーデンの雰囲気を楽しみましょう。

ブーケの依頼、事前準備リスト

ブーケの情報収集をする

情報誌やインターネットやSNSで情報を集めます。使いたい花材とその花の相場も併して調べて置くと、ブーケ費用の感覚がつかめます。

ブーケやブーケトニア、ヘアアクセを発注する

挙式1ヵ月前にはフラワーショップやコーディネーターと打ち合わせを行い、ブーケを発注します。その際、ブートニアやヘアアクセもあわせて発注しましょう。

ドレスに似合う形を知っておく

ドレスのデザインによって似合うブーケの形がある程度決まってくるので、自分のドレスに合うタイプのブーケはどんなものか確認しておくとよいでしょう。スカートのボリュームと大人っぽいかかわいらしいデザインかで大きく変わってきます。

発注の際はきちんとイメージを伝える

ブーケの手配は、会場提携の花屋でも、外部のショップでもできます。会場提携の花屋の場合、会場の事を良く知っていいるため会場に合ったブーケを手配しやすいというメリットがあります。
外部のショップは搬入の手配の必要があるなど多少手間がかかりますが、自分のお気に入りのショップや持ちたいブーケのデザインがあるなら、依頼するのもオススメです。
発注の際は、どんなブーケにしたいかという自分のイメージを具体的に伝える必要があります。ドレスの写真や雑誌の切り抜き写真をあらかじめ用意して説明すると伝わりやすいでしょう。

まとめ

写真撮影アイテムとしても重要なブーケ。種類や特徴を知って、自分の雰囲気やなりたいイメージの花嫁姿になれるようにオーダーをしましょう。SNSやインターネットでブーケ情報を集めてフラワーコーディネーターに明確に希望を伝えるのがポイント。費用のことも相談しながら自分に似合う世界にひとつだけの素敵なブーケを作ってください!

関連する式場

神戸北野サッスーン邸

神戸北野サッスーン邸

格調高く気品に満ちた優雅な異人館ウエディング

リストランテ カノビアーノ

リストランテ カノビアーノ

うれしいも、美味しいも。もっとおふたりらしく

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません