みんなどうしてる?リゾ婚に招待された・招待した時のご祝儀事情

昨今は海外のビーチリゾートで挙式をするリゾート婚=リゾ婚が大人気です。挙式に招待されたゲストも、日本とはまた違う解放感あふれるリゾート地での挙式は楽しみですね。でもどうしても気になってしまうのが、ご祝儀やお金の問題…結婚式に出席するだけでも洋服や髪型など、何かとお金がかかるもの。その上、海外に行ってお祝いとなると、旅費や滞在費もかかってしまいます。そこでリゾ婚に招待された、または招待した時のご祝儀事情について詳しく解説します。

この記事のINDEX

    リゾ婚に招待された時ご祝儀は必要?

    ご祝儀

    リゾ婚の多くはハワイやグアム、アジアのビーチリゾートなどでおこなわれます。素敵なリゾート地での結婚式はとても楽しみですが、海外まで行くには何かとお金がかかります。そんな中で新郎新婦へのご祝儀は必要なのでしょうか?

    新郎新婦が旅費を全額負担した場合

    新郎新婦が旅費を全額負担してくれる場合、通常の結婚式と同様にご祝儀は必要です。旅費を全額負担してくれるということは、ゲストには旅行気分で楽しんでほしいと新郎新婦は考えているはずです。その気持ちに対するお礼の気持ちも兼ねて、ご祝儀は国内で結婚式をするのと同額を包みましょう。

    新郎新婦が旅費を一部負担してくれる

    新郎新婦が旅費の一部を負担してくれた場合もご祝儀は必要です。金額は負担してもらった額や新郎新婦との関係性にもよりますが、何らかの形でお祝いの気持ちを表すのがよいでしょう。

    ゲストが旅費を全額負担する

    ゲストが旅費を全額負担する場合、通常ご祝儀は必要ありません。そのような場合は、ほとんどが招待状に「ご祝儀などのお心遣いは不要です」と記載があるか、電話で連絡があるのが一般的です。新郎新婦は「海外での挙式になるけれど、よかったら来てほしい」という気持ちで招待しています。
    もし時間的にも経済的にも余裕があるなら、海外でのリゾ婚に出席して、お祝いをしてあげましょう。この場合、新郎新婦側も旅費などを負担して、はるばるお祝いに来てくれていることを分かっていますので、ご祝儀の用意はしなくてよいことがほとんどです。その場に参列していることがお祝いになるとされています。

    兄弟姉妹・親族の場合

    新郎新婦が兄弟姉妹や親族の場合は、新郎新婦またはその両親にご祝儀をどうするのか確認しましょう。旅費の負担とご祝儀の考え方は基本的にはゲストと同じです。

    国内でのリゾ婚の場合

    国内での挙式の場合は、旅費は「お車代」という形になるのが主流です。遠方はるばる挙式に参列した場合、新郎新婦側から当日「お車代」として交通費を渡されるケースが多いです。交通費を負担してもらった時、ご祝儀は包んで渡しましょう。

    リゾ婚にゲストを招待した時のご祝儀はどうする?

    新郎新婦

    では反対に、リゾ婚にゲストを招待する側になった時、ご祝儀はどのようにすればいいのでしょうか?

    ゲストからご祝儀はいただくもの?

    リゾ婚に招待する側もご祝儀については、迷ってしまいがちです。そんな時は、ゲストの負担感を第一に考えるといいでしょう。新郎新婦がゲストの旅費を全額負担するなら、ご祝儀は特に辞退しなくてもいいでしょう。難しいのが、一部負担の場合。本当は招待した人たち全員にかかる費用全てを負担したいけれども、なかなか経済的に厳しい時、一部負担という形なります。その時にご祝儀をいただくかどうかは、主催者側で話し合って決めておきましょう。ゲストの負担額があまりにも多い場合や、新郎新婦の負担額が少なくて済む場合、こちらからご祝儀を辞退するというのも心遣いですね。

    ゲストの旅費はどこまで負担する?

    ゲストの旅費をどこまで負担するかは、結婚式にかけられる予算によります。ただ海外でのリゾ婚の場合、全員に全額負担というのはなかなか難しいものです。その時は、目安として実費の1/2を負担するなどルールを決めておくといいでしょう。

    旅費を負担する時の伝え方

    新郎新婦が旅費を負担するにしても、ご祝儀を辞退するにしても、ゲストから聞けることではありません。お金の問題はなかなか言い出しにくいもの。必ず招待する側から、事前に伝えることが大切です。
    できれば直接会って話すのが望ましいのですが、できない場合は電話で「旅費を負担すること」や「旅費を負担できないのでご祝儀は辞退する」ことを伝えましょう。

    リゾ婚のご祝儀にまつわる疑問を解決!

    女性

    その他、リゾ婚に招待された時のご祝儀にまつわる疑問を解説していきます。

    ご祝儀はいつ渡すの?

    国内での挙式と披露宴の場合、会場には受付があって、通常そこでご祝儀を渡します。リゾ婚の場合は、こういった受付のようなものはないことが大半。ではご祝儀はいつ渡すのでしょう?
    結論からいうと、挙式前に国内で渡すのがスムーズです。旅行する時に多額の現金を持っていくのはリスクが高く、海外では何かと荷物の出し入れが多く、せっかくいただいたご祝儀をなくしてしまう可能性もあります。ご祝儀は、ふたりのタイミングを見て、挙式前が忙しそうであれば、帰国後の落ち着いた時に渡してもよいでしょう。

    結婚式を欠席する時のご祝儀はどうする?

    リゾ婚に招待された時、国内の結婚式のように気軽には行けないものです。予定がつかなかったり、経済的に苦しかったりと事情はさまざまですが、欠席するのもやむを得ません。新郎新婦側もゲストの負担は十分理解していますので、欠席したからといって気を悪くすることもないでしょう。式を欠席する時は、ふたりとの関係性にもよりますが、今後のお付き合いを考えるといくらかのご祝儀はお祝いとして包みましょう。

    まとめ

    リゾ婚のご祝儀事情を知ってスッキリしよう!

    招待する方もされる方も何かと難しい、リゾ婚のご祝儀事情。基本的には旅費や交通費の負担の有無で決めて問題ありません。招待する新郎新婦側は、ゲストの負担を理解した上で気遣いを忘れないようにしましょう。
    お金の問題は早めにスッキリとさせて、素敵なリゾ婚を楽しみましょう!

    関連する式場

    ハワイ・オアフ島のコオリナ アクア・マリーナで挙式

    コオリナ アクア・マリーナ

    ハワイ王族ゆかりの優雅なリゾートエリアで想いを叶える2つのウェディングスタイル

    ハワイ オアフ島 コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

    コオリナ・チャペル・プレイス・オブ・ジョイ

    奇跡の場所で喜びの結晶が、あたらしく輝く。

    この記事のライター

    結婚式準備.com編集部

    結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

    関連する記事

    Browsing History閲覧履歴

    閲覧履歴はありません