何人必要?結婚式二次会の幹事の人数と役割分担について!

結婚式二次会の幹事を任されたゲストの皆さん。まずは、幹事の人数と役割分担を決めましょう!幹事の中でもさらに役割分担をすることで、当日はスムーズにこなすことができるようになります。そして各役割ごとに当日までに準備することも明確になるので、自分の仕事内容をしっかりと把握して、最高の二次会を作り上げましょう。この記事では、二次会幹事の人数と役割分担について解説します。

この記事のINDEX

幹事は何人必要?

何人必要

結婚式二次会の幹事の人数は「4人」が一般的です。新郎側2名、新婦側2名の合計人数4名になります。
また、二次会の幹事の人数は、二次会の規模によっても人数が変わってきますが、招待するゲストの人数が多いと「6名」、少人数だと「2名」などさまざまです。
 
二次会の幹事に選ばれたら、役割分担を決めて仕事内容を把握し、当日スムーズに行えるようにしておきましょう!

二次会の役割分担と人数

役割分担

リーダー

二次会の幹事の「リーダー」は、当日のスケジュール作成やパーティの企画、二次会の運営を取り仕切る役割です。
新郎新婦との関係性がもっとも深い人が選ばれることが多いです。
幹事から1人選び、リーダーとして責任を持って行います。

受付係

「受付係」は、ゲストの出席・欠席の確認や会費の集金などを行う役割があります。
受付は最初にゲストが立ち寄る場所なので、明るく対応することを心がけましょう!
 
受付係のベストな人数は「2~3名」です。
その中で受付担当や集金担当などと分担しておくと、当日の受付がスムーズに行うことができます。

会計係

「会計係」は、二次会の予算管理や当日の二次会の会費を管理をする役割があります。
会計係になった方は、責任をもってお金の管理をしてください。
 
会計係の人数は「1人」いれば問題はないでしょう。
リーダーが同時に会計係の役割を行うこともできるので、役割をどうするか幹事同士で話し合いましょう。

司会者

「司会者」は、二次会の進行を務める役割です。
会場を盛り上げる役割なので、社交的でトーク力のある方がオススメです。
当日のスケジュールや企画が決まったら、新郎新婦と幹事で打ち合わせを行いましょう。
 
司会者の人数は「1~2人」がベストです。2人で行う場合は、男女ペアで進行していくのもよいでしょう。

照明・音響係

「照明・音響係」は、二次会でBGMを流したり、照明を調整する裏方の役割があります。
こちらも、当日のスケジュールや企画内容が決まったら、新郎新婦と幹事で打ち合わせをしましょう。
 
照明・音響係の人数は「1~2人」がベストです。当日までに、二次会にピッタリな音楽(BGM)を選んでおきましょう。

アシスタント

「アシスタント」は、会場案内やパーティ企画でのアシスト、新郎新婦やゲストのサポートをする役割があります。
 
アシスタントは「2~3人」がベストです。
当日は予期せぬハプニングが起きる可能性もありますので、他の係よりも人数を多めで対応しましょう。

まとめ

まとめ

結婚式二次会を成功させるには、みんなのチームワークが必要不可欠です。二次会幹事のリーダーはみんなの役割分担を決め、率先して準備を行いましょう。他の係も、自分の役割をしっかり把握して、責任を持って行うことが大切です。
 
新郎新婦にとっても参加するゲストにとっても、最高の二次会になるように会場を盛り上げましょう!

関連する式場

ハワイ・オアフ島のコオリナ アクア・マリーナで挙式

コオリナ アクア・マリーナ

ハワイ王族ゆかりの優雅なリゾートエリアで想いを叶える2つのウェディングスタイル

ハワイ オアフ島 ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

ザ・プライベート・ガーデン アロハ・ケ・アクア

愛の聖地に誕生した2つのスタイル ハワイの歴史と自然が彩るウェディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません