結婚式が決まったらすぐに始めたい花嫁美容。花嫁準備のための美容内容とスケジュールを徹底解説!

結婚式での花嫁姿は、自分史上最高に綺麗な自分でいたい!そのためにも、結婚式が決まったらすぐにでも始めたいのが、花嫁準備のための美容ケア。でも気になる部分はいくつもあるし、いつから、何をすればよいのか悩む花嫁さんも多いのでは。結婚式の写真を見返すたびに「やっておいてよかった!」と思える花嫁準備のための美容について、スケジュールや施術内容を先輩花嫁の体験談も交えてご紹介します。

この記事のINDEX

花嫁準備の美容ケア、いつから何をすればよい?

花嫁美容の準備リスト

peach100 – stock.adobe.com

結婚式で自分史上最高に美しい花嫁姿を披露するために、結婚式が決まったらすぐにでも始めたい花嫁準備のための美容ケア。でも、気になるトコロはいくつもあるし、どのタイミングで何をすればよいのか、お金をかけるポイントなど悩みますよね。

また結婚式まで期間があると「まだ時間あるし…」と思いがちですが、理想のボディラインを作り上げるのも、美しい艶肌を保つのも、計画的な美容スケジュールと日々の積み重ねがあってこそ。どの角度からカメラを向けられても自信を持って最高の笑顔で写れるよう、一日でも早く自分に合った花嫁準備の美容計画をスタートしましょう。

力を入れるべきポイントを絞ると効率的

自分史上最高に美しい姿を目指すからといって全身を徹底ケアする必要はなく、主にウェディングドレス姿で露出されるバストから上の髪、顔、デコルテ、脇、腕、指先、背中を中心に、ウエストがキュッと締まったドレスデザインならウエストシェイプもプラスして美容計画を考えましょう。

ケアのすべてをエステ通いで解決できれば楽ですが、予算的にも時間的にも難しいもの。自分でできるセルフケアとプロに頼んで仕上げてもらうお金をかけるケアを分けて考えながら花嫁準備の美容スケジュールを組むと、抜かりなく効率的に進められます。

後悔ゼロのために!やっておきたい花嫁美容とスケジュール

花嫁美容の準備リスト

farland9 – stock.adobe.com

まずはやっておきたい花嫁準備のための美容内容と効率よく進める全体的なスケジュールを把握しましょう。できることは結婚式までの期間にもよりますが、結婚式の1年~6ヵ月前から始められるなら充分なケアで磨きをかけることができそうです。

結婚式当日に「やっておけばよかった…!」の後悔がないよう、花嫁美容チェックリストを確認しながら、自分に合ったスケジュールを組んでいきましょう。

花嫁美容、やっておきたいチェックリスト

    結婚式1年前

  • 食生活や生活習慣の見直し
  • ボディシェイプ、ダイエットスタート
  • 基礎化粧を見直し美肌づくり開始
  • 日焼け止めの徹底
  • ムダ毛処理方法の検討、永久脱毛ならすぐに始める
  • 理想のヘアスタイルに向けて髪を伸ばす
    結婚式6ヵ月前

  • マッサージや表情筋トレーニングで小顔づくり開始
  • サプリメントや美容ドリンクで栄養補給を始める
  • 歯のホワイトニングを審美歯科に相談&開始
  • ブライダルエステの検討開始&体験スタート
  • ブライダルエステに通い始める
    結婚式3ヵ月前~1ヵ月前

  • ヘアケア用品を見直し美髪ケアを始める
  • 敏感肌の場合はシェービングをお試しで受ける
  • 気になる肌の不調は皮膚科に相談&治療開始
    結婚式2週間~1週間前

  • ヘアカラーリング&ヘッドスパ
    結婚式1週間~3日前

  • シェービングで顔、襟足、背中などの産毛ケア
  • ブライダルネイル
    結婚式3日前~結婚式前日

  • ムダ毛の最終チェック
  • フェイスマスクで美肌の最終ケア
  • リラクゼーションサロンで疲れ癒しとむくみケア
  • 結婚式直前は早めの就寝でクマを作らない

具体的にはどのようなケアを行っていけばよいのか、花嫁が気になる代表的な花嫁美容項目について先輩花嫁の「やってよかった!」体験談も交え解説していきます。

身体づくり&ダイエットは長期戦で無理なく進める

花嫁美容の準備リスト

takasu – stock.adobe.com

結婚式が決まり一日でも早く始めたい花嫁準備のための美容のひとつが、内側から綺麗に磨きをかける身体づくりとシェイプアップなどのダイエット。ただでさえ結婚式準備で忙しい花嫁の身体に無理をかけないためにも、長期戦で余裕をもちながら臨みましょう。

ダイエットをするときに気を付けたいのが、ただやみくもに痩せようとするのではなく、ポイントを絞って目標を立てること。ウェディングドレスはラインによっては痩せすぎていると美しく映えないこともあるため、自分の着るウェディングドレスのラインやデザインに合わせてダイエットスケジュールを考えると効率的です。

肌トラブルも改善!食生活の見直し

結婚式当日にベストなコンディションを保つには、身体の内側からのケアが基本。外食やインスタント食品、コンビニご飯に頼りがちだった食生活を野菜中心の栄養バランスのとれた食事に切り替えれば、体重の減少だけでなく肌トラブルや便秘予防にもつながりやすくなります。

食生活の見直しでダイエットを実行する場合も、1年~6ヵ月かけて行う長期戦なら無理な我慢も少なく、ストレスフリーで続けられるはず。野菜中心の食事にする、糖質を制限するなど食生活を変える方法だけでなく、摂った食事をメモするレコーディングダイエットや食べる順番を変えるだけのダイエットなど、手軽で今すぐ始められるダイエット方法も長期で続ければ効果を実感できるはずです。

「結婚式の1年ほど前からゆるい糖質制限ダイエットを彼と一緒に始め、私は食事制限のみで8キロ減、彼はジョギングも取り入れ10キロ減に成功!一緒に住み始めていたので励まし合ったり食事を工夫し合えたのでモチベーションを保てました」(28歳花嫁)

「食事の写真を撮るだけのレコーディングダイエットアプリを結婚式の6ヶ月前から始めたら食事内容を意識するようになり、4キロくらい痩せました。間食の度に撮影するのが面倒でお菓子の量が減ったのが一番効果があったと思います」(25歳花嫁)

毎日コツコツ、地道なトレーニングも長期戦なら効果的

スクワットやプランク、クランチなどの基本的なトレーニングは、毎日コツコツ続けることで着実に筋肉を鍛えシェイプアップへとつながります。食生活の見直しにトレーニングをプラスすれば、キュッと締まったウエストも夢ではないはず!回数も毎日10回×3セットなど時間のかかるものではないので、毎日の習慣にしてしまえば、食事制限は向かない、少し痩せられたら満足という花嫁も無理なく続けやすそうです。

「結婚式でIラインのドレスが着たくて、6ヶ月前から朝起きたらプランクを30秒×2回、朝の着替えのときにスクワットを15回×2セットをやるようにしました。試着のとき気になったポッコリおなかが結婚式前には平らになり、希望のドレスを綺麗に着ることができました。がんばってよかったです」(29歳花嫁)

実際の効果はいかほど?気になるブライダルエステ

花嫁美容の準備リスト

UTS – stock.adobe.com

結婚式を控えた約88%の花嫁が受けているブライダルエステ。会場によっては提携しているエステサロンを紹介されることもあり、花嫁準備のための美容内容として代表的なケア方法のひとつ。でも気になるのは、その効果。結婚式準備で出費が多いなか、時間とお金をかけるならそれ相応の効果は望みたいもの。実際にはどのくらいの期間でどのような効果を期待できるのでしょうか。

データ出展:ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

ボディシェイプなら6ヵ月前から

ブライダルエステのボディケアではボディシェイプ以外にも、デコルテや背中、二の腕などウェディングドレス姿で露出される部分の肌のケアなどがありますが、ボディケアを選ぶ花嫁の多くは体型の悩みの解決を期待しているようです。

ボディシェイプでは脂肪燃焼を促進するマッサージや脂肪を分解する専用マシンを使用した痩身プランなどのほか、ボディラインや二の腕の引き締めなどが人気。効果の出方には個人差があり、体質やケア内容によって通う回数も変わりますが、期間としては結婚式の6ヵ月前から始められるとベスト。かかる費用もサロンによって異なるため、ウェディングドレスのデザインなどを考えながら自分の希望に合ったプランを見つけられるよう、早めに体験コースなどを受けてみてもよさそうです。

フェイシャルは10回~5回が相場

フェイシャルエステで受ける花嫁準備では肌の調子を整え美肌に導くのはもちろん、美白ケアや毛穴ケア、シワやたるみのケア、小顔マッサージを受けることができます。サロンによっては顔だけでなく、ドレスで露出されるデコルテや二の腕、背中までケアしてくれる場合も。結婚式の6ヵ月前から月1回~2回の頻度で通っていれば、結婚式当日には理想の美肌が期待できそうです。サロンによっては1回~3回の集中ケアコースなどもあるため、予算と時間、肌の調子と相談しながら決めましょう。

「結婚式3ヵ月前に駆け込みでブライダルフェイシャルエステを受けました。以前通っていたサロンの5回コースを3回に短縮してもらい最後の1回を結婚式前日に受けたところ、気になっていたほうれい線が消えていて感動!短期間でも信頼できるサロンだったので安心してお任せできました。結婚式の写真を見るたび受けておいてよかったと実感しています」(29歳花嫁)

式直前は疲れとむくみの最終ケア

結婚式準備で忙しくても、結婚式を疲れた身体で迎えたくはないですよね。仕事と結婚式準備を両立している花嫁はなおさら、日頃の疲れをしっかりケアするのも花嫁準備として大切なこと。ブライダルエステ以外でも、通いなれているサロンや気になっていたお店のリラクゼーションマッサージで、疲れやむくみを取り除き血行の良い明るい肌を取り戻しましょう。

「背中の凝りが気になり式直前に普段通っているサロンで背中のマッサージをお願いしたら、背中のむくみが取れて一回り小さくなり驚きました。肩甲骨が綺麗に見えるほどスッキリして、ビスチェスタイルの後ろ姿に自信が持てました」(34歳花嫁)

ムダ毛処理、花嫁に最適な方法は?

花嫁美容の準備リスト

taka – stock.adobe.com

普段から気になっていたムダ毛の処理も、結婚式が決まると気になる度は格段にアップ!特にドレス姿で露出する腕、脇のムダ毛は自己処理をすると毛穴のポツポツが目立ったり、肌を痛めてしまう可能性も。うっすらと生えている二の腕や背中、顔の産毛も普段ケアしない部分でもあり、処理方法に悩む花嫁は少なくないようです。綺麗な肌を保てる花嫁準備のためのムダ毛処理にはどのような方法があるのでしょうか。

自己処理いらずの脱毛は1年前から開始

脱毛サロンやエステ、美容皮膚科で脱毛の施術を受けておくと、結婚式直前の自己処理がほぼ不要に。剃刀負けなどの怪我を回避できるのは安心なうえ、脱毛の施術自体に肌のキメを整えるなど美容効果が期待できるのも嬉しいポイント。美容皮膚科で受けられる医療レーザー脱毛なら、費用はかかりますが永久脱毛であることと、万が一肌トラブルが起きてもすぐに治療を受けられる安心感が魅力です。

脱毛を受けるときに気を付けたいのは、施術は2ヵ月に1度など次に受けるまでの期間が決まっているため時間が必要になること。5回~8回は施術を受ける必要があるため、結婚式の1年前には始めるようにしましょう。また、医療レーザー脱毛は日焼けした肌には照射できないため、肌の色が落ち着いている冬~春にかけてスタートするとスムーズに進みやすく、夏の間は日焼け止め対策の徹底が必須です。

「美容皮膚科で医療レーザー脱毛を受けました。時間制で毎回1時間の施術中に腕、脇、指など結婚式に向けて脱毛したい部位を優先して脱毛してもらいました。結婚式の1年前から始め結婚式の頃には自己処理いらずになっていて、気にしなくていいのが気持ち的にも楽でした」(29歳花嫁)

産毛ケアもプロに頼めばワントーン明るい肌に

花嫁準備の中でも多くの花嫁が受けているプロによる産毛ケア。顔やうなじ、背中、二の腕などの産毛を剃刀で剃るケア方法です。肌表面の角質も同時に処理されるため肌がワントーン明るくなり、顔は化粧ノリが良くなると人気。多くの花嫁は結婚式の1週間~3日前に受けているようですが、人によっては剃刀負けをする場合もあるため、敏感肌や乾燥肌で心配な場合は結婚式の1ヵ月ほど前にお試しで一度受けておくと安心です。

「顔、うなじ、背中のシェービングを結婚式の3日前に受けました。会場から紹介された提携先のブライダル専門の理髪店だったこともあり、提携割引で3500円ほどで受けられました。髪をアップスタイルにするならうなじは絶対におススメです」(25歳花嫁)

ヘアケア、ネイル、歯…細かなケアも抜かりなく!

花嫁美容の準備リスト

– stock.adobe.com

顔や身体など目立つ部分の花嫁準備の美容ケアは完璧でも、意外と見落としがちなのがヘアケアやネイル、歯など細かい部分。どの角度から写真を撮られても磨き上げた花嫁姿を残せるように、抜かりないケアを徹底しましょう。

ヘアカラーリングは結婚式の1週間前までに

ドレスに合った髪型をヘアメイクリハーサルなどで決めるとき、ヘアカラーの色もヘアメイクさんと相談しながら決めると、ウェディングドレスの雰囲気やカラードレスの色とのトータルコーディネートが叶いやすくなります。ヘアカラーをするタイミングは、肌のシェービング後は避けた方が良いこともあり、結婚式の2週間前~1週間前までに完了しておきましょう。

ヘアカラーリングと合わせて気にしておきたい花嫁美容が、ヘアケア習慣の見直し。サロンでヘッドスパやトリートメントを受けるのも良いですが、髪を洗った後はすぐに乾かす、ドライヤー前後のトリートメントを欠かさないなど日頃から丁寧なケアをしていれば、艶のある美髪ゆ夢ではないはず。結婚式の3ヵ月前くらいから日頃のヘアケア用品をスペシャルなものに変えて花嫁準備のためのセルフケアを習慣づけていきましょう。

手元アップの撮影もジェルネイルで美しく

結婚式では指輪交換や結婚指輪をはめた手元カットの撮影が意外と多いもの。自分でネイルをする習慣があるのならセルフネイルでももちろん良いですし、プロに頼んで凝ったデザインに仕上げるのもあり。ウェディングドレスとトータルコーディネートするのも素敵ですね。ジェルネイルなら剥げる心配も少なく、艶のある美しい指先を保つことができます。爪が伸びてしまわないよう、結婚式の3日前~前日に受けられるとベスト。

合わせて気を付けたいのが、指のムダ毛。こちらも見落としがちなポイントのひとつですがカメラにはしっかり写ってしまうため、処理を忘れずに。冬に手が荒れやすい人はハンドクリームでのケアに就寝時の綿手袋をプラスして徹底保湿を心がけましょう。

白い歯で笑顔にさらなる自信を!

純白のウェディングドレスや白無垢を着るなら、歯のホワイトニングはぜひやっておきたい花嫁準備の美容ケアのひとつ。白い衣裳を着ると歯の黄ばみは意外と目立ちやすく、ウェディングドレスなどを試着したときにホワイトニングを受けようと決意する花嫁も多いようです。白い歯は口周りを明るく見せる効果もあり若々しい印象を与えてくれるため、花嫁だけでなく新郎にも人気だとか。

ホワイトニングにはクリニックで受けるオフィスホワイトニングと自宅で行うホームケアの2種類あり、予算や自分たちのスケジュールなどに合わせて歯科医と相談しながら決めると良いでしょう。ホームケアはオフィスホワイトニングよりも価格が安く手軽に始められる分、効果が現れるまでに時間を要するため、結婚式が決まったら早めに始められると良さそうです。

「結婚式の3ヵ月前に、キャンペーン中の審美歯科を探してオフィスホワイトニング1回にホームケアが付いたコースを受けました。クリニックで一度光を照射してもらっただけで歯が白くなり、キャンペーン価格で安く済ませられ、笑顔にも自信が持てて大満足です」(34歳花嫁)

まとめ

結婚式に向けた花嫁美容を徹底して理想の花嫁姿を実現しよう

大勢のゲストからの注目を一身に浴び撮影される結婚式は、人生で何度とないスペシャルな1日。食生活の見直しやダイエットなど根本的な身体づくりをはじめ、ブライダルエステやシェービングに通うなど、ただでさえ結婚式準備で忙しい花嫁にとっては大変そうに感じがちですが、思い出の写真たちに写る自分が最高に綺麗でいられるよう、花嫁準備としてできる限りの美容ケアをしていきたいですね。

できる美容内容は結婚式までの期間にもよりますが、1年前~6ヵ月前に始められると余裕を持って進められそうです。お金をかける美容内容とセルフケアで乗り切る部分を分けて考え、部位によっては単発のキャンペーンなどを探して受けてみるなど予算と自分のスケジュール、ケア内容に合った方法を選んでいきましょう。肌トラブルがあったとき通える皮膚科なども予めリストアップしておけるとさらに安心。無理のない範囲で満足な結果が得られるよう、計画立てて進めていけるとよいですね。

関連する式場

福岡県福岡市の結婚式場 カノビアーノ福岡

カノビアーノ福岡

洗練された貸切空間でもてなす美食のウエディング

鹿児島県鹿児島市の結婚式場 グレイスヒル・オーシャンテラス

グレイスヒル・オーシャンテラス

きらめく水平線に愛を誓う洗練のリゾートウエディング

鹿児島県鹿児島市の結婚式場 ザ・ピーク プレミアムテラス

ザ・ピーク プレミアムテラス

上質なおもてなしと感動を叶えるプレミアムウエディング

鹿児島県鹿児島市の結婚式場 ザ・ベイスイート 桜島テラス

ザ・ベイスイート 桜島テラス

桜島の大パノラマを望む贅沢な空間で 気品あふれるマジェスティックビューウェディング

この記事のライター

結婚式準備.com編集部

結婚式準備.com編集部です。結婚式の準備で悩むプレ花嫁を応援する記事を書いていきます。

関連する記事

Browsing History閲覧履歴

閲覧履歴はありません