顔合わせ食事会の女性の服装。春夏秋冬コーディネートを画像で紹介

二人が婚約したことで両家の関係性を深める顔合わせ食事会。女性はどのような服装で行くのが望ましいのでしょうか。婚約する本人だけでなく、家族として参加する母親や姉妹も、顔合わせの服装には相手の家族を不快にさせないための、十分な配慮が必要です。春夏秋冬別に、女性の服装を画像を使ってわかりやすくまとめました。

この記事のINDEX

顔合わせ食事会での女性の服装とは

顔合わせ食事会での女性の服装

顔合わせ食事会での女性の服装について、しっかり理解しておきましょう。

両家の格を合わせた服装を

顔合わせ食事会の服装は、事前に新郎新婦が両家の仲介役となり、両親、兄弟など同行者の服装について、事前に打合せして両家の格(ドレスコード)を合わせる配慮が大切です。
例えば顔合わせ食事会で全員揃ったとき、服装がちぐはぐではどちらかの家が気まずくなってしまうことが考えられます。
服装のとらえ方は人や家庭によって大きく違っていることも多いため、ドレスコードの認識も非常にあいまいです。新郎新婦が仕切って、格式の足並みを揃えたほうがいいでしょう。

ワンピースが圧倒的に人気

女性の服装を普段の服装よりも食事会向き、ドレスコードの格を上にしたい場合は、ワンピース(ドレス)がおすすめです。
柄物は柄の種類や人によってはカジュアルと捉えられることもあるので、無地をベースに考えましょう。
色は、できるだけ季節感を考えたカラーを選びましょう。結婚の約束を祝うおめでたい席なので、暗い色より淡く薄い色が喜ばれます。ピンク・オレンジ・イエロー、ブルー、グレーなどのペール系は顔合わせの席で人気のカラーです。。ベージュ系も万能色ですが、肌色との兼ね合いに注意しましょう。
丈は、椅子に座ったとき、正座をしているときに膝が隠れる長さが相手に失礼のない長さです。目安としては、立ったときに膝が隠れる長さであると安心です。

母親、姉妹は新婦より派手にならない配慮を

結婚する二人の家族として参加する際に、特に気をつけたいマナーには、次のような点に注意しましょう。

・新婦よりも派手な服装は慎む
・婚約する本人ではないからと、緩んだ服装をしない
・会場に合わせたドレスコードを心がける

フォーマル寄りかカジュアル寄りかは顔合わせの主旨や会場で判断を

あまり堅苦しいことはしたくないと、カジュアルでラフな雰囲気の顔合わせを望む家族も増えているようです。カジュアルな顔合わせの席での服装は、フォーマル以上に両家家族の共通認識を合わせる配慮が常用です。カジュアルと言っても、家族間や個人で「カジュアル」の認識には大きな幅があります。

カジュアルといってもきれい目寄りの服装がマナー

一般的な食事会でのカジュアルは、女性であればスマートエレガンスが適したドレスコードです。
特に顔合わせ食事会の服装を考える基準として、顔合わせの会場となる場所に服装を合わせる必要があります。

会場の格に服装を合わせることが大切

現在の顔合わせ食事会の多くは、両家の自宅以外の外食であることが特徴で、料亭やホテルのレストランなどの個室を利用しているようです。
その際には選んだ会場の格式に服装も合わせる必要があるでしょう。

和装(着物・振袖)をする場合は相手の家族に事前に伝える

顔合わせでは両家の服装の差を無くしておくことが必要です。そのため、和装(着物・振袖)を着用したいと考える場合は、事前に相手の家族に着物を着用することを伝えておくことが望ましいでしょう。

顔合わせ食事会で女性が気をつけたい服装マナー

顔合わせ食事会での女性の服装

サンダル着用はNG

夏の顔合わせ食事会であっても、サンダルやミュールなど、つま先が隠れていない靴はラフに見えますので避けましょう。オープントゥなどは認知度も上がってきましたが、きになるようであればやめておきましょう。

素足は厳禁

必ずストッキングを着用しましょう。夏だからといって素足は厳禁、特に料亭や自宅など、靴を脱いで上がるような場合は、絶対に素足は避けましょう。
また、デニール数が高い透け感のないタイツもカジュアルに見えすぎてしまうため、透け感のあるもの(30デニール以下)であることが望ましいです。

デニム素材の着用は避ける

デニム素材はホテルやレストランなどの食事では避けるべき素材です。顔合わせ食事会では避けるべき服装です。カジュアルな主旨の食事会の場でも、両家の合意があり、着用が許される環境のレストラン等でなければ、着用はやめておきましょう。

短め丈のパンツの着用は要注意

クロップドパンツなど丈が短いパンツは、カジュアルすぎると見られる傾向が強いため、フォーマル寄りな環境では着用を控えましょう。また、パンツは女性の服装では格が低いというイメージも強いため、パンツでコーディネートする際には、できるだけ女性らしい、ドレッシーなコーディネートを心がけてください。

ノースリーブはNG

真夏でもノースリーブは厳禁です。ノースリーブのワンピースには必ず羽織りものを着用してください。カジュアルな食事会の場でも、ノースリーブは避けましょう。

露出の多い服装はNG

胸元が大きく空いていたり、肩の露出(オフショルダーなど)、背中の露出があるようなディテールの服装は避けましょう。万が一露出が大きい場合は、一枚上に羽織る、または羽織りものの前ボタンを締めるなどで調整を。

派手すぎるネイルやアクセサリーは避ける

昼の食事会では、宝石やラインストーンなど、キラキラ輝くようなアクセサリーは避けましょう。パールや一粒ダイヤなど、清楚なアクセサリーがおすすめです。夜の食事会でも、できるだけ場の雰囲気にあったアクセサリー選びを。
また、両家家族が初めて顔を合わせる場のため、ネイルも派手な色やデザインは避けましょう。

顔合わせ食事会、春や秋の女性の服装

どちらも長袖のワンピースがオススメです。季節を感じさせる装いを意識してみましょう。
春なら、シフォン素材の長袖ワンピースで軽やかさを演出してみましょう。
色は、桜を彷彿させる淡いピンク系のドレスやバッグ、アクセサリーをつけているとマナーとおしゃれの両方が成立します。
秋は、ボルドーなどの深みのある色を使用することで、季節感を演出できますよ。

春秋のフォーマルな顔合わせの服装例

@tocco_closet / Instagram

春秋のカジュアルな顔合わせの服装例

@tocco_closet / Instagram

顔合わせ食事会、夏の女性の服装

夏は、清楚で涼しきげな印象の素材、カラーを使った服装を選びましょう。
ワンピースであれば、ノースリーブに気をつけて、半袖か軽い羽織りものを持参します。スーツの場合はインナーを涼しげな色にするなど工夫を。

夏のフォーマルな顔合わせの服装例

@tocco_closet / Instagram

夏のカジュアルな顔合わせの服装例

@efde_official / Instagram

顔合わせ食事会、冬の女性の服装

冬は、素材をベルベットやツィードなど冬らしい品のある素材の服装を選びましょう。季節に合わせたおしゃれな心遣いが感じられます。
カラーはネイビーやグレー、派手にならないボルドーなどの色味も人気です。アクセサリーでは、パールのイヤリングとネックレスが映える季節でもあります。

冬の顔合わせの服装で注意すること

冬なのでファーつきの服装、バッグやマフラー、手袋、コートが可愛らしいですが、ファーや毛皮などは控えるほうが無難です。
毛皮は人によって派手な印象と受け止められる恐れや、、近年は動物愛護の観点から嫌う人も増えてきました。相手のの家族がどのような考えを持っているのかわからないうちは、無難なスタイルが一番です。
また、もこもこした素材や毛足の長い素材の服装や小物も控えましょう。糸や毛が抜けて空中を舞ってしまい、食事中は嫌う人もいます。
食事の場に不要な荷物であるマフラー、手袋、コートなどは、クロークに預けて個室に入ることがマナーです。事前にすべて預け、持ち込まないようにしましょう。

冬のフォーマルな顔合わせの服装例

@tocco_closet / Instagram

冬のカジュアルな顔合わせの服装例

@efde_official / Instagram

まとめ

顔合わせの服装は春夏秋冬の基節の要素やカラーに配慮する

服装マナーとは、相手への配慮や丁寧な思いやりを、その場にあったコーディネートで表現することです。
両家顔合わせでは、相手の家族は服装やコーディネートから、これからの付き合いまで通して見ていることもあります。これから両家の家族が親睦を深めていけるのか、服装のひとつひとつを丁寧に配慮して、相手に大切に思っていることを伝えましょう。

関連する式場

ホテル雅叙園東京の結婚式

ホテル雅叙園東京

自然美と芸術美が織り成す場所で、【幸せをよぶ、日本の彩り】を感じる結婚式を。日本初の総合結婚式場・ホテル雅叙園東京は創業90周年を迎えた。

ヒルトン小田原リゾート&スパの結婚式

ヒルトン小田原リゾート&スパ

広大な敷地に佇むハイクラスホテルで叶える、海・空・自然のパノラマが広がるリゾートウエディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません