結婚式で使う花の種類《アスチルベ》の特徴・花言葉とは?

泡のように細かな花を咲かせるアスチルベは結婚式で大活躍する花のひとつです。かすみ草のようにふんわりとした柔らかな雰囲気をもっていることから、特にナチュラルウェディングで使う花として人気を集めています。ブーケや会場装花やテーブル装花で使ってほしい花【アスチルベ】の特徴や花言葉をご紹介します。

この記事のINDEX

アスチルベってどんな花?

結婚式で使う花アスチルベ

アスチルベは他の花とは一風違った姿をしていて、茎が伸びた花穂の先に、赤色やピンク色の鮮やかな泡のような花を咲かせます。緑の葉と鮮やかな花のバランスがとてもきれいで、初夏を明るく彩ります。
そして、ふわふわと綿菓子のような見た目は、結婚式によく選ばれるかすみ草のような柔らかな雰囲気があり、ウェディングの花としても人気があります。そんな繊細で愛らしいアスチルベを結婚式に使ってみませんか?

アスチルベの由来

結婚式で使う花アスチルベ

アスチルベはギリシャ語の「a(無い)」と「stilbe(輝き)」を語源としていて、花につやがなく、個々の花が目立たないことに由来しています。アスチルベの和名である「泡盛草」は、小さな花が泡のように集まっている姿から由来しています。

アスチルベの花言葉

・自由
・恋の訪れ
・繊細
・控えめ
・燃える愛
・落ち着いた明るさ

アスチルベの基本情報

科・属:ユキノシタ科・チダケサシ属
別名:アスティルベ、泡盛草(アワモリソウ)、曙升麻(アケボノショウマ)
大きさ:草丈20~80cm
原産地:日本、中国、中央アジア、北アメリカ
時期:5月~9月
色:白、紫、ピンク、赤、茶

アスチルベの特徴

アジア、アメリカなどに約25種類ほど分布していて、毎年花を咲かせる宿根草です。日本でもアワモリショウマ、チダケサシなど約6種類ほど生息していて、主な分布は日本や中国、朝鮮が多いです。
草丈は20~80cmほどで、種類によっても差があります。
花の時期は早生種で5月、晩生で9月ごろになります。
花色は白や赤、ピンク、紫などがあり、耐寒性があって、湿気のある日陰で成長します。
冬は茎葉が枯れて根の状態で冬を越し、春になると芽が出ます。日当たりのよくない庭でも栽培できるため、草丈の低い品種なら鉢花としても楽しめます。花色は鮮やかな明るい色が多いので、暗くなりがちな場所を明るくしてくれます。

アスチルベの種類

結婚式で使う花アスチルベ

ビジョンス

シネンシスタイプの種類で、穂は立ち性で花に蜜が付きます。濃いピンク色で、赤や白色のものもあります。

スプライト

シンフォリアタイプで小型の種類です。横に穂が広がって優雅な印象です。ピンクの花や白色の花を咲かせます。

ファナル

赤い花を咲かせる、アスチルベの代表的品種です。

ディアマント

白い花を咲かせる、アスチルベの代表品種です。

ショースター

実生系の品種で、花はいろんな色が混合した色です。特に鉢物での用途が多いです。

アスチルベの育て方

置き場所

日当たりがよい場所でよく成長します。乾燥が苦手なので、強烈な日射しが当たる場所には置かないように。

水やり・肥料

少し湿気のある土壌を好み、乾かしすぎると株が弱ってしまいます。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。

病害虫

春には新芽にアブラムシが付くので、薬をまいて駆除してください。梅雨時期などは、黒斑病にかかりやすいので殺菌剤をまいて予防しましょう。

お手入れ

花が色あせたら、早めに花茎ごと切り落として、カブの消耗を抑えます。新芽は地中の根から出てきます。

ふやし方

植え替えもかねてカブ分けでふやすことができます。あまり細かく分けすぎると花を咲かす栄養が貯えられなくなり、花が咲きにくくなるため注意が必要。

アスチルベはどんなブーケに合う?

結婚式で使う花アスチルベ

しゅわしゅわっとした泡のように小粒の花を咲かせ、可愛さとどこか儚げがあるアスチルベは、ナチュラルな結婚式にピッタリ。かすみ草のブーケが人気がありますが、他の人と少し違うナチュラルウエディングにしたいなら、このアスチルベがオススメです。アスチルベを取り入れるなら「クラッチブーケ」がオススメで、アスチルベだけを使ったシンプルなブーケはもちろん、いろんな花と組み合わせて豪華に仕上げるのも良いです。バラやトルコキキョウなど丸みのある花々をメインとして使うなら、縦に長く伸びるアスチルベは高さを出してくれるので良いアクセントになり、名脇役となってバッチリです!アスチルベはドライフラワーとしても人気があるので、結婚式を終えた後はドライフラワーにして、お部屋に吊るしてナチュラルなインテリアとしても楽しめます。

結婚式の招待状のデザインとしても使えるアスチルベ

結婚式で使う花アスチルベ

アスチルベを結婚式場に使うなら、招待状のデザインにもアスチルベを入れてみてはいかがでしょうか。丸くこじんまりとしたバラの中に細く長いアスチルベの花が入るだけで見た目のアクセントもあり、おしゃれで大人かわいい雰囲気があるデザイン招待状になります。

まとめ

泡のようにしゅわしゅわっとふんわりとした印象で、色とりどりの鮮やかな色に咲くアスチルベ。かすみ草のようにふんわりと柔らかく、繊細で可愛らしいルックスが、ウェディングフラワーとしても人気が高まってきている今注目の花です。ブーケだけでなく会場装花などにもアスチルベを取り入れて、一味違うナチュラルウェディングを楽しみませんか?

関連する式場

THE SURF OCEAN TERRACE

海と自然が祝福するシーサイドウエディング

ザ・ミーツ マリーナテラス

ザ・ミーツ マリーナテラス

空と水が彩る心地よい一日 心を解き放つウエディングリゾート

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません