ブライダルフェアはいつ行く?式場見学のタイミングや予約方法を詳しく解説

どの結婚式場で結婚式をするか選ぶための下見である「ブライダルフェア」。いつ頃参加すれば良いのか疑問に思っているカップルも多いのではないでしょうか。忙しくて参加を先延ばしにして準備に焦ったり、結婚式がお得になるタイミングを逃してしまったり…ということがないよう、ブライダルフェアに参加するタイミング、早めに結婚式場を見学するメリット、ブライダルフェアの申込方法などを詳しく解説します。

この記事のINDEX

ブライダルフェアはいつ頃に行くといい?

微笑む女性

ブライダルフェアへの参加は、自分たちが結婚式を挙げる会場や、どんな結婚式にするのかなど、結婚式のプランを具体的に決める最初のステップとなるものです。そんな重要なブライダルフェアへは、いつ頃参加するとよいのでしょうか。

気になったときから参加するのがベスト!

「ブライダルフェアへの参加が早すぎて結婚式場を予約できない」という可能性は低いです。春や秋の大安、土曜日の結婚式など、人気の日取りは申込みのタイミングが早いほど空いている可能性が高くなります。
 
また、希望の日程まで1ヵ月を切っていたとしても結婚式はできますので、気になったタイミングでブライダルフェアに参加するようにしましょう。

挙式の半年~1年前を目安に

準備期間に余裕を持ちつつお得に結婚式を挙げたい場合は、挙式の半年~1年前を目安にブライダルフェアに参加しましょう。半年前ならお得な特典がつく場合もありますし、1年前なら準備期間を十分とることもできます。
 
ちなみに、結婚式をしたカップルは平均9.5ヵ月前から結婚式場の検討を始め、平均8.1ヵ月前に結婚式場を決定しています。

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

ブライダルフェアを最大限活用する方法

花嫁

ブライダルフェアを最大限に活用することで、運命の結婚式場をスムーズに見つけることができます。ブライダルフェア活用のポイントを4つご紹介します。

(1)お得な特典を狙って参加する

無料試食や商品券プレゼントなど、参加するだけで特典を得られるブライダルフェアもあります。また、ブライダルフェア参加後に結婚式場と契約すれば結婚式費用が割引になる場合も。
 
参加するブライダルフェアによって特典の内容が異なりますので、自分たちにとってお得度が高い特典のついたブライダルフェアに参加しましょう。

(2)挙式したい季節に参加して雰囲気を掴む

結婚式場にガーデンがあったり、披露宴会場に外の景色が見える窓があったりする場合、季節によって会場の雰囲気が変わる可能性があります。また、季節によって料理のメニューや装飾が変わることも。
 
希望する挙式の1年前に開催されるブライダルフェアに参加すれば、実際の雰囲気を掴みつつ自分たちの結婚式イメージを具体的に膨らませることができるでしょう。

(3)複数のフェアへ参加する

結婚式場を探す際は、複数のブライダルフェアに参加して会場の雰囲気や条件を見比べて決めましょう。
 
「ブライダルフェアは時間がかかって面倒なので下見は1件に絞ろう」「本命の結婚式場のブライダルフェアに参加して、条件が合えば契約しよう」と考えている人もいるかもしれません。しかし、見比べることでより納得感の高い結婚式場決定ができるはずです。

(4)プランナーに相談する内容を決めておく

せっかくブライダルフェアに参加するなら、必要な情報を効率的に集めたいもの。そのため、知りたい情報や相談したいことなどは、ブライダルフェア参加前に整理しておきましょう。
 
複数の結婚式場で同じ質問をすれば見比べる際の参考になりますし、聞き忘れをなくすこともできます。ブライダルフェアにかかる時間の短縮にもつながります。

ブライダルフェアの予約方法

カップル

予約なしでブライダルフェアに参加できる場合もありますが、試食や会場見学、見積もり相談などにしっかり対応してもらうためには、事前の予約が必要です。ここでは、ブライダルフェアの予約方法をご紹介します。

式場のサイトから予約

結婚式場の公式サイトには、最新のブライダルフェア情報が掲載されており、フェアごとにWebから予約できるようになっているのが一般的です。試食や試着、お得な特典などを吟味し、興味のある内容、都合のよい日時に行われているブライダルフェアに参加するようにしましょう。

電話で予約

結婚式場に直接電話してブライダルフェアへの参加を予約することも可能です。
 
「希望の挙式日が決まっていて空き状況を事前に確認したい」など、ブライダルフェアに参加する前に知りたいことがある場合は、Web予約より電話予約のほうが便利かもしれません。

予約なしでも見学できる?

ブライダルフェアの予約枠に空きがあれば予約なしでも参加できるケースはありますが、事前予約が必要なことのほうが多いです。
 
試食や試着などの特典のあるフェアは式場側も事前準備が必要であり、人気の式場はブライダルフェアの予約も取りづらくなります。希望の結婚式場を確実に下見するためには、事前予約をしたうえでブライダルフェアに参加してください。

式場とはいつまでに契約するといい?

結婚式場の空き状況はいつ変わるかわかりません。結婚式の日程に希望がある場合は、ブライダルフェアへの参加から、できるだけ早めに契約するようにしましょう。また、特定の日にちでなくても、お日柄の良い日、春や秋などの人気シーズン、注目の結婚式場などは、早い段階で予約が埋まってしまう可能性があるため注意してください。
 
「その式場にするか迷っている」「他の式場も見ておきたい」という場合は、ブライダルフェアの場では契約せず、いったん持ち帰ってから決めることをおすすめします。

まとめ

結婚式のイメージが具体的にできていなかったり、忙しくて時間が取れなかったりすると、ブライダルフェアへの参加を後回しにしてしまいがち。
 
しかし、希望の日程を抑えやすい、準備期間を十分とれる、特典や割引があるなど、早めにブライダルフェアに参加するメリットはたくさんあります。結婚式の希望日程の半年~1年前を目安にしつつ、気になったタイミングでブライダルフェアに参加してみましょう。
 
複数のブライダルフェアに参加して結婚式場を見比べる中で、結婚式のイメージも膨らんでくるはずです。

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません