夏の結婚の挨拶で着たい!きれいめワンピースの服装画像とコーデを紹介。夏のおすすめ生地や羽織ものもチェック

暑い夏の時期に結婚の挨拶に彼の親元へ伺う場合、女性の基本の服装となるワンピースは「親に安心してもらえる」デザインであることを基準に、夏の時期にも暑苦しく見えないよう清涼感のある色や清潔感のある生地ワンピースを選ぶ配慮が必要です。どんな部分に配慮して選ぶべきかのマナーと、コーディネート例となる着こなしの画像を紹介します。

この記事のINDEX

結婚の挨拶に着用するワンピースの基本的なデティール

英治 最首 – stock.adobe.com

結婚の挨拶に着用する服装として、多くの女性がワンピースを選びます。なぜ、結婚挨拶の服装としてワンピースが選ばれるのでしょうか?その理由は、親世代が自分の息子の結婚相手として安心できる女性のイメージをワンピースで表現しやすいから、というのが大きな理由です。

結婚の挨拶に求められる女性の服装テーマは「落ち着き感」「清楚さ」「きれい目」

結婚の挨拶のようなきちんと感、きれいめ感を服装に求められる場では、一番おすすめしやすいのが一枚ですっきり着こなせるワンピースです。ワンピースは女性のドレスコードの中では上下別々のコーデやパンツスタイルより格上であり、男性の正装でスーツが求められるの同様に、女性の正装として定番のコーディネートです。
結婚の挨拶の場は、できるなら自分の服装の好みは二の次にして、ワンピースを選ぶことをおすすめします。

結婚の挨拶では結婚相手の親に安心してもらう服装を第一に選ぶ

結婚の挨拶は、それまでは個人的な付き合いであった二人の仲を、お互いの親に公式に認めてもらい、結婚することを認めてもらう改まった場、「人生の節目、けじめの場」であると言えます。また、大切な彼をここまで育ててくれた親に、自分を新たな家族として快く認めてもらい、親を安心してもらうことが第一の目的であると言えるでしょう。
親世代とは、服装の感覚やファッションのとらえ方が違うことも多く、特に初対面の場合、お互いに相手がどんな考えを持っている人かもわかりません。
そのため、挨拶の場では、年代問わずできるだけ改まった姿勢と決意の気持ちがひと目で分かりやすい、親世代にとって受け入れてもらいやすい服装にする必要があります。

結婚の挨拶に求められている服装のドレスコード

服装はホテルやレストランでのお食事会に行くような、「控え目なきれい目」「コンサバティブ(トレンドを抑えた保守的なコーディネート)」をイメージしてスタイリングしましょう。結婚の挨拶の服装についての説明で、「フォーマル」という表現を目にしますが、結婚式のお呼ばれや顔合わせ食事会のような服装ではありません。ドレッシーな装いで実家に訪問するのは場違いなこともあるため、あくまでオフィスカジュアルを基準にワンランク上の、女性らしい服装を想定してください。

夏の結婚の挨拶に着用するワンピースのコーデとマナー、ここに注意

結婚の挨拶の場では、相手の両親に初めて会うという方も多いでしょう。結婚挨拶の場に着用する服装は、訪問の際の服装マナーをしっかり守った服装、身だしなみであることが望ましいです。暑い夏の季節では、ワンピースを着用するにはどのような部分に注意すればよいのでしょうか。

結婚挨拶での女性の一般的な服装マナーや、ワンピースだけでなくスカート、スーツやパンツスタイルの場合のコーディネートについて詳しくはこちらをご覧ください。

彼の親に結婚挨拶へ。女性の基本的な服装、靴、髪型のマナーと選び方を画像でチェック!

結婚挨拶の場では夏でも素足は厳禁

訪問の場では、夏でも素足はマナー違反です。特に実家など靴を脱いで上がるような場では、素足は厳禁です。女性の場合はヌードストッキングを着用しましょう。靴下などカジュアルにみえる足元や、涼しげに見えるからと網タイツ、模様の入ったストッキング、夏場に多様するスパッツ、トレンカなどは避けましょう。

結婚挨拶の場では夏でもサンダル、ミュールは厳禁

結婚挨拶の場や訪問の場では、夏でもサンダル、ミュールなどつま先とかかとが隠れていない靴はマナー違反とされています。3~5㎝ヒールのパンプスがおすすめです。
ヒールは高すぎ、低すぎを避け、定番の3~5cmのヒールの高さがおすすめです。ヒールの太さは太めは避け、細めのもので、清楚な女性らしいデザインを選びましょう。トレンドのフラットシューズやバレエシューズなどは避けたほうが無難です。つま先が少しでるオープントゥパンプスも出来ればさけた方が良いでしょう。

結婚挨拶の場では夏でもかごバッグは厳禁

夏にぴったりでワンピースにもあうかごバッグは、カジュアルに見えてしまうため避けましょう。必要最低限の荷物が入る、こぶりなハンドバッグを用意しましょう。
バッグは化粧直しのポーチ、お財布、ハンカチ、ティッシュなど必要最低限のものが入る大きさの、小ぶりなハンドバッグがおすすめです。日常使用の大きなトートバッグや仕事で使用するバッグなどは避けてください。

結婚挨拶の場では「カジュアルで」と言われてもきちんと感を心がける

相手の親から「夏だから堅苦しい服装ではなく、カジュアルな服装でいいですよ」と言われることがありますが、その言葉をうのみにはせず、きれい目、きちんと感のある訪問のマナーを守った服装を心がけたほうが無難です。ご両親は息子のパートナーがどのような人かを、注意して見ていることがほとんどです。

夏の結婚の挨拶で着ていくワンピースのおすすめの生地や素材

夏の結婚の挨拶で着ていくワンピースのおすすめの生地や素材

yamasan – stock.adobe.com

女性が夏の結婚挨拶に着用するワンピースの素材では、テイストや着こなしによって、選び方に気を付けたい生地や素材があります。「結婚の挨拶の場」と「夏」という点に配慮して、次の4つの特色のある生地や素材で作ったワンピースがおすすめです。

清涼感、微光沢感があり、きちんと感がある素材

サマーウールは細いウールの糸で織られた生地で、吸湿性と通気性があるのでサラリとした肌触りです。丈夫でシワになりにくく、ドレープ性もあるので夏の結婚挨拶の場に着用するきちんと感のあるワンピースにおすすめの素材です。
また、光沢感のある織り生地のコットンなども、清涼感があり夏のきちんとワンピースとして向いています。

しわになりにくい生地や素材

夏の代表的な素材である天然素材のリネンは、単体で生地にするとシャリ感があって涼し気ですが、非常にしわになりやすいという特徴があります。そのため、しわにならないようポリエステルやレーヨンを混合してある生地がおすすめです。
しわになりにくい生地は圧倒的に合成繊維であるポリエステルやナイロンですが、夏は通気性が悪くべたつくのですが、最近では清涼感のある天然素材と混合させて、着やすい生地が増えています。

とろみ、落ち感による女性らしいシルエット生地や素材

合成繊維であるテンセルやレーヨンなどの素材が混合されている生地は、とろみや落ち感がよく、女性らしいラインをゆるく縁取ったシルエットが柔らかく出ます。

夏の結婚の挨拶でおすすめのワンピースの色

夏の結婚の挨拶の服装では、清涼感ときちんと感が特に重視されます。夏場のワンピースのコーディネートは、清涼感を求めすぎるとどうしてもカジュアル気味に見えてしまう恐れもあるため、清涼感がありきちんと落ち着いて見える、ベーシックな色を選ぶと良いでしょう。

白、ホワイトのワンピース

夏の大人気の定番カラーです。ベージュ、きなりなどに近い白は生地や素材によってはカジュアルにみえてしまうこともあるため、できるだけ綺麗な白を選びましょう。白はよごれるのではと心配になるかもしれせんが、当日は2時間ほどの滞在時間ですので、その前後に汚れやシミ、しわに細心の注意を払いましょう。

@apuweiser_official / Instagram

紺、ネイビーのワンピース

夏の清涼感を感じさせつつ、落ち着いた着こなしができるおすすめのカラーです。ネイビーの色は少し淡い系のほうが、夏らしく顔映えが明るくなります。生地によってはデニムのように見えてしまうものもあるため、はっきりとデニムには見えない生地を選びましょう。

@flandreonlinestore / Instagram

茶、ブラウンのワンピース

ブラウンは上品で落ち着いた大人の女性にみえる、サマーダークカラーの代表の色です。ブラウンを選ぶ注意点として、夏らしい涼し気な素材であること、首回りや袖回りはすっきりしたデザインで暑苦しくないものを選ぶことが挙げられます。
同じくサマーダークカラーで人気のカラーは、アウトドアやサファリテイストのイメージが強いため、避けたほうが無難です。

清涼感のあるパステルカラー、くすみ系カラーのワンピース

パステルカラーやくすみ系カラーは本来春、秋のファッションカラーですが、女性らしさや清楚さを表現する夏らしいパステルトーンのワンピースコーデも人気が高いです。選ぶ際には可愛らしすぎるデザインやデティールは避け、すっきり落ち着いてみえるシンプルなデザインのワンピースを選びましょう。

@fray_id / Instagram

黒、ブラックのワンピース

きっちり落ち着いて、フォーマルなかしこまった場や改まった場に着ていきやすい色として人気も実績も高いブラックワンピース。ただ、本来結婚の挨拶などのおめでたい場には、喪を連想させるため避けたほうが良い色と見る向きもあります。ただ、近年では夏の素材を使った涼し気にみえるブラックワンピースや、カーディガン、靴、バッグなどを水色や白など清涼感のある小物カラーでまとめ、シックで上品な着こなしにまとめて着用して行く人も多いようです。真っ黒になってまうようなコーデは絶対に避けてください。

@celford_official / Instagram

結婚挨拶の場に着るワンピースで避けた方が良い色

夏のカラーとして人気の明るすぎるはっきりした色彩、赤・オレンジ・パーフル・グリーン・鮮やかすぎるブルーなどのビビットカラー、きれいすぎる発色のネオンカラーなどは、色の印象が強く、親に強烈なイメージを与えかねないので避けましょう。

夏の結婚の挨拶で着るノースリーブワンピースにコーデする羽織ものが必須

夏の結婚挨拶の夏のワンピースにコーデする羽織もの

taka – stock.adobe.com

夏の結婚挨拶では、デザイン的にノースリーブのワンピースを選ぶ方も多いでしょう。実際「このワンピース素敵だな」と思ったデザインは、ノースリーブであることも多いようです。結婚の挨拶の場でノースリーブワンピースを着用することに問題はありませんが、肩と袖を覆い隠すための羽織ものが必要になります。
夏の羽織ものの袖丈の長さは、

・落ち着いて上品にみえる袖丈の長さは7分袖~8部袖
・清涼感重視であれば3分袖~5部袖

になります。本来、ジャケットの袖丈で一番きちんとしてみえるのは10分丈ですが、夏場で、かつ実家への訪問である場合は暑苦しくみえて見苦しくなってしまうことも考えられるため、7分袖あたりがおすすめです。

ジャケット

清涼感のある色を選びましょう。できればワンピースのデザインやシルエットにきちんとあうジャケットを用意するのが一番です。また、Gジャンのようにみえるジャケットは避けてください。

カーディガン

ゲージ編みが細かい、肌が透けづらい素材の、きちんと感のあるカーディガンを選びましょう。夏に多い透け感のあるもの、ゲージ編みが大きく肌や中に着ているものが透けてみえるものはNGです。あくまでオフィスでも着用できるような定番の大きさ、デザインのものにしましょう。

@m_premier_jp / Instagram

ボレロは避けたほうが無難

前をとめるボタンがないボレロは、華やかなパーティシーンのフォーマルウェアに合わせる羽織なら問題ありませんが、結婚挨拶のような改まった場に着用するのは不向きとされています。そのため、前身ごろにボタンのない羽織を着用するのは避けたほうが良いでしょう。
夏に多い、エアリー感のあるニュアンスカーディガンなども避けましょう。

夏の袖付きワンピースの袖丈の長さ

ワンピースでは袖丈の長さによって、見え方の印象が変わってきます。基本的には、袖丈が長いもののほうが上品で落ち着いて見え、袖丈が短い方が清涼感はあるがカジュアルにみえると言われています。夏の結婚挨拶でのワンピーススタイルで、羽織りなしで一枚で着たいと考える場合には、必ず3分丈~7分袖あたりの長さを選びましょう。

フレンチスリーブ

フレンチスリーブとは、袖付けの切り替えがなく身頃から続いてカットされた袖のことを言います。肩が少し隠れ、斜めのラインに袖が入っているものが多くあります。肩のラインがきれいに見えるので、女性らしく上品な印象ですが、一枚で着るにはノースリーブ同様マナー違反の印象になるため、必ず羽織ものを着用しましょう。

@celford_official / Instagram

3分袖のワンピース

二の腕がしっかり隠れる長さのワンピースで、ジャケットやカーディガンなど羽織ものは必要ありません。清涼感がありますが、デザインによってはカジュアルにみえてしまうこともあるため、かっちりしたデザインを選びましょう。

@indivi.official / Instagram

5分袖

腕の関節まで隠れる袖丈の長さです。長さや袖のボリュームによっては重たくみえる場合もあるため、できるだけすっきりしたシルエットの袖元のデザインを選びましょう。

@celford_official / Instagram

7分袖

落ち着いて上品に見え、少しのぞく手首から、女性らしいしなやかさが垣間見える袖丈の長さです。ただ、一番暑い真夏の時期には少し暑く見えてしまうこともあるので、色選びなどに注意しましょう。

@celford_official / Instagram

ノースリーブは羽織ものを。キャミソールタイプは避ける

袖がないノースリーブのワンピースには必ず羽織ものを羽織れば着用は問題ありませんが、羽織ものを羽織ったとしても、キャミソールタイプのワンピースは避けてください。キャミソールタイプを避ける理由としては、胸元の露出が大きくなることや、お辞儀の角度で羽織がはだけた際の見た目の露出が見苦しいとなどが挙げられます。

まとめ

夏の結婚挨拶に着用するワンピース

夏の結婚挨拶におすすめワンピースは、まずは親に安心してもらうデザインであること、真夏でも服装マナーを守った着こなしができるもの、夏らしい清涼感、生活感のある色や生地であるとこが求められます。何を着たらいいか迷いがちな季節ですが、ぜひ参考にして、不安なく挨拶の場に向かえるよう準備してくださいね。

関連する式場

沖縄・本島 アクアグレイス・チャペルでの挙式

アクアグレイス・チャペル

ふたりと大切な人たちの想いを叶えるオンザビーチのゲストハウス

沖縄本島のアクアルーチェ・チャペル

アクアルーチェ・チャペル

澄んだ海に眠る真珠のように上質な輝きを放つチャペル

沖縄 宮古島 アラマンダ チャペル

アラマンダ チャペル

ガーデンの花々と海が彩るプレミアムな楽園 華麗なステンドグラスの独立型チャペルで誓いを

沖縄 石垣島 クルデスール・チャペル

クルデスール・チャペル

砂浜から海へと続く景色をイメージした琉球ガラスのバージンロードが美しく輝くチャペル

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません