結婚報告パーティなら披露宴よりもカジュアルで費用も抑えられる!

結婚式のスタイルも多様化している現代では『結婚報告パーティ』を選択するカップルも増えています。一般的な結婚式でおこなう披露宴よりもカジュアルでアットホームな雰囲気になるのが結婚報告パーティ。結婚式はしたいけど費用が高すぎると悩んでいるカップルや、堅苦しくないカジュアルなお披露目の場を設けたいカップルにおすすめしたいウェディングスタイルです。

この記事のINDEX

結婚報告パーティとは?

結婚パーティ

Rawpixel.com – stock.adobe.com

結婚報告パーティは、カップルが結婚することを周りの人に認知してもらうお披露目のイベントです。披露宴よりもカジュアルで二次会よりもフォーマルな『中間のパーティ』になり、基本的に挙式は含まないか、おこなっても人前式スタイルで挙式のセレモニーをおこないます。

挙式と披露宴がセットになった一般的な結婚式よりも、費用を安く抑えられ、カフェ・レストラン・ダイニングバー・ホテルの宴会場などカジュアルな場所で開催できるので、アットホームでリラックスした雰囲気を強く出せる特徴があります。

どのようなカップルがカジュアルな結婚報告パーティを選んでいるの?

結婚報告パーティを選択する多くのカップルは以下のようなパターンが多いようです。

  • リゾ婚後のお披露目の場を作りたい
  • 挙式や披露宴など格式張った結婚報告の場は考えていない
  • 費用を抑えられる結婚報告の場を設けたい
  • アットホームな雰囲気で開催したい

結婚報告パーティは会費制とご祝儀制のどちらを選ぶ?

結婚報告パーティ会費制とご祝儀制

iStoc / c_riya-takahashi

結婚報告パーティでは、披露宴でよく選択されているご祝儀制だけではなく、ゲストが一律の金額を持参する会費制でパーティを開催するカップルも多くいます。

会費制の結婚報告パーティ

カップルが一律の会費を定め、ゲストに支払ってもらうシステムです。会場・料理・ドリンクのレベルによって5000円~2万円ほどの金額で設定するカップルが多いです。ゲストは参加費用が抑えられ、カップルはゲスト数を決めることで会費総額がわかるので、結婚式にどのくらい費用がかかるのかが事前にわかるというメリットがあります。

ご祝儀制の結婚報告パーティ

カップルとの関係性によって、ゲストが持参するご祝儀の金額は異なります。料理・ドリンク・会場スタッフのサービスなども一般的な披露宴と同じように提供されることが多いので、ゲストに格式ある結婚式だという印象を与えることができます。結婚報告パーティという名目でも、提供する飲食と引出物は結婚披露宴と同等のものを用意する必要があります。

結婚報告パーティの料理の選び方

料理を提供するスタイルは、コース料理とビュッフェ料理のどちらかを選びます。予算や会場によって提供できるスタイルが異なるので、きちんと確認しましょう。

コース料理

コース料理はゲストに着席してもらい料理を楽しんでもらうスタイルです。会場スタッフによって決められた料理が提供されます。一般的な披露宴のような雰囲気で進行できるので、親族や上司を多く招待するケースでも安心です。ご祝儀制のお披露目会の場合は着席のコース料理でおもてなしするのがマナーです。

ビュッフェ料理

ビュッフェ料理は着席ではなく立食形式で料理が提供され、ゲストが自分な好きな料理を取りにいくスタイルです。コース料理よりもカジュアル感が出せ、アットホームな雰囲気が作れます。会費制でおこなう場合はビュッフェ料理を選ぶ方が多いようです。

結婚報告パーティの費用・会場・招待状など

結婚パーティ

Halfpoint – stock.adobe.com

結婚報告パーティを選択するカップルは増えていますが、主流のお披露目イベントではないため、疑問点を持っているカップルも多いでしょう。下記の項目では、結婚報告パーティに関する疑問をQ&Aで紹介します。

Q:費用はどのくらいかかる?

A:開催する会場やゲストの人数によって費用も異なります。下記の内訳で予算を決めても良いです。

  • ゲストのための費用は会費としてもらう
    ※料理・ドリンク・引き菓子など
  • その他の費用はカップルが負担する
    ※自分たちの衣裳・会場のアレンジ・受付や司会へのお礼・写真撮影など

Q:どのくらい前から準備する?

A:開催する会場によって異なりますが、3ヵ月~半年前が目安です。招待するゲストの人数が多くなる場合は、3~4ヵ月前までには日程を決めておくと、ゲストも日程調整する余裕があります。

Q:会場はどこを選べばよい?

A:カジュアルなカフェやレストランなどで開催するのが一般的です。招待するゲストの人数が多い場合は、スペースが十分な結婚式場やホテルなども選択肢に含まれますが、費用は高めになります。結婚報告パーティが開催できる会場なのかを確認しましょう。

Q:結婚報告パーティの時間はどのくらい?

A:2~3時間ほどが一般的です。料理の提供スタイルや催し物と演出の種類によって時間が異なります。パーティをおこなう会場のプランナーに聞いてみましょう。会場によっては延長料金がかかることもあるので注意しましょう。

Q:ウェディングドレスを着用してもよい?

A:結婚報告パーティのカップルの衣裳に決まりはないので、ウェディングドレスを着用しても問題ありません。和装やカラードレスを着てもよいですし、カジュアルな雰囲気を出したいカップルはシンプルな白いドレスやタキシードにハットを合わせるなどアレンジして楽しむのもよいでしょう。

Q:ゲストは何人くらい招待するの?

A:結婚報告パーティのゲスト人数に制限はありません。しかし、カフェ・レストラン・結婚式場・ホテルなど開催場所によって入場できる人数は異なります。

同世代のゲストが多くカジュアルにしたいなら、少人数向けのカフェやダイニングバー、レストランがおすすめです。親族や上司も招待し、一般的な披露宴のような雰囲気を求めるなら、大人数向けの結婚式場やホテルなどが良いでしょう。

Q:親族・上司・知人などどこまで呼べるのか

A:結婚報告パーティはカップルが招待したいゲストを呼べるので、親族・上司・知人など制限はありません。親族・上司なども招待する場合は、カジュアルよりもフォーマルなスタイルの結婚報告パーティを開催する傾向があります。

Q:招待状は出した方がよい?

A:結婚報告パーティは二次会よりもフォーマルなため、招待状をきちんと出すカップルが多いです。親族・上司なども招待するなら従来のハガキの招待状を作り、返信してもらって出欠の確認をしましょう。
 
友達や知人だけならメール招待状やウェブ招待状の活用もおすすめです。ハガキ代が発生しないので、コストも抑えられます。

Q:司会は用意する?

A:少人数なら司会がいなくても良いですが、ゲストが20名以上になるなら、司会を用意しておくと進行がスムーズに行えます。

Q:引き出物は必要?

A:会費制の結婚報告パーティの場合は、引き菓子程度を用意しておくとゲストの満足感が高まります。ゲストの負担が大きいご祝儀制の場合は、引き出物をしっかり用意して感謝の気持ちを表しましょう。

まとめ

結婚報告パーティはカジュアルにお披露目をしたいカップルにおすすめ

結婚報告パーティは披露宴よりもカジュアルで二次会よりもフォーマルな結婚報告の場が設けられます。挙式を省く分、一般的な披露宴よりも費用が抑えられオリジナル感を出せることもメリットです。おふたりの結婚報告のイベントとして検討してみてはいかがでしょうか?

関連する式場

フェリーチェガーデン日比谷

フェリーチェガーデン日比谷

【緑×洋館×貸切】築100年以上の東京都指定有形文化財で外国映画のような本物のガーデンウエディングを。日比谷駅から徒歩1分、東京駅からはタクシーで3分の好アクセス。都会の真ん中にある自然のオアシス「日比谷公園」内に佇むガーデン&テント付一軒家をまるごと貸切!おしゃれなアットホームウエディングを叶えよう!

リストランテ カノビアーノ

リストランテ カノビアーノ

うれしいも、美味しいも。もっとおふたりらしく

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません