会社への結婚報告は入籍後でもよい?会社での結婚報告マナー

結婚準備を進めている人の中には、「会社への結婚報告は入籍後でもいいのか?」と考えている人もいるのではないでしょうか。すでに入籍を済ませたカップルの中には、入籍後に会社に結婚を報告した人もいます。しかし、結婚報告は入籍前にするのが一般的。入籍前に会社へ結婚報告をする理由や、会社への結婚報告の仕方について見ていきましょう。

この記事のINDEX

    入籍前か入籍後か…会社への結婚報告はいつがベスト?

    入籍したカップル

    冒頭でも述べた通り、会社への結婚報告は入籍前が一般的です。なぜなら、従業員の結婚にともなって、会社には事務手続きなどが発生するからです。
     
    入籍によって苗字が変われば社会保険などの氏名変更手続きを行わなければなりません。家族ができたことで扶養が発生すれば、その手続きも必要です。これらの手続きは会社が行います。また、家族ができたことで転勤や海外赴任など人事異動へ配慮してくれる会社も。
     
    そのため、入籍・結婚式の直前や入籍後に報告して手続きを焦らせてしまうことがないよう、入籍・結婚式の3ヵ月前を目安に会社に報告するようにしてください。

    会社へ結婚報告をする際のポイント

    会話する人

    会社へ結婚報告をする際は、報告する相手や順番、報告のタイミング、内容などに気をつけましょう。それぞれ詳しく解説します。

    結婚報告は直属の上司から!順番を間違えないこと

    会社への結婚報告は、まず初めに直属の上司にします。結婚が決まった嬉しさから、仲のよい同僚や先輩などへすぐに報告したくなるものですが、報告の順番を間違えず、他人から上司の耳に入るのは避けるようにしましょう。

    一般的な結婚報告の順番は、次のとおりです。

    1.直属の上司
    2.直属の上司の上役
    3.同僚

    ただし、上司の上役への報告は、直属の上司が行うケースも。また、同僚への報告は、先輩から個別に報告していく場合と、朝礼などで一斉に行う場合があります。直属の上司へ結婚報告をする際に、結婚を報告する範囲やタイミング、報告方法を確認するとよいでしょう。

    「結婚します」だけじゃない!結婚報告で伝えること

    直属の上司へ結婚報告は、「結婚が決まりました」と伝えるだけでは不十分です。報告を受けた方は、「仕事は続けるのか・結婚式はするのか・休暇はいつとるのか」など、さまざまな疑問を抱えることになりますので、次の内容もあわせて伝えるようにしてください。

    • 結婚が決まったこと、いつごろ入籍するのか
    • 仕事は続けるのか、辞めるのか、時短勤務など働き方を変えるのか
    • 結婚式の有無と結婚式への招待の有無
    • 結婚にともなう休暇を取得するか、いつ取得するのか
    • 苗字は変更するのか、妊娠しているかなど知っておいてほしいこと

    伝えることが意外とありますので、できれば事前にアポイントを取って時間を用意してもらい、相手が忙しくなさそうなタイミングで結婚報告を行いましょう。

    どうやって切り出す?上司への結婚報告の仕方

    結婚報告のために上司へアポイントを取る際は、「お話したいことがあるので、後ほどお時間いただけますか?」と直接声をかけます。上司が忙しそうで声をかけづらいなら、手が空いた時に声をかけてもらえるよう、メールでアポイントを取っておくのもよいでしょう。
     
    上司に時間がもらえたら、会議室などへ移動して落ち着いた場所で結婚報告をしてください。
     
    「結婚が決まったので、ご相談したいことがあるのですがお時間いただけますか?」など、同僚がいるオフィスでいきなり切り出すのはマナー違反となります。

    会社へ結婚報告する際に確認すること

    会社へ結婚報告する前のチェックリスト

    上司へ結婚報告する際、結婚に関する手続きをスムーズにできるよう次の2点を確認するようにしましょう。

    同僚への結婚報告はいつごろ誰がするか

    上司への結婚報告が済んだからといって、すぐに同僚に報告してよいわけではありません。
     
    「おめでたいことだから、自由に報告して」といってくれる会社もありますが、結婚にともなって長期休暇をとったり退職したり、業務の調整が必要になる場合は、上司が同僚へ結婚を伝えるケースも考えられます。
     
    同僚への結婚報告はいつ頃どのようにしたらいいのか上司に相談してください。また、上司の上役や役員、社長への結婚報告も必要なのか、自分で報告するのかなども確認するとよいでしょう。

    入籍後はどのような手続きが必要なのか

    上司への結婚報告と一緒に、入籍後の手続きについても確認しておくと後々の手続きがスムーズです。

    扶養手当や家族手当、住宅手当など福利厚生に関する手続き、社会保険の氏名変更など公的書類の手続き、結婚休暇や退職の申請など、入籍にともなって何らかの手続きが必要になるケースが多いです。職場結婚の場合、会社によってはどちらか一方の異動や配置転換が行われる可能性もあります。入籍後の手続きについても、上司に確認するようにしましょう。

    上司への結婚報告の仕方例

    上司への結婚報告をメールでする

    上司への結婚報告はどのような言葉ですればいいのでしょうか。基本的な例文を紹介します。

    1. お時間をとっていただきありがとうございます。
    2. 私事ではありますが、このたび結婚することになりました。
    3. 結婚式は来年の春ごろを予定していまして、詳細が決まりましたら改めてご報告させてください。
    4. 仕事は続けさせていただきたいと思っております。
    5. 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

    結婚式の日時が決まっていて、招待する予定の場合は「3」の部分を「○月○日、○○で挙式予定でして、ぜひご出席いただきたいと思っております」に変え、改めて招待状を渡しましょう。結婚式はするが、招待しない場合は、「式は身内のみで行う予定です」と伝えます。
     
    結婚にともなって退職する場合は、「4」「5」の部分を次のように変えます。

    4. 今後の仕事についてですが、相手の仕事の関係もあり退職する考えでおります。
    仕事の状況をふまえつつ退職時期をご相談させていただきたいので、改めてお時間いただけますでしょうか。
     
    5. ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

    これ以外にも、上司から質問があった場合は、ひとつずつ丁寧に応えるようにしましょう。

    まとめ

    会社への結婚報告は入籍前におこなうのが一般的なマナー

    結婚はプライベートなことだと思っているかもしれませんが、「従業員の結婚は会社にかかわること」と考えている会社も少なくありません。社会保険や福利厚生など、さまざまな手続きが発生する場合がありますので、結婚が決まったら入籍前に会社に報告するようにしましょう。会社への結婚報告は直属の上司をとおして行い、上役や同僚への報告のタイミング、報告方法などは上司に相談をして決めてください。
     
    結婚後にかかわることでもあるため、マナーを守って会社への結婚報告を行いましょう。

    関連する式場

    ベトナム ダナン ナマンリトリート ウェディング

    ナマンリトリート ウェディング

    過ごす・感じる・至福の時。 心も体も満たされる至福のリゾートウェディング

    沖縄 宮古島 シギラミラージュ ベイサイドチャペル

    シギラミラージュ ベイサイドチャペル

    宮古島の海・光・空・花々に囲まれた シギラリゾートで花嫁の憧れすべてを叶えるウェディング

    この記事のライター

    結婚式準備.com編集部

    結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

    関連する記事

    Browsing History閲覧履歴

    閲覧履歴はありません